Culture

【特集】未来に残したい本

「本は知識の宝庫」そう言われることがある。

本は他の人の考え方、価値観、人生観を知れるし、知らなかった情報に出会えるし、未知の体験や空想の世界にだっていける。

いくら溢れ出す情報が指先一つで手に入る時代でも、読む形が変わっても、「本」の魅力はこれからも消えない。

今回は未来になっても読み継がれてほしい、そんな素敵な本の記事を紹介します。

集英社から2020年10月に発行された絵本「子どもを守る言葉『同意』って何?YES、NOは自分が決める!」は、子供にわかりやすく「同意とは」を教える本。
ポップなイラストと文で「バウンダリー(境界線)」や「同意」などを解説します。この言葉たちは健やかな人間関係を育むための基本の知識。
大切な子供達だけでなく大人にも、自分を守り人を傷つけないための「知恵と勇気」を与えてくれます。

20周年を迎えたスペンサー・ジョンソン著『チーズはどこへ消えた?』
全世界では2800万人に読み継がれているベストセラー中のベストセラーです。
この本のテーマはズバリ「変化」
COVID-19でがらっと世界が変わった今、この本を読んだことがない人はもちろん、読んだことがある人もあらためて読んでみると違ったものが見えてくるのかも。

「なんか、頑張って話したのにプレゼンのウケ悪いな......?伝わってない...?」
と思ったことのある人、少なくないはず。

このビジネス書「1分で話せ」はその名の通り「1分で話す」技術を教えてくれます。
著者はビジネスマンとして華々しい経歴を持つ、ヤフー株式会社Yahoo!アカデミア学長の伊藤羊一さん。
読むと磨き方が難しいプレゼン能力を論理的・技術的にバキバキに鍛えられます。


RECOMMEND

PAGE TOP