HOME

>

グッズ

>

ゴールドカード審査、難易度は?アンケート調査で見えた年収300万円台のアメックスゴールドホルダー

ゴールドカード審査、難易度は?アンケート調査で見えた年収300万円台のアメックスゴールドホルダー

ユリサ
2021-02-26
2021-03-19

「ゴールドカードの審査って厳しいのかな…?」
「どれくらいの年収があれば、審査を通過するんだろう?」


通常のクレジットカードより、手に入れるにはちょっと敷居が高いと思われているゴールドカード。

しかし、結論から言うと、ゴールドカード最高峰と称される「アメックス・ゴールドカード」でも、年収300万円で通ったという事実がわかったのです。

今回は、ゴールドカードの審査の難易度や、審査に通っている年収などを調査するため、アメックス・ゴールドカードの審査に申し込んだ方へのアンケートと、国税庁が行った平均給与に関するデータを調査しました。

「ゴールドカードを持ちたいけど、どれくらいの年収があれば通るのかわからない」「審査基準として何が重要視されているのか気になる」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

ゴールドカードの審査基準

パソコンの前でゴールドカードとクレジットカードを持つ女性の写真

ゴールドカードの審査基準は、どのカード会社も基本的に非公開です。しかし、主に審査においては以下の2つが重要です。

  • 属性(年収・所属している会社の形態 等)
  • 信用情報

2つがなぜ審査に影響するのか、それぞれ解説していきます。

属性|審査の通りやすさは、やっぱり安定した年収…?  

年収の計算

一般的なクレジットカードよりも付帯サービスが充実しているゴールドカード。

無料で使える特典だけでなく、カードを利用して得られる特典も豊富なため、通常のクレジットカードより、ユーザーの利用頻度や利用額も重視されていると考えられます。

そのため、以下のような、申し込んだ時の入力項目、すなわち、その人の属性情報が審査に関係していると予想できます。

  • 年収
  • 勤続年数
  • 会社の形態(上場、非上場 等)
  • 住まい(自己所有、賃貸 等)

利用頻度や利用額が重視されるのであれば、特に審査のポイントとなってくるのはやはり年収でしょう。

では実際に、どれくらいの年収であればゴールドカードの審査に通過できるのか、アメックス・ゴールドに申し込んだ方の属性と審査結果を後ほどご紹介します。

信用情報|支払いの遅延・延滞も審査に影響するので注意

悩む人物

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込み、契約に関する情報のこと。クレジットカードを申し込む際、誰でも必ず信用情報の利用・登録について同意しなければなりません。

同意すると信用情報は、カード会社から信用情報機関に送られ、登録されます。この登録された履歴は、クレジットカードヒステリー、通称「クレヒス」と呼ばれます。あなたがカードを作る際、この登録された信用情報を元に、審査が行われているのです。

代表的な信用情報機関は2つあり、指定信用情報機関の「CIC」と、日本信用情報機構の「JICC」です。カード会社は大抵、このどちらかに加盟しています。

CICを例にあげると、CICに加盟するクレジット会社等から登録されるタイミング・情報は、以下の通りです。

CICに加盟するクレジット会社等から登録されるタイミング・情報のスクリーンショット

みなさんもよく、支払いの遅延・延滞をするとその履歴が残り、次のカードの審査で不利になる、ということを聞いたことがあるかと思います。

信用情報は支払いをしたタイミングでも登録されるため、万が一支払いの遅延・延滞をした場合、信用情報機関にその情報が登録されてしまうのです。

もし、自分の信用情報に自信がない場合、自分の信用情報がCICにどのように登録されているのか確認することもできるので、不安な人は一度チェックしてみるのも良いかもしれません。

ゴールドカード取得できる年収は?アメックス・ゴールドの審査結果をご紹介

PICK UP!
  • アメリカン・エキスプレス
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

  • 年会費:税込み31,900円|家族カード:1枚目無料(2枚目以降税込み13,200円)
  • プラチナ並の付帯サービス、しかし審査基準は以前よりやさしめ

  • 旅行系・グルメ系のサービスに優れている、世界的に有名なゴールドカード。年収300万円台でもチャンスがあり、ステータス性の高さはそのまま、審査難易度は以前より下がっています。

「今の自分の年収でゴールドカードの審査を通過できるのか…?」

今回は、ゴールドカードを代表するアメックス・ゴールドの審査に申し込んだ方へアンケートを実施しました。審査結果と属性から、審査に通りやすい年収が見えてきたので、一つの目安になりそうです。ご紹介していきます。

  • 国税庁が行った平均給与に関する調査
  • アメックスゴールドの審査に申し込んだ人のアンケート

それでは順番にみていきたいと思います。

アメックス・ゴールドの審査結果についてアンケート調査を実施!

まず、ゴールドカードの中でもステータス性の高いアメックス・ゴールド・カードの審査に申し込んだ方に、アンケート調査を行ったところ、年収300万円台でも審査に通過していることが判明しました。

こちらは、審査の可決者4名と、否決者1名のデータです。

アメックスゴールドカードの審査可決者と否決者アンケートデータ

審査結果

年収

職業

区分・形態

勤続年数

36歳男性

可決

401万円~500万円

会社員(一般社員)

上場企業(関連会社含む)

14年

47歳男性

可決

301万円~400万円

会社員(一般社員)

上場企業(関連会社含む

20年

26歳男性

可決

401万円~500万円

会社員(一般社員)

その他一般企業

4年

38歳男性

否決

401万円~500万円

会社員(一般社員)

その他一般企業 

10年

40歳女性

可決

501万円以上

会社員(一般社員)

非上場で300人以上の企業(関連会社含む)

18年

年収だけみると、年収300万円台の方が可決しているのに対し、年収400万円台の方が否決されています。必ずしも年収が高ければ可決するとは一概に言えないことがわかります。

また、一般社員の方でも審査に通っていることもわかります。ゴールドカード最高峰と称され、審査基準が厳しいと考えられるアメックス・ゴールド・カードでも、幅広い方が持つことができるカードと言えます。

平均給与|通過目安の300万円台は20代後半の平均年収

ゴールドカードの審査に通過する年収を予測するために、まずは一般的な平均給与からみていきたいと思います。

国税庁が行った、令和元年分の民間給与実態統計調査の年代別平均給与によると、先ほどのアメックスゴールドの通過者に多い300万円台〜400万円台の年収は、25歳〜29歳の平均年収だとわかりました。

年代別平均給与

全体

20歳〜24歳

264万円

278万円

248万円

25歳〜29歳

369万円(通過目安ライン)

403万円(通過目安ライン)

328万円(通過目安ライン)

30歳〜34歳

410万円

470万円

321万円

35歳〜39歳

445万円

529万円

313万円

40歳〜44歳

476万円

582万円

318万円

45歳〜49歳

499万円

629万円

324万円

50歳〜54歳

525万円

679万円

320万円

ということは、ステータス性のあるアメックスゴールドでさえも、20代でも十分に通過の見込みがある、ということが言えます。

ここまでのデータで、ゴールドカードの審査通過に関する情報がまとまりました。

  • 年収300万円台が通過ライン
  • 20代の若手でもチャンスがある
  • 重役である必要はない

これらのことから、ゴールドカードを手に入れるのは、世間のイメージよりも実はそんなに難しい訳ではないことがわかるかと思います。今やゴールドカードは多くの方が持つことができるクレジットカードなのです。

おすすめゴールドカード|付帯サービスがスゴい3選

ゴールドカードの審査についてご説明してきましたが、実際にどういったゴールドカードを選べば良いのか、特徴や強みで分けてご紹介します。ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

まずは、付帯されるサービスに注目。ゴールドカードの醍醐味と言えば、通常のクレジットカードとは圧倒的に異なる豊富な付帯サービスです。

数あるゴールドカードの中でも、「ゴールドカードってこんなに良いサービスなの?」と思うほどにサービスが充実したゴールドカードを3選ご紹介します。

おすすめ①
  • アメリカン・エキスプレス
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

  • 年会費:税込み31,900円|家族カード:1枚目無料(2枚目以降税込み13,200円)
  • プラチナ並の付帯サービス、しかし審査基準は以前よりやさしめ

  • 旅行系・グルメ系のサービスに優れている、世界的に有名なゴールドカード。年収300万円台でもチャンスがあり、ステータス性の高さはそのまま、審査難易度は以前より下がっています。

▼カードスペック
・還元率:1%(マイル還元率:0.5%)
・特典:国内外空港ラウンジ利用/手荷物無料宅配サービス/ゴールド・ダイニング by 招待日和 等
・保険:海外旅行保険最大1億円(自動付帯)/国内旅行保険最大5,000万円(利用付帯)

国内外の空港ラウンジ利用や2名以上の予約でコースが1人分無料になる「ゴールド・ダイニング by 招待日和」など、旅行とグルメが好きな人には嬉しすぎる特典が豊富なゴールドカード。

通常のプラチナカード並の付帯サービスが付いてくる、と言っても過言ではないほど、多方面で充実しています。

アメックスゴールドは、バブル期頃は富裕層しか持てないというイメージがありましたが、今では誰にでもチャンスがあるカードです。

おすすめ②
  • dカード
  • dカード GOLD

  • 年会費:税込み11,000円
  • ドコモユーザーなら携帯料金の10%がポイント還元される!

  • ドコモの携帯料金がポイント還元されたりと、ドコモユーザーにおすすめのカード。還元率が1%~4.5%と高く、dポイントをザクザク貯めていきたい人におすすめ!

▼カードスペック
・還元率:1%~4.5%(マイル還元率:0.4%~1.8%)
・特典:国内外空港ラウンジ利用/毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」利用料金の10% 等
・保険:海外旅行保険最大5,000万円(自動付帯)/国内旅行保険最大5,000万円(利用付帯)

dカード GOLDは、毎月のドコモの携帯利用料金の10%がポイント還元され、ドコモの携帯購入から3年間最大10万円補償がつく「dカードケータイ補償」が付帯されたりと、ドコモユーザーにとってはお得なサービスばかり。

ドコモが発行しているカードということもあり、審査には、ドコモ携帯電話の支払い実績も見られるという噂も。逆にきちんと毎月支払っていれば、信用度が高いと判断される可能性もあります。

おすすめ③
  • JALカード
  • JALカード CLUB-Aゴールドカード

  • 年会費:税込み17,600円
  • JALマイルが1%~2%の高還元率で貯まる!

  • JAL系列のホテル割引や、搭乗クラスに関わらず行えるビジネスクラスでのチェックイン、オリジナルカレンダーがもらえたり等、JALのサービスを思いっきり味わえるゴールドカードです。

▼カードスペック
・還元率:1%~2%(マイル還元:1%~2%)
・特典:国内外空港ラウンジ利用/JALビジネスクラス・ チェックイン 等
・保険:海外旅行保険5,000万円(自動付帯)/国内旅行保険1,000万円(利用付帯)

JALのマイルが高還元率で貯まるだけではなく、エコノミークラス搭乗でもビジネスクラスカウンターでチェックインができたり、JAL系列のホテルの割引があったりなど、JALファンには持ってこいのゴールドカード。

プライベートでけでなく、出張などビジネスでJAL指定の場合、持っておくと便利です。

おすすめゴールドカード|年会費が低めでも還元率が高い2選

ここからは、年会費が2,000円以内にも関わらず、還元率がよくポイントが貯まりやすいカードを2選ご紹介していきます。

おすすめ①
  • オリコカード
  • オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド

  • 年会費:税込み1,986円
  • ポイント還元率はどこででも常に1%

  • Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング等ECサイトでの買い物は100円で2.5ポイント貯まります。マイルの還元率もよく、ANAマイルは最高1.5%、JALマイルは最高1.25%。

▼カードスペック
・還元率:1%~2.5%(マイル還元:0.6%~1.5%)
・特典:宿泊施設割引/「Mastercard TASTE OF PREMIUM」(国際線手荷物宅配優待サービス 等)等
・保険:海外旅行保険2,000万円(自動付帯)/国内旅行保険1,000万円(利用付帯)

どこで使っても基本のポイント還元率が1%と高還元率のゴールドカード。

ECサイトでの買い物なら、Tポイント、Pontaポイント、dポイント、WAONポイントが100円で2.5ポイント貯まるので、おうち時間が増えネットショッピングをする機会が増えた今は特におすすめです。

おすすめ②
  • 楽天カード
  • 楽天ゴールドカード

  • 年会費:税込み2,200円
  • 楽天カード専用のハワイラウンジが付帯

  • ポイント還元率が1%~3%とザクザク貯められます。年会費もお得で、気軽に持てるゴールドカードです。

▼カードスペック
・還元率:1%~3%(マイル還元:0.5%~2.5%)
・特典:国内空港ラウンジ・楽天カード ハワイラウンジ利用/海外トラベルデスク付帯 等
・保険:海外旅行保険2,000万円(利用付帯)/なし

楽天カードは専用の、ワイキキラウンジとアラモアナラウンジの2つが用意されているという高待遇。ハワイにいる時も、日本のサービスを感じることができ、安心ですね。

一番の魅力は高還元率。楽天市場での買い物だと100円につき3ポイント貯まるのでお得です。

おすすめゴールドカード|初年度年会費が無料になる4選

ゴールドカードでも、初年度の年会費が無料になるお得なカードもあります。それでは、おすすめ4選をご紹介します。

おすすめ①
  • JCBカード
  • JCBゴールド

  • 年会費:オンラインのみ初年度年会費無料(通常税込み11,000円)
  • 初年度無料で旅行保険が高額自動付帯

  • 旅行保険が、海外も国内も高額で自動付帯する、JCBならではのサービスで持っているだけでも安心。旅だけでなく、全国250店舗で飲食代金20%OFFの割引が利用でき、日常的にもお得に使うことができます。

▼カードスペック
・還元率:0.4%~0.5%(マイル還元率:0.3%~3%)
・特典:国内外空港ラウンジ利用/全国250店舗で飲食代金20%OFF/ゴールド会員専用デスク 等
・保険:海外・国内旅行保険5,000万円(自動付帯)

JCBゴールドは、オンラインからの申し込みで初年度の年会費がなんと無料。初期費用がかかることなく、ゴールドカードが手に入るのは嬉しいですね。

初年度の年会費は無料ですが、審査難易度は、あまりやさしくないと言われているようです。年収と信用情報に自身のある人は、チャレンジしてみるのも良いでしょう。

おすすめ②
  • 三菱UFJニコス
  • MUFGカード ゴールド

  • 年会費:初年度年会費無料(通常税込み2,095円)
  • コンビニATM利用手数料無料!

  • 年会費が初年度無料お得。コンビニATM利用の手数料が無料なので、もうMUFG専用のATMを探さなくてもOK!

▼カードスペック
・還元率:0.4%~0.5%(マイル還元:0.2%)
・特典:国内外空港ラウンジ利用/三菱UFJ銀行のATM/コンビニ利用手数料無料 等
・保険:海外旅行保険2,000万円(自動付帯)/国内旅行保険2,000万円(利用付帯)

MUFGカード ゴールドは三菱UFJニコスは発行する銀行系ゴールドカード。

ポイント還元率はあまりよくないものの、記念月の利用でポイントが1.5倍貯まる「アニバーサリーポイント」といった珍しい特典も。

コンビニATM利用の手数料が無料なのは使っていく上でとても便利、持っていて損はないでしょう。

おすすめ③
  • 三井住友カード
  • 三井住友VISAカード ゴールド

  • 年会費:初年度無料(2年目以降税込み11,000円)
  • 30代以上限定の銀行系プロパーカード

  • 急な体調不良の際に、24時間いつでも医師へ相談できる「ドクターコール24」や、紛失・盗難の際の「安心のサポートサービス」など、緊急時のサービスに優れています。

▼カードスペック
・還元率:0.4%~3%%(マイル還元率:0.3%~1.8%)
・特典:国内外空港ラウンジ利用/ドクターコール24/宿泊予約割引サービス「Relux」 等
・保険:海外・国内旅行保険1,000万円(自動付帯)/4,000万円(利用付帯)

三井住友VISAカードゴールドは、30代以上限定のゴールドカード。こちらも初年度の年会費が無料です。

銀行系のクレジットカードは信用を重視されるようなので、属性だけでなく、クレジットカードの支払い遅延がないかなどもチェックされる可能性があります。

支払いには遅れたことがないという方で、収入が安定している方にはおすすめです。

おすすめ④
  • 三井住友カード
  • 三井住友VISAカード プライムゴールド

  • 年会費:初年度無料(2年目以降税込み5,500円)
  • 20代のためのお得なゴールドカード

  • 「20代でもゴールドカードを持ちたい!」という方のためのゴールドカード。国内外空港ラウンジ利用はもちろん、24時間いつでも医師へ相談できる「ドクターコール24」などサポートも充実しています。

▼カードスペック
・還元率:0.4%~3%(マイル還元率:0.3%~1.8%)
・特典:国内外空港ラウンジ利用/ドクターコール24/宿泊予約割引サービス「Relux」 等
・保険:海外・国内旅行保険1,000万円(自動付帯)/4,000万円(利用付帯)

こちらは20代限定のゴールドカード。20代であることが絶対条件なため、20代前半でもゴールドカードを持てる可能性が高いと言えます。

「20代でも持てるレベルのゴールドカードのが欲しい!」と考えている人にはおすすめのゴールドカードです。

「インビテーション」を受け取れば取得確率UP!

インビテーションのイメージ画像

インビテーションとは、カード会社が既存ユーザーにゴールドカードやプラチナカードなど、ワンランク上のカードを案内する招待状のこと。

インビテーションから申し込むとしても通常通り審査はあります

しかし、カード会社が支配状況や利用額等をチェックし、インビテーションを送るかどうか判断しているため、新規で申し込むより審査に通る確率が高いと言われています。

「まだゴールドカードに申し込む勇気がない…」という方は、まず一般的なクレジットカードに申し込み、利用歴を重ねていくことで、インビテーションが送られてくるのを待つのもゴールドカードを手に入れる一つの方法です。

ただ、手に入れるクレジットカードの上にゴールドカードが存在するのか確認しておきましょう。

インビテーション待ちをするのにおすすめなのがアメリカン・エキスプレス・カードです。

PICK UP!
  • アメリカン・エキスプレス
  • アメリカン・エキスプレス・カード

  • 年会費 税込み13,200円
  • 日常から旅まで今までにない心地良さをサポート

  • ステータス性が高いグリーンカード。国内だけでなく海外空港VIPラウンジの利用も可能で、年会費通常99米ドルがアメックスなら登録料無料。

アメリカン・エキスプレス・カードは、長い期間使っていなくてもゴールドカードのインビテーションがすぐ届いた、という事例もよく聞きます。

アメックスのゴールドカードはステータス性もありながら付帯サービスも充実しているので、いずれゴールドカードが欲しい人にはおすすめです。まずはグリーンの通常タイプから使用し、インビテーションを待つことをおすすめします。

ゴールドカードの審査基準、安定した年収がカギ

ゴールドカードと万年筆の写真

今回は、ゴールドカードの審査で重視されるポイントや審査基準の一つである年収について解説しました。

アンケートやデータの調査結果から、審査通過の最低ラインは年収300万円台ということが予想できますが、思っているほどゴールドカードの審査は難易度が高くないことがわかったかと思います。

ただ、どんなに年収が高い方でも、信用情報に傷がついている場合、審査通過は難しくなります。まだ自分にはゴールドカードは早い…と思う方は、一般的なクレジットカードから申し込み、インビテーションが届くのを待つのも選択肢の一つとして有効です。

ぜひゴールドカードホルダーを目指しましょう。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!