〈プロ解説〉静かなルームランナーおすすめ9選 マンションでも使いやすいモデル

田子 政昌(パーソナルトレーナー)
最終更新日: 2024-07-11

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がMoovooに還元されることがあります。

facebook xPost lineLINE copyCopy

自宅にいながらランニングやウォーキングができるフィットネスマシン、ルームランナー。トレッドミルとも呼ばれ、運動不足解消に人気のアイテムです。

そこでこの記事では、アパートやマンションなどでも使いやすい、静かなルームランナーの選び方や効果的な使い方、さらにおすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

田子 政昌(パーソナルトレーナー)
陸上競技・ランニング指導を中心に初心者からアスリート、子どもから大人まで幅広い人を対象に運動指導を行っているトレーニングコーチ。2020年より神奈川県大和市にパーソナルトレーニングジムVITALIZE(バイタライズ)を開業し、ダイエットや健康運動指導も行っている。日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーのほか、NSCA公認パーソナルトレーナー、JATI‐AATIなど国内外の指導資格を多数保有。一般社団法人ワールウインドAC代表理事。
※田子政昌さんには2023年1月、選び方解説の執筆と筆者おすすめ商品の選定をしていただきました。記事後半の編集部ピックアップ商品は最新の情報をもとに選んでいます。

まずはプロおすすめ、静かなルームランナー4選

田子政昌さんがおすすめする、静音性に優れたルームランナーを紹介します。

① KingSmith ルームランナー WalkingPad R2

田子 政昌(パーソナルトレーナー)

おすすめポイント

家庭用ルームランナーブランド「WALKINGPAD」の最新モデル。走行面の厚さはわずか7cmで、フラットな形状です。高水準のモーターを使用し、静音性に優れています。

真っ二つに折りたためるコンパクトなデザインのため、収納や移動もしやすく、好きなタイミングでトレーニングできます。

0.5〜10km/hまでは、0.5km/hごとの細やかな速度調節が可能です。アプリと連携すれば、走行距離や消費カロリーといった運動データをスマホで確認できます。トレーニングを継続するにあたって使いやすい機能が充実したモデルです。
サイズ:幅72×奥行145.2×高さ103.2cm
本体重量:36kg
最高速度:10km/h
静音性:65dB
耐荷重:110kg

② アルインコ プログラムランニングマシン AFR1119A

田子 政昌(パーソナルトレーナー)

おすすめポイント

パネル・手すりつきの本格的なルームランナーを探している方におすすめ。静音性を高める衝撃吸収マットも付属しています。

最高16km/hに対応し、家庭用マシンとしては申し分ないスペックです。12種類のプログラムコースも搭載しているため、心肺機能向上や脂肪燃焼など、目的に合わせてトレーニングができます。
サイズ:幅71×奥行143×高さ120cm
本体重量:35.5kg
最高速度:16km/h
静音性:記載未確認
耐荷重:100kg

③ NADLE 自走式ルームランナー

田子 政昌(パーソナルトレーナー)

おすすめポイント

自分の力で走る自走式のため、モーター音がなく静かです。傾斜角度が3段階で調節でき、体力に合わせて運動負荷を変えられます。

ほかのメーカーだと手すりが前方についていることが多いですが、こちらの製品はサイドにも手すりがついているのが特徴です。転倒防止になるほか、腕立て伏せなどのトレーニングにも活用できます。
サイズ:幅55×奥行115×高さ110cm
本体重量:約32kg
最高速度:記載未確認
静音性:記載未確認
耐荷重:120kg

④ リーボック トレッドミル JET100+ BK (BT) RVJF-20121BK-1BT

田子 政昌(パーソナルトレーナー)

おすすめポイント

家庭向けのルームランナーとしては本格的なスペックを有するマシン。最高16km/hに対応し、傾斜12%までの角度調節機能や24種類のプログラムが搭載されています。

走行面は43×130cmと広々としていて、足を踏み外す心配はありません。また、ラバーとエアーのクッション構造により、優れた吸収力と静音性を実現。ランニング動作を行っても比較的静かな接地音でトレーニングができます。
サイズ:幅78×奥行171×高さ139cm
本体重量:76kg
最高速度:16km/h
静音性:記載未確認
耐荷重:110kg

静かなルームランナーを選ぶポイント

ルームランナーまとめ

① 静かなモデルは使いやすい

ルームランナーを使用している写真

Photo by iStock

ここからは、ルームランナーを選ぶポイントを解説します。

ルームランナーのような有酸素運動系のマシンを選ぶ際に、重要となるポイントのひとつが静音性です。足を踏み下ろしたときのドンドンといった衝撃音や、機械自体のモーター音が持続的に発生するため、一般的な筋トレマシンよりも「音」が静かかどうかを購入の基準にすると、使いやすいものが見つかります。

また、ルームランナー本体だけでなく、床に衝撃吸収材を敷くなどの養生を行うことも、騒音や振動の対策になります。

② 自走式はモーターがなく低価格、電動式は足への負担軽減

ルームランナーの写真

Photo by iStock

ルームランナーの駆動方式には、電動モーターがベルトを動かす電動式と、利用者が自ら走ることでベルトが動く自走式があります。

電動式はモーターの力でベルトが動くので、足に力を入れなくても一定の速度を保てます。レースを目指すような本格的なランニングフォームを身に着けていない方でも無理のないペースで走り続けられるため、野外でランニングを行うよりも脚にかかる負荷を減らすことが可能です。速度・傾斜角度の調節や、心拍数の表示など、機能性にも優れています。

ただ、自走式に比べると価格が高い傾向があるほか、サイズが大きな商品も多く、設置スペースの確保が必要です。モーターの質や速度によっては騒音が出やすいため、静音性や衝撃吸収性に優れたモデルを選ぶようにしましょう。

自走式はモーターがないぶん静かで、電気代もかかりません。軽量でコンパクトなモデルが多いですが、勢いよく走るには走行面が狭かったり短かったりして、窮屈に感じることがあります。運動の目的や使用する場所に合わせて選ぶのがポイントです。

③ 省スペースで移動させやすいか

部屋に置いてあるルームランナーの写真

Photo by iStock

自宅用のルームランナーは、なるべく省スペースで動作できるものがおすすめです。ウォーキングやランニングの際には、腕や脚が大きく動作するため、マシン自体の底面積だけでなく、思った以上のスペースが必要となることがあります。

また、収納時に折りたためたり、ローラーがついていたりなど、マシン自体を移動させやすいと普段の生活スペースを圧迫せずに使うことができます。

④ 耐荷重と最高速度をチェック

ルームランナーで走っている写真

Photo by iStock

スペックを比較する際にチェックしておきたいのが、耐荷重最高速度。これらが低いマシンで強度の高い運動にチャレンジすると、使い始めて間もないのに故障したり、最悪の場合、ベルトや支柱が破断したりしてケガをする恐れがあります。

ただし、頑丈で多機能な高価格帯のルームランナーには準業務用モデルも多く、激しいトレーニングでは音が気になることも。静音性を重視するなら、15km/h程度までの低速度域でトレーニングできるタイプを選ぶのがポイントです。

ルームランナーの効果的な使い方

ルームランナーで行うトレーニングは、基本的には筋肉への負荷が比較的軽い有酸素運動となります。

有酸素運動を持続的に行うことで心肺機能を高めたり、脂肪燃焼効果が期待できたりしますが、筋力トレーニングなどと同様に、運動する目的や使用者の体力によって負荷設定を変えることがポイントです。

脂肪燃焼には、無理なく続けられる負荷で

ルームランナーで汗をかいている写真

Photo by iStock

運動不足で体重が増えてしまった…という理由でダイエットを始める方は多いでしょう。ダイエットは食生活の改善が第一ですが、活動量(≒運動量)を増やすことも必要になります。

ルームランナーで有酸素運動を取り入れる場合は、無理なく続けられる負荷(目安は呼吸が少しはずむ程度)で持続的に行うことが大切です。

以前は「有酸素運動は20分以上」といった定説がありましたが、20分以内でも脂肪燃焼は行われるため、あくまでも運動時間が増えることでトータルの燃焼効果が高まる、という程度に考えて無理のないように続けてください。

ルームランナーで歩いている写真

Photo by iStock

また、激しく呼吸が乱れるような負荷や疲労度では持続できないばかりか、脚部への負荷が大きくなりケガの原因になる場合もあります。

脂肪よりも糖(グリコーゲン)の代謝が高くなることで効率も下がってしまうので、自分のペースで無理なく運動できる負荷設定を心がけましょう。

体力増進には、インターバルトレーニングがおすすめ

ルームランナーでトレーニングしている写真

Photo by iStock

本格的なランニングやスポーツとまではいかなくても、体力増進を図りたい方には心肺機能を高めるトレーニングが適しています。インターバルプログラムなどにより、自動的に速度や傾斜を調節して、負荷を自動で切り替えられるルームランナーを選ぶといいでしょう。

おすすめのトレーニング法は、比較的強めの強度(目安は30~60秒程度連続して行うと呼吸が速くなるくらい)と、話しながらでも続けられるような低強度のトレーニングを繰り返し行う「インターバルトレーニング」です。

心臓は筋肉でできているので、強く動かしたり短い休息をはさんで繰り返したりして「ゆさぶる」ことで、多様な負荷がかかり強い拍動ができるようになります。

田子 政昌(パーソナルトレーナー)

ポイント解説

あまりにも高強度だとケガの原因にもなるので、5~8セット程度繰り返したらトレーニングを終了しましょう。それで余裕があるようなら、次のトレーニングではセット数はそのままに、速度や傾斜を増やして少しずつ負荷を高めていくといいでしょう。

〈編集部PICK UP〉静かなルームランナー、人気メーカーの売れ筋商品

女性顔イラスト(検証コメント用)

Moovoo編集部

数ある静かなルームランナーの中でもECサイトなどで売れ行き好調な、人気メーカーの製品を紹介します。

自走式① アルインコ 自走式ウォーカー7019 EXW7019

モーター駆動音がしない自走式ウォーカー

自力でベルトを動かす自走式のため、運動中のモーター音がなく静音性に優れています。電源も表示メーター用の単4電池2本だけで、設置場所を選びません。

約8度の傾斜角度がついているため、坂道を上るようにウォーキングできます。使用しないときは、折りたたんでコンパクトに収納可能です。

サイズ:幅53×奥行87×高さ94.5cm
本体重量:14kg
最高速度:記載未確認
静音性:記載未確認
耐荷重:90kg

自走式② ダイコー 自走式ルームランナー DK-6310CB

本格的なトレーニングに対応した自走式

ウォーキングから各種トレーニングまで対応した、本格的な自走式ルームランナーです。レバーで4段階の負荷調節が可能。ハンドルを持つ位置を変えることで、横歩きや後歩きなど多彩なフォームで運動が行えます。

モーターがないため電気代はゼロ。騒音も少なく、自分のペースにあわせて好きなだけ使用可能です。

サイズ:幅81×奥行172×高さ157cm
本体重量:130kg
最高速度:記載未確認
静音性:記載未確認
耐荷重:150kg

電動式① バーウィング ルームランナー16km/h BW-SRM16

家族みんなで使える本格マシン

最高速度16km/hに対応したハイエンドモデルです。20種のプログラムやUSBスピーカーのほか、3段階の角度調整といった多数の機能がついた本格派です。

省エネで高性能なDCモーターとスプリング式衝撃吸収システムを搭載。6km/h時は56dB、16km/h時でも69dBと静かに運動できます。

サイズ:幅64.5×奥行144.6×高さ121cm
本体重量:37kg
最高速度:16km/h
静音性:69dB(16km/h時)
耐荷重:130kg

電動式② ライシン ルームランナー T4003A

ペースや目的にあわせて使える2WAY仕様

パワフルで静かなモーターを搭載し、ウォーキングとランで使い分けが可能です。メーカーによると、4km/h時の騒音値は換気扇とほぼ同じ47.5dB、12km/h時は洗濯機ほどの64.5dBとのこと。

高さ13cmの薄型設計なので、使わないときはベットやソファーの下にも収納できます。

サイズ:幅142×奥行66×高さ13cm(ウォーキングモード)、幅133×奥行57.5×高さ104cm(ランニングモード)
本体重量:35kg
最高速度:16km/h
静音性:47.5dB(4km/h時)、64.5dB(12km/h時)
耐荷重:100kg

電動式③ ジョンソンヘルステック 家庭用ホライズン トレッドミル ADVENTURE1

本格的なランニングに対応

最高速度18km/hに対応し、広い走行面で本格的なランニングができます。走行中でもショートカットキーで、速度や傾斜を簡単に変更可能です。

膝や腰への負担を軽減するVRCクッションが音や振動を吸収し、快適なランニングをサポートします。簡単に折りたたんで収納可能です。

サイズ:幅89×奥行182×高さ138cm
本体重量:81kg
最高速度:18km/h
静音性:記載未確認
耐荷重:125kg
※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

サイズ

本体重量

最高速度

静音性

耐荷重

Amazonで見る

【筆者おすすめ】藤忠インターナショナル WalkingPad R2

折りたためるコンパクトタイプ

幅72×奥行145.2×高さ103.2cm

36kg

10km/h

65dB

110kg

Amazonで見る

【筆者おすすめ】アルインコ(ALINCO) プログラムランニングマシン AFR1119A

豊富な速度幅でリハビリからトレーニングまで対応

幅71×奥行143×高さ120cm

35.5kg

16km/h

記載未確認

100kg

楽天市場で見る

【筆者おすすめ】AORTD 自走式 ルームランナー

自分の足でベルトを動かして走る自走式

幅55×奥行115×高さ110cm

約32kg

記載未確認

記載未確認

120kg

Amazonで見る

【筆者おすすめ】Reebok(リーボック) JET100 ‎RVJF-20121BK-1BT

幅43cm、長さ130cmのゆったりした走行面

幅78×奥行171×高さ139cm

76kg

16km/h

記載未確認

110kg

Amazonで見る

アルインコ(ALINCO) 自走式ウォーカー7019 EXW7019

モーター駆動音がしない自走式ウォーカー

幅53×奥行87×高さ94.5cm

14kg

記載未確認

記載未確認

90kg

Amazonで見る

ダイコー(Daiko) 自走式ルームランナー DK-6310CB

本格的なトレーニングに対応した自走式

幅81×奥行172×高さ157cm

130kg

記載未確認

記載未確認

150kg

Amazonで見る

BARWING(バーウィング) ルームランナー16km/h BW-SRM16

家族みんなで使える本格マシン

幅64.5×奥行144.6×高さ121cm

37kg

16km/h

69dB(16km/h時)

130kg

Amazonで見る

Lysin(ライシン) ルームランナー T4003A

ペースや目的にあわせて使える2WAY仕様

幅142×奥行66×高さ13cm(ウォーキングモード)、幅133×奥行57.5×高さ104cm(ランニングモード)

35kg

16km/h

47.5dB(4km/h時)、64.5dB(12km/h時)

100kg

Amazonで見る

Johnson Health Tech(ジョンソンヘルステック) 家庭用ホライズン トレッドミル ADVENTURE1

本格的なランニングに対応

幅89×奥行182×高さ138cm

81kg

18km/h

記載未確認

125kg

ルームランナーの人気売れ筋ランキング

こちらの記事もどうぞ


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    XでMoovooをフォロー!