Technology

天井からロボット、まさかの自撮り!?TRIの高齢社会を支えるテクノロジー

アメリカで「セルフィーの日」にあたる6月21日、Toyota Research Institute(以下TRI)が公開した自撮りをするロボットの映像「Robo-Selfie」がユニークで楽しい。

動画では、天井からぶら下がったロボットがセルカ棒を手に取る様子や、部屋の掃除をしながら自撮りする様子などが紹介されている。

天井空間を利用して自由自在に移動

家事をしながら自撮りしているのは、現在TRIが研究中のロボット。とにかく印象的なのが、天井のレールからぶら下がった状態で動作していることだ。

ロボットの開発で大きな課題となるのがモビリティ(移動性)。安全性やバッテリーの容量を担保すると、ロボットの台座はどうしても大きくなり、室内空間での動きが制限されてしまう。

そこで天井空間を利用するという斬新なアイデアが採用された。

反射面や透明物も認識

さらにこのロボットは、従来のロボットでは認識が難しいとされる透明な物体や表面が反射する物体にも対応可能。

動画の中でも、透明なガラスのコップをアームでつかみ、移動させて拭き掃除を続ける様子が確認できる。

TRIは、高齢化が進む社会において、人々がより長く自立した生活を送るための、大きな手助けとなるロボットの実現を目指している。

・ ・ ・

ロボットに当たり前のように家事を手伝ってもらう未来は、もう目前かも?

Robo-Selfie

Toyota Research Institute

CREDIT
Videographer :フィリピン下鳥
SNS :にしまり
  • トヨタの会議は30分 ~GAFAMやBATHにも負けない最速・骨太のビジネスコミュニケーション術

  • ¥1,430
  • 成長して少し規模が大きくなると、多くの会社では「大企業病」が発生します。社内の忖度と事なかれ主義がすべてを覆い、内向きの仕事に時間を取られているうちに、欧米企業と中国企業にすべてを取られる──そんな光景を、私たち日本人はここ数十年でどれだけ見てきたでしょうか? ところが、どんなに企業規模が大きくなっても、そうした大企業病に侵されていないように見える日本企業があります。そう、トヨタ自動車です。

RECOMMEND

PAGE TOP