Culture

【特集】未来に残したい本

「本は知識の宝庫」そう言われることがある。

本は他の人の考え方、価値観、人生観を知れるし、知らなかった情報に出会えるし、未知の体験や空想の世界にだっていける。

いくら溢れ出す情報が指先一つで手に入る時代でも、読む形が変わっても、「本」の魅力はこれからも消えない。

今回は未来になっても読み継がれてほしい、そんな素敵な本の記事を紹介します。

集英社から2020年10月に発行された絵本「子どもを守る言葉『同意』って何?YES、NOは自分が決める!」は、子供にわかりやすく「同意とは」を教える本。
ポップなイラストと文で「バウンダリー(境界線)」や「同意」などを解説します。この言葉たちは健やかな人間関係を育むための基本の知識。
大切な子供達だけでなく大人にも、自分を守り人を傷つけないための「知恵と勇気」を与えてくれます。

20周年を迎えたスペンサー・ジョンソン著『チーズはどこへ消えた?』
全世界では2800万人に読み継がれているベストセラー中のベストセラーです。
この本のテーマはズバリ「変化」
COVID-19でがらっと世界が変わった今、この本を読んだことがない人はもちろん、読んだことがある人もあらためて読んでみると違ったものが見えてくるのかも。

「なんか、頑張って話したのにプレゼンのウケ悪いな......?伝わってない...?」
と思ったことのある人、少なくないはず。

このビジネス書「1分で話せ」はその名の通り「1分で話す」技術を教えてくれます。
著者はビジネスマンとして華々しい経歴を持つ、ヤフー株式会社Yahoo!アカデミア学長の伊藤羊一さん。
読むと磨き方が難しいプレゼン能力を論理的・技術的にバキバキに鍛えられます。

入学、入社など新生活が始まる4月。世の中のフレッシュな空気に乗って、語学や資格の勉強などを始めたい方も多いだろう。しかし、何かに挑戦しようとする時、私たちの足を引っ張るものがある。「失敗したくない」などの「おそれ」の気持ちだ。

しかし、踏み出さない限り変化はない。かく言う筆者(45歳)も、年のせいか昔ほどガツガツできない。「中年停滞」を打ち破るべく、1冊の本を手にしてみた。

皆さん、お正月はどう過ごしますか? おせち堪能も、ネット三昧も、ひたすら寝るのも、どれも魅力的。それらの予定に、読書を加えるのはどうでしょうか。オススメするのは、エンターテイメントとして楽しめつつも、少し先の未来を考える材料にもなる1冊。『マンモスの抜け殻』(文藝春秋)です。

2021年も残すは12月のみ。筆者は時間の経過の早さに愕然とすると共に正直、焦る。今年は新型コロナウイルスに日常生活が翻弄され、鬱々と過ごす時間が多かった。どんな時もメンタルをしっかり保つことを来年の課題としたい。

静かに目を閉じて自分と向き合う時間が時に必要となるだろう。同時に人生の先輩たちに頼ってみるのも有効だ。手に取るに値する1冊の本と出会った。

「上には上がいる。中には自分しかいない。」(幻冬舎)だ。

RECOMMEND

PAGE TOP