HOME

>

グッズ

>

料理が苦手な私の救世主 家電女優が激推しの調理家電「ホットクック」【Moovooモノ語り】

料理が苦手な私の救世主 家電女優が激推しの調理家電「ホットクック」【Moovooモノ語り】

奈津子
2020-08-25
2020-08-24

奈津子
ドラマ「野ブタをプロデュース」で女優デビュー。以降TVドラマを中心に活動する。20歳のとき、秋元康プロデュースSDN48のメンバーへ。(代表曲は「上からナツコ」)。その際、劇場近くの電気街を散策しているうちに家電に詳しくなる。アイドル卒業後、家電アドバイザーゴールド等級を所持し、現在では家電女優と称して、多くのメディアで家電の魅力を発信中。スマートホームから白物家電、美容家電まで幅広い知識を持っている。「開運!なんでも鑑定団」「スカイロケットカンパニー」へレギュラー出演中。
連載「Moovooモノ語り」
その道の専門家や著名人が愛用品へのこだわりと、それにまつわる物語を綴る連載、「Moovooモノ語り」。第8回目となる今回はアイドル卒業後、家電アドバイザーゴールド等級を所持し、現在では家電女優と称して、多くのメディアで家電の魅力を発信中の奈津子さんが救世主の調理家電となる「ホットクック」について語ります。
記事一覧は以下のリンクから。

「私、壊滅的に料理ができない…」不安もよぎったプロポーズ

『結婚する?』朝の光が差し込むリビングで、出勤前の彼から突如そう言われた。

どうやら「プロポーズ 方法」で膨大なデータを検索した折り、崇拝するイチロー選手が、冷静な判断がしにくい夜よりも午前中のプロポーズを推奨していたと言う。
情報を解析して実行するあたりがエンジニアの彼らしいと思った。

スッピンの私は動揺したけれども、直ぐに『私でよければ、お願いします』と答えていた。長らく夢見ていた瞬間がついに訪れたのだ。
心が喜びに満ち溢れる一方で、沸々とした不安もよぎり始めていた。なぜなら私は料理が壊滅的にできなかったから。

苦手な理由は色々あるけれど、一番は仕事のことなどを途中でつい考えてしまい、脳内が混線を起こし完成までに時間がかかってしまう点が大きかった。

藁にもすがる想いで導入したシャープの電気鍋「ホットクック」

“料理は女性側がするもの”。こんな旧式の考えを当初から彼は持っていなかった。
デート中はいつも役割分担をして食事の準備をしていたし、何なら難しい工程はさり気なく器用な彼に任せていた。
けれども毎日の事となるとどうだろう。

業務時間がフレキシブルなタレントである私は、会社勤めでハードワークな彼よりは夕飯作りの時間を捻出しやすい。

夫婦になるということは運命共同体であり、お互いの健康管理も義務に入ってくる訳だから、出来うる限りは温かくて栄養のある料理を、私自身の気持ちとして、彼に提供してあげたいと思った。
けれども毎食Uberに頼る訳にはいかないし、一体どうしたものか…。

そう考えた私が、藁にもすがる想いで導入したのがシャープの電気鍋「ホットクック KN-HW16E」だった。

おすすめ調理家電
  • SHARP(シャープ)
  • ホットクック KN-HW16E

  • 税込み51,546円
  • 食材と調味料を入れ加熱するだけ!

  • 無線LANを経由して調理履歴も把握して、時には気の利いたメニューを進めてくれるおしゃべり機能がついています。

帰宅時間にあわせて出来立ての料理が仕上がるスマートっぷり

この鍋の素晴らしいところは、基本的には食材と調味料を入れ、加熱するだけで絶品の料理が仕上がる点にある。
手間のかからない電気鍋は他メーカーにも数あれど、本機では高い密閉性と独自の加熱アルゴリズムを採用していることで、水分をしっかりと循環させ、出汁なしでも食材の旨味を最大限に引き出す点にある。

また汁気の多い料理でも専用の羽根で“自動かき混ぜ”してくれたり、食材をセットすれば最大15時間まで予約調理の設定ができる。
この予約調理機能の設定中は、鍋を放置していても庫内で食材が腐らないように絶妙な温度帯でキープしてくれるというスマートっぷりだ。

おかげで帰宅時間にあわせて出来立ての料理に預かれる。

沢山のメニューを作りながら何度も乗り越えた壁

『君、頼みましたよ』と、台所で祈るようにホットクックへ話しかけた日から1年ちょっとが経った。

以降、無水カレーや、シチュー、カオマンガイ、おでん、肉じゃが、ラタトゥイユ、豆腐など本当に沢山のメニューをホットクックで作ってきた。
加熱している最中でも火加減を気にせずに済み、家事や仕事がこなせるため結婚後も執筆など締め切りのある仕事でも破ることなくこなせてきた。

ホットクックがなければヤバかったな、そう感じる激務のビッグウェーブも何度か訪れたけれど何とか乗り越えられたきた。

「ホットクック」のおかげで、料理なんとかなってるよ…そう自分に伝えてあげたい

無線LANを経由して調理履歴も把握されているため、時には『最近お肉料理が続いていますね、たまにはアクアパッツァはいかがですか?』なんて言葉もかけられる。そんなときには愛しくてちょっとだけ涙がでそうになる。

今日も我が家の台所では『あとの加熱はまかせてね』『がんばっていますよ〜』等、ホットクックが可愛らしくおしゃべりをしている。

プロポーズされたときの自分へ“大丈夫、ホットクックのおかげで料理、何とかなってるよ”そう伝えられたらいいなと時々妄想している。

おすすめ調理家電
  • SHARP(シャープ)
  • KN-HW16E

  • 税込み51,546円
  • 食材と調味料を入れ加熱するだけ!

  • 無線LANを経由して調理履歴も把握して、時には気の利いたメニューを進めてくれるおしゃべり機能がついています。

※商品の価格は2020年8月時点のAmazon価格です


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!