Products

ポケットサイズの顕微鏡!スマホと繋げてマイクロ世界の冒険者になる「TinyScope CAM」

どこでも簡単にマイクロ世界を観察できる。ポケットサイズの顕微鏡「TinyScope CAM」ならば旅先にも持ち運び可能。さぁ、顕微鏡をポケットに入れて、冒険の旅に出かけよう!

「TinyScope CAM 高倍率x1,000超、小型高画質ポケット顕微鏡カメラ」プロジェクトは、そんなお手軽な顕微鏡開発に向けてクラウドファンディングを実施中!

ポケットサイズの顕微鏡

TinyScope CAMは、スマートフォンに接続して観察している映像や画像をリアルタイムで撮影できる顕微鏡カメラ製品だ。

驚きのサイズで重さはなんと立ったの65g!ポケットに入れていつでもどこでも顕微鏡のマイクロな世界を覗くことができる。

細かなところまではっきりと

小さなサイズだからといってなめてはいけない。その分解能は2μmで、拡大1000倍が可能!TinyScope CAMは「大きく見える」ことよりも「細部を識別する能力」を追求して新しく開発されている。

分解能2μmというのは、なんと、人の髪の毛の直径の20分の1まで識別できる程!TinyScope CAMに使われているソニー製の1/3.06型COMS イメージセンサーは総画素数1300万画素を実現している。

スマホと繋いでラクラク観察開始!

USBや無線でスマホと接続し、スマホの画面からマイクロな世界を堪能しよう。顕微鏡の明るさ調整やピントの調整はカメラが自動で行ってくれるから、ピント合わせなどに苦手意識を感じる人にもオススメだ!

TinyScope CAMを手に入れよう!

2018年からスタートしたこのプロジェクトは、今期が三世代目という目を見張るスピード感で開発が進んでいる。10月からクラウドファンディングサイトMakuakeをスタートし、2020年11月7日まで支援して購入できる。

iOSは無線使用で、iPhoneもiPadとも繋げられ、有線には非対応。支援して購入するときには、どれを選ぶかに注意が必要だ。
Android端末ならば、無線も有線も対応しているので、自分の好みにあった方を購入し、プロジェクトを支援しよう。

TinyScope CAMは11月から量産が開始し、12月には出荷が開始される予定だ。手元に届くのが待ちきれない。さぁ、TinyScope CAMをポケットに詰め込んで、マイクロ世界の冒険に出かけよう!

TinyScope CAM

TinyScope CAM

CREDIT
Videographer/Writer :Shinto
SNS :にしまり
Curator :yuusya

RECOMMEND

PAGE TOP