HOME

>

アウトドア

>

【2020年最新】360度カメラおすすめ20選|便利な使い方と選び方を紹介

【2020年最新】360度カメラおすすめ20選|便利な使い方と選び方を紹介

2020-10-10
2020-10-10

目の前に広がる景色だけでなく、背後にある景色まで全て撮影してくれる360度カメラ。素晴らしい景色にカメラを向けてみても、画角の中に写しきれないことの歯がゆさを感じた経験はないでしょうか。

そこで、SNSなどでも人気が高まりつつある360度カメラの魅力と、おすすめカメラ20選について余すところなく紹介しますので、ぜひ購入前の参考にしてみてください。

360度カメラとは

360度カメラとは

一般的なカメラは、レンズを向けた一方向の景色を写し撮る装置ですが、360度カメラは「全天球カメラ」とも呼ばれるように、上下左右全ての景色を映すことが可能です。

仕組みとしては、複数の超広角レンズ(魚眼レンズ)で撮影した画像をデジタル処理により、1つの画像につなぎ合わせています。Googleマップが提供している「ストリートビュー」が、まさに360度カメラで撮影された画像を使用していますので、イメージはしやすいでしょう。

静止画だけでなく動画の撮影も可能で、視聴者は動く映像の中で見たい方向を好きに選んで見ることができます。通常の動画では決して味わえない視聴体験を可能にしてくれるのが360度カメラの魅力です。

最近では、手軽に購入できる安い360度カメラが増えたことで、SNS上でも360度カメラを使用して撮影された映像や画像がアップされるようになってきました。どんな写真が撮れるのか、また、おすすめの使い方についても紹介していきます。

360度カメラの便利な使い方がコチラ!

セルフィー撮影

360度カメラを使うと便利な場面を紹介します。360度カメラでしかできない撮影体験をぜひ味わってみてください。

【360度カメラおすすめの使い方】
① 旅行先で使う|目に見える全てを残したい欲望を叶えてくれる
② 友人との思い出を記録|構図やポジションを気にせず撮れる
③ 物件探しで使う|部屋の雰囲気を記録するのに最適
④ Googleストリートビューに投稿|アプリを使って世界へ発信

① 旅行先で使う|目に見える全てを残したい欲望を叶えてくれる

山の上や見晴らしの良いテラスなど、見た景色の良さを残したい場合、通常の写真は画角が限られているので、後で見返したときにその時の感動が伝わりにくいものです。

そういった時に360度カメラは大活躍してくれます。景色を余すところなく撮影してくれるため、写真を見返す度にその場にいた時の感動がはっきりと蘇ることでしょう。

② 友人との思い出を記録|構図やポジションを気にせず撮れる

数人で一緒に写真に収まる場合、気に入った景色の前で肩を寄せ合って写るのが一般的です。構図を工夫しない限り、代わり映えしない写真が増えてしまいがちです。

しかし、360度カメラで撮る写真には限りない自由があります。カメラが見える位置であれば立ち位置もポージングも完全に自由です。楽しんでいるその一瞬をそのまま記録することができるのです。

③ 物件探しで使う|部屋の雰囲気を記録するのに最適

賃貸や購入を目的に物件の内覧をする際に、360度カメラがあると後で物件を見比べる時にとても良い判断材料になってくれます。

360度カメラを使って撮った写真を見返すと、もう一度内覧をしているかのように部屋の隅々まで見ることができるため、現地で気づかなかったことにも気づけることでしょう。パートナーや友人などに物件の相談をするのにも役立ちます。

④ Googleストリートビューに投稿|アプリを使って世界へ発信

やや特殊な使い方ですが、360度カメラがあればGoogleの地図サービス「Googleマップ」が提供しているストリートビューに写真を投稿することができます。

Googleでは、利用者のさらなる利便性の向上を目指して、外からは見えない施設内の360度写真を企業や個人などから募っています。

Googleが提供しているアプリを利用して写真を投稿すれば、あなたの写真を見たさまざまな国の人がその場所に訪れるきっかけになるかもしれません。

ただ、投稿する画像にはGoogleが定める条件を満たす必要があるので、興味のある方は条件を満たす性能を備えた360度カメラを手に入れましょう。

360度カメラの選び方|思い通りの写真を残すための確認ポイント

360度カメラの選び方

360度カメラの用途の一端について紹介しましたが、実際に購入する前に確認すべきポイントを紹介します。買ってから後悔しないように、使いたいシーンに合わせたカメラ選びの参考にしてください。

タイプ|目の前の風景全てを写す全天球

360度カメラは「全天球カメラ」と「半天球カメラ」の2種類があります。違いはレンズの数と写せる範囲です。

【全天球・半天球の違い】
全天球|レンズが2つ/水平方向360度/垂直方向360度(上下左右全てが写る)
半天球|レンズが1つ/水平方向360度/垂直方向180度〜230度(真下が写らない)

どちらも左右360度見渡した全てが写る点では同じですが、半天球はレンズが1つのため、レンズと反対方向の一部が写りません。

全天球カメラのメリット・デメリット

全天球カメラは2つの超広角レンズを使用することで、水平方向だけでなく、垂直方向も全てが写せる点はメリットです。

ただ、カメラを持つ手や三脚など、写真に入れたくなくても全てが入り込むため、撮影方法を工夫したり、後で編集するなど手間がかかります。

また、2つのレンズで写した景色を自動処理でつなぎ合わせるため、不自然な部分が出る場合があります。気にならないようにするには、撮り直しをするか、編集作業が必要になります。

半天球カメラのメリット・デメリット

半天球カメラは1つの超広角レンズを使用するため、水平方向は360度写すことできるものの、レンズの向きとは反対側が一部写すことができない点がデメリットです。

メリットとしては、三脚やカメラを持つ手が写らない点と、2つのレンズで撮影した画像をつなぎ合わせる処理が必要ないため、編集ソフトなどで修正を加えるといった手間が省けます。

カメラ性能|臨場感を求めるなら4K動画対応がおすすめ

現在販売されている360度カメラの多くは、800万画素を超える4K(3,840×2,160)画質の写真を撮影することが可能です。

静止画メインで撮影をする場合は、800万画素あれば十分と言えますが、360度の動画撮影を楽しみたい方には、4K動画に対応した360度カメラがおすすめです。

高画質で記録できるので、ヘッドセットを使用したVR動画を高い臨場感で楽しむことができます。

また、SNSやYouTubeなどに投稿する場合は、高画質である方が多くの人に見てもらいやすくなります。

スマホ連携機能|専用アプリで楽しみ方の幅が広がる

専用アプリを使用してスマホとの連携機能があると、スマホで画像を確認しながら撮影モードなどを自由に設定できるので便利です。しかもSNSへの投稿や、友達とのシェアも手軽に行えます。

360度カメラ用に提供されている専用アプリを2つ紹介します。

【360度カメラ用アプリ】
① RICOH THETA|多彩な撮影機能をスマホから手軽に設定できる
② Insta360アプリ|狙った被写体を追跡したり、超スローモーションを楽しめる

① RICOH THETA|多彩な撮影機能をスマホから手軽に設定できる

オート/マニュアル/シャッター優先など、撮影モードを自由に切り替えたり、ライブビューにより、スマホでカメラの画像をリアルタイムで確認し、暗ければスマホを操作して露出補正も行えます。

さらにTHETA+アプリと連携させることで、雲や景色が高速で流れていくタイムラプス動画を楽しむこともできます。SNSなどにシェアすることも簡単です。

【対応機種】
iOS:RICOH THETAシリーズ全機種
Android:THETA Z1 / THETA V / THETA SC2 / THETA SC / THETA S

② Insta360アプリ|狙った被写体を追跡したり、超スローモーションを楽しむ

Insta360アプリでは、狙った被写体をAIが自動で画面中央に固定しながら追跡してくれる「ディープトラック」や、好きな部分を超スローモーションにすることで、魅力的な動画が手軽に作れる「フリーズフレーム」など、ユーザーが楽しくなる機能が豊富です。

【対応機種】
Insta360 ONE X / Insta360 ONE R

耐久性|アクションカメラとして使うなら防水機能などに注目

アクションカメラとは、アウトドアスポーツなどで体などに装着させて使用するカメラです。360度カメラにもアクションカメラとして使えるモデルがあり、サーフィン、スキー、クライミング、自転車など、さまざまなアクティブシーンで臨場感の高い映像を記録することができます。

水に濡れるような状況や、クライミングなどでカメラへの衝撃が想定される場合などでは、堅牢性や防水性能に優れたモデルがおすすめです。

ただ、防水設計ではなくても、適合するハウジング(防水ケース)を用いることで水中撮影などに対応できるカメラもあります。

360度カメラおすすめ9選|自撮り棒や三脚で360度パノラマを撮影

360度カメラ20選を紹介していきます。まずは自撮り棒や三脚に取り付けて使う全天球型の360度カメラ9選を紹介します。

おすすめ①
  • RICOH(リコー)
  • THETA V

  • 税込み39,890円
  • ビジネスシーンでも活躍するハイスペック4Kモデル

  • 手ぶれ補正搭載で手持ちの撮影にも安心。360度空間音声機能が特徴で、音の方向を感じられるため、VR動画により臨場感が出ます。プラグインを追加できる拡張性にも優れています。

タイプ:全天球
静止画:5,376×2,688
動画(最大):4K(3,840×1,920)30fps
内蔵メモリ:19GB(静止画約4,800枚撮影可能)
耐久性:ー(別売りの水中ハウジングケースで水深30mまで対応)
スマホ連携:専用アプリ「RICOH THETA」
おすすめ②
  • RICOH(リコー)
  • RICOH THETA SC2

  • 税込み32,309円
  • 4色から選べて4K動画にも対応したスタンダードモデル

  • 夜景モードを搭載し、暗い場所での撮影もキレイに。また、顔検出機能により、風景だけでなくポートレートも手軽に撮ることができます。

タイプ:全天球
静止画:5,376×2,688
動画(最大):4K(3,840×1,920)30fps
内蔵メモリ:14GB(静止画約3,000枚撮影可能)
耐久性:ー(別売りの水中ハウジングケースTW-1で水深30mまで対応)
スマホ連携:専用アプリ「RICOH THETA」
おすすめ③
  • RICOH(リコー)
  • RICOH THETA SC

  • 税込み20,400円
  • 多彩な撮影モードと、電源ONから約1.5秒で撮影可能なクイックレスポンスが魅力

  • 落ち着きのある4色から選べて、飽きのこないシンプルなデザインです。撮影モードも豊富で、写真にこだわりが出せます。専用アプリを使ってSNSにも簡単投稿。

タイプ:全天球
静止画:5,376×2,688
動画(最大):フルHD(1,920×1,080)30fps
内蔵メモリ:8GB(静止画約1,600枚撮影可能)※Mサイズで最大9,000枚
耐久性:ー(別売りの水中ハウジングケースTW-1で水深30mまで対応)
スマホ連携:専用アプリ「RICOH THETA」
おすすめ④
  • RICOH(リコー)
  • RICOH THETA S

  • 税込み25,455円
  • 360度のライブストリーミングが可能

  • HDR合成で室内や屋外の撮影で白とびや黒つぶれがしにくいのが特徴。フルハイビジョン動画を最大25分撮影できます。

タイプ:全天球
静止画:5,376×2,688
動画(最大):フルHD(1,920×1,080)30fps
内蔵メモリ:8GB(静止画約1,600枚撮影可能)※Mサイズで最大9,000枚
耐久性:ー(別売りの水中ハウジングケースTW-1で水深30mまで対応)
スマホ連携:専用アプリ「RICOH THETA」
おすすめ⑤
  • RICOH(リコー)
  • RICOH THETA Z1

  • 税込み116,309円
  • シータシリーズのフラッグシップモデル、静止画は2,300万画素の高精細

  • 1.0型の大型CMOSセンサーを搭載し、暗い場所や夜景での撮影に優れています。ライブストリーミング動画も4Kに対応し、高解像度の映像をリアルタイムで配信できます。

タイプ:全天球
静止画:6,720×3,360
動画(最大):4K(3,840×1,920)30fps
内蔵メモリ:19GB(静止画約2,400枚撮影可能)※RAWで約350枚
耐久性:ー
スマホ連携:専用アプリ「RICOH THETA」
おすすめ⑥
  • RICOH(リコー)
  • RICOH THETA m15

  • 税込み16,236円
  • シータシリーズ2代目モデル、ポップなカラーが注目を集めます

  • 4色のカラフルな色合いが撮影をより楽しませてくれます。現在販売されているシータシリーズの中で手軽に導入できる安いモデル。エントリーモデルとしておすすめです。

タイプ:全天球
静止画:記載なし
動画(最大):記載なし
内蔵メモリ:4GB(静止画約1,200枚撮影可能)
耐久性:ー
スマホ連携:専用アプリ「RICOH THETA」
おすすめ⑦
  • Insta360(インスタ360)
  • Insta360 ONE X

  • 税込み51,500円
  • 4Kを超える5.7K解像度の360度動画を撮影可能

  • HDRモードに対応し、白とび黒つぶれを抑えたキレイな動画を撮影できます。専用アプリで音楽を追加や速度調整が可能、映像作品を作って配信できます。

タイプ:全天球
静止画:6,080×3,040
動画(最大):5.7K(5,760×2,880)30fps
内蔵メモリ:ー(microSDカード最大256GBまで対応)
耐久性:ー(別売りの水中ハウジングケースCINOXWH/Aで水深30mまで対応)
スマホ連携:専用アプリ「Insta360 ONE X」
おすすめ⑧
  • Vuze
  • XR Dual VR Camera

  • 税込み59,500円
  • デュアルカメラ(半天球)と360度カメラ(全天球)の切り替え対応

  • 2つのレンズを横に並べた3Dモード(デュアルカメラ)ならVRゴーグルと組み合わせることで、奥行きのある3D動画が楽しめます。

タイプ:全天球
静止画:6,016×3,008(全天球モード)
動画(最大):5.7K 30fps
内蔵メモリ:ー(microSDカード対応)
耐久性:ー
スマホ連携:専用アプリ「Vuze XR Camera」
おすすめ⑨
  • エレコム
  • OCAM-VRW01BK

  • 税込み29,700円
  • 重さ76gの軽量コンパクト、持ち運びが簡単な4K動画対応モデル

  • 雨で少し濡れても問題なく使える防水性能(IPX4)を備えた小型軽量の4K対応360度カメラ。静止画も2,000万画素で記録できるので、思い出をクリアに残せます。

タイプ:全天球
静止画:7,008×3,504
動画(最大):4K(3,840×1,920)30fps
内蔵メモリ:ー(microSDカード対応)
耐久性:防水(IPX4)
スマホ連携:専用アプリ「OMNI shot」

360度アクションカメラおすすめ6選|ウェアラブルで高い臨場感が魅力

躍動感のあるアクティビティの中で、体に取り付けて迫力のある映像を撮ることができるのがアクションカメラ。360度全方向が見渡せるので、撮影者でさえ視界に収めきれない素敵な景色を思う存分楽しめます。360度アクションカメラおすすめ6選を紹介します。

アクションカメラおすすめ①
  • GoPro(ゴープロ)
  • GoPro MAX

  • 税込み54,750円
  • 6K映像に対応したハイスペックアクションカメラ

  • タッチスクリーン搭載で映っている画像やバッテリー残量が確認できます。手ぶれ補正機能により動きの激しいアクティブシーンでもプロのような見やすい映像を撮影できます。

タイプ:全天球
静止画:1,800万画素
動画(最大):6K 30fps
内蔵メモリ:ー(microSDカード対応)
耐久性:防水(水深5m)
スマホ連携:専用アプリ「GoProアプリ」
アクションカメラおすすめ②
  • Insta360(インスタ360)
  • Insta360 GO

  • 税込み23,500円
  • 手ぶれ補正機能を搭載した世界最小クラスのカメラ

  • わずか20gの小型な360度カメラ。どこに取り付けても気にならず、アクティビティのジャマをしません。手ぶれ補正機能が激しい動きに対応してくれます。

タイプ:全天球
静止画:3,040×3,040
動画(最大):2,720×2,720 25fps
内蔵メモリ:8GB(スマホと接続してスマホにダウンロード)
耐久性:ー(別売りの水中ハウジングケースinsta360-FSK-BLACK+FLで水深40mまで対応)
スマホ連携:専用アプリ「Insta360 GO」
アクションカメラおすすめ③
  • Insta360(インスタ360)
  • Insta360 ONE R ツイン版

  • 税込み54,000円
  • 用途に応じてカメラモジュールが交換できるアクションカメラ

  • 360度撮影モジュールと4K広角撮影モジュールのセット。手ぶれ補正、HDRに対応し、注目は「色彩鮮やか機能」、やや暗めの映像でも色鮮やかに自動調節してくれます。

タイプ:全天球
静止画:6,080×3,040 ※360度カメラモジュール
動画(最大):5.7K(5,760×2,880)30fps ※360度カメラモジュール
内蔵メモリ:ー(microSDカード最大1TB対応)
耐久性:防水(水深5m)
スマホ連携:専用アプリ「Insta360」
アクションカメラおすすめ④
  • Qoocam(クーカム)
  • KANDAO QooCam8K

  • 税込み67,100円
  • 8K動画が撮影できる世界最小360度カメラ

  • 驚きの8K動画対応。4Kなら120fpsで映像を記録できるので、スローモーションの動きも滑らか。2.4インチのタッチスクリーンを搭載し、カメラだけでプレビュー可能。

タイプ:全天球
静止画:7,680×3,840
動画(最大):8K(7,680×3,840)30fps/4K(3,840×1,920)120fps
内蔵メモリ:ー(microSDカード最大256GB対応)
耐久性:ー(別売りの水中ハウジングケースQooCam8Kダイブケースで水深30mまで対応)
スマホ連携:専用アプリ「QooCam」
アクションカメラおすすめ⑤
  • GARMIN(ガーミン)
  • VIRB 360

  • 税込み79,889円
  • 本格的な360度アクションカメラで5.7K動画に対応、マイクが4方向

  • GPSを内蔵し、移動速度や高度を動画中に表示可能。最大1時間の長時間撮影が可能。内蔵マイクを4方向に搭載し、立体的にサウンドを録音します。声で録画開始できるボイスコントロールに対応。

タイプ:全天球/半天球(デュアル)
静止画:1,500万画素
動画(最大):5.7K(2,880×2,880)30fps
内蔵メモリ:ー(microSDカード最大128GB対応)
耐久性:防水(水深10m)
スマホ連携:専用アプリ「GARMIN VIRB」
アクションカメラおすすめ⑥
  • Lysong
  • 360度パノラマカメラ IP67

  • 税込み6,750円
  • 8種類の撮影モードで多彩な映像表現を楽しめる

  • 半天球タイプでも水平方向360度、垂直方向220度でほとんど全てを撮影できます。1,600万画素に対応し、本体価格は安いものの、使い勝手の良い360度アクションカメラです。

タイプ:半天球
静止画:1,600万画素
動画(最大):HD(2,448P)
内蔵メモリ:ー(microSDカード対応)
耐久性:防水(水深30m)
スマホ連携:専用アプリ「XDV360」

スマホ直挿し360度カメラおすすめ5選|スマホが360度カメラに変わる

スマホに挿すことで、普段使い慣れたスマホが360度カメラになるカメラ。価格を抑えて360度カメラを使いたい方には、安いモデルが豊富なこちらのスマホ直挿しタイプがおすすめです。

スマホ直挿しカメラおすすめ①
  • Culdoor(カルドア)
  • Sasu Toru i

  • 税込み5,980円
  • iPhone専用スマホ直挿しタイプ、4K動画対応

  • 写真や動画はそのままiPhoneに保存されるので、SDカードを購入する必要がありません。撮影した画像にスマホでデコレーションをして楽しむのも簡単です。

タイプ:全天球
静止画:800万画素
動画(最大):4K(3,840×2,160)
内蔵メモリ:ー
耐久性:ー
スマホ連携:対応OS(iPhone 6〜iPhone X)
スマホ直挿しカメラおすすめ②
  • エレコム
  • OCAM-VRU01BK

  • 税込み6,980円
  • 重さ28g、普段のスマホ撮影と変わらない感覚で360度動画が撮れる

  • ライブストリーミングにも対応し、3K動画に対応しながら、1万円以下の安い360度カメラ。軽量なため、スマホに取り付けても使いにくくありません。

タイプ:全天球
静止画:3,008×1,504
動画(最大):3K(3,008×1,504)30fps
内蔵メモリ:ー
耐久性:ー
スマホ連携:専用アプリ「OMNI shot mini」
スマホ直挿しカメラおすすめ③
  • Insta360(インスタ360)
  • Insta360 Nano S

  • 税込み26,880円
  • iPhoneシリーズに対応した4K対応高画質360度カメラ

  • 本体重量約66gで軽量、しかもコンパクトです。iPhoneの大型ディスプレイでプレビューを確認しながら撮影ができます。2,000万画素の高精細な画像が撮影できるハイスペックモデル。

タイプ:全天球
静止画:6,272×3,136
動画(最大):4K(3,840×1,920)30fps
内蔵メモリ:ー
耐久性:ー
スマホ連携:対応OS(iPhone 6〜iPhone X)
スマホ直挿しカメラおすすめ④
  • Insta360(インスタ360)
  • Insta360 ONE

  • 税込み35,355円
  • iPhoneシリーズ対応360度カメラ、ハイクラスの手ぶれ補正機能を搭載

  • 静止画なら7Kの高精細画像が撮影可能。強力な手ぶれ補正機能により、動きの激しいアクティビティでもプロが撮影したようなスムーズで見やすい動画撮影が可能です。

タイプ:全天球
静止画:6,912×3,456
動画(最大):4K(3,840×1,920)30fps
内蔵メモリ:ー(microSDカード最大128GBに対応)
耐久性:ー
スマホ連携:対応OS(iPhone SE〜iPhone X、iPadシリーズ)
スマホ直挿しカメラおすすめ⑤
  • Insta360(インスタ360)
  • Insta360 Air

  • 税込み19,486円
  • 3Kの高解像度で撮影できるAndroidスマホ専用モデル

  • Android 5.1以降のAndroidスマホに直挿しできる360度カメラ。コネクタはmicro USB対応。重さは26.5gで軽量なため、スマホに直挿ししても無理なく使えます。

タイプ:全天球
静止画:3,040×1,520
動画(最大):3K(2,560×1,280)30fps
内蔵メモリ:ー
耐久性:ー
スマホ連携:Androidスマホ(Micro USBコネクタ対応)

まとめ

人気が高まっている360度カメラについて、魅力や選び方から、おすすめ20選まで紹介してきました。

旅行先で出会った風景、イベントの様子など、あらゆる場面で全景色を収められる360度カメラは撮影の概念を変えてくれる魅力的なアイテムです。使い勝手の良さや予算に合わせて最適なモデルをぜひ手に入れてみてください。

※価格はいずれも2020年10月時点。特に記載がない場合はAmazonの価格です。

rokusaku
生活に役立つスマホアプリ探しとタバタ式トレーニングを日課にしています。山小屋が好きで息子が大きくなったら魅力的な山小屋を一緒に巡る旅に出るつもりです。おすすめは福島県にある吾妻小屋


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!