Products

360度に広がる音と光のBluetooth照明スピーカー! “津軽びいどろ”ガラスで作られた「BLUE FOREST Speaker」

過去の人気記事を再投稿中!

音楽を聴く……ゆったりとしたくつろぎの時間を愛する人は多い。

そんな癒やしの空間を包んでくれるBluetooth照明スピーカー「BLUE FOREST Speaker(ブルーフォレストスピーカー)」を紹介したい。

伝統工芸の職人の技法を使ったインテリアとしても美しいスピーカーだ。

伝統工芸”津軽びいどろ”と”青森ひば”を現代風にアレンジ

「BLUE FOREST Speaker」は、創業200年を迎えた老舗のガラスメーカー「石塚硝子」が立ち上げた電化製品ブランド「Glas+」から生まれたBluetooth照明スピーカーだ。

自然由来のガラスと木を伝統の技法で組み合わせ、現代の暮らしに沿ったデザインに仕上げている。

スピーカーの上部のガラスが拡散板、ディフューザーとしての役割を果たす。ガラス面をふるわせながら、空間全体に音楽だけでなく、LEDの光をゆらゆらと360度方向に広げるのだ。

表情豊かなこのガラスは青森の伝統工芸である「津軽びいどろ」のガラス職人が作り上げており、同じ風合いのものはひとつとない。光は、水面で遊ぶ自然の光を住空間に再現しているかのようだ。

そしてスピーカーの本体は、ガラス同様に青森県産の木材「青森ひば材」を使っている。本体の真ちゅう製のつまみを回すことで、音量と光量を同時に調整できる。このシンプルな操作性を含む音響設計と組み立ては、実績豊富な国内メーカーが担っており、こだわりはデザインだけではないことがわかる。

「BLUE FOREST Speaker」は、GREEN FUNDINGで支援を募っていて、36,170円から入手できる。
目標金額に達すると、2021年8月頃に発送される予定。

・ ・ ・



お気に入りの音楽を聴き入りながら、スピーカーのガラスディフューザーが柔らかに広げる光に、木もれ陽や水面のような自然の光のゆらめきを感じるリラックスタイムを過ごしたい。

Glas+

石塚硝子

CREDIT
Videographer/Writer :カメリア
SNS/Curator :にしまり

RECOMMEND

PAGE TOP