HOME

>

スタイル

>

エンジニアとして活躍したい人必見!必要なスキルや案件紹介サイトを紹介

エンジニアとして活躍したい人必見!必要なスキルや案件紹介サイトを紹介

記助
2020-10-09
2020-10-09

エンジニアという職種はビジネスシーンにおいて重要で、これからのIT社会には欠かせないスキルを身に付けている存在です。

一口にエンジニアといってもさまざまな種類があり、それぞれ求められる能力は異なります。

そこで今回は、そもそもエンジニアとはどういう仕事で、どのような職種がありスキルが必要なのかを解説していきます。

また、あわせてエンジニアとして活躍するために案件を探せるおすすめサイトについても紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

エンジニアの種類と仕事内容とは

システムエンジニア(SE)とは?仕事内容や年収、キャリアパスまで徹底解説のイメージ画像

まずは、エンジニアにはどのような種類があるか、仕事内容はどのようなものかを見ていきましょう。

システムエンジニア

システムエンジニアとは、システムを開発するにあたり顧客の要望を聞いたうえで提案をしたり設計をしたり、さらには開発やシステム構築後のテストまでに携わる仕事です。

システムエンジニアはSEといわれる職種で、IT社会が進んでいるビジネスシーンにおいて欠かせない存在といえます。

開発におけるすべての段階に関わる仕事となりますので、豊富な知識はもちろんさまざまな人とやり取りをするうえでのコミュニケーション能力も求められます。

プログラマー

プログラマーとはSEが作ったシステムの設計書をもとにプログラミングを実施して、機能を作り上げていく仕事です。

基本的にはあがってきた設計書通りにプログラミングを行いますが、場合によってはそれではシステムがきちんと動作しないことも少なくありません。

その際は、何が原因で正常に動作しないかを見つけることもプログラマーの役割となります。

小学校でもプログラミングが必修化されたこともあり、プログラマーという職種は注目度が高くなっています。

また、プログラミングスキルがあればアプリ開発ができることから、若者に人気がありプログラマーとして転職を希望する人も多いです。

WEBエンジニア

WEBエンジニアはアプリの開発や設計などとともに、セキュリティ対策を実施することが主な仕事内容です。

エンジニアといってもさまざまな職種がありますが、WEBエンジニアは専門性の高い知識を有していることが求められます。

IoTエンジニア

IoTエンジニアは、まさに現代において欠かせないIoT製品の開発に携わる職種です。今では多くの家電がインターネットに繋がっており、私たちの生活を豊かにしてくれています。

今後、さらにIoTはビジネスシーンにおいて欠かせない技術となることはほぼ確実といっても過言ではないため、IoTエンジニアは求められる人材といえます。

エンジニアに求められるスキル

SEの転職先を業界・職種で徹底解説のイメージ画像

ここからは、エンジニアとして活躍するために必要な能力について紹介していきます。

プログラミング能力

まずエンジニアとして働くうえで、プログラミング能力を有していることは必須といえるでしょう。

エンジニアといってもさまざまな職種があり、それぞれで扱うプログラミング言語は異なりますが、システム開発をするうえでは欠かせません。

主なプログラミング言語には下記があります。

・JavaScript
・HTML
・CSS
・SQL
・Java
・Python

数あるプログラミング言語のなかでも、JavaScript・HTML・CSSはあらゆる分野で活用されています。

自分がなりたい職種、何を開発したいかで学ぶべきプログラミング言語は変わってきますので、事前に進む道を明確にしておくことが大切です。

コミュニケーション能力

エンジニアといえばパソコンの前に座り、黙々と作業をしているというイメージを持っている人は少なくないでしょう。

しかし、エンジニアは複数人で力を合わせてひとつのシステムを開発する仕事です。つまり、多くの人と関わることからコミュニケーション能力は必須といえます。

コミュニケーション能力を有している方が開発過程の作業がスムーズに進む可能性が高いですし、顧客とのやり取りもしっかりとできることから、要望通りのシステムを開発できることにも繋がります。

職種によっては打ち合わせが多かったり、多くの人の前でプレゼンを行ったりもありますので、エンジニアを目指す人はコミュニケーション能力も育んでおくべきです。

マネジメント力

エンジニアはマネジメントする能力も求められる仕事です。顧客からは納期を申しつけられることはもちろんありますし、その際は遅れなく開発までもっていくために進捗状況を把握し、的確に指示を出すという統率力が求められます。

文書作成能力

開発までの過程において、顧客への説明や他のエンジニアへの設計書を作成するといった作業がありますので、文字でもしっかりと伝えられる文書作成能力は必須です。

言葉で伝えることはもちろんですが、資料等でもきちんと意志疎通できるための文章力は身に付けておきましょう。

英語力

英語力については、これからの時代は今よりもさらに必要となる能力です。海外企業やクライアントとのやり取りにおいて、グローバル化が進んでいることもあり英語を使用するシーンは多くなると予想されます。

国内の企業としかやり取りをしないということであれば英語力は必要ないかもしれませんが、エンジニアとして幅広く活躍するうえでは身に付けておくべき能力といえるでしょう。

エンジニア案件の探し方について

フリーエンジニアのIT求人・案件サイト【レバテックフリーランス】≪公式≫のイメージ画像

ここからは、エンジニア案件を探す方法について見ていきましょう。

案件紹介サイトを活用する

代表的な案件の探し方は紹介サイトを利用することです。今ではエンジニア職を専門に扱っているサイトがあり、求人数・案件数も豊富なことから求めている仕事を見つけやすくなっています。

各企業がエンジニアを欲しているということ、時代がエンジニアを必要としていることもあり、年々掲載数は多くなっています。

仕事探しをサポートしてくれるコーディネーターが付いてくれるなど、サービス内容も魅力的です。

人脈を利用する

案件を探すには、人脈を利用するという方法もあります。企業によってはエンジニアが足りていないなど、人材不足に悩まされていることは少なくありません。

そのうえで、現代ではエンジニアはビジネスシーンにおいて欠かせない存在といえます。そのため、友人や以前勤めていた会社の先輩や上司などから、紹介をしてもらうことも頭に入れておきましょう。

求人・案件サイトなどに募集を出していないだけで、実はエンジニア採用を考えていたという可能性は十分ありますので、まずは身近な人に聞いてみることも大切です。

起業するという方法も

案件を探すというよりは、会社を自ら設立するという方法も選択肢としてあります。起業をして自分が好きな仕事を自ら取りに行くことも検討してみてください。

今ではフリーランスや個人事業主と働く、つまりエンジニアとして独立をする人が増加しています。

エンジニア案件のおすすめ紹介サイト

法人さまお問い合わせ | レバテックのイメージ画像

エンジニア案件を探している人におすすめのサイトがレバテックです。レバテックは業務委託・常駐フリーランス専門のエージェントとしてサービスを提供しています。

ここからは、レバテックの特徴について紹介していきますので、ぜひ案件探しの役に立ててみてください。

案件数が豊富

レバテックの大きな特徴として、業界最大級の案件を保有していることが挙げられます。サイトとして国内でもトップクラスの規模を誇り、登録者数はなんと2020年9月時点で180,000人です。

多くの案件を持っていることからさまざまな人の要望に応えられる可能性が高く、その人のプログラミングスキルや経験などに合わせて案件を見つけられます。

エンジニア業界に精通している

レバテックはエンジニア専門のサイトです。そのため、エンジニア業界の動向や専門的な知識をもとに、希望に沿った案件を案内してくれるのが特徴です。

さまざまな職種を扱っている総合的なサイトとは違い、とにかくエンジニアのニーズに応えることに強みがありますので、ぜひ活用してみてください。

さまざまな検索方法を用意

レバテックでは案件を検索する際、言語・インフラ・職種・業界・エリアといったさまざまな情報をもとに検索ができます。

自分が得意なプログラミング言語に絞って案件が探せますし、エリアもこだわれば働きやすい環境かつ、好きな分野の仕事に付ける可能性が高まります。

また、新着案件も続々と入ってきており、検索ページに表示されていますのでチェックがしやすいです。

さらに、週3日から勤務可能な案件や高単価なものなど、より具体的な要素を含んだ検索もできます。サイトとして使い勝手が良い点は、多くの人に支持されている理由といえるでしょう。

コーディネーターによる手厚いサポートがあり安心

レバテックでは案件を探している側と企業側の間に立ち、それぞれの要望を聞きながらマッチングを支援するコーディネーターが在籍しています。

登録している人のスキルや経験年数、要望などをもとに企業へアプローチを開始し、交渉から契約までをすべて代行してくれます。

そのため、例えばエンジニアとしてフリーランスで働いている人であれば、本来案件は自ら取りに行かなければいけません。しかし、レバテックではコーディネーターが交渉等を代わりにしてくれるため、案件を確保するうえで不可を軽減できます。

また、交渉によって高い単価を実現してくれる可能性もありますので、自ら営業をして仕事を取りに行くことが苦手な人にはおすすめです。

エンジニアという仕事の今後の可能性

社内SE転職の難しさと、目指したい人が身につけるべきスキルのイメージ画像

エンジニアという職種は、現代において需要が高まっており一般企業でも社内にシステムエンジニアを採用する動きが活発化しています。

今後、IT技術は発展し生活において欠かせないものとなるでしょう。それに伴い、多くの企業ではエンジニアを求めますし、より需要が高まることはほぼ確実といっても過言ではありません。

企業に常駐するエンジニアだけでなく、フリーランス・個人事業主として働く人も増加傾向にあります。

フリーランスになることで働き方が自由となり、かつ収入アップも見込めますので今後はさらに増えるでしょう。

人手不足という現状から求人がなくなるということもしばらくはなさそうですし、上述した通り企業が求めている人材でもあることから、プログラミングスキルなどを身に付けておくとメリットが多いといえます。

まとめ

エンジニアはビジネスシーンにおいて、今や重要な存在であり社会的にも需要が高い職種です。多くの企業がエンジニア不足に悩んでいることもあり、案件や求人は数多くあります。

また、エンジニアは年収が高い点も人気の理由です。今後はさらにIT社会が進むため、仕事がなくなることは早々ない職業ともいえます。

プログラミングスキルはもちろんですが、エンジニアとして活躍するには顧客などとやり取りを円滑にするためのコミュニケーション能力や、要望通りのシステムを開発するために、的確に指示を出すマネジメント力なども重要です。

数ある案件から希望に近いものを探したいときは、ぜひ国内最大級の案件数を保有しているレバテックを活用してみてください。

エンジニア業界に精通したコーディネーターによるサポートを受けながら仕事探しができるので非常に心強いです。

おすすめ!
  • レバテック株式会社
  • レバテック

  • 成果報酬型
  • 日本のエンジニアはもっと評価されるべきだ

  • エンジニアの価値を高めるため、業務委託や常駐フリーランスを専門にしているエージェント。認知度業界トップと言っても過言ではなく、案件数も業界最大級となります。

登録者数や年間提案数が非常に多く、日本のエンジニアはもっと評価されるべきだとモットーに、希望に沿った案件を案内してくれるのが特徴のエージェントです。業界の動向や専門知識を常にキャッチアップしており、的確なカウンセリングも特徴となります。

筋トレ大好きマルチライター
記助
大学時代、陸上競技部の副キャプテンを務め、スポーツクラブで働いた経験もあるのでフィットネス関連の話題が得意です。執筆歴は約6年でフィットネス以外にも、さまざまなジャンルにて執筆しています。今までの経験を活かして、価値ある情報を提供できたらと思います。自己ベストは5000m14分58秒、ベンチプレスは100kg。ライティング事業を手がける5リッチ合同会社の専業ライター。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!