HOME

>

グッズ

>

【最新版】おすすめの譜面台12選 使いやすいおしゃれな人気メーカー商品も!

【最新版】おすすめの譜面台12選 使いやすいおしゃれな人気メーカー商品も!

下嶋恵樹、田邉丈人
2021-01-12
2021-01-12

楽器を演奏する際に便利な譜面台。音楽好きなら、家にも一台置いておきたいものです。卓上タイプは場所を取らず、折りたためるタイプはみんなで集まって演奏するときにマイ譜面台を持っていけます。重厚感がある木製タイプなら、インテリアとしてもおしゃれです。

自分に最適な譜面台を選びたいですが、種類がたくさんあり値段も幅があるので何がいいのかわかりにくいですよね。今回は自分にピッタリな譜面台の種類や選び方、人気メーカーの特徴と保管方法についてご紹介します。ヤマハ・マンハセット・ウィットナーなど、使いやすいと評判のおすすめメーカー品も必見です!使い方にあった譜面台を選んで、演奏を存分に楽しみましょう。

譜面台を使うメリット。演奏の上達にも役立つ

譜面台は、読みやすい位置に楽譜を置いて演奏するための道具です。譜面を固定すると、正しい姿勢で演奏ができます。余計な力が入らないため、体が疲れにくく演奏に集中できることもメリットです。

値段は、新品で600円台から10万円台と幅広くあります。レンタルなら、3日間で1,100円台から借りることも可能です。安価とは言えないので、長期間使用したい場合は新品の購入をおすすめします。

重さは軽くて400グラムと持ち運びしやすいものから、6キロ程あり安定感抜群なものまでと多彩ですが、シチュエーションによって使い勝手は変わります。

譜面台の種類

譜面台には、大きくわけて4種類があります。

折りたたみ式 持ち運んで使いたい方におすすめ

折りたたみできる譜面台です。自分用として買うなら、最も一般的な譜面台のタイプ。重さは400グラムから1キロくらいと、軽いので持ち運びに便利です。素材は軽いアルミ製と、やや重いスチール製があります。

譜面台自体が軽いので、運びやすいですが安定性に欠けます。重い楽譜をのせたり、子供やペットがぶつかったりして倒れる心配があるので、扱いにくさを感じることも。安定性をつけるなら、譜面台用のウェイトホルダーを使うといった工夫が必要です。持ち運びしない方は、安定性抜群な据え置き式の譜面台をおすすめします。

据え置き式 部屋の中で練習したい方向け

据え置き式は重量があり、倒れにくく安定性に優れた譜面台です。2キログラムから3キログラムくらいのものが一般的。安定感があるため、ページ数のある重い楽譜を置くのに便利です。小物置きを付けたり直接譜面へ書き込んだりするときも、ぐらつきません。素材にはアルミ・スチール・木製が多く使われ、おしゃれなデザインもあります。練習中に譜面が落ちないように、ページストッパーが付いているタイプもあります。

重くてコンパクトにたためないため、持ち運びには適しません。部屋の中で集中して練習したい方に、おすすめです。

クランプ式 譜面台のスペースを取りたくない方におすすめ

クランプ式は脚がない楽譜を置く部分だけのタイプで、机やマイクスタンドに挟んで取り付けられます。素材はアルミやスチール製があり、500グラムから1キログラムと軽く持ち運びに便利です。中には角度を自由に調節したり、前後に動かせたりするタイプもあります。コンパクトなのでバッグにしまいやすく、使うときも場所を取りません

ただし譜面台を付けるところがないと使いにくい点がデメリットです。台のあるピアノやキーボード、机を使うハンドベルや床で演奏をする琴のような楽器。机自体を置くスペースがある場所で演奏する方に向いています。マイクを使うボーカリストにもおすすめです。演奏に使うだけはなく楽譜を見て勉強したり、パソコンで曲を編集したりするときも重宝します。

iPad用 タブレット上の楽譜を見て演奏したい方におすすめ

iPadに譜面を表示させて演奏したい方に、おすすめのタイプです。普通の譜面台にiPadを置くと、きっちり固定されないので安定感がありません。最悪、演奏中に落ちてしまうことも。iPad用の譜面台なら、がたつきなく固定できるので、演奏に集中できます。

中にはマイクスタンドに取り付けて使えるタイプや、高さ調節や左右に回転するタイプの商品もあります。ペダルを踏むとページがめくれる機能があるものなら、画面に手を触れずに演奏可能です。

譜面台の選び方

譜面台を選ぶ際には、重さや楽譜のメモのしやすさ、機能と値段もチェックしましょう。自分にピッタリあうものを選んでください。

家で使うなら安定感、外で使うなら軽くて持ち運びやすいもの

持ち運びせず家で使うだけなら、厚い楽譜も支えられる据え置き式がおすすめです。譜面台と脚の部分を取り外して別々に分けられるタイプなら、コンパクトに収納できます。

吹奏楽やバンドのように集まって練習する機会が多く、外にも譜面台を持ちだす人は折りたたみ式がおすすめです。アルミ製なら400グラムくらいのものもあり、より軽くて持ち運びやすいです。軽い折りたたみ式の譜面台でも安定性に優れ、倒れたり傾いたりしないタイプもあります。購入時には、必ず安定性に関する情報や口コミに注目しましょう。

譜面に書き込みをするなら、穴がないタイプが便利

譜面にメモをする人は、書き込みやすい譜面台を選びましょう。譜面台を使いながらメモをするとき、楽譜を広げる天板がない骨組みだけのタイプだと、楽譜に字が書きにくく使いづらいです。天板があっても穴開きデザインだと、鉛筆が落ち込みうまく書けません。いろいろと書き込みたい方は、天板があるタイプかつ、穴が開いていない譜面台を選んでください。

長い譜面を使う方は、横幅タイプがおすすめ

吹奏楽やクラシック曲のように、数ページにわたる長い楽譜を使う方は横長タイプの譜面台がおすすめです。天板の長さを調節できるものや、アルミ製の軽いタイプもあります。

使いたい傾きに調節できるものを選ぶ

演奏する楽器の種類によって、譜面台の傾き具合は異なります。譜面台によって傾けられる角度が違うので、倒して使いたい方は確認が必要です。特に指揮や打楽器の演奏をする方は、90度に倒せる譜面台をおすすめします。楽譜を置く天板の裏側に、収納スペースがあるものもありますよ。

高さ調節機能は、自分の身長にあわせて選ぶのがポイント

譜面台は、高さを調整できるものを選びましょう。立って演奏するか、座って演奏するかで、ベストな譜面台の高さは異なります。譜面台が短かすぎて自分の身長にあわないと、正しい姿勢を取れず演奏に支障が出る場合も。身長が高い方は、最大の高さを確認してください。

高さを調節するねじは、プラスチック・樹脂・金属製があります。できれば壊れにくい、金属製のねじがおすすめです。ねじが閉まらなくなることもあるため、ツマミ部分の形状も購入する際に確認してください。ネジ式や指の形にあわせたタイプは、回しやすくて使い勝手がいいです。

ねじが使われていない譜面台もあります。押したり引っ張ったりしてサイズを変更する、プッシュ式。足で踏むと高さが変わるフットペダル式は、簡単に高さ調節ができて便利です。

価格で選ぶ。乗せるものが軽ければ、600円台のものも

折りたたみ式の譜面台は、安くて600円台からあります。ただし1,000円以下の譜面台は骨組みだけの作りになるため、重い楽譜を乗せたりメモをしたりすると倒れやすいです。折りたたみ式でも値段が千円以上の有名メーカー品なら、安定感があるものもあります。値段だけでなく、何を乗せてどう使うかで選びましょう。

折りたたみ式より安定感のある据え置きタイプの譜面台は、安くても3,000円以上します。木製やカラフルなデザインもあり、おしゃれな譜面台を選べば家のインテリアにも。プロだけでなく、趣味で楽器演奏を行う方にもおすすめです。

100円ショップで材料を探して、譜面台の代用品が自作できます。人気の材料は読書台、タブレット台やプラスチック板です。譜面台は演奏に欠かせないものなので、自作をすると買うより愛着がわくかもしれません。

譜面台の人気メーカー

譜面台の人気メーカーを7社ご紹介します。ぜひ譜面台選びの参考にしてください。

ヤマハ

世界最大の総合楽器メーカーです。軽くて安定感のある折りたたみ式譜面台が評判。値段は折りたたみ式で3,000円台と少し高めですが、壊れにくく重い楽譜を乗せても譜面台が下がってくる心配がありません。長期間使用するのに最適です。メトロノーム付きの譜面台セットも販売しています。

マンハセット

1935年に創業したアメリカの譜面台メーカー、長持ちで耐久性に優れた譜面台を製作しています。高さ調節部分にねじを使用しない、片手で調節できる設計が特長的です。ねじを紛失して使えなくなる心配がありません。ドラム奏者用に作られたドラマースタンドなど、個性的な商品もあります。

キクタニ

1948年創業の日本メーカーです。安くて軽い譜面台が人気を集めています。マイクスタンドに取り付け可能なタイプや、高級感のある木製の譜面台もあり、デザインにこだわりたい方におすすめです。

kc(キョーリツ)

1979年に設立した日本の音楽機器メーカー。折りたたみ式譜面台の種類が豊富です。楽譜を置く天板に穴がなくて書き込みに便利な、オーケストラタイプも販売しています。比較的値段が高くなりやすい据え置きタイプは、3,000円台と安めな値段ながら厚めの楽譜も置ける安定感があります。

ウイットナー

1895年創業の、メトロノームの生産で有名なドイツのメーカーです。シンプルで耐久性に優れた折り畳み式譜面台は、世界的にも有名なベストセラー商品。学校・音楽スクールの演奏で使われています。アルミよりも重いスチール製で重さ1.0kgのため、安定性は抜群です。

ハーキュレス

アメリカで1930年に創業した、世界最大の楽器メーカーです。組み立て簡単で、軽くて耐久性に優れた譜面台だと人気です。折りたたみ式譜面台は1.28キログラムと重量があり、屋外での使用に適していてます。風の強い日にも安心です。

オオハシ産業

1969年創業の音楽周辺機器やアクセサリーを製造・販売している日本のメーカー。コンパクトで頑丈な折りたたみ式の譜面台が人気です。「10年間使えた」「すごく軽いのに、安定した」と演奏者から支持されています。

使いやすい、おしゃれなおすすめの譜面台12選!

Amazonや楽天などECサイトでも購入できる、おすすめの譜面台をご紹介します。どれも人気の高いおしゃれで使いやすいと評判の譜面台です。折りたたみ卓上タイプ、据え置き式といった形状や値段に注目して、自分の使い方にあうピッタリな1台を選んでください。

おすすめ①
  • ロックジャム(Rockjam)
  • 譜面台 スチール製 G905

  • 税込み1,980円
  • 安定感抜群の丈夫な作り!学校からオーケストラまで大活躍

  • 頑丈なスチール製で、軽い譜面から教則本まで受け止める天板です。高さ調節ができ、座り・立ちスタイルどちらの演奏にも対応します。

天板のサイズは横47.5cmx縦34.5cmあり、A4サイズの教則本を開いて置いてもゆとりがあります。日本製・海外製の楽譜も問題なく置けるサイズです。角度調節も握りやすいツマミ付きの、手軽に変更できる設計。演奏中に角度を調節したいときも、素早く変えられます。

高さ調節は座っても立っても対応可能な、94cm〜142cmです。譜面押さえも付属し、ページを開いたまま固定できます。三脚の床設置面には、ゴム製の滑り止めが施されています。脚は折りたたみ式で天板も取り外せるため、移動時はコンパクトになります。自宅・学校・演奏会場にもおすすめの1台です。

おすすめ②
  • キクタニミュージック
  • スチール製譜面台 MS-30

  • 税込み1,200円
  • コンパクトにたたみやすい設計!どこへでも携帯OK

  • 折りたためば全長53cmになるコンパクト設計で、持ち運びに便利なキャリングバッグが付属します。移動して演奏することが多い方におすすめです。

ねじれに強いスチール製で、約1kgの重さがあります。丈夫で持ち運びやすいサイズと重さの譜面台。パーツが抜け落ちない構造で、組み立てや収納時もストレスなく作業できます。収納バッグは、太い1840デニール糸を使ったナイロン生地を採用しています。撥水性があり、外出先で雨に降られても安心です。

高さ・天板角度・足の開き具合といった各調節部は、すべてネジ式です。天板部分は指の形にあわせたツマミのため、微調整しやすく快適な使い心地。高さは46cm~112cmの範囲で調節でき、楽器を問わず使えます。譜面押さえはバネ式を導入し、開いたページの固定とページめくりが楽々行えます。

おすすめ③
  • ヤマハ(YAMAHA)
  • 譜面台 MS-303ALS

  • 税込み5,200円
  • 簡単に角度調節できるプッシュ式!最大60度まで対応

  • プッシュボタンを押して天板の角度調節が行えます。ネジ式と違い、きつくしめすぎて困ることはありません。個人だけでなく、学校や仲間同士での共用にも向いています。

天板角度は立って演奏するパーカッションの方も見やすい、60度まで調節可能です。ページストッパーが付属しているので、角度を変えるときも譜面をずれ落ちにくくできます。本体はアルミ製で、重さ600gと軽量タイプ。仕上げにアルマイトメッキを施しているため、上質感があります。

ブラスバンドのようにパート練習の場所移動が多い場合は、楽器運搬だけでもひと苦労。せめて譜面台だけでも、軽い物を選びましょう。軽くてコンパクトな譜面台なら、毎回の練習がストレスなく行えます。持ち運びに便利なソフトケースも付属しています。

おすすめ④
  • Manhasset(マンハセット)
  • シンフォニーモデル譜面台 M48

  • 税込み9,350円
  • 上質で抜群な耐久性!品質最優先の大人気商品

  • 重さ2.4kgの据え置きタイプ。タフな耐久性で演奏家からも定評のある品質です。Amazonでも2,500以上の評価を集め、星5つを得ています。

マンハセット譜面台のスタンダードモデル。本体には補強したアルミニウムを使い、耐久性に優れています。マットな質感の表面にはブラック・パウダーコーティング仕上げを施し、傷が付きにくい仕上がりです。高さは77cmから143cmまでの範囲で調節可能。ネジでもプッシュ式でもない、独自のマジック・フィンガー・クラッチをスタンド内部に搭載しています。演奏しやすい位置で止めるだけで調節終了です。

低めの三脚は安定性抜群です。少し触れたくらいではガタ付かず、転倒する恐れもありません。天板には穴がないため、メモをするときも書きやすい商品です。

おすすめ⑤
  • WITTNER(ウィットナー)
  • MUSIC STAND 961D

  • 税込み3,613円
  • 20年以上使える、抜群の安定感&耐久性

  • アクセサリーメーカーとして創業した、ドイツの老舗メーカー製。使いやすさと耐久性には定評があり、Amazonの口コミでは40年愛用している方もいます。

アクセサリー製作で培った技術とデザイン力が活かされた、精度の高い譜面台です。耐久性に優れたスチールを使い、三脚は風が吹く屋外でも倒れにくい安定感があります。重さ約1kgで、折りたためば36cmx8cmx6cmとコンパクトになり持ち運びも可能です。

骨組みの上部には長さ14cmの延長棒があり、広げればA3サイズの譜面にも対応します。中央にはしゃれたメーカーロゴがあしらわれ、デザインも素敵です。必要に応じて磁石も使用でき、小物収納を取り付けることも。気品を感じさせる優秀な譜面台で、所有感を楽しみましょう。

おすすめ⑥
  • KC(ケーシー)
  • 軽量アルミ製譜面台 MSAL-J

  • 税込み2,400円
  • 重さ700gの軽量モデル!ソフトケース付属で持ち運び簡単

  • 59cmのサイズへコンパクトに折りたためる設計です。付属の専用ソフトケースはショルダー式のため、簡単に持ち運びができます。

高さは77cmから147cmまでと幅広く対応するため、身長を気にせず使えます。角度調節も90度まで倒れる設計で、楽器も限定されません。これから何の楽器を担当するか決まっていない、伸び盛りの学生も安心して選べる商品。楽譜のページめくれを防止するストッパー付きなので、屋外演奏の多い吹奏楽にぴったりです。

天板の角度調節は、ボタン操作のプッシュ式です。手がかじかんでいても楽々調節できます。軽量・高さと角度範囲・プッシュ式、ブラスバンド部で活躍する学生におすすめしたい逸品です。

おすすめ⑦
  • HERCULES(ハーキュレス)
  • 譜面台 BS050B

  • 税込み1,900円
  • 野外で活躍!風に負けない安定感抜群の高コスパ品

  • 2,000円前後で購入できる値段ながら、安定性と耐久性で高評価を得ている商品です。風の影響を受ける野外での使用にも耐えられます。

1.28kgの重さに加え、直径31cmに開く三脚の内側に支えがある構造のため踏ん張りが効きます。風が吹く屋外や演奏者の多いシーンで体が接触しても、倒れにくくストレスがありません。万が一倒れても、支柱部分は太めで変形しにくい作りです。天板の広さは41cmx23.5cmと、十分なスペースを確保しています。中央には角度が変えられる延長棒も。まっすぐ左右へ延ばせば、折りたたみ式の譜面も広げて置けます。

高さは53cm~120cmに調節可能です。天板の中央には、HERCULESの刻印。三脚部分にはブランドカラーの黄色がアクセントとして施されています。見た目もおしゃれな譜面台です。

おすすめ⑧
  • K&M(ケーニッヒ&マイヤー)
  • 高級木製譜面台

  • 税込み24,800円
  • 部屋の雰囲気が変わるデザイン性にも注目!

  • 譜面台のトップブランド、ケーニッヒ&マイヤーの自信作です。木製素材を使った高級感ただよう質感とデザイン性。快適な音楽ライフに最適です。

ぬくもりのあるウォールナットカラーに、安定感抜群のおしゃれな四つ脚を備えています。重さは2.9kgあり、じゅうたん敷きの部屋でも揺らぎません。複数の楽譜や教則本を1度に乗せても支障なく、安心して演奏を楽しめます。

71.5cm~122.5cmの範囲で調節可能なネジ部分も木製で統一され、細部まで丁寧に仕上げています。ECサイトの口コミでは「大満足!」の声が見受けられます。和室・洋室どちらにも似合う商品、長く愛用したい方におすすめです。

おすすめ⑨
  • ARIA(アリア)
  • 譜面台 AMS-30DT

  • 税込み1,213円
  • 和楽器にもおすすめ!卓上タイプの譜面台

  • 脚部分のない、卓上タイプの譜面台です。机の上に楽譜を広げてギター練習するときや、琴・しの笛・三味線といった正座で演奏する和楽器に向いています。

スタンドタイプの譜面台を置くスペースがない方や、自宅での練習用として使うときに重宝します。コンパクトなので机やテーブルの上にサッと広げ、楽譜をセット。気軽に練習でき、楽器に触れる時間が増えます。脚がない分、練習後の片付けも時間がかかりません。

練習をしない日も、ブックスタンドとして使用できます。暗譜したい楽譜を、常に立てかけておくのもおすすめです。天板の大きさは横44cm×縦21.5cm、重さは450gになります。

おすすめ⑩
  • CAHAYA
  • デスクトップスタンド

  • 税込み1,680円
  • 多彩に活躍!かわいい音符模様が人気

  • 天板にドットの音符模様を施した愛らしい譜面台です。楽譜以外にキッチンでレシピ本、テーブルの上でスマホやタブレト置きとしても使えます。

楽譜を置くスペースは深さ5cmで、天板は横42cm×縦31cmの大きさです。雑誌やタブレットもスムーズに置け、活躍の場が多彩です。50~90度まで傾けられる点も、見やすいとよろこばれています。卓上タイプのため、置き場所を選ばないのもおすすめポイントです。

重さは1.4kgで移動時に負担はありません。譜面押さえはバネ式で、ページをめくりやすい作りです。押さえ自体が細く、音符が隠れないので視認性に優れています。鍵盤ハーモニカの練習をする子供にもおすすめです。スマホとタブレットを並べて置いてもゆとりのある、テレワークでも活躍する1台です。

おすすめ⑪
  • Fotopro(フォトプロ)
  • タブレットホルダー&クランプアームキット MS-61

  • 税込み4,373円
  • タブレットで楽譜表示する方におすすめのクランプ式!

  • タブレットを使って楽譜を見る場合落下が心配ですが、上下2箇所で挟むホルダーのため安心です。クランプもすべり止め付きなので、ずり落ちも回避できます。

最近はタブレットで楽譜を見る方も増えています。大量の楽譜をダウンロードしても、かさばらないのがいいところ。ページめくりも簡単です。新しい演奏スタイルに挑戦したい、ダブレットの譜面を検討している方におすすめします。

ホルダーとクランプの固定部分には、シリコン素材を採用しています。タブレットも支える机やマイクスタンドにも、傷が付きにくい作りです。デジタルイメージングの総合アワード、デジタルカメラグランプリ2021スマートフォン用フォトアクセサリー金賞を受賞しています。上質さと機能性に定評がある商品です。

おすすめ⑫
  • オオハシ産業(OHASHI INDUSTRY)
  • ミュージックスタンド AS-18F

  • 税込み18,800円
  • プロの演奏者に最適な、穴なし安定タイプ

  • 重さが5.7kgあり、抜群の安定感を誇ります。「丈夫で長持ちする」と評判の高い、オオハシ産業が手掛けている譜面台です。プロ向けとして製作されました。

鉄製の支柱と天板に、アルミ脚の構造です。がっしりと頑強で、重い楽譜を乗せても問題なく使えます。天板は穴なしのため、指揮者に言われたことをメモするときに大活躍。強く書いても譜面が落ち込まず快適です。鉛筆は下部分にあるラックへ置いておけます。クラリネットやサックスで使うリードの収納としても最適です。

高さ調節には、グリップロックシステムを採用。ネジ式ではないため調節が簡単です。ブラックの塗装とクロームメッキの光沢は品がよく、オーケストラの演奏シーンに似合います。

譜面台を片づける際は、ネジを緩く締める 

譜面台の故障の大きな原因は、ネジをなくして調節できなくなってしまうこと。譜面台には「傾きを調節する部分」「高さを調節する部分」「足の開きを調節する部分」などにいネジが使われています。どれか一つでもネジが使えなくなると、高さや向きの調節ができなくなり、快適に使えなくなりますよ。

どのタイプの譜面台でも、折りたたんだり小さくしたりして片づける際は、緩めにネジを締めておきましょう。ネジをきちんと締めずに片付けると、ネジがどこかになくしてしまう可能性があります。さらに、ネジが締まっていないと、あらためて使う際に手や指を挟んで怪我をしたり、楽器の方に倒れてきたりする恐れも。きちんと大切に使えば、一台の譜面台をずっと愛用できます。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!