Photo by iStock

【2021年】スピンバイク、おすすめ人気10選!使い方に合った選び方も

Moovoo編集部
2021-11-26

人が集まるジムでの運動は避けたいし、マスクをしたままランニングをするのは気が進まない人たちにおすすめのスピンバイク。家庭用でも短時間で効率的にトレーニングできるバイクがたくさんあります。

しっかり負荷をかけて筋力を鍛えたい人にも、運動初心者の家族と共有して使いたい人にも、スピンバイクを選ぶときに押さえておいてほしいポイントやおすすめの商品を紹介します。


おすすめ・人気商品をまずは一覧で

※上下左右にスクロールできます

商品名

外観

特長

サイズ

本体重量

負荷調整

ホイール重量

耐荷重

DAIKOU(ダイコー) DK-SP726 家庭用スピンバイク

Amazonで見る

摩擦音が気にならない!静かに本格トレーニング

幅52×奥行120×高さ113cm

37kg

無段階

13kg

100kg

HAIGE(ハイガー) HG-YX-5006

Amazonで見る

コスパが良くエントリーモデルとして人気のモデル

幅65×奥行80×高さ110cm

26kg

無段階

8kg

100kg

HAIGE(ハイガー) HG-YX-5006S

Amazonで見る

かわいいパステルカラーなのにハードトレーニングができる!

幅48×奥行115×高さ110.5cm

28.7kg

無段階

10kg

100kg

クロステックスポーツ FIGHTING ROAD スピンバイク500F

Amazonで見る

ながら運動にも対応した本格仕様!

幅53×奥行97×高さ105cm

25.6kg

無段階

8kg

120kg

TKクリエイト ACTIVE LAB スピンバイク

Amazonで見る

静音設計でエクササイズ中の摩擦音を軽減

幅49×奥行104×高さ115cm

26kg

無段階

8kg

100kg

AINEXT FITBOX

Amazonで見る

スタイリッシュなデザインと機能性で話題のフィットネスバイク

幅43.6×奥行113×高さ116cm

33kg

8段階

記載なし

100kg

HAIGE(ハイガー) HG-ZA-5000F

Amazonで見る

負荷も時間も無制限でトレーニングできるスピンバイク

幅51×奥行100×高さ111cm

37kg

無段階

記載なし

120kg

ジョンソンヘルステック(Johnson Health Tech) ホライズン GR7

Amazonで見る

ロードサイクリングの疾走感をリアルに再現!

幅57×奥行150×高さ118cm

51kg

12段階

記載なし

136kg

DAIKOU(ダイコー) DK-738 準業務用スピンバイク

Amazonで見る

細部にこだわった使いやすい本格マシン

幅56×奥行143×高さ115cm

50kg

無段階

13kg

150kg

東急スポーツオアシス WEBGYM BIKE

Amazonで見る

LIVEアプリと連動すれば自宅がBIKEスタジオに!

幅57.5×奥行148×高さ126cm

58.6kg

16段階

記載なし

150kg

スピンバイクの選び方

男性がスピンバイクに乗っている写真

Photo by iStock

価格帯の幅が広く、形状や機能もさまざまなスピンバイク。何を基準に選んだらよいのか詳しく紹介します。

駆動方式で選ぶ

スピンバイクの駆動方式には、チェーン式ベルト式の2種類があります。それぞれにメリットとデメリットがあるので比較してみましょう。

【チェーン式】
 ▶メリット
 ・力が逃げないのでダイレクトに負荷がかかる
 ・効率よく筋トレができる
 ▶デメリット
 ・金属音がする(製品による)
 ・潤滑油を使った定期的なメンテナンスが必要

【ベルト式】
 ▶メリット
 ・静か
 ・メンテナンス不要で油を使わないため汚れにくい
 ▶デメリット
 ・ベルトが摩耗したら交換が必要
 ・チェーンに比べると高価格

このような特性から、チェーン式が上級者や自転車競技者向けで、ベルト式が初心者向けとして扱われることが多いです。

負荷方式で選ぶ

運動強度と深く関係する負荷方式には、摩擦式マグネット式があります。摩擦式はバイクのホイールに直接フェルト生地や革を当てて負荷をかける方式です。マグネット式はホイールに磁石を近づけることで負荷を与えます。

こちらもそれぞれにメリットとデメリットがあるので比較してみます。

【摩擦式】
 ▶メリット
 ・無段階で細かい負荷調節ができる
 ・シンプルな作りで耐久性がある
 ・長く運動できる
 ▶デメリット
 ・摩擦音がする(製品による)
 ・フェルトや革が摩耗したら交換が必要
 ・負荷や運動量が数値化できない

【マグネット式】
 ▶メリット
 ・静か
 ・運動強度や消費カロリーなど運動量が数値化できる
 ・摩擦による劣化がない
 ▶デメリット
 ・継続使用時間に制限がある
 ・負荷が放物線を描いて変化するので重さが安定しない場合がある
 ・摩擦式に比べると高価

ホイールの重量で選ぶ

スピンバイクのホイールは8~25kgと製品によって重量に大きく差があります。ホイールは車輪のことで、車輪が重くなるとペダルをこぐときの負荷が高くなります。

ホイールの重さは、初心者には10kg未満のものがおすすめです。トレーニングの上級者で、ある程度筋力に自信がある人は13kg以上ないと物足りないようです。

一般的に、ホイールが重くなるにつれてスピンバイクの価格も上がるので、バランスを見てちょうどよいものを選びましょう。

ペダルで選ぶ

スピンバイクのペダルには、ビンディングペダルが使われることが多いです。ビンディングペダルとは、ロードバイクやマウンテンバイクについているペダルで、専用の靴とペダルを固定できます。

靴の底にクリートという装着部がついた専用のビンディングシューズが必要で、ペダル側はギザギザしていたりデコボコしていたりするので素足でこぐと痛いです。

ロードバイクに普段から乗っている人や、ビンディングシューズを用意して本格的なトレーニングをする予定の人はビンディングペダルがよいですが、自宅で裸足で気軽にワークアウトしたい人フラットペダルの製品を選びましょう。

お気に入りの製品が見つかったのに、ペダルだけが希望とは違う場合は、ペダルの交換が可能かどうか確認して、購入後に自分で付け替える方法もあります。

スピンバイク 人気メーカーの売れ筋商品

数あるスピンバイクの中でもECサイトなどで売れ行き好調な、人気メーカーの製品を紹介します。ぜひ参考にしてください。

摩擦負荷方式のスピンバイク5選

PICK UP①
  • DAIKOU(ダイコー)
  • DK-SP726 家庭用スピンバイク

  • 税込み29,600円
  • 摩擦音が気にならない!静かに本格トレーニング

  • 無段階調節できる摩擦負荷方式で、ホイール重量も13kgの本格派スピンバイク。気軽にはじめやすい低価格の商品です。

シンプルながら見やすい表示パネル付きで、運動時間や距離、スピード、消費カロリーの目安が表示されます。ペダルは、つま先を引っ掛けてシューズと固定するトゥクリップストラップ付きペダルを採用。

サイズ:幅52×奥行120×高さ113cm
本体重量:37kg
負荷調整:無段階
ホイール重量:13kg
耐荷重:100kg
PICK UP②
  • HAIGE(ハイガー)
  • HG-YX-5006

  • 税込み24,800円
  • コスパが良くエントリーモデルとして人気のモデル

  • 摩擦方式なのに静音性に優れ、8kgの重量ホイール搭載で、スピンバイクデビューの人におすすめです。ホワイトとブラックの2色から選べて、どちらもおしゃれです。

全身運動で効率よくエクササイズしたい人におすすめのスピンバイク。本体の重量は26kgとずっしりしているので、片方のペダルに体重をかけても簡単に転倒することはありません。サドルやペダルは自分で簡単に自分好みの市販品と交換できます。

サイズ:幅65×奥行80×高さ110cm
本体重量:26kg
負荷調整:無段階
ホイール重量:8kg
耐荷重:100kg
PICK UP③
  • HAIGE(ハイガー)
  • HG-YX-5006S

  • 税込み29,800円
  • かわいいパステルカラーなのにハードトレーニングができる!

  • インテリアに溶け込む洗練されたデザインのフィットネスバイク。グレー・ブラック・ライトブルーの3色展開で、女性に人気があります。

子どもやペットがいても安全に使いたい。時間を気にせずトレーニングしたい。動画を見たり、雑誌を読んだりしながら楽しく運動したい。そんなわがまますべてに応えてくれるスピンバイクです。

サイズ:幅48×奥行115×高さ110.5cm
本体重量:28.7kg
負荷調整:無段階
ホイール重量:10kg
耐荷重:100kg
PICK UP④
  • クロステックスポーツ
  • FIGHTING ROAD スピンバイク500F

  • 税込み43,780円
  • ながら運動にも対応した本格仕様!

  • レーシングタイプのワイドハンドルと乗り心地のよいスポーツサドルを採用した、本格仕様のスピンバイク。スマホ・タブレットを置けるホルダー付きで、お気に入りの動画を見ながらの、ながら運動にも対応しています。

サイズ:幅53×奥行97×高さ105cm
本体重量:25.6kg
負荷調整:無段階
ホイール重量:8kg
耐荷重:120kg
PICK UP⑤
  • TKクリエイト
  • ACTIVE LAB スピンバイク

  • 税込み16,930円
  • 静音設計でエクササイズ中の摩擦音を軽減

  • 静音性の高い摩擦パッドを採用しているので、運動中の気になる騒音を軽減します。周囲の音が気になるマンションやアパートでも安心。リーズナブルな価格に加え十分な機能を備えているので、コスパを重視する方にもおすすめです。

サイズ:幅49×奥行104×高さ115cm
本体重量:26kg
負荷調整:無段階
ホイール重量:8kg
耐荷重:100kg

マグネット負荷方式のスピンバイク5選

PICK UP⑥
  • AINEXT
  • FITBOX

  • 税込み54,800円
  • スタイリッシュなデザインと機能性で話題のフィットネスバイク

  • インテリアにも馴染むおしゃれなボディ。安全面にも考慮されているので小さな子どもやペットが触れても安心です。もちろん機能面も充実しています。

人間工学に基づいて設計されているので、バイク初心者でも安心してエクササイズできるスピンバイクです。モニター機能が優れているので、トレーニング管理に役立ちます。裸足でもこげるビギナーズペダルが付属しているのも嬉しいポイントです。

サイズ:幅43.6×奥行113×高さ116cm
本体重量:33kg
負荷調整:8段階
ホイール重量:記載なし
耐荷重:100kg
PICK U⑦
  • HAIGE(ハイガー)
  • HG-ZA-5000F

  • 税込み49,800円
  • 負荷も時間も無制限でトレーニングできるスピンバイク

  • 初心者から上級者まで満足できるワークアウトを実現。ハンドルやサドルの可動域が広く、耐荷重も120kgと汎用性に優れたマシンです。

次世代のスピンバイクとも呼ばれるハイガーのスピンバイク5000F。家庭で使うときに気になる音はほぼなしで、メンテナンス不要。高性能なのに操作は簡単です。サドルやハンドルを調整すると30通り以上の組み合わせから自分にあったポジションを選べます。家族で共有したい人にもおすすめです。

サイズ:幅51×奥行100×高さ111cm
本体重量:37kg
負荷調整:無段階
ホイール重量:記載なし
耐荷重:120kg
PICK UP⑧
  • ジョンソンヘルステック(Johnson Health Tech)
  • ホライズン GR7

  • 税込み198,000円
  • ロードサイクリングの疾走感をリアルに再現!

  • 充実したプログラムでトレーニングをサポートしてくれる本格的なインドアサイクル。スマホやタブレットと接続してデータの管理ができます。

V字フレームがアウトドアサイクリングの感覚を見事に再現。飽きのこないプログラムで充実したトレーニングが可能です。ショールームで試乗できるので、気になる方はぜひ体験してください。

サイズ:幅57×奥行150×高さ118cm
本体重量:51kg
負荷調整:12段階
ホイール重量:記載なし
耐荷重:136kg
PICK UP⑨
  • DAIKOU(ダイコー)
  • DK-738 準業務用スピンバイク

  • 税込み129,500円
  • 細部にこだわった使いやすい本格マシン

  • ハンドル下にあるクイックレバーで手軽に無段階の負荷調整とブレーキ操作が可能です。フライホイールにはカバーが付いているため、安全なだけでなく、汗や異物の付着を防ぎます。初心者から上級者まで誰にでも使いやすいバイクです。

サイズ:幅56×奥行143×高さ115cm
本体重量:50kg
負荷調整:無段階
ホイール重量:13kg
耐荷重:150kg
PICK UP⑩
  • 東急スポーツオアシス
  • WEBGYM BIKE

  • 税込み207,777円
  • LIVEアプリと連動すれば自宅がBIKEスタジオに!

  • 東急スポーツオアシスのスタジオからライブ配信される専用アプリと連動させられます。レバーで16段階の負荷調節が可能。サドルとハンドルはレバーとツマミで高さと前後の位置の両方が細かく調節できるので、ベストポジョンでトレーニングが可能です。

サイズ:幅57.5×奥行148×高さ126cm
本体重量:58.6kg
負荷調整:16段階
ホイール重量:記載なし
耐荷重:150kg
※上下左右にスクロールできます

商品名

外観

特長

サイズ

本体重量

負荷調整

ホイール重量

耐荷重

DAIKOU(ダイコー) DK-SP726 家庭用スピンバイク

Amazonで見る

摩擦音が気にならない!静かに本格トレーニング

幅52×奥行120×高さ113cm

37kg

無段階

13kg

100kg

HAIGE(ハイガー) HG-YX-5006

Amazonで見る

コスパが良くエントリーモデルとして人気のモデル

幅65×奥行80×高さ110cm

26kg

無段階

8kg

100kg

HAIGE(ハイガー) HG-YX-5006S

Amazonで見る

かわいいパステルカラーなのにハードトレーニングができる!

幅48×奥行115×高さ110.5cm

28.7kg

無段階

10kg

100kg

クロステックスポーツ FIGHTING ROAD スピンバイク500F

Amazonで見る

ながら運動にも対応した本格仕様!

幅53×奥行97×高さ105cm

25.6kg

無段階

8kg

120kg

TKクリエイト ACTIVE LAB スピンバイク

Amazonで見る

静音設計でエクササイズ中の摩擦音を軽減

幅49×奥行104×高さ115cm

26kg

無段階

8kg

100kg

AINEXT FITBOX

Amazonで見る

スタイリッシュなデザインと機能性で話題のフィットネスバイク

幅43.6×奥行113×高さ116cm

33kg

8段階

記載なし

100kg

HAIGE(ハイガー) HG-ZA-5000F

Amazonで見る

負荷も時間も無制限でトレーニングできるスピンバイク

幅51×奥行100×高さ111cm

37kg

無段階

記載なし

120kg

ジョンソンヘルステック(Johnson Health Tech) ホライズン GR7

Amazonで見る

ロードサイクリングの疾走感をリアルに再現!

幅57×奥行150×高さ118cm

51kg

12段階

記載なし

136kg

DAIKOU(ダイコー) DK-738 準業務用スピンバイク

Amazonで見る

細部にこだわった使いやすい本格マシン

幅56×奥行143×高さ115cm

50kg

無段階

13kg

150kg

東急スポーツオアシス WEBGYM BIKE

Amazonで見る

LIVEアプリと連動すれば自宅がBIKEスタジオに!

幅57.5×奥行148×高さ126cm

58.6kg

16段階

記載なし

150kg

人気サイトの売れ筋ランキングはこちら

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの人気売れ筋ランキングはこちらからご覧ください。

HOME

>

グッズ

>

【2021年】スピンバイク、おすすめ人気10選!使い方に合った選び方も


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!