Transportation

2024年には乗れちゃう!?800km以上飛行可能な空飛ぶタクシー「PARAGON SOAR」

アメリカで開発が進められている「PARAGON SOAR」は、都市型タクシーとしての運用を想定したVTOL(垂直離着陸機)。

エネルギー効率の高い構造で超長距離飛行を目指す

胴体の横に8つの大型プロペラを搭載し、そのうち後部2つのプロペラは傾斜によって前方への推進力を生み出す。

高い制御力と安定性を実現するため、主翼にたくさんの小型プロペラが搭載されているのも特徴的だ。この小型プロペラは着陸時の騒音も低減するという。

エネルギー効率の高いデザインによって、航続距離800km以上の超長距離VTOLを目指す。また、さらに航続距離を伸ばすべく、水素エンジンの搭載も計画中だ。

開発を進める「PARAGON VTOL AEROSPACE」社は、2022年にプロトタイプでのテスト飛行、そして2024年に市場への実機投入を見越している。

・ ・ ・

空飛ぶタクシーに乗れる未来は意外と近いかも?

  • トミーテック(TOMYTEC)
  • トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64 LV-N218a トヨタ クラウンコンフォート 東京無線タクシー 緑 完成品 312420

  • 税込み3,500円
PARAGON SOAR

PARAGON VTOL AEROSPACE

CREDIT
Videographer :フィリピン下鳥
Curator :赤坂たつや
SNS :にしまり

RECOMMEND

PAGE TOP