HOME

>

グッズ

>

WACOMS浄水器の仕組みを徹底解剖!クリアな水が生まれる秘密とは?

WACOMS浄水器の仕組みを徹底解剖!クリアな水が生まれる秘密とは?

Moovoo編集部 Sponsored by フォレストホームサービス
2020-11-20
2020-11-27

高い浄水性能が話題のWACOMSの浄水器ですが、その仕組みは一体どうなっているのでしょうか?

今回は、据え置き型の『WACOMS TRUST』とセントラル型の『WACOMS NANO』、それぞれの仕組みを徹底解剖していきます。フィルターの性能や除去物質などについてもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

Amazonセール速報

  • アイロボット(IRobot)
  • ルンバ 692 ロボット掃除機

  • セール特価
  • ブラックフライデー開催中!大幅値下げに

  • Wi-Fiに対応し、専用アプリやスマートスピーカー操作が可能。最長90分稼働し、自動で充電ステーションへ。壁際やカーペットのゴミもかき出して、吸い取ってくれます。

浄水器が水をキレイにする仕組みとは?

グラスに注がれる水

家庭用浄水器の基本的な仕組みは、実はどんなタイプでも大きく変わりません。

配水管を通ってきた水道水が活性炭や逆浸透膜などのフィルターでろ過され、残留塩素や不純物を除去するという仕組みです。

日本の浄水場は安全性が高いですが、殺菌消毒に使われた塩素や配水管に溜まった不純物が混入している恐れがあります。それを「浄水器」で取り除くことが可能となります

では、基本的な仕組みは変わらないのに、なぜ浄水性能に差が出るのでしょうか?

それは、浄水器自体は単純な仕組みでも、様々な要因で除去できる物質や安全性に違いが生まれるからです。フィルターに使われるろ材の種類、浄水器の形状や素材、一度にフィルターを通過する水の量など…

浄水器の高度な浄水性能は、メーカー独自の研究開発の結果によって生み出されているといえるでしょう。

WACOMS WATER SYSTEMとは

WACOMS TRUSTが置いてあるキッチン

WACOMS WATER SYSTEMとは、最新テクノロジーで開発された2つの浄水システムのことです。不純物の除去能力が極めて高いことで話題となり、特に家族の健康を大事にする方や美容を意識している女性から強く支持されています。

据え置き型の『WACOMS TRUST』は、独自の逆浸透膜(RO)フィルターを採用し、家庭用浄水器では困難とされていた亜硝酸態窒素の除去99%以上を可能としました。

セントラル型の『WACOMS NANO』は、屋外に設置することで元栓から不純物を除去し、家中にクリーンな水を届けてくれます。

何より浄水性能に強いこだわりを持っているWACOMSは、高品質な家庭用浄水器として人気を集めているんです。

据え置き型浄水器『WACOMS TRUST』の仕組みを徹底解剖!

ここからは、2つの浄水器の仕組みについてそれぞれ詳しく解説していきます。

Pick Up!
  • 株式会社フォレストホームサービス
  • WACOMS TRUST

  • 安心で美味しい水を気軽に飲める据え置き型

  • [本体サイズ]約幅251mm×奥行193mm×高さ411mm
    [貯水タンク容量]3.0L
    [造水量]約11.5L/時
    [消費電力]約18W(ACアダプタ使用時)

「安心で美味しい水」を追求して開発された、コンパクトな据え置き型浄水器。独自の逆浸透膜が不純物を極限までろ過し、クリアな天然ミネラルウォーターに変えてくれます。

4種類の高性能フィルターを採用

WACOMS TRUSTの浄水システムの解説GIF

WACOMS TRUSTの浄水システムを支えているのは、4種類のフィルターです。

STEP1. プレカーボンフィルター(特殊活性炭ろ過)
NASA(アメリカ航空宇宙局)認定特殊活性炭を採用した前処理フィルター。FDA(※1)とNSF(※2)の基準に基づき、逆浸透膜方式に対応するよう独自設計。

STEP2. セディメントフィルター(微粒子ろ過)
5ミクロンのフィルターによって微粒子を取り除く。FDAとNSFの基準に基づき、逆浸透膜方式に対応するよう独自設計。

STEP3. メンブレンフィルター(逆浸透膜)
0.0001ミクロンの孔(あな)をほぼ均一に配置した独自の逆浸透膜フィルター。ウィルスの約200〜400分の1、バクテリアの約2,000〜10,000分の1という超微細な孔が非常に高い除去能力を発揮する。

STEP4. ミネマリンフィルター(特殊活性炭+ミネラル添加)
厚生労働省の食品添加物規格に適合した天然サンゴを使用したフィルター。クリアになった水にミネラルを添加し、天然ミネラルウォーターを作る。

役目の異なる3種類のフィルターを通過した水道水からは残留塩素やウイルスなどの有害物質が除去され、4本目のフィルターによってクリアなミネラル水へと生まれ変わるという仕組みです。

※1 アメリカ食品医薬品局。食品などの取り締まりを行うアメリカの政府機関 
※2 米国民間水道水関連部材認定機関。世界的に権威のある第三者機関で、水や食品などの公衆衛生に関する安全性の確保のため活動している

除去できる物質は・・・有害物質99%除去!

WACOMS TRUSTは、残留塩素細菌、バクテリア、濁りの原因となる微粒子トリハロメタンに代表される有機化合物など様々な不純物の除去が可能です。

なかでも近年注目が高まっている有害物質、亜硝酸態窒素が除去できる点は大きなポイントでしょう。

亜硝酸態窒素の危険とは?
化学肥料や防腐剤などに使用されている物質で、生活排水や河川などに含まれる。摂取することでメトヘモグロビン血症を発症させる可能性や、体内の食品と化合して発がん物質であるニトロソアミンを生成する可能性などが取りざたされている。
亜硝酸態窒素の除去を証明のイメージ図

出典:WACOMS提供画像

亜硝酸態窒素について、近年の知見からきわめて低い濃度でも健康に影響があることがわかってきました。<中略>亜硝酸態窒素は単独できわめて低い評価値を定めることが適当とされました。

出典:平成26年4月1日より水質基準項目に亜硝酸態窒素が追加されます | 一般財団法人 東京顕微鏡院

2014年4月に改訂された水質基準項目では、亜硝酸態窒素に対して個別に厳しい基準値が設定されたことでも話題になりました。

亜硝酸態窒素の大きさに関するイメージ図

出典:WACOMS提供画像

メンブレンフィルターにあいている孔は、超微細なことに加え、一般的な逆浸透膜フィルターに比べて孔のバラつきがほとんどありません。0.0001ミクロンの孔が限りなく均等に並んでいるため、亜硝酸態窒素をはじめとする様々な有害物質を逃さず除去することができるという仕組みです。

これによりWACOMS TRUSTは、今まで家庭用浄水器では除去が難しいとされてきた亜硝酸態窒素に対し99%の除去を証明したのです。

清潔に使い続けられる自動洗浄機能搭載

WACOMS TRUSTのオートフラッシング機能解説図

WACOMS TRUSTには、オートフラッシングという逆浸透膜フィルターの自動洗浄機能が搭載されています。フラッシング洗浄により表面を洗い流し、廃棄水とともに不純物も浄水器の外へ排出される仕組みです。このためフィルターが目詰まりしにくく、衛生的に長く使うことができます。

また、浄水性能を維持するためには定期的なフィルター交換が必要ですが、面倒な場合には別途料金で専門スタッフに交換をお願いすることも可能です。交換時期になると連絡がきて自宅に交換用フィルターを配送してくれる「フィルター交換お知らせサービス」も実施しているため、交換忘れもなく安心して使い続けることができ便利です。

セントラル型浄水器『WACOMS NANO』の仕組みを徹底解剖!

続いて、WACOMS NANOの仕組みについて詳しく解説していきます。

Pick Up!
  • 株式会社フォレストホームサービス
  • WACOMS NANO

  • 家中全ての水をキレイに、暮らしに安心を。

  • [本体サイズ]約直径170mm(接続バンド最大部210mm)×高さ 433mm
    [ろ過流量]15L/分(実行瞬間ろ過流量38L/分)

屋外に設置することで、家中の蛇口から出る水をクリアにする、ハイクオリティなセントラル型浄水器。飲み水に加えて肌や髪にも浄水を使うことで、美しさや健康のサポートをしてくれます。

1本の多機能フィルターを採用

『WACOMS NANO』の浄水能力解説GIF

WACOMS NANOに搭載されている1本のフィルターは、異なる働きをする3層で構成されています。

STEP1. 不織布フィルター
30ミクロン以上の不純物や鉄分からなる赤水、凝集沈殿剤などの薬品を除去する役目。

STEP2. 高性能圧縮固形活性炭浄水フィルター
トリハロメタンなどの有害物質や塩素、濁りを吸着する役目。

STEP3. オリジナル中空糸膜100ナノフィルター(ハイブリッドのみ)
ナノメートル単位の微細な細菌やウイルス、塩素の消毒に耐性のある原虫類などを除去する役目。

配水管を通ってきた水道水は、屋外に設置してあるWACOMS NANOの内部でSTEP.1~STEP.3を通過し、クリアな水になって屋内に届けられるという仕組みです。

フィルターには活性炭フィルター・ハイブリッドフィルター・井戸水用フィルターの3種があり使用状況によって選ぶことも可能です。

除去できる不純物は...?気になる残留塩素を除去!

WACOMS NANO本体とエントランス

WACOMS NANOでは、残留塩素濁り、赤水、トリハロメタンなどの有害物質、ナノ単位の細菌やウイルス(※3)などの除去が可能です。特に注目なのが、水道法で定められている濃度を守りながら極限まで残留塩素を除去してくれる点です。

実は水道水に含まれる塩素にはたんぱく質を分解する働きがあるため、肌や髪ダメージの要因となってしまう恐れがあることはご存じでしょうか?

WACOMS NANOならお風呂や洗面所でも残留塩素を取り除いた浄水が使えるようになるので、肌や髪にも良い効果が期待できるでしょう。

また、近年話題になっているトリハロメタンもまた、残留塩素が原因で生成される有毒物質です。

トリハロメタンの危険とは?
水道水の消毒のために使われる塩素と水中の有機物が反応して生成される。発がんの恐れがあるとされ、危険性が謳われている。
水質基準の健康に関する項目で、総トリハロメタンの水質基準値は0.1mg/L以下と定められています。<中略>千葉県営水道では、おいしい水づくりに関する水質目標として、給水栓で総トリハロメタン濃度を0.03mg/L以下と基準値よりさらに厳しい独自の目標を設定しています。

出典:その17トリハロメタンが心配なんだけど・・・?(パート1)/千葉県

水道法の水質基準により総トリハロメタン濃度(※4)が定められていますが、実のところこのように都道府県によって危機意識が異なるのが現状です。

WACOMSではトリハロメタンの危険性を重要視しているため、除去可能な物質として明確に名前を挙げているんです。

※3 ハイブリットフィルター(中空糸膜)の場合
※4 クロロホルム・ジブロモクロロメタン・ブロモジクロロメタン・ブロモホルムの4種のトリハロメタンの濃度

安心安全に使い続けられる高品質ステンレスボディ

WACOMS NANOの本体画像

本体が屋外に設置される特性上、WACOMS NANOのボディには耐久性が高い国産の高級ステンレスが採用されています。

性能を保つために定期的なフィルター交換が必要ですが、WACOMS TRUSTと同様にお知らせサービスや交換サービスも提供されているので安心です。交換目安も1.5年に1回(※5)と頻度は少なく、手間なく安全に使い続けることができます。

※5 使用料や使用状況により異なる

浄水器の水は水道水よりきれいなの?

水道水ができるしくみイメージ図

普段使用している水道水は、浄水場を通過した後、配水所から配水管を通って蛇口へ届けられています。ということは、自家用の井戸水などを使用していない限りは必ず浄水場で不純物の除去と殺菌処理をされることになるのです。

日本には厚生労働省が定めた水道法があるので、水質の基準値についてもしっかり定められています。


では安全できれいな水なら、なぜ最近浄水器をつけている家庭が多いのでしょうか?

理由として最もよく挙げられるのが、水道水のカルキ臭です。水道水の殺菌に使われる塩素には独特のカルキ臭や雑味があるため、そのまま飲んだり料理に使うのに抵抗があるという方はとても多いんです。

また、浄水場でしっかりろ過されたとしても、配水管や集合住宅の配水タンクなどで不純物が入り込んでしまう可能性もなくはありません。さらに、塩素濃度や総トリハロメタン濃度などは規定値以下であれば問題ないため、厳密にいうとお住まいの都道府県によって少しずつ水質は異なるのです。

多くの家庭で浄水器を設置するのは、いつでも美味しいお水が飲みたいというこだわりと、安全面から設置した方が安心できると考える方が多いからなんですね。

一般的な浄水器の仕組みと除去物質

床に転がった炭

冒頭でお伝えしたように、浄水器の基本的な仕組みは同じでも、どのようなろ材をフィルターに採用するかはメーカーによって異なります。

フィルターによって除去できる物質のレベルが変わるため、本体価格やカートリッジの価格にも影響します。参考までに、浄水器の定義を定めている消費者庁の公式情報から、一般的な浄水器のフィルターに使われているろ材の種類や除去物質についてまとめました。

浄水器に使われるろ材の種類
・活性炭
・織布
・不織布
・多孔質平膜
・中空糸膜
・逆浸透膜

脱臭剤などでもお馴染みの活性炭は、表面積が極めて大きく、無数の細かい孔が水中の微粒子を吸着するフィルターです。主に残留塩素やトリハロメタンの除去に効果を発揮します。

不織布は繊維を織らずに絡み合わせた布のことです。メインフィルターの前に使われるプレフィルターとして、ほとんどの浄水器に入っているフィルターです。赤さびなど大きめの不純物を除去することができます。

中空糸膜は、ストローのような空洞の繊維を束ねたものです。表面にはミクロンレベルの孔が無数にあいていて、雑菌や濁りなどの細かい不純物を吸着することができます。広く採用されているフィルターですが、目が細かすぎてろ過に時間がかかることがネックといわれます。

主な浄水器の除去物質
・遊離残留塩素
・濁り(水中浮遊微粒子等)
・揮発性有機化合物(クロロホルム・ブロモジクロロメタン・ジブロモクロロメタン・ブロモホルム・テトラクロロエチレン・トリクロロエチレン・総トリハロメタン)
・農薬(2-クロロ-4・6-ビスエチルアミノ-1・3・5-トリアジン)
・かび臭 (2-メチルイソボルネオール)
・重金属(溶解性鉛)

一口に水中の不純物といっても、原因や大きさも様々です。

浄水器の定義では「残留塩素を除去する機能を有するもの」と定められていますが、実はその他の物質については特に言及されていません。

なまじ安価なものを購入してしまうと、除去できる不純物が最低限で浄水性能に乏しかったり、フィルター性能が低く頻繁なカートリッジ交換が必要ということもあり得ます。

せっかく浄水器を取り付けるのであれば、フィルターのろ材や除去可能な物質までしっかりチェックして選ぶことをおすすめします!

WACOMSの浄水性能の秘密は最新技術にあった

宇宙空間に浮かぶ衛星

WACOMS TRUSTの開発元であるニューメディカ・テック株式会社は、宇宙航空研究開発機構JAXAと共同研究により「宇宙という閉鎖空間における生命維持技術の1つである水再生技術」という成果をあげました。
その技術を応用して作られたのが、WACOMS TRUST です。

また搭載されている独自の逆浸透膜技術が高く評価され、防衛省による受賞歴(※6)もあるほどです。

防衛省 家庭用小型浄水器 総合優勝の表彰状の画像

出典:WACOMS提供画像

WACOMSの確かな浄水性能は、信頼できる研究成果高度な先進技術を基盤に作られているんですね。

※6 WACOMS TRUSTの開発元が総合優勝。そこが持つ技術がTRUSTに搭載されている(受賞を受けた製品は旧ブランド)

WACOMSの浄水器は先進技術を利用した仕組みで作られていた!

WACOMSの2つの浄水器の仕組みや浄水性能についてご紹介しました。

浄水器の仕組みは目に見えるわけではないため、購入者にとって安全性や品質は懸念される部分かと思います。確かな品質を求めて選ぶのであれば、先進技術を活用したWACOMSの浄水器はおすすめできます。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!