Technology

パパも授乳?電通の開発した育児を助けるデバイス「FATHER'S NURSING ASSISTANT」

女性の社会進出が進み、共働きが主流になってきた今日この頃。

男性の育児進出も進めようと電通が革新的なデバイスを開発しました。

その名も「 FATHER'S NURSING ASSISTANT」。このデバイスは世界最大級のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバル“SXSW(サウス バイ サウスウエスト) 2019”でお披露目されました。父親専用の授乳・寝かしつけデバイスです。

授乳・寝かしつけの負担は重い

育児の中でも特にストレスの要因となるのが食事と寝かしつけ。

赤ちゃんがなかなか寝てくれなかったり、哺乳瓶からは飲んでくれなかったりと悩みはつきません。

寝かしつけに効果があるのは添い寝をしながら授乳すること。

ですが、その方法ではどうしてもお母さんの負担が重くなってしまいます。

パパもママも育児を楽しみたい!

そこに目をつけたのが電通。

大胆にもお父さんも授乳できるデバイスを考案しました。

一見すると機械的ですが、専門家の監修のもと実に繊細にお母さんのおっぱいを再現しています。

より良い親子のスキンシップを

従来の哺乳瓶では、片手で赤ちゃんを持ち真上を向いている赤ちゃんにミルクをあげなければいけません。

しかし、このデバイスを装着すると両手が自由に。

そのことで赤ちゃんをしっかりと抱きしめることができます。

赤ちゃんもお父さんに密着することで安心。お父さんも授乳している間赤ちゃんを撫でたりトントンしたりとより良い親子のスキンシップがとれます。

お父さんにも感覚をフィードバック

また、このデバイスはお父さんにミルクを飲んでいる感覚をフィードバックします。

ただミルクをあげるだけでなく授乳している実感を得ることで育児への意識を高めます。

遠くにいてもお母さんは安心!しかもこのデバイスはアプリと連携可能なのです。

吸う強さや感覚、入眠のタイミングなど離れた場所からもモニタリング可能。

隣の部屋で家事をしていたり、仕事に行ったりしているお母さんもアプリを通して赤ちゃんの様子を確認できるので安心です。

コンセプト段階なので今のところ製品化は未定。ですが国内・国外メディアから多く取り上げられ実際にニーズも高まっているそう。今後の製品化が大いに期待できます。

・ ・ ・

テクノロジーで育児と愛情の形も進化。

このデバイスでまた一つ、ライフスタイルの選択肢が増えるのかもしれません。

FATHER’S NURSING ASSISTANT

Dentsu / Ginger Design Studio / Apex

RECOMMEND

PAGE TOP