〈2022年〉自走式ルームランナーおすすめ8選 電動式との違いを解説

Moovoo編集部
2022-11-14

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がMoovooに還元されることがあります。

自分の力で走る自走式ルームランナーは、モーターで動く電動式に比べて消費カロリーが高く、音が静かな点が魅力です。自分のペースで走るため、高齢者の歩行トレーニングにもぴったりです。

当記事では、自走式ルームランナーのメリット・デメリットに加え、選び方とおすすめ商品を紹介します。


おすすめ・人気商品をまずは一覧で

※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

サイズ

本体重量

ベルトサイズ

傾斜度

耐荷重

Amazonで見る

コーポ コンパクトウォーカーX CP-180X

気軽に使えるコンパクトサイズ

幅54×奥行91×高さ100cm

11kg

幅29.5×奥行77cm

約8度

90kg

Amazonで見る

アルインコ(ALINCO) 自走式ウォーカー EXW7019

自宅で手軽に本格ウォーキング

幅53×奥行87×高さ94.5cm

14kg

幅27×奥行75cm

約8度

90kg

Amazonで見る

ナニワ Namala 自走式ウォーカー NZ500

組み立て不要ですぐに使える

幅53×奥行87×高さ94.5cm

12.5kg

幅27×奥行75cm

約8度

90kg

Amazonで見る

谷村実業 自走式NEWコンパクトルームウォーカー

専用ルームマットがセット

幅50×奥行80×高さ101cm

11.3kg

幅27.5×奥行76cm

記載未確認

80kg

楽天市場で見る

はぴねすくらぶ お散歩ロード

使用時も収納時もコンパクト

幅48×奥行78×高さ100cm

13kg

幅27.5×奥行75.5cm

約8.5度

90kg

Amazonで見る

錦商事 FKstyle ルームランナー自走式

ハンドルの高さ調節が可能

約幅52.5×奥行93×高さ119cm

約10.6kg

約幅34×奥行83cm

記載未確認

記載未確認

Amazonで見る

オリエンタル・スタンダード・ジャパン BTM 自走式ルームランナー

届いた日から気軽にウォーキング

幅52×奥行106×高さ108cm

14kg

記載未確認

記載未確認

100kg

Amazonで見る

オリエンタル・スタンダード・ジャパン BTM 自走式ルームランナー

すっきり収納できる軽量コンパクトサイズ

幅50×奥行91×高さ114cm

10kg

記載未確認

記載未確認

100kg

自走式ルームランナーとは

日頃の運動不足や、ジムに通うのはちょっと面倒と感じている方にとって、ルームランナーは室内で手軽にウォーキングやランニングができる便利なフィットネスマシンです。

その中で、モーターが搭載されていないものを自走式ルームランナーと呼びます。自走式とは自分の力でベルトを動かして走ることです。

ALINCO(アルインコ) 自走式ウォーカー EXW7019

使い方はシンプルで、ベルトの上を歩くと走行ベルトも一緒に動き、そのままウォーキングやジョギングができます。モーターを搭載していないため電動式より静かで軽量です。さらに、自力でベルトを動かすので高い消費カロリーが期待できます。

数分歩くだけで手軽に有酸素運動ができるので、リフレッシュや運動不足解消にぴったりです。スキマ時間にちょっとした運動がしたいなら、ぜひ自走式ルームランナーを検討してください。

自走式と電動式、選ぶならどっち?

ルームランナーには自走式と電動式の2種類があります。それぞれの特徴と違いをチェックしましょう。

自走式ルームランナーの特徴

まずは自走式ルームランナーのメリットとデメリットを見てみましょう。

自走式ルームランナーのメリットとデメリット

メリット

デメリット

・モーターがないので音が静か
・電動式に比べて軽量コンパクト
・自分でベルトを動かすので力が必要
・消費カロリーが高い
・自分のペースを調整できる
・電源不要で使える

・ベルトサイズが小さいものが多い
・走るフォームを整えにくい
・足への負担が大きい

軽量でコンパクトなものが多く、コンセントを気にする必要がないので設置や移動が簡単です。折りたたみタイプなら、使わないときはさらにコンパクトに収納できます。モーターがないので、周囲への騒音を気にする必要もありません。

傾斜がつけられるタイプは、運動量がアップし効率的にカロリーを消費できます。自分でペースを調整できるので、高齢者の歩行トレーニングにもおすすめです。

コンパクトなため、歩幅が広い方にとってはランニングベルトのサイズがネックになることがあるので、走行面の広さを確認しましょう。

マンションや集合住宅で騒音が気になる方や、無理なく運動したい方におすすめします。

電動式ルームランナーの特徴

モーターが搭載されている電動式は、自動でベルトが動くので、設定した速度にあわせて走ります。メリットとデメリットを見てみましょう。

電動式ルームランナーのメリットとデメリット

メリット

デメリット

・ベルトが自動で動くため足への負担が少ない
・傾斜角度や速度で運動量を調整できる
・プログラムにあわせた運動ができる
・腕がフリーになるため自然なフォームで走れる

・モーター音が騒音になることがある
・自走式に比べて本体が大きくて重い
・価格が高い

設定した速度でベルトが動くため、一定のスピードを保て、足への負担が軽減されます。商品によって機能は異なりますが、傾斜角度をつけたり速度にリズムをつけたりと、さまざまな条件で運動できます。

電動式は自走式と比べて本体が大きいため、設置スペースを確保する必要があります。加えて、モーター音がするため、マンションや集合住宅で使用する際は騒音や振動に配慮することが大切です。

自走式ルームランナーの選び方

TAC(タック) ルームウォーカー 折りたたみ式

自走式ルームランナーはさまざまなメーカーから発売されています。自走式ルームランナーを選ぶときにチェックしておきたいポイントを見てみましょう。

ランニングベルトの長さと幅

ランニングベルトは、走行面のことです。個人差はありますが、ランニングベルトが狭いと走りにくいことがあります。

歩幅の大きい方は、できるだけ広い走行面のものを選びましょう。

ハンドルの高さと形状

自走式ルームランナーは、基本的にハンドルに掴まりながら使用します。ハンドルが低すぎると走りづらいため、無理な姿勢にならない高さのハンドルを選びましょう。商品によってはハンドルの高さ調整可能なモデルもあるのでチェックしてください。

ハンドルの形状には、横に平行なバータイプ、自転車のグリップのような形をしたタイプ、本体を囲むようなガードタイプなどがあります。

付属機能もチェックしよう

ほとんどの自走式ルームランナーには、電池式の液晶メーターが付いています。走行距離や消費カロリーを計測できるので、運動の効果を実感できます。

折りたたみ収納が可能なタイプや移動が楽になるキャスター付き、組み立て不要ですぐに使えるタイプなどもあるので、用途にあわせて付属機能もチェックしましょう。

自走式ルームランナー、人気メーカーの売れ筋商品

女性顔イラスト(検証コメント用)

Moovoo編集部

数ある自走式ルームランナーの中でもECサイトなどで売れ行き好調な、人気メーカーの製品を紹介します。ぜひ参考にしてください。
PICK UP①
  • コーポ
  • コンパクトウォーカーX CP-180X

  • 税込み14,999円(Amazon)
  • 気軽に使えるコンパクトサイズ

  • コンパクトなルームランナーですが、安定した走行面で無理なくウォーキングができます。折りたたみ式なので収納も便利です。

    操作パネルではスピードや走行距離のほか、消費カロリー・累積距離の計測が可能。運動の成果が確認できるので、モチベーションアップに繋がります。

サイズ:幅54×奥行91×高さ100cm
本体重量:11kg
ベルトサイズ:幅29.5×奥行77cm
傾斜度:約8度
耐荷重:90kg
PICK UP②
  • アルインコ(ALINCO)
  • 自走式ウォーカー EXW7019

  • 税込み16,465円(Amazon)
  • 自宅で手軽に本格ウォーキング

  • 自分のペースで無理なくウォーキングが可能です。静音性に優れているので、マンションや集合住宅でも、周りへの騒音を気にせず使えます。

    8度の傾斜角度がついているため、坂道を上っているような負荷の高いトレーニングができます。

サイズ:幅53×奥行87×高さ94.5cm
本体重量:14kg
ベルトサイズ:幅27×奥行75cm
傾斜度:約8度
耐荷重:90kg
PICK UP③
  • ナニワ
  • Namala 自走式ウォーカー NZ500

  • 税込み13,379円(Amazon)
  • 組み立て不要ですぐに使える

  • 面倒な組み立ては不要なので、届いた日からすぐに使用できます。傾斜角は約8度の固定式です。

    消費カロリーや走行距離が計測できる電池式メーターで、トレーニングの管理も楽々。キャスター付きなので移動も簡単です。

サイズ:幅53×奥行87×高さ94.5cm
本体重量:12.5kg
ベルトサイズ:幅27×奥行75cm
傾斜度:約8度
耐荷重:90kg
PICK UP④
  • 谷村実業
  • 自走式NEWコンパクトルームウォーカー

  • 税込み9,990円(Amazon)
  • 専用ルームマットがセット

  • 傾斜のついた走行ベルトで坂道を歩いているような運動ができます。折りたたんで自立するため、スリムに収納でき便利です。

    EVA製の専用マットが付属しているため、ウォーキング時の振動を軽減し床への傷を防止します。

サイズ:幅50×奥行80×高さ101cm
本体重量:11.3kg
ベルトサイズ:幅27.5×奥行76cm
傾斜度:記載未確認
耐荷重:80kg
PICK UP⑤
はぴねすくらぶ コンパクト自走式ウォーカー「お散歩ロード」の画像
  • はぴねすくらぶ
  • お散歩ロード

  • 税込み11,000円(楽天市場)
  • 使用時も収納時もコンパクト

  • 新聞紙1枚分のスペースで手軽にウォーキングができます。折りたたんだときの横幅は約18cmとスリムサイズです。

    約8.5度の傾斜角度が付いているため、平地を歩くより高い運動量が得られます。手すりは握りやすいウレタンカバー付きのグリップです。

サイズ:幅48×奥行78×高さ100cm
本体重量:13kg
ベルトサイズ:幅27.5×奥行75.5cm
傾斜度:約8.5度
耐荷重:90kg
PICK UP⑥
  • 錦商事
  • FKstyle ルームランナー自走式

  • 税込み10,180円(Amazon)
  • ハンドルの高さ調節が可能

  • 折りたたんで立てた状態のまま収納でき、キャスターで家中どこでも簡単に移動できます。時間や距離・消費カロリーがわかる液晶モニター付きです。

    ハンドルの高さを99~119cmまで調節できるため、最適なポジションで安定したウォーキングができます。

サイズ:約幅52.5×奥行93×高さ119cm
本体重量:約10.6kg
ベルトサイズ:約幅34×奥行83cm
傾斜度:記載未確認
耐荷重:記載未確認
PICK UP⑦
  • オリエンタル・スタンダード・ジャパン
  • BTM 自走式ルームランナー

  • 税込み11,980円(Amazon)
  • 届いた日から気軽にウォーキング

  • 1人でも簡単に組み立てられるので、届いたその日から自宅でウォーキングをはじめられます。

    ハンドルの高さは5段階、傾斜角度は2段階でそれぞれ調節が可能。自分にあったポジションで快適な運動ができます。

サイズ:幅52×奥行106×高さ108cm
本体重量:14kg
ベルトサイズ:記載未確認
傾斜度:記載未確認
耐荷重:100kg
PICK UP⑧
  • オリエンタル・スタンダード・ジャパン
  • BTM 自走式ルームランナー

  • 税込み11,800円(Amazon)
  • すっきり収納できる軽量コンパクトサイズ

  • 軽量でコンパクトなボディですが、耐荷重100kgの頑丈設計です。本体下に吸盤が付いているため、激しい運動でもズレを抑えます。

    ハンドルは3段階の高さ調節ができ、運動負荷にあわせて2段階の傾斜角度が選べます。使わないときは折りたたんでスマートに収納可能です。

サイズ:幅50×奥行91×高さ114cm
本体重量:10kg
ベルトサイズ:記載未確認
傾斜度:記載未確認
耐荷重:100kg
※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

サイズ

本体重量

ベルトサイズ

傾斜度

耐荷重

Amazonで見る

コーポ コンパクトウォーカーX CP-180X

気軽に使えるコンパクトサイズ

幅54×奥行91×高さ100cm

11kg

幅29.5×奥行77cm

約8度

90kg

Amazonで見る

アルインコ(ALINCO) 自走式ウォーカー EXW7019

自宅で手軽に本格ウォーキング

幅53×奥行87×高さ94.5cm

14kg

幅27×奥行75cm

約8度

90kg

Amazonで見る

ナニワ Namala 自走式ウォーカー NZ500

組み立て不要ですぐに使える

幅53×奥行87×高さ94.5cm

12.5kg

幅27×奥行75cm

約8度

90kg

Amazonで見る

谷村実業 自走式NEWコンパクトルームウォーカー

専用ルームマットがセット

幅50×奥行80×高さ101cm

11.3kg

幅27.5×奥行76cm

記載未確認

80kg

楽天市場で見る

はぴねすくらぶ お散歩ロード

使用時も収納時もコンパクト

幅48×奥行78×高さ100cm

13kg

幅27.5×奥行75.5cm

約8.5度

90kg

Amazonで見る

錦商事 FKstyle ルームランナー自走式

ハンドルの高さ調節が可能

約幅52.5×奥行93×高さ119cm

約10.6kg

約幅34×奥行83cm

記載未確認

記載未確認

Amazonで見る

オリエンタル・スタンダード・ジャパン BTM 自走式ルームランナー

届いた日から気軽にウォーキング

幅52×奥行106×高さ108cm

14kg

記載未確認

記載未確認

100kg

Amazonで見る

オリエンタル・スタンダード・ジャパン BTM 自走式ルームランナー

すっきり収納できる軽量コンパクトサイズ

幅50×奥行91×高さ114cm

10kg

記載未確認

記載未確認

100kg

自走式ルームランナーの騒音対策

電動式より静かな自走式ルームランナーとはいえ、マンションや集合住宅では下の階への音や振動が気になる場合があります。

室内でフィットネスマシンを使う際の騒音対策としては、置き場所を柱や壁の近くにする方法があります。建物の構造上、柱に近い方が強度があるため、下の階への振動も伝わりにくくなります。

加えて、より防音や振動を軽減したいときは、マシンの下に専用の衝撃吸収マットを敷くことです。

ルームランナー使用時の衝撃を吸収し、床の防音性を高めてくれる便利グッズなので、周囲への音や振動が気になる方には、フィットネスマシン専用フロアマットの使用をおすすめします。

PICK UP⑨
  • アルインコ(ALINCO)
  • エクササイズフロアマット EXP150

  • 税込み5,444円(Amazon)
  • 厚さ0.9cmの衝撃吸収マット

  • 弾力性のあるポリ塩化ビニル素材と9mmの厚みが特徴のウォーキングマシン専用マットです。

    床の保護や振動対策に最適な作りなので、フィットネス中の音や振動が気になる方におすすめです。

サイズ:幅90×奥行150cm
厚さ:0.9cm
重量:3.7kg
収納方法:ロールアップ
素材:ポリ塩化ビニル

人気サイトの売れ筋ランキングはこちら

Moovoo
家電製品総合アドバイザーの有資格者をはじめとする、編集部メンバーで運営しています。専門家の知見や独自リサーチをもとに、家電やスマホ、パソコンなどの情報を発信しています。

HOME

>

グッズ

>

〈2022年〉自走式ルームランナーおすすめ8選 電動式との違いを解説


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!