HOME

>

グッズ

>

【髪のプロもおすすめ】人気の育毛シャンプー15選!薄毛や頭皮ケア入門に

【髪のプロもおすすめ】人気の育毛シャンプー15選!薄毛や頭皮ケア入門に

matsumura
2021-02-01
2021-02-22

髪の毛が薄くなってきた、頭皮がかゆい、フケが多い。そんな髪の悩みを抱えている方におすすめなのが、育毛シャンプーです。

今回は、髪のプロである毛髪診断士がおすすめする育毛シャンプーを紹介します。またあわせて、髪のプロ直伝の頭皮ケアやヘアケアの方法も解説しますので、髪悩みを感じている方はぜひ参考にしてください。

育毛のプロに聞く!

鎌田さんは17年の経験のなかで、毛髪の少なさ・薄さ・地肌トラブルに関する相談が増えたことを実感。お客さまの悩みに応えるため、2015年に毛髪診断士の資格を取得し、その後も認定講師に加えて、毛髪診断士へ指導が行える指定認定講師も取得しました。

鎌田さん

今回はそんな毛髪診断士の鎌田さんに、育毛シャンプーが髪の悩みに対してどのように作用するのかを解説していただきます。

また、サロンワークの中で話題になっている育毛シャンプーについても、おすすめを伺いました。

記事の後半では、効果的なシャンプーの方法や、ヘアケア・頭皮ケアについても解説してますので、ぜひ最後までご覧ください。

育毛シャンプーとは

シャンプーボトル

ここからは、毛髪診断士である鎌田さんに、育毛シャンプーについてオンライン取材した内容をもとに、育毛シャンプーについて解説していきます。

育毛シャンプーは「育毛環境を整えるもの」

ー育毛シャンプーは脱毛や薄毛の悩みを抱える人にとって、発毛剤や育毛剤と一緒にケアできる製品として人気がありますが、そもそも育毛シャンプーとは何でしょうか?

実は育毛シャンプーと言い切れる製品はあまりなくて、多くが薬用シャンプーやスカルプシャンプーという製品名で市販されています。

シャンプーは洗い流してしまうものなので、発毛剤や育毛剤のように頭皮に成分を留まらせることができません。そのため育毛効果のある成分が配合されていても、頭皮に塗布する製品と同じような効果をシャンプーに期待するのは難しいでしょう。

ーそれでは、育毛シャンプーには育毛効果がないのでしょうか?

発毛剤のように毛を生やしたり、育毛剤のように抜け毛を防いだり、といった直接的な効果は期待できません。

しかし、遺伝性の抜け毛でなければ、毛髪のやせ細り、フケ・かゆみ、頭皮の乾燥といった、髪の毛が抜けやすくなっている原因をシャンプーで改善することはできます。

より効果的なケアをするためにも、自分の髪の悩みの原因を把握して、より適した製品を選ぶことが大切です。

ーでは、どのような製品を選んだらいいのでしょうか?

まず、育毛シャンプーの目的は、頭髪を清潔に保つことです。それにより、髪が育ちやすい環境を整えることを目指します。

頭皮が汚れていると毛根にも悪い影響がありますし、発毛剤や育毛剤を使っても浸透しにくくなってしまうんですね。

シャンプーは髪を洗うための製品なので、頭髪についた汚れや整髪料をしっかり落とせることが重要です。

汚れを落とした上で、乾燥気味であれば保湿成分を、髪にボリュームが欲しければ毛髪補修成分を、というように、求める要素を兼ね揃えた製品を選んでいきましょう。

育毛シャンプーは医薬部外品か化粧品の2種類

ー育毛シャンプーは数が多くて、違いがよく分かりません。製品の見分け方を教えてもらえますか?

一般的には、頭皮環境を整える有効成分を含む薬用シャンプーと、頭皮や毛髪をケアできるスカルプシャンプーを総称して育毛シャンプーと呼びます。

薬用シャンプー

カテゴリ:医薬部外品
成分:厚生労働省に認められた有効成分を配合
特徴:殺菌や消炎症作用でフケ・かゆみを抑えてくれる
見分け方:パッケージやボトルに「医薬部外品」と記載がある
購入場所:薬局、ドラッグストア、ECサイトなど

スカルプシャンプー

カテゴリ:化粧品
成分:洗浄成分と保湿成分などを配合
特徴:頭皮環境を整えてくれる
購入場所:ヘアサロン、ドラッグストア、スーパー、ECサイトなど

なお、かゆみや脂漏性皮膚炎に効果がある成分(ケトコナゾール、ニナゾール、ニゾラール)を配合したシャンプーを、個人輸入している人もなかにはいるようです。

これらは本来、医師の診断のもと処方される製品ですので、使用を検討している方は、まず皮膚科医の診断を仰ぎましょう。

洗浄成分と有効成分の種類と効果

ー育毛シャンプーに含まれている成分にはどんな効果がありますか?

それでは、育毛シャンプーに含まれる主な洗浄成分と有効成分について説明しますね。

洗浄成分の種類と効果

育毛シャンプーに含まれる主な洗浄成分は、大きく分けて3種類です。

・アミノ酸系:アミノ酸系の洗浄成分は、植物由来の成分で洗浄成分が穏やかで、髪と頭皮を優しく洗い上げます。皮脂を取りすぎないので、頭皮を乾燥させにくい特徴があります。

発毛剤や育毛剤を使っている人、乾燥によって毛根が小さくなってしまった細毛や軟毛の人は、アミノ酸系のシャンプーを使うと良いでしょう。

・ペタイン系:ベタイン系の洗浄成分は植物由来で、アミノ酸系と比較してよりしっとりとした洗い上がりになります。ダメージを受けた髪の毛の修復や、乾燥気味の頭皮をアンチエイジングしたい人におすすめです。

トロッとした感触で泡立ちにくい製品もあるので、2度洗いが必要なことも。頭皮に保湿成分が残りやすいので、ボリューム不足や細毛が気になっている場合は、ベタイン系シャンプーと育毛剤の併用は避けた方がいいでしょう。

・高級アルコール系:高級アルコール系は、洗浄力が強く、安価な市販シャンプーに含まれていることの多い洗浄成分です。

頭皮を保護する成分まで落としてしまうので、乾燥気味の頭皮への使用は避けた方がいいでしょう。

有効成分の名称と効果

育毛シャンプーに含まれる有効成分のうち、代表的な成分の名称と効果を解説します。

・グリチルリチン酸ジカリウム:カンゾウという生薬から抽出された成分で、消炎症作用があります。かゆみを抑えてくれます。

・ピロクトンオラミン:殺菌作用があるので、菌が原因のフケやかゆみを抑える効果があります。

・シメン-5-オール:殺菌作用があり、不快な臭いの原因となる菌を抑制して消臭する効果があります。

・イソプロピルメチルフェノール:殺菌作用があり、臭いの原因菌を抑制します。

・ミコナゾール硝酸塩:殺菌作用があり、フケやかゆみの原因を抑制します。

・ジンクピリチオン:抗菌作用があるので、フケや脂漏性皮膚炎に効果があります。

その他の成分

洗浄成分や有効成分以外にも、次のような成分が配合されています。

・保湿剤:頭皮や髪の毛に潤いを与えてくれます。頭皮が乾燥すると毛根にダメージを受けやすくなるので、乾燥肌の人は保湿剤が含まれた製品を使いましょう。

・補修成分:髪の主成分であるケラチンや、植物繊維の主成分のセルロースなどは、髪を補修することでハリやコシを与えてくれます。サロン系製品に含有されることの多い成分です。

育毛シャンプーを使うリスクやデメリット

ー育毛シャンプーを使うリスクやデメリットはありますか?

お客さまの中には、市販のシャンプーが原因で頭皮トラブルが起きたケースもあり、特にかゆみが現れることが多いようです。

優しい洗浄成分や弱酸性と記載されていても、人によって感受性の高い成分は異なります。使ってみてかゆみを感じないのが、自分に適した製品の大前提です。

特に女性は、年齢や毎月のホルモンバランスの変化などにより、肌が敏感なときだけアレルギー症状が出る人もいます。

オイリー肌用や脂性肌用の育毛シャンプーは脱脂力が高いので、必要な皮脂まで洗い流してしまい、バリア機能の低下や、かゆみ、フケ、乾燥などを引き起こすことがあります。

適度な皮脂は紫外線や乾燥から肌を保護してくれますし、脂肪酸やパルメチン酸などは異物の侵入を防いでくれます。

ーシャンプーを使ってトラブルが出てしまったら、どうしたらいいのでしょうか?

肌に合わないと感じた場合は、刺激の少ない敏感肌用シャンプーに切り替えるか、皮膚科医に相談しましょう。

特に円形脱毛症の症状がある方は、毛根の炎症が脱毛症を引き起こしている場合があるので、血行促進効果のある育毛シャンプーは医師へ相談の上で使用してください。

また、新しいシャンプーに切り替える際は少量から試すようにしましょう。頭皮への負担を減らす使用法は、トラブルを軽減させるのにも効果的です。

まずは2週間使い続けてみて、かゆみや痛み、赤み、発疹などが出ないかチェックしてください。

髪の生える仕組みとシャンプーの役割

続いて、髪が生える仕組みとシャンプーの役割について聞いていきましょう。

毛周期(ヘアサイクル)と脱毛症

毛周期の図

ー髪の毛はなぜ抜けるのでしょうか?

人の髪には、「毛周期(ヘアサイクル)」と呼ばれる、髪が生えて抜け落ちるまでの寿命があります。健康な毛髪なら、男性で3~5年、女性で4~6年でヘアサイクルが1周します。

髪が抜けることは誰にでも起きますが、壮年性脱毛症などでヘアサイクルが乱れると成長期が短くなり、生えている毛よりも抜ける毛が多くなり薄毛に見えてしまうのです。

育毛には頭髪の清潔さと保湿が大事

ー育毛にシャンプーは効果的ですか?

育毛シャンプーによって髪が太く生えてくるという裏付けは残念ながらありません。ですが、シャンプーを使うことで髪を健やかに育てる環境を整えることはできます。

頭皮の汚れと毛穴のつまりがボリュームを減らすので、髪がぺたんこになってより少なく見えてしまいます。

また、頭皮が乾燥すると毛根がミニチュア化してしまい、細毛が増えてきます。髪の成長期も短くなり、髪が太く伸びてくれなくなります。

次第に髪がやせ細ってしまい、本数は同じでも薄毛になったように見えてきます。

育毛ケアを進める上で、頭髪を清潔に保ちながらも乾燥させないことが大事です。

脱毛を引き起こす頭皮トラブルの原因と対策

ー育毛シャンプーにはフケやかゆみを抑えるものや、殺菌効果の高い製品が多いですが、そもそも頭皮のトラブルはどうして起こるのでしょうか?

まず、頭皮には常在菌と呼ばれる菌が一定量います。常在菌は、頭皮を弱酸性に保ったり、悪さをする菌の増殖を防いだりしてくれます。

しかし汚れや脂質が蓄積することで常在菌のバランスが崩れ、フケやかゆみ、嫌な臭いが発生します。このバランスを整えるために、殺菌成分が効果を発揮します。

また、紫外線や刺激によって頭皮がダメージを受けた時に、赤みやかゆみ、発疹が出ることがあります。このような炎症を起こしている頭皮には、消炎症成分を用いることで、肌症状を改善してくれます。

悩みに適した育毛シャンプーの選び方

シャンプーの写真

鎌田さんのもとに寄せられる頭髪の悩みを分類して、適した製品を聞きました。

頭髪の悩み別おすすめ育毛シャンプー

育毛シャンプーを使う人が抱える頭髪の悩みは、大きく分けて以下の4つになります。

1.抜け毛
2.フケやかゆみ、頭皮の臭い
3.ボリューム不足、ハリとコシのない軟毛
4.頭皮の乾燥

それぞれ悩みごとに、次のような育毛シャンプーがおすすめです。

抜け毛

抜け毛予防には、優しい洗浄成分のアミノ酸系シャンプーを使うと良いでしょう。

発毛剤や育毛剤の成分を浸透させるためにも、汚れを十分に落とすことのできる洗浄力が必要です。

アミノ酸系の洗浄成分は洗い心地は優しいのに、汚れをしっかりと落として、余計な成分が頭皮に残りにくいというメリットがあります。

フケやかゆみ、頭皮の臭い

頭皮の常在菌のバランスが崩れることで、フケやかゆみ、頭皮の嫌な臭いが発生している可能性があります。

フケが出ているから不潔と思いがちですが、抵抗力が弱っていたり、シャンプーのしすぎで常在菌が減っていたりすることが原因の可能性もあります。

そこで、殺菌成分が含まれたシャンプーを使って、頭皮の常在菌を正常な状態に戻してあげることが必要です。

ボリューム不足、ハリとコシのない軟毛

髪の毛がぺたんこになってボリューム感がなくなっているならば、毛穴付近の汚れや髪の毛自体の栄養不足が考えられます。

まず、頭皮の汚れをしっかりと落として、髪の毛が立ち上がりやすい毛穴に整えましょう。汚れを落とすスペシャルケアとしては、炭酸シャンプーがおすすめです。

サロン系のシャンプーには、髪の毛を補修する成分が贅沢に配合された製品もあるので、やせ細った毛や猫っ毛に悩んでいる人はヘアサロンで相談してみてもよいでしょう。

頭皮の乾燥

頭皮に潤いがなくなることで毛周期が短くなり、薄毛や細毛が進行しやすくなります。

シャンプー後に頭皮のつっぱりを感じる場合は、頭皮が乾燥しているサインです。保湿成分が含まれたシャンプーで、頭皮の乾燥を防ぎましょう。

お悩み別!適した製品早わかりチャート

以上のお話をもとに、悩みごとに適した製品を見つけられるチャートを用意しました。はい、いいえに沿って進むと、悩みごとに適した製品を見つけることができます。

育毛シャンプーチャート

髪のプロがおすすめするスカルプシャンプー3選

いよいよここからは、おすすめの育毛シャンプーをご紹介します。

まずは、鎌田さんに頭髪の悩みを抱える人へ向けたおすすめのスカルプシャンプーを教えてもらいました。悩みの種類別におすすめポイントや、成分の裏事情まで紹介します。

フケ・かゆみ対策
  • 持田ヘルスケア
  • コラージュフルフル スカルプシャンプー 360ml

  • 税込み2,960円
  • 菌と皮脂を洗って頭皮環境を整える

  • 抗菌成分とアミノ酸系洗浄成分で、フケの原因となる菌の増殖を抑えて余分な皮脂を洗い落としてくれます。頭皮環境を整えて育毛ケアにつなげます。

肌トラブルをケアするコラージュフルフルシリーズのスカルプシャンプーは、頭皮の菌と皮脂を洗うことで育毛ケアにつなげてくれます。

アミノ酸系洗浄成分で皮脂を洗浄して、頭皮を清潔に保ちながら、有効成分「ミコナゾール硝酸塩」がフケの原因となる菌の増殖を抑制し、フケやかゆみを防いでくれます。

もうひとつの有効成分「ピロクトンオラミン」の殺菌力で頭皮の匂いにもアプローチ。頭皮環境を整える育毛ケアや、頭皮ケアを始めたい人に適したシャンプーです。

◯毛髪診断士・鎌田さんのおすすめポイント
脂漏性皮膚炎、乾燥性皮膚炎を治療した後の頭皮ケアに皮膚科でもおすすめされることがある市販品で、ドラッグストアなどでも購入できます。

2週間くらい使い続けて効果をチェックしてください。頭皮の状態が改善してきたら、使用頻度を減らしていくとよいでしょう。

抜け毛予防
  • ミルボン(MILBON)
  • ミルボン プラーミア クリアスパフォーム 320g

  • 税込み2,160円
  • 炭酸シャンプーで汚れを除去

  • 自宅で手軽にできる炭酸シャンプーとして人気があります。濃密な炭酸泡が酸化した皮脂も浮き上がらせて除去してくれます。

美容院専門のヘアケア製品を展開する、ミルボンのミドル女性向け炭酸シャンプーです。

炭酸シャンプーは、汚れをごっそり落としてくれると話題の製品ですが、プラーミアのクリアスパフォームはヘアサロンに行かなくても自宅でできるお手軽さが魅力です。

高濃度の炭酸を含んだ泡が、加齢臭の原因となる頭皮の酸化した皮脂を包み込んで、浮き上がらせて除去してくれます。

週に2回程度の使用が推奨されているので、汚れや匂いが特に気になる時に使いましょう。

◯毛髪診断士・鎌田さんのおすすめポイント
髪の長い女性は特に頭皮の毛穴をしっかり洗えていないことが多く、毛穴詰まりが原因でボリューム感が落ちてしまっていることも少なくありません。

この炭酸シャンプーは、血行促進、整髪剤のスプレーカスや酸化した皮脂などのケアしきれない汚れまで落とせるので、髪がボリュームアップします。

ハリ・コシ・ボリューム対策
  • ミルボン(MILBON)
  • オージュア EQ エクイアル シャンプー 250ml

  • 税込み7,500円
  • 根元から立ち上げて美シルエットなヘアスタイルを実現

  • 髪の毛の成分となるケラチンを豊富に含みながら、根元と毛先にそれぞれ異なる成分が浸透することで、しっかりと根元から立ち上がってボリューム感を出します。

オージュアもミルボンが展開する美容室専門の製品で、髪と地肌の悩みを抱えるエイジングケア用のシャンプーです。

加齢とともに根元がぺたんこになった髪の毛の毛髪内密度をケアして、根元から立ち上がるボリューム感のあるヘアスタイルに導きます。

髪の毛を補修するケラチンを配合しながら、根元にカミツレエキスが働きかけることでケラチンの留まりをサポートし、毛髪への浸透と吸着を助けます。

◯毛髪診断士・鎌田さんのおすすめポイント
髪の主要成分で、ハリやコシを出してくれるケラチンを小さな分子で配合しています。

髪に強く吸着&浸透してくれるので、ボリューム感を求める人におすすめしたいシャンプーです。

男性用育毛シャンプーTOP5

ここからは、人気の育毛シャンプーをご紹介していきます。まずは男性用から。

男性に多い乾燥気味の頭皮には、優しい洗い心地のアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

また、発毛剤や育毛剤と併用するならば、頭皮の脂質や汚れをしっかりと落として、ヘアケア製品の成分が浸透しやすい状態にするのが望ましいでしょう。

この2点をポイントとして、ランキング形式で男性向け育毛シャンプーのおすすめTOP5をご紹介します。

ランキング外になった話題の育毛シャンプーも続いて取り上げています。おすすめに至らなかった点も説明しているので、ぜひチェックしてみてください。

男性用1位
  • 大正製薬
  • リアップスカルプシャンプー 400mL

  • 税込み1,800円
  • 頭皮に蓄積した皮脂もしっかり除去

  • ディープクレンジング成分が頭皮の蓄積脂質を取り除いてくれることで、発毛剤や育毛剤のが浸透しやすい頭皮に導いてくれます。

男性用育毛シャンプーおすすめ1位は、発毛剤のパイオニアであるリアップの薬用スカルプシャンプーです。

有効成分「ピロクトンオラミン」と「グリチルリチン酸ジカリウム」がフケやかゆみを防ぎながら、9種のアミノ酸や4種のビタミン、植物エキスが保湿剤として配合されているので、頭皮に必要な潤いもしっかりキープ。

また、育毛剤や発毛剤と一緒に使うことを前提としている製品なので、アミノ酸系洗浄成分が頭皮に蓄積した脂質を徹底除去してくれます。

鎌田さんも「発毛や育毛の有効成分が浸透しやすい頭皮に整えてくれるのはいいですね」と製品を評価していました。

男性用2位
  • 大塚製薬
  • UL・OS ウル・オス 薬用スカルプシャンプー 300ml

  • 税込み1,610円
  • リンスなしで使える時短シャンプー

  • ノンシリコンなのに、リンスを使ったようななめらかな指通りを実現。シャンプーだけでスカルプケアとリンス後のような仕上がりが得られるのが嬉しい。

2位は細毛や軟毛で悩む、薄毛予備軍の人におすすめしたいウルオスのスカルプシャンプーです。

頭皮や毛髪に刺激が少ない植物由来のアミノ酸系洗浄成分を配合することで、乾燥気味の頭皮も必要な潤いを残しながら優しく洗い上げます。

また、有効成分として殺菌作用のある「シメン-5-オール」と消炎剤の「グリチルリチン酸2K」を配合して、フケやかゆみも防ぎます。

髪のきしみを防ぐシリコンが入っていないのに、独自の技術でリンス成分を発生させて指通りのなめらかな仕上がりです。

男性用3位
  • 花王(KAO)
  • サクセス 薬用シャンプー 400ml

  • 税込み715円
  • 頭皮をしっかり洗えるミクロ泡が特徴

  • ミクロの分解バブルが頭皮を直接洗うことで、毛穴の脂や臭いをすっきりと落とします。どんな髪質でも使えるのが嬉しい。

3位は、亀梨和也さんのCMでもおなじみ、サクセスの薬用シャンプーです。アクアシトラスの爽やかな香りは、20代など若い世代でも抵抗なく使えるでしょう。

有効成分に「ピロクトンオラミン」を配合することで、殺菌効果が脂性肌によるフケを防ぎます。

また、このシャンプーの特徴は、汚れを一発で落としてくれるミクロ分解バブル。地肌からみるみる泡立って、へたりにくいコシのある泡が、頭皮に残った脂やワックスなどのヘアスタイリング剤も一回でさっぱり落とします。

育毛しやすい頭皮を整えるには、汚れや整髪剤をしっかり落とせるのは大前提。その洗浄力が期待できる点が高評価につながりました。

男性用4位
  • マンダム(mandom)
  • ルシード 薬用スカルプデオシャンプー 450ml

  • 税込み1,394円(楽天市場)
  • 40代からのニオイ対策に特化

  • 2種類の殺菌&抗炎症作用のある有効成分が、ミドル世代の男性が抱える頭皮の臭いにアプローチ。それでいて無香料、無着色、ノンシリコン処方と余分な成分が無添加なのもポイント。

4位は、頭皮の臭いが気になる人向けのルシード・薬用スカルプデオシャンプーです。

ミドル世代の男性の臭い対策に特化した製品で、過剰に分泌された脂質臭いを除去する3種類の洗浄成分や、頭皮の常在菌による臭いを防ぐ殺菌成分が含まれています。

緑茶などの植物から抽出した保湿成分を含みながら、香料・着色料・シリコンを無添加にすることで、ベタつきのないさっぱりとした洗い上がり。

頭皮の脂っぽさを感じている方や、酸化した皮脂の臭いが気になる方におすすめです。

男性用5位
  • アンファー (ANGFA)
  • スカルプD シャンプー ダンドラフオイリー 350ml

  • 税込み4,583円
  • 油っぽい頭皮のフケとかゆみ対策

  • スカルプD オイリーが持つ頭皮環境を整えて髪の毛にハリとコシを出す機能に加えて、かゆみとフケの原因菌に作用する有効成分を配合しています。

アンファー・スカルプDのシャンプーは、フケやかゆみの原因菌にアプローチする有効成分「ミコナゾール硝酸塩」を配合しています。

頭皮が油っぽい、フケやかゆみが気になる人に適した男性用薬用スカルプシャンプーです。

鎌田さんは、「脂質除去力は認めるものの、頭皮に必要な潤いまで落としきるため乾燥が気になる」とのことでした。

8種類の植物由来の湿潤剤を含んでいますが、洗い上がりの頭皮に突っ張りを感じるようであれば、もう少し洗浄成分が優しい製品を選んだほうがいいかもしれません。

女性用育毛シャンプーTOP5

続いて、女性用育毛シャンプーのおすすめ商品です。

女性は頭皮がしっかり洗いきれていないケースが多いので、優しさを確保しつつも、しっかり洗える洗浄力のあるシャンプーがおすすめ。

また、年齢を重ねると髪の毛が全体的に少なくなり、ぺたんこになりがちなので、ハリやコシ、ボリュームUPしてくれるシャンプーを使うことでケアできます。

この2点をポイントとして、ランキング形式で女性向け育毛シャンプーのおすすめTOP5をご紹介します。

ランキング外の育毛シャンプーは番外編として、選外になった理由と共に紹介します。

女性用1位
  • 資生堂(SHISEIDO)
  • アデノバイタル シャンプー 250ml

  • 税込み1,817円
  • 育毛成分アデノシンを配合したサロン専用品

  • 年令を重ねて変化が現れた頭髪に、アデノバイタルのテクノロジーがボリューム感を与えてハリとコシのある、艷やかな髪の毛に導きます。

資生堂のサロン専用ブランド、アデノバイタルのシャンプーです。アデノバイタルの育毛剤と効果的に併用できるように、皮脂などの頭皮の汚れを取り除いて清潔にします。

髪の内側と外側に働きかけてハリとコシを与えて、根元からふんわりと立ち上がることで、ボリューム感のあるヘアスタイルになるでしょう。

資生堂独自の育毛成分、「アデノシン」が配合されているのもポイントです。

鎌田さんも「泡が軽くて洗い落ちが簡単なのが特徴で、アデノシン配合にノンシリコンと地肌の環境を整えてくれるシャンプー」とおすすめしています。

女性2位
  • 第一三共ヘルスケア
  • ミノン 薬用ヘアシャンプー 120mL

  • 税込み666円
  • 敏感肌にも使える低刺激処方

  • フケやかゆみに加えて、頭皮の湿疹が改善した後の日常的なケアにも使える、頭皮トラブルを防ぐ敏感肌のためのシャンプーです。

敏感肌のための低刺激なボディ&ヘアケアブランド・ミノンの薬用シャンプーです。

植物性アミノ酸系洗浄成分が、適度に保湿成分を残して洗い上げることで、頭皮の乾燥やかゆみを防ぎます。

また、フケやかゆみに加えて頭皮の湿疹や赤み、痛みといった地肌トラブルを抱えている人にも、アレルギーの原因物質を極力配合せずに低刺激性、弱酸性にすることで、頭皮に優しい洗い上がりです。

男女兼用で使える上に、小さな子どもでも使えるので家族全員で使えるのも嬉しいポイント。

フケやかゆみを防ぐ有効成分を配合しながら、徹底的に肌への優しさにこだわった処方と手頃な価格で効果とコスパのバランスが良い製品です。

女性用3位
  • P&G
  • h&s シャンプー リフレッシュ ポンプ 370mL

  • 税込み487円
  • フケや過剰な脂質が気になる頭皮に

  • 有効成分マイクロZPTがベタつきやフケ、かゆみなどのトラブルから地肌を守り、地肌のコンディションを整えます。

スカルプケアのヘアケアブランドh&sの女性用シャンプーです。h&sは本国アメリカではhead&shouldersと呼ばれており、フケを防止するシャンプーとして根強い人気があります。

弱酸性で植物由来成分を配合して、皮脂汚れもしっかりと洗い落とします。

さらに、h&s独自の深海ミネラル由来のマイクロZPTという成分が毛穴に届くことで、地肌が抱えるフケやかゆみ、脂っぽさといった地肌トラブルにアプローチ。

しっかりめの洗浄成分で、さっぱりとした洗い上がりになるので、脂性肌や頭皮のベタつきが気になる人におすすめです。

安い価格ながら、フケや脂漏性皮膚炎に作用する有効成分「ジンクピリチオン」を配合しているので、高コスパなシャンプーと言えます。

女性用4位
  • 花王(KAO)
  • Ines(イネス) ハーバル ジェル クレンズ シャンプー 250ml

  • 税込み3,300円
  • 汗の匂いが気になる頭皮のケア

  • 汗や皮脂による頭皮の匂いを、有効成分の作用で防ぎます。ハーブやフルーツ由来の保湿成分も配合しています。

花王の頭皮ケア専門ブランド、イネスの臭いケア専用のシャンプーです。

有効成分グリチルリチン酸ジカリウムが頭皮の状態を整えて、ユーカリやりんご酸といったハーバルジェルが皮脂汚れに作用して、素早く浮かせて落とすことで、優しい洗い心地ながらしっかりと匂いの原因を落とします。

また、地肌に届きやすいノズルで、汚れや匂いが気になるところに直接塗布して、頭皮をマッサージしながら洗髪できます。

高価格帯の製品ですが、有効成分を配合していて、頭皮の匂いには効果ありという口コミもあるので、使ってみる価値はあるでしょう。

女性用5位
  • アンファー (ANGFA)
  • スカルプD ボーテ ボリューム タイプ 薬用スカルプシャンプー350ml

  • 税込み3,973円
  • アミノ酸系洗浄成分で低刺激

  • 髪と頭皮に潤いを与える保湿剤をたっぷりと配合することで、艶のある若々しい髪になります。トップにボリューム感が出るふんわりとした仕上がりも嬉しい。

アンファーの女性用ヘアケアブランド、スカルプDボーテのスカルプシャンプーは、髪のボリュームアップに着目した製品です。

アミノ酸系洗浄成分で頭皮に優しい洗い上がりで、肌の潤いを守りながら、余分な汚れを落とします。

そして、スカルプDが得意とする大豆由来の成分・ソイセラムをはじめとしてコラーゲンやカッコンエキスといった保湿剤を配合することで、頭皮と毛髪にうるおいを与えます。

アレルギーテスト済みで、ノンシリコンに加えて6つの添加物も無配合。ただし、パサつきが少なく低刺激で優しい洗い上がりなものの、洗浄力は弱めという口コミが目立ちます。

髪のプロ直伝!効果的なシャンプーの方法

どんなに優れた育毛シャンプーも、正しく使わなければ効果を得ることはできません。そこで、鎌田さんに効果的なシャンプーの方法と誤ったシャンプーの方法を教えてもらいました。

正しいシャンプーの手順

ー正しいシャンプーの仕方はありますか?

まず、しっかり洗ってすすぐことを意識してください。洗う順番としては次のようになります。

1.ぬるま湯で頭皮と髪の毛を3~4分濡らして予洗いする
2.シャンプーを手で泡立ててから、頭髪につける
3.泡を地肌全体に届けるように、指の腹で3~4分かけて優しく洗う
4.シャンプーの泡とぬめりがなくなるまで、お湯でしっかりとすすぐ
5.シャンプー後はドライヤーで頭皮と髪の毛を乾かす

お湯で予洗いすると汚れが落としやすい

サロンではマイクロスコープで頭皮の状態をチェックするのですが、毛穴に汚れが残っている人の中には、予洗いをしていない、すすぎがきちんとできていないケースを多く見かけます。

シャンプーをする際に頭皮や毛髪に汚れが残っていると、泡立ちが悪く洗浄効果が下がってしまいます。

そこでおすすめしたいのが「湯シャンでの予洗い」です。シャンプーの前に、3~4分かけてお湯だけで髪と地肌をしっかり予洗いしてください。

そうすることによって、シャンプーの成分が本来の効果を発揮して洗浄効果がアップします。

普段からワックスやスプレーでスタイリングをしっかりしている人は、お湯で予洗いをしないと汚れが頭皮に残ってしまいがちです。特に男性は、頭髪にフレーキングと呼ばれるスプレー剤のポリマーやハードワックスの成分が残っていることが多く、シャンプーだけではなかなか落とすことができません。

髪を多く見せる黒いスプレーも繊維が入っていて落ちにくいので、予洗いでしっかり落としましょう。

頭髪に汚れが残っていると何をつけても効果が出ないので、整髪料は予洗いで落とす。シャンプーで汚れをしっかり落とす習慣をつけることを意識しましょう。

すすぎ残しは絶対にNG!洗い以上に入念に

シャンプーを洗い流す時に、美容成分や保湿成分を少しでも髪に残そうと、軽く泡を流しただけで済ましてしまう人がいます。

これは絶対にNGです。シャンプーは洗う以上に、すすぎをしっかりしましょう!

すすぎきれなかったシャンプーは頭髪の汚れとなって、頭皮トラブルの原因になりかねません。髪が長い人は、髪の毛を上下左右の方向にかき分けて、頭皮まで洗い流すようにしましょう。

頑固な整髪料はトリートメントでゆるめて落とす

油分を含んだキープ力の高い整髪料は、シャンプーで洗ってもなかなか落ちませんよね。そこでおすすめしたいのが、シャンプー前にトリートメントを髪の毛につけて馴染ませる方法です。

トリートメントに含まれる油分が整髪料の油分と結合して、髪の毛から剥がれやすくなります。

トリートメントと一緒に整髪料もぬるま湯で落としてからシャンプーすると、泡立ちがよくなり汚れも落ちやすくなりますよ。

育毛シャンプーは悩みや目的に合わせた製品を選んで

鎌田妹さんとのオンラインインタビュー風景

今回は、髪のプロである毛髪診断士の鎌田さんに、育毛シャンプーの効果、選び方、おすすめ商品について教えていただきました。

育毛シャンプーは、悩みにあわせた成分を含んだものを使う必要があります。またシャンプーをする際は、予洗いとすすぎに重点を置くことがポイントです。

髪の悩みを感じている人は、頭皮ケアの入門として育毛シャンプーを使って正しい育毛ケアに挑戦してみてはいかがでしょうか。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!