HOME

>

スタイル

>

Geekly(ギークリー)の評判とは?特徴やメリット・デメリットも解説

Geekly(ギークリー)の評判とは?特徴やメリット・デメリットも解説

荒井 幹
2021-01-20
2021-02-24

転職エージェントは転職サイトと違い、転職エージェントの担当者が応募者と企業の間に入り、応募者の転職活動を求人紹介から内定まで一貫してサポートしてくれるサービスです。

国内には大手から中小転職エージェント、業界特化型などさまざまな転職エージェントがある中、IT業界に特化した「ギークリー」という転職エージェントがあります。IT業界への転職を希望している人は一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

転職エージェント利用前には実際の評判はどうか、利用者のリアルな声が気になる人も多いはずです。

そこで今回は、ギークリーの評判について調査してみました。また、特徴やメリット・デメリットについてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ギークリーの特徴

ギークリーは、2011年8月に設立された株式会社GEEKLYが展開する人材紹介サービスです。IT業界で活躍するエンジニアやクリエイターをはじめとした、さまざまな職種を取り扱っています。

そんなギークリーの特徴は以下が挙げられます。

1.IT業界に特化したキャリアコンサルティングを展開
業界問わず対応している他社の転職エージェントでは、多くの業界・職種の求人紹介が可能な一方、業界専任のコンサルタントがいない場合は、求職者に対して内容の濃いコンサルティングができない可能性もあります。

一方で、ギークリーはIT業界のみに特化しており、業界に関する最新情報や専門知識のあるコンサルタントが求職者をヒアリングします。そのため、85.3%と求職者の満足度が高く、ギークリーを利用した求職者の7割が紹介企業に入社するという実績からも、マッチング率の高さが伺えます。

また、IT業界内での主要な企業との繋がりも多く、求人票だけではわからない企業風土や人間関係などの働き方についても情報の提供が可能です。

そして、求職者からの評価だけではなく、他社エージェントからも数多く表彰を受けており、評判の良いエージェントとして認知されています。

IT・ウェブ・ゲーム業界専門の転職エージェント- Geekly(ギークリー)のイメージ画像

2.非公開求人を10,000件以上保有
非公開求人とは、インターネット上で一般には公開されていない求人を指し、レアな優良求人が含まれていることが多く、求職者にとってライバルも少ないというメリットがあります。

ギークリーは非公開求人を10,000件以上保有しており、求人によっては同社のみが保有している案件も数多くあります。

公開求人についても、2021年1月時点では8,000件以上保有しており、公式サイトから詳細に条件を絞り込んで検索が可能です。公式サイトから応募した求人についても、コンサルタントからのサポートが受けられますので、気になる求人があれば応募してみることをおすすめします。

3.内定スピードの速さ
通常、転職エージェントを利用してから内定を獲得するまでの期間は3カ月と言われており、転職エージェントによっては利用期間が定められているところもあります。

しかしギークリーでは、内定獲得まで平均1カ月でスピード感のある転職活動が可能です。この数字から、コンサルタントの迅速な対応スピードが伺えます。

ギークリーのメリットとデメリット

次に、ギークリーを利用する求職者のメリット・デメリットについて、どのようなものがあるのかを見ていきましょう。

ギークリーのメリット

ギークリーを利用することによるメリットは以下が挙げられます。

1.IT業界特化による充実した求人紹介
ギークリーはIT業界に特化しているからこそ、幅広い求人紹介が可能な転職エージェントであり、年代も第二新卒からエグゼクティブポジション(主に20代〜40代)まで対応しています。

取扱求人の年収額も300万〜700万円代となっており、年収UPをしたいという求職者の希望にも応えることができます。実際に公式サイトでは「年収がUPした割合」が75%であるというデータを公開しています。

また、企業規模も大手から中小までさまざまであり、メガベンチャーと呼ばれる企業の求人についても非公開求人として取り扱っていますので、IT業界における優良求人を探している人は登録が必須と言えるでしょう。

2.業界・職種未経験でも転職可能
ギークリーでは、業界や職種未経験でも応募可能な求人も豊富に取り揃えているので、特に若年層(第二新卒)の人にとってチャレンジできるのは嬉しいポイントです。

実際に公式サイトでも「業界未経験」や「開発経験が半年」「正社員経験がない」人の転職は可能か、という質問に「求人のレパートリーも多く、求人紹介は可能」と回答しています。

ポテンシャル採用の場合は求職者の強いモチベーションや熱意などが見られるので、志望企業の研究や、入社以降の活躍を見据えた自己研鑽などが重要になります。


3.サポート内容が充実
求人紹介後は、求職者の希望に沿った求人にギークリーのコンサルタントが応募してくれます。事前に履歴書や職務経歴書を準備する必要があるのですが、書類添削が無料で受けられるうえ、書類選考時には志望動機は必要ないので、効率的な転職活動が可能です。

ただし面接時には志望動機についての質問がありますので、確実に対策しておきましょう。

公式サイトにも履歴書や職務経歴書の書き方をはじめとした、転職活動に役立つノウハウが豊富です。また、登録後に利用できるポータルサイトでは、転職活動の状況が一目でわかるほか、コンサルタントから紹介求人が定期的に送られてきます。

このようなサポートが充実しているからこそ、平均1カ月での転職を可能にしていると言えるでしょう。

ギークリーのデメリット

メリットがある一方で、デメリットもありますので、両者を総合的に判断して利用可否を決めましょう。ギークリーのデメリットは以下が挙げられます。

1.紹介求人が多すぎる
ギークリーの公式サイトでは、紹介可能求人数の平均が48社と公表しています。他の大手総合転職エージェントであっても20社ほどですので、比較してもこの数字は大きいということがわかります。

さらに、登録後のポータルサイトでは「他の人が受けている求人」も確認ができますが、紹介求人と合わせると、管理する求人の数が非常に多くなってしまいます。

紹介求人が多いと、中には求職者の希望に沿っていない求人も含まれている可能性があるので、転職サイトのように感じてしまう求職者の人もいるでしょう。

そのため、ギークリーはコンサルタントに希望は伝えながらも、多くの求人の中から自分にあった求人を探したいという人には向いています。一方で、自分に的確に合う求人をピンポイントで紹介して欲しいと考える人にとってはデメリットのひとつと言えます。

2.コンサルタントとの相性が合わない可能性がある
転職エージェントを利用して転職活動が成功するかどうかは、担当のコンサルタントとの相性も大きく関与します。

コンサルタントがIT業界に熟知しているとは言えど、ギークリー内でも経験年数による知識の差があったり、コンサルタントの性格が求職者と合わないという可能性もあります。

その際は、担当変更も可能ですが、転職活動における人間関係でストレスとなる場合があるので注意が必要です。

3.都内の求人が多く、地方の求人が少ない
ギークリーは東京都、特に23区内の求人を豊富に保有している一方で、地方の求人に関してはほとんど取り扱いがありません。公式サイトでも都道府県の選択項目がなく、キーワード検索で東京以外の地名を入力しても検索結果が非常に少ないことがわかります。

そのため、地方に住んでいる人や地方の求人を探している人は、他の総合転職エージェントを利用して転職活動を進めることをおすすめします。

ギークリーの利用の流れ

ギークリーの利用の流れは以下の通りです。

1.無料登録
公式サイトの「簡単1分、転職無料相談」のボタンをクリックすると、入力フォームが出現するので各項目を入力していきます。

2.面談日の調整
入力が完了すると、ギークリーのコンサルタントから平日であれば1営業日ほどで連絡が来ます。この時に履歴書や職務経歴書の提出が必要になります。

3.コンサルタントによるヒアリング
コンサルタントとの面談では、今までの経験や希望条件、今後どのようなキャリアプランを想定しているかなどについて質問されますので、本音で回答しましょう。

また、この時点で転職に関するアドバイスを受けることもできますので、転職活動における質問や不安などを解消することができます。

4.求人紹介
求人紹介では、ヒアリング内容を元にコンサルタントから求人を数十件ほど紹介されます。紹介求人の中から受けたい求人を選定して応募することができますが、求人の応募前には自分自身で評判などを調べることが重要です。

5.選考
選考の第一段階は書類選考となります。履歴書と職務経歴書に加えて、コンサルタントが求職者ごとの推薦状を企業に提出します。

面接では、事前に対策情報や企業ごとのアドバイスをコンサルタントから受けることができます。スケジュール調整についてはコンサルタントが行ってくれるので安心です。

6.内定・入社
内定後は退職のアドバイス、入社日の調整、給与交渉などもコンサルタントが行ってくれます。

ギークリーの評判

IT業界での実績が高いギークリーですが、実際の評判はどうなのか、調査をしましたのでぜひ参考にしてみてください。

ギークリーの良い評判

ギークリーの良い評判をいくつかご紹介します。

ギークリーのコンサルタントが良かった、という内容です。ツイート内にもあるように、数多くの求人に応募することが可能ですので、IT業界の求人数を確保したい人にとっては最適な転職エージェントと言えます。

コンサルタントのサポート内容に関する評判です。求人に関する情報は詳細まで教えてくれるほか、就業後にも連絡を貰っていることから、求職者への一貫したサポートがしっかり体現されています。

ギークリーを利用してみてあらゆる面で優れていたという内容です。特に、スピード感については公表している通り、迅速な対応がされていることがわかります。

他にも、ポータルサイトが使いやすいという声もありました。

ギークリーの悪い評判

次に、ギークリーの悪い評判もいくつかご紹介します。

担当との相性が合わなかったという内容です。求人自体が魅力的であれば担当変更をすることで解決ができますが、それでも転職活動の足手まといになるようであれば、他社エージェントへの乗り換えが有効です。

紹介求人の質に難あり、と推測できる内容です。公式サイトで公表している求人の年収について、年収400万円帯の求人が全体の6割になるので、高年収を狙っている人にとって満足度が変わってくる可能性もあります。

まとめ

これまでギークリーの特徴やメリット・デメリット、実際の評判などをご紹介してきました。以下が今回のまとめになります。

・ギークリーは東京都23区内のIT業界に特化した転職エージェントのため、地方の人は他のエージェントと併用がおすすめ。
・年収は300万円〜700万円までの求人取扱、20代〜40代の転職にもおすすめ。
・登録後の利用の流れは一般的な他の転職エージェントと同じ。
・評判については賛否両論。特にコンサルタントや求人内容についての評判が多い。


IT業界は今日のコロナ禍においても成長している業界のひとつであり、これからも業界全体として伸びていくことが予想されます。そんなIT業界、特に東京のIT系企業へ転職しようと考えている人にギークリーの利用は必須と言えます。

また、転職エージェントはさまざまな求人を比較検討するために複数利用が定石ですので、ギークリーと合わせて大手転職エージェントであり、地方の求人も多く取り扱っているリクルートエージェントへの登録もおすすめです。

おすすめ①
  • 株式会社GEEKLY
  • ギークリー

  • 登録・利用は無料
  • IT業界に特化した転職エージェント

  • IT業界に特化した転職エージェントであり、平均1カ月で転職が可能。ユーザー満足度が85.3%と高水準であるため、異業種からIT業界へ転職したい人にもおすすめです。

おすすめ②
  • リクルートグループ
  • リクルートエージェント

  • 登録・利用は無料
  • 日本最大級の転職エージェント

  • 日本国内屈指の求人数を誇り、転職成功実績もNo.1。全国対応であり、圧倒的なブランド力もあるので、転職者であれば1度は利用したい転職エージェントです。

webライター
荒井 幹
海外営業、左官工、webディレクターを経て現在はフリーランス。3年ほど前から自身で就職・転職系のメディア運営を手がける。得意ジャンルは転職、ファッション、英語など。趣味はシーシャとダンス。
就職メディア


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!