HOME

>

グッズ

>

女性用育毛剤おすすめ15選【育毛のプロが教える選び方も】

女性用育毛剤おすすめ15選【育毛のプロが教える選び方も】

matsumura
2021-01-05
2021-01-13

育毛剤というと男性のイメージが強いですが、女性でも年齢や生活環境の変化から、薄毛・抜け毛・ボリュームダウンを気にする方は少なくありません。

頭皮や毛髪の悩みの原因は人それぞれ、男性と女性で違うだけでなく、年代によっても異なります。

そこで今回は、髪の悩みを抱える女性に向けて、育毛のプロに育毛剤の選び方を教えてもらいました。育毛剤からステップアップしたケアを考えている方は、後半で解説する発毛剤の情報もチェックしてください。

育毛のプロに聞く!

鎌田さんは17年におよぶキャリアの中で、男性だけでなく女性のお客さまからも髪の毛が薄くなった、地肌のトラブルを感じるといった相談が増えてきたことを実感。

これらの悩みに応えるため、2015年に毛髪診断士の資格を取得し、その後も認定講師に加えて、毛髪診断士へ指導が行える指定認定講師も取得しています。

育毛剤を確認する鎌田さん

今回は女性用育毛剤について、鎌田さんに毛髪診断士の知識をもとに監修してもらいました。

育毛のプロである鎌田さんが、女性ならではの薄毛の原因や、頭皮のトラブルへの対処方法を詳しく解説します。

今まで悩みがありながらもケアの仕方がわからなかった、どんな製品を選んでいいか迷っていたという方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

女性用育毛剤とは

育毛剤をつける女性の写真

まずは、女性用育毛剤の商品分類や効果といった基本情報を確認していきましょう。

有効成分を配合した育毛剤には育毛効果が期待できる

育毛剤は、抜け毛や薄毛の予防を目的とした頭髪のケア製品です。

育毛剤には頭皮の状態を改善する成分が配合されていて、なかでも厚生労働省に認められた有効成分にはより直接的な育毛効果が期待できます。

女性の髪悩みステージ3段階

女性用育毛剤について詳しく解説する前に、まずは女性の脱毛のメカニズムについて解説します。女性の頭髪の悩みは、以下の順で進行していきます。

ステージ1.頭皮が乾燥したり、フケやかゆみ、発疹が出るなど頭皮状態が良くない
ステージ2.髪の毛が柔らかく、細くなってハリやコシ、艶やかさが無くなる
ステージ3.分け目やつむじの毛髪が薄くなって、地肌が見えてくる

女性の肌は敏感で乾燥しやすいため、頭皮がカサカサしていたらケアを始めるタイミングです。また、男性が頭頂部やM字から脱毛が始まるのに比べて、女性の脱毛は全体的に髪の毛が薄くなっていきます。

女性特有の柔らかくてへたりやすい猫っ毛の髪質の人は、髪の毛がぺたんこになることで、よりボリューム不足を感じるようです。

女性の髪悩みステージごとに適した製品は、下記の通りです。

ステージ1. 養毛剤、スカルプケア製品=頭皮環境を整える
ステージ2. 育毛剤=脱毛や薄毛の予防、進行を防ぐ
ステージ3. 発毛剤=毛を生やす、脱毛を抑える

後ほど紹介する髪の悩みチェックシートでも、ご自分の症状と適した製品を確認してみてください。

女性用育毛剤に含まれる成分とその効果

育毛剤には、厚生労働省に認められた有効成分が含まれていて、ステージ2の髪悩みに効果が期待できます。具体的な効果は、主に下記の3つです。

1.血行促進作用…頭皮の血行を促進することで、毛根や毛包に栄養を届けます

2.抗炎症作用…地肌トラブルを改善して、フケやかゆみを抑えてくれます

3.保湿作用…頭皮の潤いを保つことで、毛髪が育ちやすい環境を整えてくれます

また、資生堂のアデノシンのように毛根に働きかける細胞賦活成分や、女性ホルモンに作用することで髪の毛を抜けにくくしてくれる成分が開発されて、厚生労働省に有効成分として認可されているケースもあります。

育毛剤の成分は「髪の毛が育ちやすい環境を整えて、サポートしてくれるもの」がほとんどで、残念ながら髪の毛を生やす効果はありません。

しかし、有効成分が配合されていれば、各症状に対して効果的な作用が期待できます。成分の種類の多さや、話題の成分を配合!と謳う製品もありますが、育毛剤でチェックするべきは有効成分の数と効果です。

ご自分の悩みをケアできる有効成分が配合されているか否かで育毛剤を選びましょう。続いて症状に適した成分の選び方を解説しますので、そちらも参考にしてください。

女性用育毛剤の選び方

育毛剤やヘアケア製品の写真

女性特有の髪の悩みに合わせた、育毛剤の選び方を解説します。

ストレスや栄養不足が原因なら血行促進成分

ストレスが溜まっている、食生活が偏っている中で細毛や軟毛にお悩みであれば、毛根に栄養を届けて、髪の毛が強く伸びる環境を整える血行促進成分が効果的です。

細毛や軟毛は抜け毛の一歩手前ともいえる状態で、その原因には頭皮の毛細血管に充分な栄養が届かないことで、毛根が育たずに抜けやすい細い毛が増えてしまいます。

そこで、血液の流れを活発化させる成分によって、抜け毛や薄毛が進行してしまう前に予防をはじめましょう。

フケやかゆみなどの頭皮トラブルには抗炎症・殺菌成分

代表的な成分名:グリチルリチン酸ジカリウム、ヒノキチオール、l-メントール、オクトロピックスなど

大量のフケが出たり、強いかゆみを感じているなら、抗菌・抗炎症成分を含んだ育毛剤の使用を検討しましょう。

これらの症状は頭皮の常在菌がバランスが崩れることが原因の一つなので、抗菌成分で頭皮の常在菌の状態を整えましょう。

かゆみに加えて、赤みや発疹が発生しているようなら抗炎症成分で対策できます。

また、頭皮が脂っぽくて臭いも気になるなら、過剰な皮脂を抑える抗菌成分が効果的です。

カサカサの乾燥した頭皮には保湿成分

代表的な成分名:ヒアルロン酸、コラーゲン、大豆抽出液、ビワの葉エキス、ホホバオイル、グリセリンなど

頭皮が突っ張るほど乾燥を感じているならば、保湿成分が含まれた育毛剤を選びましょう。

保湿成分は、頭皮に潤いを与えて乾燥による抜け毛を防ぎます。また、髪の毛全体がぺたんとしたボリューム感のない状態であれば、保湿成分が髪にハリやコシを与えて、髪の毛を根本から立ち上りやすい状態にしてくれます。

特に女性は皮脂の分泌が足りていないケースがあるので、頭皮にも髪の毛にも潤いをキープすることは重要です。

独自成分は効果の見極めを

資生堂のアデノシンは毛乳頭に働きかけ、発毛促進因子を生産して発毛を促す成分で、ヒトの体内に存在する成分のため安全性が高いとされています。

女性ホルモンと記載された成分は、更年期や産後といったホルモンバランスの変化による脱毛や薄毛をケアしてくれますが、実は医薬部外品として許容されている配合量は多くありません。

どの成分にも言えることですが、育毛剤の配合成分は即効性や髪の毛が生えたり、早く伸びたりといった強い効果を期待するのは難しいでしょう。

育毛効果が現れるには一定期間、使用し続ける必要があります。その期間は製品によって異なりますが、たいだい3ヶ月~半年と長期間、毎日使用して効果を見極めてください。

アルコールは必ずしも悪ではない

ネット上では「アルコールの入った育毛剤は肌に良くない」という噂をよく見かけますが、本当はどうなのか?育毛診断士の鎌田さんに改めて聞きました。

鎌田さん曰く、アルコールは健康な肌に使うなら、避ける必要はない成分です。

肌用に用いられるアルコール成分にはセタノールやブチルアルコールなどがありますが、育毛剤にはエタノールとして含まれていることが多いでしょう。

育毛剤に使われているアルコールの主な用途は下記の6点です。
・アルコール抽出によって植物からエキスを取り出す
・殺菌作用があるので防腐剤として含有される
・成分を混ぜ合わせて製品を安定させたり、肌へ成分の浸透率を高める
・肌の汚れを取り除いて収れんさせる
・スーっとした爽快感を与える


但し、アルコールの成分によるデメリットもあります。

アルコールに対する過敏症やアレルギーがある人、お酒に極端に弱い人が使用すると肌が赤くなったりかゆみを伴う可能性があります。

一般的にアルコール分は塗布後に蒸発しますが、その際に肌表面の水分を奪うことがあります。乾燥がひどい肌に使用してしまうと、乾燥がより進んでしまうことがあるでしょう。

アルコールのスーッとした爽快感が人によっては刺激に感じたり、頭皮に傷や炎症があるとヒリヒリとした痛みになることもあります。

上記のような体質や心当たりがあるならば、アルコールフリーや低アルコール処方の育毛剤を選んでもいいでしょう。

成分表は有効成分から含有量の多い成分順に記載されているので、エタノールが成分表の最初の方に記載されていれば、アルコール含有量が多い製品と言えます。

アルコールが気になる人は購入前に成分表のチェックをおすすめします。

女性の髪の悩みチェックシート

女性用育毛剤の選び方チャート

育毛剤の成分と効果を見ただけでは、自分の症状に適した商品が何かを判断するのは難しいですよね。そこで、自分にぴったりの製品が分かるチェックシートを用意しました。

成分充実の女性用育毛剤おすすめランキングTOP3

ここからは、おすすめの女性用育毛剤を紹介します。まずは、有効成分の充実度や女性向けの成分の有無をもとに、おすすめの女性用育毛剤TOP3をランキング形式で発表します。

続けて「年代別」「有効成分を解説した製品」「自然派」「サロン専用」の順で、おすすめ育毛剤を順に紹介します。

おすすめ1位
  • 資生堂(SHISEIDO)
  • 薬用アデノゲン(ADENOGEN) グレイシィ 150ml

  • 税込み5,580円
  • 資生堂独自の成分「アデノシン」配合

  • 化粧品メーカーとして有名な資生堂が長年の育毛研究で発見した「アデノシン」を含む人気の女性用育毛剤です。

「アデノゲン」は資生堂の研究で発見された、発毛を促進する効果がある「アデノシン」という有効成分を含んだ育毛剤です。

アデノシンはもともと生体内にある成分なのでリスクを抑えながら、毛乳頭に働きかけて発毛を促進してくれます。

そして、アデノシン以外にも育毛効果のある4種類の有効成分が配合されていることから、独自性と幅広い効果が高い総合評価となり1位に選びました。

有効成分:アデノシン(発毛促進因子の産生)、ニンジンエキス(血行促進)、β-グリチルレチン酸(抗炎症)、パントテニルエチルエーテル(新陳代謝活性化)、l-メントール(殺菌作用)

おすすめ2位
  • 加美乃素本舗
  • 薬用レディース加美乃素HQ

  • 税込み1,915円
  • 有効成分を9種類配合

  • 女性ホルモンの乱れに着目して、育毛効果のある9種の有効成分に潤いを与えるエイジングケア成分を4種配合した贅沢な処方の育毛剤です。

80年以上前に養毛剤「加美乃素」を発売して以来、ヘアケア専門企業として髪の悩み製品を展開する加美乃素本舗の女性用育毛剤です。

市販の育毛剤では最大種類となる9種類の有効成分を配合し、女性ホルモンや血行促進成分に加えて植物由来の独自成分も含有したオリジナリティのある処方が特徴です。

フケ・かゆみを抑えながら頭皮を柔らかくして、髪の毛が育ちやすい環境を整える成分がたっぷりと配合されている点が高評価となりました。

有効成分:イソプロピルメチルフェノール(殺菌作用)、エチニルエストラジオール(女性ホルモン)、塩酸ピリドキシン(過剰皮脂抑制)、グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症)、サリチル酸(角質軟化)、D-パントテニルアルコール(新陳代謝活性化)、カミゲンE・カミゲンK(血行促進)、CS-ベース(新陳代謝活性化)

おすすめ3位
  • DHC(ディー・エイチ・シー)
  • 薬用美髪根(びはつこん)エッセンスEX

  • 税込み4,320円
  • 1本で育毛と美髪ケアが同時にできる

  • 育毛効果のある4種の有効成分に、コエンザイムQ10などの美容保湿成分で潤った頭皮と艶のある髪の毛に導きます。

コスメやサプリで有名なDHCの女性用育毛剤は、育毛しながら美しい髪が一緒にできる製品です。

4種類の育毛有効成分に、ビワの葉エキスや大豆エキスといった4種類の植物由来の保湿成分が頭皮環境を整えて育毛効果を高めます。

さらに美容液にも使われる保湿成分が毛髪にハリとコシを与えて、艷やかで美しい髪の毛に。1度に育毛と美髪ケアができるすぐれものです。

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症)、センブリエキス(血行促進)、ニンジンエキス(血行促進)、EPC(抗酸化作用)

人気の女性用育毛剤おすすめ3選

ランキングからは漏れてしまったものの、ネットや口コミで人気のある育毛剤を中心に、製品に含まれる有効成分を分析して効果や作用を解説しています。

頭皮や髪の毛の悩みチャートをともに、自分に適した製品を選んで下さいね。

おすすめ①
  • ミューノアージュ(MUNOAGE)
  • ヘアアプローチプログラム

  • 税込み6,913円
  • 育毛剤と頭皮の美容液をセットで使用

  • 珍しい2つの溶剤を組み合わせて使うタイプの新感覚育毛剤です。髪の毛を育てるだけでなく、一緒に頭皮環境を整えることで女性の薄毛にアプローチします。

女性特有の薄毛に対して皮膚科と共同で開発された製品で、頭皮環境を整える美容液と、育毛ケア成分を含んだ育毛剤の2本をセットで使います。

美容液には頭皮のコンディションを整える「オクタペプチド-2」に加えて、ヒアルロン酸などの保湿成分が頭皮の潤いをサポート。

そして、育毛剤に含まれる抗炎症作用や殺菌成分が頭皮の状態を整えながら、血行促進成分が頭皮の栄養環境を改善させることで髪の毛が生えやすい状態に整えます。

2本をセットで使用することで、整える+生えやすい環境+美容とトータルで頭髪ケアができるでしょう。

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症)、センブリエキス(血行促進)、酢酸DL-α-トコフェロール(血行促進)、パントテニルエチルエーテル(新陳代謝活性化)、ピロクトンオラミン(殺菌作用)

おすすめ②
  • 山田養蜂場
  • 薬用 HATSU ハツ

  • 税込み6,820円
  • 育毛成分にローヤルゼリーをプラス

  • ローヤルゼリー由来の保湿成分を2種類配合することで、育毛成分が届きやすい頭皮環境に整えながら、艶とコシのある髪に仕上げます。

はちみつ製品を展開する山田養蜂場が開発した、ローヤルゼリーを含有した育毛剤です。

ローヤルゼリー由来の2つの成分が潤いを与えることで頭皮環境を整えながら、パールなどの自然由来の保湿成分が女性の髪を強くボリュームUPさせてくれます。

保湿効果のある天然成分を6種類配合しているので、頭皮の乾燥による薄毛やぺたんこのボリューム不足の髪に悩む人に適しているでしょう。

有効成分:タマサキツヅラフジアルカロイド(血行促進)、グリチルリチン酸2K(抗炎症)、ニンジン抽出液(血行促進)

おすすめ③
  • 持田ヘルスケア
  • コラージュフルフル 育毛スプレー 150g

  • 税込み1,970円
  • 年齢を重ねた毛髪に女性ホルモンで育毛

  • 女性ホルモン「エチニルエストラジオール」をはじめとした4種類の有効成分で抜け毛を防いで健康的な髪を育ててくれます。

皮膚科学に基づいたスキンケア製品を展開する持田製薬グループの育毛スプレーです。

女性の抜け毛の原因のひとつと言われている「女性ホルモンの分泌量減少」に着目して、有効成分に女性ホルモンを配合。頭皮の皮脂分泌量をコントロールして脱毛を防ぎます。

香料と色素が無添加で匂いが気にならず、スプレータイプなので使い心地も爽やかです。

有効成分:エチニルエストラジオール(女性ホルモン)、センブリエキス(血行促進)、酢酸トコフェロール(血流促進)、サリチル酸(角質軟化)

年代別の女性用育毛剤おすすめ4選

続いて、年代別におすすめの女性用育毛剤を4選ご紹介します。女性の髪悩みはライフステージやホルモンバランスに由来します。

20代ではダイエットや不規則な性活が原因で、栄養不足による軟毛や細毛があらわれることがあります。

30代は出産によるホルモンバランスの大きな崩れで産後の脱毛を経験する人も多いでしょう。また、仕事や家庭などストレスが増えると、頭皮環境が悪化することもあります。

40代は女性ホルモンの減少が続くことで、全体的に髪の毛が細く薄くなってきて、人によってはびまん性脱毛症に進行することも。

50代以降では髪の毛が薄くなりつつ、ハリやコシ、艶がなくなって元気がなく見えてしまう傾向があります。もし、地肌が見えているようであれば発毛剤や女性向けAGAクリニックの利用を検討してもいいでしょう。

これらは悩みの原因の一例ですが、それぞれの世代で予防や対策に適した製品をご紹介するので参考にしてください。

10代~20代におすすめ
  • バスクリン
  • モルティ 女性用育毛剤 薬用育毛ローション180g

  • 税込み754円
  • 抜け毛の感じ始めに使うケア製品

  • ショウキョウエキス、センブリエキスなどの生薬由来の有効成分が抜け毛を予防して、健康で艶のある髪を育ててくれます。

バスクリンの若者向けヘアケア製品ブランド「モルティ」から発売された、抜け毛を感じ始めた人に向けた育毛剤です。
アットコスメなどの口コミサイトでも20代利用者のレビューが多く、若い層にも使われている育毛ローションです。

生薬由来の有効成分に加えて、ビタミン誘導体が血行を促進し毛根に栄養を届けます。また、保湿成分としてパールエキスやホホバオイルを配合することで、髪の毛のパサつきを抑えて艶のある髪に導いてくれます。

スプレー式で液垂れしないので、お化粧の後におでこや顔に垂れてくるということもなく使いやすいのも特徴です。お手頃価格で気軽に試せるのも嬉しいポイントです。

有効成分:ショウキョウエキス(血行促進)、センブリエキス(血行促進)、D-パントテニルアルコール(新陳代謝活性化)

30代におすすめ
  • マイマ (maima)
  • マイマ 薬用育毛ヘアローション 100ml

  • 税込み3,000円
  • 産前産後脱毛が気になるママ向け

  • 妊娠中や育児中でも安心して使える3つの有効成分に15種類の天然成分を配合。合成着色料や鉱物油など5つの添加物は使用していません。

出産後の抜け毛に着目した育毛剤で、女性ホルモンが担っていた頭皮や髪の働きかけを助ける有効成分が含まれています。

育毛有効成分にアロエエキスやダイズエキスなどの天然成分を15種類配合することで、保湿効果や血行促進効果だけでなく、ホルモンバランスもサポートしてくれます。

そして、合成着色料・鉱物油・パラベン・シリコン・石油系界面活性剤の5つの添加物を無添加にすることで、赤ちゃんをケアするお母さんの肌に優しい処方になっています。

有効成分:センブリエキス(血行促進)、グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症)、サリチル酸(角質軟化)

40代におすすめ
  • アンファー (ANGFA)
  • スカルプD ボーテ スカルプセラム 育毛ローション

  • 税込み4,400円
  • 女性の頭皮環境に着目した大豆由来成分を配合

  • 国産大豆を使用した豆乳発酵液「ソイセラム」と「頭皮のコラーゲン」を配合することで頭皮を健やかに整えて健康な髪を育てます。

「タマサキツヅラフジアルカロイド」をはじめとした有効成分を3種類配合し、髪の毛を太く長く抜けにくい髪に育てます。

コラーゲンが女性の頭皮環境を整えて、9種の植物エキスとアシタバエキが髪に黒々とした艶感を与えます。6種の添加物フリー処方で敏感な女性の肌にも優しく使えます。

大豆由来のイソフラボンの濃度を1.8倍にに増やしたソイセラムが保湿成分として配合されていますが、イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があるとも言われているので、40代のホルモンバランスへのサポートに期待です。

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症)、酢酸DL-α-トコフェロール(血行促進)、タマサキツヅラフジアルカロイド(血行促進)

50代以降におすすめ
  • ロート製薬
  • 50の恵エイジングケア 髪ふんわりボリューム育毛剤 160ml

  • 税込み2,736円
  • 50代のためのオイル入り育毛剤

  • 50歳になって抜け毛や髪のボリュームが減ったと感じ始めた人におすすめの育毛剤です。3種の有効成分に50種類の潤い成分を配合しています。

ロート製薬が展開するミドル女性の肌と髪をケアするブランドの育毛剤で、50代からのスキンケアに必要な成分にこだわっている点が特徴です。

この製品は頭髪全体の薄毛や抜け毛に対して有効成分が頭皮に働きかけ、オレンジ果汁やレモンエキスなどの天然由来の潤い成分が50種類も配合されているので、地肌を健康な状態に整えます。

ホホバオイルやローズヒップオイルが髪に艶を与えて、若々しい印象の髪の毛に。育毛と髪の毛の見た目をケアしたい人におすすめです。

有効成分:ニンジン抽出液(血行促進)、パントテニルエチルエーテル(新陳代謝活性化)、グリチルリチン酸2K(抗炎症)

無添加・天然由来成分配合の自然派育毛剤おすすめ2選

女性は男性よりも肌が敏感で、刺激物や添加物にアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。

育毛剤は頭の肌に直接つける製品なので、肌荒れが気になる人は無添加処方であったり天然由来成分を含有した製品がおすすめです。

自然派①
  • BELTA
  • ベルタ ヘアローション

  • 税込み6,445円
  • 天然由来の育毛・頭皮ケア成分を配合

  • 育毛に対する3種類の有効成分に加えて、女性の抜け毛や薄毛の原因とされる血行不良とホルモンバランスの乱れを整える天然由来成分を56種類配合しています。

ネットで人気のある女性用育毛剤のベルタ ヘアローション。

3種類の育毛有効成分と56種類というたくさんの天然由来の成分を配合し、育毛と頭皮のケアに働きかけることでハリとコシのある髪に整えてくれます。

香料や鉱物油、パラベンといった16種類の添加物を加えずに、髪と頭皮へのやさしさにこだわっています。敏感肌や乾燥肌、混合肌でも安心して使えるアレルギーテスト済み。

有効成分:センブリエキス(血行促進)、グリチルリチン酸2K(抗炎症)、酢酸トコフェロール(血行促進)

自然派②
  • マイナチュレ
  • マイナチュレ 育毛剤 120ml

  • 税込み6,464円
  • 植物由来成分と無添加処方で頭皮に優しい

  • 11成分無添加、27種類の天然成分と10種類のアミノ酸を配合することで敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使えます。

マイナチュレは女性の薄毛や抜け毛は頭皮のダメージとホルモンバランスの乱れにあると考え、頭皮環境を整えることに着目した育毛剤です。

10種類のアミノ酸をはじめとした育毛成分と27種類の天然成分を配合することでヘアサイクルを正常化に近づけます。

ノズルタイプで使いやすくベタつきの少ない使い心地で精油のナチュラルな香りが楽しめます。
コスメのような女性らしいボトルで育毛剤とわかりにくいパッケージも魅力です。

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症)、酢酸DL‐α‐トコフェロール(血流促進)、センブリ抽出液(血流促進)

ヘアサロン専用の育毛剤おすすめ2選

最後に、ヘアサロンや髪のプロが使うヘアサロン専用品から、注目の育毛剤を紹介します。

基本的に美容師やお店からカウンセリングを受けて使用する製品ですので、市販品にはない贅沢な処方が魅力です。

メーカー独自の育毛成分が配合されている製品もあるので、成分表をチェックしてみましょう。

サロン専用品①
  • 資生堂
  • アデノバイタル アドバンストスカルプエッセンス 180ml

  • 税込み6,499円
  • 資生堂のサロン専門ブランドで育毛ケア

  • 資生堂の独自の発毛を促進する成分「アデノシン」と5つの遺伝子活性化テクノロジーがより太く強く黒い髪を育てます。

「アデノバイタル」は資生堂がヘアサロンのために最先端の研究と美容のプロの発想を生かして開発した、質の高い育毛ケアブランドです。

基本的には資生堂を扱うヘアサロンや美容院などで販売されていますが、一部のECサイトでも入手可能です。

資生堂が開発した発毛促進成分「アデノシン」に加えて、資生堂独自のV遺伝子活性化テクノロジーが、毛髪の成長促進、毛細血管増加、ハリ・コシUP、より黒い髪へ働きかける5つの遺伝子にアプローチします。

頭皮環境を整えながら、育毛メカニズムに直接作用することで髪を増やしながら髪質を改善します。

有効成分:アデノシン(発毛促進因子の産生)、ニンジンエキス(血行促進)、クジン抽出液(抗菌作用)、β‐グリチルレチン酸(抗炎症)、パントテニールエチルエーテル(新陳代謝活性化)、ニコチン酸アミド(毛母活性)

サロン専用品②
  • ミルボン(MILBON)
  • ミルボン ディーセス リーファ ナリッシングエッセンス 300ml

  • 税込み2,325円
  • 頭皮のコラーゲンに働きかける育毛剤

  • 毛乳頭に栄養を届けやすくするために、真皮のコラーゲン生成機能を高めて頭皮を健康な状態に導く育毛剤です。

美容院専門のヘアケア製品を展開するミルボンの育毛剤は、頭皮の内部にある真皮の働きをサポートする製品です。

髪の毛をつくり出す毛乳頭がある真皮層。この真皮を構成するコラーゲンの生成を高めることで、髪の毛が育ちやすい状態に導きます。

Amazonでもサロンで美容師からおすすめされたというレビューが多く、使用時の爽快感や香りが良いという点で評価が高いようです。

有効成分:センブリ抽出リキッド(血行促進)、パンテニールエチルエーテル(新陳代謝活性化)、グリチルリチン酸2K(抗炎症)、人参エキス(血行促進)

毛を生やしたいなら女性用発毛剤

ここまで育毛剤を紹介してきましたが、薄毛や脱毛が進行して地肌が見え始めているなら発毛剤へのステップアップを検討しましょう。

日本国内ではリアップリジェンヌのみが市販の発毛剤として販売されています。

女性用発毛剤
  • 大正製薬
  • リアップリジェンヌ 60ml

  • 税込み5,170円※楽天市場の価格
  • 国内で唯一!市販の女性用発毛剤

  • 発毛効果のある医薬品成分ミノキシジルを配合した、女性のための発毛剤です。

男性用育毛剤のパイオニアである大正製薬が女性のために開発した発毛剤で、市販の女性向け製品として日本では唯一の選択肢となります。

日本国内で市販の女性用発毛剤に認められている発毛成分はミノキシジルのみで、女性用製品の最大量となる1%が含有されています。

壮年性脱毛症が進行した状態に使用することで、髪の毛を生み出す毛母細胞に働きかけて、抜けにくく育ちやすい髪を生み出します。

発毛剤は育毛剤と異なり、髪の毛を生やすことを目的とした製品です。

但し、発毛剤は第一類医薬品となり薬剤師のいるドラッグストアか問診票をやり取りできるネットショップでのみ購入可能です。

また、体質や基礎疾患によっては使用できなかったり、ミノキシジルには副作用のリスクもありますので、薬剤師などの専門家に相談した上で使用しましょう。

有効成分:ミノキシジル(発毛)、パントテニールエチルエーテル(新陳代謝活性化)、トコフェロール酢酸エステル(抗酸化作用)、I-メントール(殺菌作用)

育毛剤の使い方

パッケージを確認する鎌田さん

ここからは育毛剤の使い方について解説します。

基本的な使い方

育毛剤の一般的な使い方は、次の通りです。

1.シャンプー後に頭髪を軽く拭き、余分な水分を取り除く
2.頭皮に育毛剤を塗布して、指の腹を使いなじませる
3.気になる箇所を中心に頭髪全体に繰り返す
4.塗布し終わったら、指の腹を使って頭皮をマッサージする

ポイントは最後の頭皮マッサージです。頭皮マッサージを行うことで、頭皮を柔らかくして血の巡りをよくし、育毛剤の成分を頭皮に届きやすくします。

なお、ジェット式のスプレータイプであれば、頭皮に直接噴射することで頭皮に刺激を与えてくれます。

この場合でも、噴射してから薬剤をしっかりなじませて最後に頭皮マッサージを行いましょう。

使うタイミング

育毛剤は1日2回の使用が推奨されていて、使うタイミングは朝のヘアセットと夜の入浴後がおすすめです。

シャンプー後に使うことで、汚れや余分な皮脂が少ない頭皮に育毛成分を塗布でき、より効率よく成分を浸透させることができます。

また、朝のヘアセットの際に使用することで、髪にハリやコシを与えて、艶とボリューム感のあるヘアスタイルに仕上げることも可能です。

使用上の注意点【用法と用量を守って】

製品ごとの使い方は、パッケージや本体のボトルに記載されていることが多いので、使用前によくチェックしましょう。

育毛剤に配合される有効成分は、発毛剤と比べて副作用の可能性が低いとされていますが、リスクがゼロではありません。より生やそう!と過剰に塗布すると、かえって頭皮のトラブルを招きます。

また、女性特有の年齢や毎月のホルモンバランスのゆらぎによっては、一時的に肌が敏感になり、使用しているうちにかゆみや赤み、発疹が発生することもあります。

使っていて異常を感じたら、すぐに使用を中止して専門機関への相談や診察を検討しましょう。

育毛剤の購入方法

医薬品成分が含まれた発毛剤と異なり、薬剤師の確認不要で、いつでも購入できるのは育毛剤の便利な点です。

育毛剤はドラッグストアやAmazon、各メーカーのネットショップで購入できます。

ドラッグストアで扱われているような市販の製品は、取扱店舗によって価格差があり、ポイント特典も考慮するとお得に購入できる店舗があります。価格.comや楽天市場の商品価格ナビを使うと、最安値を検索できて便利ですよ。

女性用育毛剤は症状の進行を防ぐために使うもの

鎌田妹さんとのオンラインインタビュー風景

今回は髪の悩み専門家である毛髪診断士の鎌田妹さんに、女性用育毛剤について基本情報と選び方をオンラインで監修してもらいました。髪の毛の元気がなくなってきたら、脱毛や薄毛へ進行する前に有効成分が配合された育毛剤による髪の悩みケアを始めましょう。

早めにケアを始めることで壮年性脱毛症の発症を遅らせたり、進行を予防することができます。今回紹介した情報を参考に、ご自分の頭髪の状態に合わせた育毛剤を選んでください。

育毛剤は細毛や軟毛を感じ始めた薄毛予備軍の人が、これ以上の症状進行を防ぐために使用する商品です。

脱毛が進んでいるなら発毛剤や女性向けAGAクリニックでの治療といった、ステップアップを検討してみてくださいね。

マーケター/ライター
matsumura
インテリア会社や駅ナカ商業施設のマーケティングを経験後、5年間シンガポールで現地メディアの編集に従事。日本へ帰国してからはフリーランスのマーケター&ライターとして活動しながら、事業会社での経験を活かしモノ系取材記事を中心に執筆中。趣味は旅行で、海外22カ国53都市を訪れ、国内も離島や僻地を中心に巡っています。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!