Products

少女マンガにロボット掃除機? 雑誌『ちゃお』の「ハイスペック」付録を試す

雑誌の付録の進化が止まらない。

bouncyでは、以前「幼稚園」の付録についていたセブンイレブンのATMを作ったことがあるが…

少女漫画雑誌「ちゃお」2020年5月2日発売の6月号の付録は、なんとロボット掃除機。

2017年4月にも「ちゃお」は付録にロボット掃除機をつけて話題になったのだが、そこから3年、改良を重ねて今作は「史上初のハイスペック」だと豪語する。

ロボット掃除機と言っても床用ではなく、机で使うサイズ。かわいい「ウサパンダ」が乗っている「おそうじロボUSA-8」を、リモートワーク中の編集部の机で試してみた。

でかいゴミは障害物

こども用の付録なので、使い方は超簡単。上についているうさぎはただの飾りで、本体の穴にはめるだけ。本体に単4電池を入れれば完成だ。ネジ穴もないので、用意は電池だけでOK。

編集部のデスクはパソコン作業で基本的に机が汚れないため、仕事道具を片付け消しカスを作り、動かして見る。

ゴミの上でカクカク動き、通り過ぎてもあまり吸ってないように見える。中を開いて見ると…

小さいゴミはは吸っているようだ。

このロボット掃除機のすごいところは、いっちょ前なセンサーがあるところ。机のはじからは落ちないし、障害物は避けてくれる。

今回ゴミの上でカクカクしていたのは、消しかすが大きすぎて障害物と判断した可能性がある。

そこでお菓子の食べかすで試して見ると…

綺麗に吸えた!小さいゴミなら吸えるようだ。

大人も使えるとは言い切れないが…

その後も消しカスの量や大きさを調整しながら試したが、完璧にキレイにはならない。
動画撮影の際も、手前に迫ってくるカットや横を通り過ぎるカットを撮りたいのに、何もないところで方向転換したり、普通に落ちたりもする。

「ちょっとちょっと、こっちだよ〜」と自然に声が出てしまう。撮影にかなり時間がかかるのだが、常に強気な眼差しのウサパンダ。

大人のデスクで使えるとは言えなかったが、これが子どもの時に付録だとしたら、
ずっといじって、消しカス作って、ワクワクしてるだろうなと思った。

実力がさておき、ロボット掃除機がふろくになる時代になった。次は何がふろくに付くのだろう。スマホやタブレット?ARゴーグルとかは近いうちにつくかもしれない。

付録の進化を楽しみにするとともに、ちゃおのロボット掃除機の次回作にも期待してます!

CREDIT
Videographer :大村宗資
SNS :にしまり
ちゃお

小学館


RECOMMEND

PAGE TOP