Art

奏でて叩け! 音楽に合わせて楽器を演奏するスピーカー「SLAGWERK-101」

スピーカーも出演者の一員に?

「SLAGWERK-101」は物理的な楽器を搭載したスピーカー。流す曲に合わせて楽器が演奏してるかのように連動する、新しい発想の作品だ。ステージ上におけば耳と目の両方を楽しませてくれそう。

制作したのは、スウェーデンに住むLoveHultén氏。LoveHultén氏のサイトでは他の個性的な作品もチェックできる。

音楽に合わせスティックが連動

「SLAGWERK-101」は特殊なコントローラーを使い、曲をMIDI信号に変換して出力する。曲のMIDI信号に合わせ、スピーカーの左下に設置されたスティックがパーカッションの楽器を叩いたり、手の形のオブジェクトが手拍子したりする。スピーカーが演奏しているように見え、ステージ上に置けば視覚的な要素として機能する。

また、ステージの広さに合わせて配置ができる。ステージの幅が狭い場合は縦に積み重ねられ、ステージが横に広い場合はスタンドをつけて散り散りに設置できる。

・・・

耳だけでなく目も飽きさせない、1枚上手のエンターテイナーかも?


CREDIT
Videographer / Writer :菊田 正剛
SNS / Curator :にしまり
SLAGWERK-101

LOVE HULTÉN

あなたにオススメ

RECOMMEND

PAGE TOP