HOME

>

グッズ

>

縄跳び、おすすめ12選!外出自粛の運動不足にぴったり、選び方も

縄跳び、おすすめ12選!外出自粛の運動不足にぴったり、選び方も

ぴのたろう
2021-02-11
2021-03-19

縄跳びはダイエットや筋トレに最適

長引く外出自粛による運動不足の解消に、縄跳びが注目を集めています。コンパクトで値段も安く、少しのスペースがあれば気軽に使えるのが魅力です。ただ様々な種類があり、どれが自分に合った商品なのか分かりにくい面も。今回は選び方とおすすめ商品を紹介します!

縄跳びを選ぶときのポイントとは?

縄跳びは手軽にできる有酸素運動です。そのため脂肪燃焼しやすく、ダイエットに向いた運動です。エネルギー消費も大きく、短時間での効果も高いと言われています。

縄跳びは脚の筋力だけではなく、腕や肩などの縄を回す筋力、背筋や腹筋など全身の筋肉を使っています。体力づくりや筋トレにも最適なので、手軽に始める運動として最適です。縄跳びの種類によって、鍛えられる場所なども異なるので何をしたいかで選ぶ縄跳びは異なりますよ。

縄跳びはどれも一緒に見えるほど、各メーカーによっての違いがはっきり分かりにくい商品でもあります。しかし実際には、縄の違いや長さ、グリップなど微妙に異なっていて、使いやすさが異なります。

縄を留める部分の違いでも、回しやすさや飛びやすさ、長さの調整などが違ってきます。縄が無く飛んだつもりのエアー縄跳びというものもあり、選択肢はとても多いです。どう選ぶと自分にぴったり合うのかを紹介していきます。

青いジャンプロープ

縄の素材の違いで選ぼう

縄の素材には、ビニール、布、チューブ、ワイヤ、ビーズロープがあります。それぞれに特徴があり、縄跳びで何をしたいのかによっても選ぶ素材が異なります。

ビニールは、ごく一般的な素材です。軽量で素早く回すことができるため、飛びやすく、長時間の縄跳びや二重飛び、交差飛びもしやすいです。ダイエットに向いています。

布の縄跳びは重量があり太さもあるので、空気抵抗がありゆっくり回るので縄跳びをする感覚をつかみやすいです。子どもや縄跳びの初心者におすすめの素材です。

チューブの縄は太くて重量感があるため、高負荷のトレーニングに向いています。一般的なビニールの縄跳びの10倍はあると言われる重さがあるので、手首を痛めないように使いましょう。

ワイヤの縄は競技用で、細くて重いですがスピードが出しやすく飛びやすい特徴があります。上級者向けの縄です。

ビーズロープは縄にビーズを通してあり、ビニールタイプよりも重量を重くしてあります。その分、高負荷になり上半身も一緒に鍛えたい人におすすめです。

縄の長さに気を付けて選ぼう

縄は短すぎても、長すぎても飛びにくく、疲れや怪我の元にもなってしまいます。適切な長さは、地面に垂らした縄の真ん中を踏み、両肘を90度に曲げた状態で手首を曲げず左右に開いた状態の長さと言われます。市販の縄跳びは2~3mで売られているので、カットして長さ調整をする必要があります。

身長に+〇〇cmと言われることもありますが、人それぞれに腕の長さが異なるためおすすめする測り方ではありません。

グリップの違いで選ぼう

グリップの握りやすさも重要です。自分の手の大きさに合った太さや長さのものを選びましょう。滑り止めの機能や、グリップが握る手の形に合わせて凹凸ができているものなど、自分が握りやすいものがおすすめ。

また、縄跳びをすることで手に汗をかくため、汗の吸収をする素材を使っているとべた付きがなく使えます。汗で滑って手からすっぽ抜けないようなものがよいです。重りを付けられるタイプもあり、より高負荷の運動で腕の筋トレに効果があります。

縄の留め具の違いで選ぼう

縄の留め具も重要なポイントです。縄跳びは長さの調整を行う必要があるため、長さの調整がしやすい留め具を使っているのが便利です。二つ折りにして留めてあるタイプは、安価ですが抜けやねじれが起きやすいので、お試しをしたい人に向いています。

ベアリングを使っているタイプは、スムーズな縄の回転を手助けしてくれます。飛びやすく、縄のよじれや抜けが起きにくく、使いやすいのでおすすめの留め具です。

エア縄跳びも選択肢に!

縄が絡まって転倒してしまう危険性があるため、お年寄りには縄跳びは向かないです。また、狭い場所では縄が回せないので縄跳びができません。

そんなときにはエア縄跳びも選択肢になります。実際に縄が無いので、縄に引っ掛かることがありません。これならばお年寄りでも安心して縄跳びを楽しめます。カウンター機能やグリップの重さがあればエアでも充分に運動になります。

使いやすいスタンダードなおすすめ縄跳び7選

上記で紹介した選び方のポイントを基にして選んだおすすめ商品を紹介します。自分に合う商品選びの参考にしてみてください。

まずは使いやすい、スタンダードなタイプの縄跳びを7商品ご紹介します。

おすすめ①
  • FEELCAT
  • なわとび トレーニング用(FC1801)

  • 税込み975円
  • 回しやすく飛びやすいトレーニングに向いた縄跳び

  • ボールベアリングを使っていて、縄が絡まらずにスムーズに回転するため長時間の縄跳びも楽にできます。強度もあるため、長く使える商品で、トレーニングにぴったり。

FEELCAT「なわとび トレーニング用(FC1801)」の縄は6mmのPVC素材でできていて、グリップはスポンジで汗を吸い取ってくれる構造の縄跳びです。グリップは持ちやすくて滑りにくいため、ハードなトレーニングやダイエットトレーニングに最適です。

ロープの長さを調整しやすく、ストッパーをはめるだけで抜けることもありません。6mmの太い縄なので丈夫で長持ち、適度な重さもあるためトレーニングの負荷も高くなります。

おすすめ②
  • beastoo sports
  • 縄跳び トレーニング用

  • 税込み998円
  • 軽量で飛びやすい縄跳び

  • 高速回転がしやすく長く有酸素運動の縄跳びができます。ダイエットに最適で、脂肪燃焼効果を高めたい人に向いています。扱いやすい縄跳びのため、誰でも飛びやすいですよ。

beastoo sports「縄跳び トレーニング用」の縄は、110gという軽量のPVC素材を使っています。グリップはスポンジタイプで握りやすく、汗を吸い取る構造になっている縄跳びです。ハンドルにはベアリングを使用していて、縄の絡みつきや抜けから守り、回転しやすくなっています。そのため、長時間のトレーニングができダイエットトレーニングに最適です。

カラーバリエーションは4色あり、長さ調整ができ軽量なので、子どもから大人まで幅広い年齢層で縄跳びを楽しめます。30日保証もついているので、万が一縄が切れても安心です。

おすすめ③
  • JUMP Yuedong
  • 縄跳び ビーズロープ

  • 税込み950円
  • 抵抗を減らして耐久性を高めたビーズ製の縄跳び

  • 初心者でも回しやすいので飛びやすく、耐久力があり摩耗にも強いです。長く使え、飛ぶタイミングが取りやすいですよ。何種類かのカラーをそろえて、ビーズの配置を変えればオリジナルカラーにもなります。

JUMP Yuedong「縄跳び ビーズロープ」の縄の素材は、柔らかいビーズロープでできています。グリップはプラスチック製で、人間工学に基づいた握りやすい凹凸付きで滑りません。

ビーズが地面に当たるときに音が出るため、飛ぶタイミングが取りやすく子どもや縄跳びの初心者におすすめです。8色のカラーバリエーションがあり、カラフルです。

おすすめ④
  • UMTELE
  • 縄跳び 磨損チューブ付 3M ケーブル2本

  • 税込み1,600円
  • ワイヤーロープタイプで跳びやすい縄跳び

  • 超高速回転が可能で、二重跳びや三重跳びがしやすい縄跳びです。破損防止用のチューブが付いていてロープの耐久性をあげてくれて、壊れにくく長く使える商品です。

UMTELE「縄跳び 磨損チューブ付 3M ケーブル2本」は、ワイヤロープを使った縄跳びです。ハンドルはアルミニウム製のため軽量で、握りやすいです。長さの調整は、ハンドルにさすだけで自動でロックされて外れない構造になっていて、工具も必要ありません。

ベアリングを内蔵しているため、高速回転が可能でありワイヤロープと相まって、とても跳びやすい縄跳びです。失敗した時の痛みは相当ありますので、慣れた人やベテラン向けの縄跳びです。

おすすめ⑤
  • デビカ
  • 縄跳びの達人

  • 税込み605円
  • 保護チューブで切れにくいコスパ◎ロープ

  • 保護チューブで切れにくい縄です。買い求めやすい値段と簡単な長さ調整機能も魅力。シンプルで使いやすい製品です。

ロープに入っている保護チューブで切れにくいジャンプロープ「デビカ なわとびの達人」です。回す時の軸を安定させる重しが入っていてなめらかなグリップでも回しやすい製品です。ロープの長さ調整もシンプルで、長く使えるものが欲しい方にオススメです。

おすすめ⑥
  • アーテック
  • 木柄ロング縄跳び

  • 税込み999円
  • 木製の柄で丁度良いグリップ感

  • 柄の部分が木で、ロープ部分は綿で出来ている縄跳びです。初心者や子供の練習に使いやすい製品です。

木製の柄が特徴的な縄です。ロープ部分は綿でできており、子供の練習用や初心者の方に購入されることの多い製品です。長さはロングとノーマルがありどちらも2.0m以上ある十分な長さです。柔らかい色合いの種類もあるのでお子さんの公園遊びにもおすすめです。

おすすめ⑦
  • デビカ
  • 瞬足縄跳び

  • 税込み1,380円
  • メッシュグリップで蒸れにくい

  • メッシュ製のクッショングリップで握りやすく蒸れにくい持ち手で、九面体になっているロープは風切り音を出してくれるのでリズミカルに跳びやすいです。

子供用運動靴で有名な瞬足の商標を使ったデビカの瞬足縄跳びです。グリップはメッシュのクッション素材で握りやすく蒸れにくい。九面体ロープが風を切って音を出してくれるのでリズミカルに飛びやすい仕様になっています。グリップとの摩擦少なくスムーズに回せるのも魅力です。子供の2重跳びの練習におすすめです。

飛ぶだけじゃない!高機能な縄跳び、おすすめ5選

続いては、カウンター付きや「縄なし」など、便利で高機能な縄跳びをご紹介します!

おすすめ⑧
  • beastoo sports
  • トレーニング縄跳び ジャンプロープ

  • 税込み1,680円
  • カウンター付きで大人も子供も使いやすい

  • 最大999回までカウントできるカウンター付きで、自分がどれだけとんだかを見ることが出来ます。掴みやすいスポンジグリップで大人も子供も使いやすい縄跳びです。

カウンター付きのトレーニング用縄跳びです。普通の跳び方でも後方とびでも最大999回カウントでき、自分のアクティビティを可視化できます。ねじれにくいワイヤーロープの長さは2.8mあり激しく飛んでもロープの長さがずれにくいです。

おすすめ⑨
  • IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部)
  • エアーナワトビ KW-135

  • 税込み1,238円
  • カロリー計測機能付きロープなし縄跳び

  • 縄なしの自宅でも縄跳びが出来る製品です、カウンター付きでカロリー消費も確認できます。縄跳びをはじめとした様々なエクササイズに使えます。

メーター付きのエアーナワトビです。メーターでは回数はもちろん、カロリーや時刻、ストップウォッチ機能もついています。自宅で縄跳び、その他エクササイズにも使いやすい製品です。自宅で効果的な運動を始めたい人にオススメです。

おすすめ⑩
  • タニタ
  • 運動具 消費カロリー計付きなわとび カロリージャンプ(CJ-688)

  • 税込み1,980円
  • 消費カロリーがはっきり分かる縄跳び

  • 柔らかめのシリコン素材で、失敗して体に縄が当たっても痛くないため縄跳びに慣れていない人にもおすすめ。ダイエットトレーニングにあると便利です。

タニタ「運動具 消費カロリー計付きなわとび カロリージャンプ(CJ-688)」の縄素材は、シリコンゴムを使っています。グリップはABS樹脂を使用していて、握りやすくなっています。

飛んだ回数と、跳んだことによる消費カロリーが表示されます。前跳びだけでなく、後ろ跳びや交差跳びの測定も正確に行ってくれます。ダイエットトレーニングに最適な縄跳びです。

おすすめ⑪
  • Himart
  • エア縄跳び

  • 税込み1,299円
  • 縄ありとなしと2通りの使い方ができる縄跳び

  • 縄跳びが苦手な人でも、縄跳びをした気分にできるエア縄跳びです。縄で怪我をする心配もなく、普通の縄跳びに飽きた人にとっての気分転換にも向いていますよ。

Himart「エア縄跳び」は、縄なしのエア縄跳びが可能な縄跳びです。PVC素材の縄を付けて縄跳びをすることも可能です。ハンドルには滑り止めが付いているので、汗などですっぽ抜けることがありません。

タイマー、消費カロリー、体重と跳び回数が液晶画面に表示されて、トレーニングの効果やレコードが確認できます。縄が無いため、縄で転倒する危険も無く、縄が地面に当たる音もしないので安心して縄跳びが可能です。

おすすめ⑫
  • ALINCO(アルインコ)
  • エアージャンプロープ(EXG103)

  • 税込み6,080円
  • 初心者におすすめのダイエットトレーニングアイテム

  • 目標時間に達したらアラームで知らせてくれるので、無理な長時間運動を避けることができます。マットによる負荷軽減や、音の軽減が図れて、エア縄跳びなので室内でのトレーニングに最適。

ALINCO(アルインコ)「エアージャンプロープ(EXG103)」は、縄なしのエア縄跳びが可能な縄跳びです。PVC素材の縄を付けることも可能で、マットも付属で付いています。

体重、回数、時間、カロリー消費を表示してくれて、ダイエットトレーニングのアイテムにも最適です。専属のマットが床への振動や、体への負担軽減をしてくれるので、初心者におすすめです。

縄跳びでエクササイズをしよう!

縄跳びをする人の足元

縄跳びはとても理にかなったダイエット効果もある運動です。有酸素運動で脂肪燃焼をサポートし、負荷をかけた縄を回すことで腕や肩の筋力を鍛えることができます。子どもから大人までどんな人でもできるので、エクササイズのしやすい縄跳びを選んで楽しんでみてはいかがでしょう。購入時には、実際に握ってみて握りやすいグリップのものを購入するとよいですよ。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!