〈プロ監修〉モバイルディスプレイおすすめ17選、安くて良い品から高機能モデルまで

Moovoo編集部、柳谷智宣(ITライター)
2022-06-24

デスクワークの作業効率アップをサポートしてくれるモバイルディスプレイ。携帯性のメリットを活かすことで、在宅ワークだけでなく出先でもデュアルディスプレイ環境を手軽に構築できます。

注目度の高いタッチパネル搭載モデルや、解像度の高い4Kモデルなど、さまざまなタイプの中からどれを選ぶべきか迷う方も多いでしょう。

そこで、ITライター・柳谷智宣さん監修のもと、モバイルディスプレイの選び方やおすすめモデル17選をご紹介します。

ITライター
柳谷智宣
1998年からIT・ビジネスライターとして活動を開始。ガジェットからSaaSまで幅広く手がけています。事務所に6画面のマルチディスプレイ環境を構築し、外出先でも複数のモニターを使うのが仕事のスタイル。お酒好きが高じて東京・港区にある「原価BAR」の経営もしています。
【リンク】原価BAR公式

おすすめ・人気商品をまずは一覧で

※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

ディスプレイ性能

重さ

入力端子

バッテリー

タッチパネル

VESA規格

Amazonで見る

【監修者おすすめ】I-O DATA LCD-MF161XP

1cm未満の薄さとブルーライトカットがユーザーに優しい

15.6インチ フルHD(1,920×1,080)

約900g

USB Type-C / ミニHDMI

Amazonで見る

【監修者おすすめ】GeChic On-Lap 1306H

13インチの適度なサイズ感と軽さが魅力

13.3インチ フルHD(1,920×1,080)

670g

USB Type-C / マイクロHDMI

Amazonで見る

ASUS ZenScreen MB16ACV

三脚に固定して使える

15.6インチ フルHD(1,920×1,080)

約830g

USB Type-C×1

Amazonで見る

ASUS ZenScreen GO MB16AP

高速充電対応のバッテリー搭載モデル

15.6インチ フルHD(1,920×1,080)

860g(スタンド含む)

USB Type-C×1

7,800mAh

Amazonで見る

I-ODATA EX-LDC161DBM

オーバードライブ機能で応答速度4ms

15.6インチ フルHD(1,920×1,080)

約730g(スタンド含む)

USB Type-C×1 / ミニHDMI×1

Amazonで見る

アイリスオーヤマ ILD-A1616MS-B

15.6型フルHDのノングレア液晶

15.6インチ フルHD(1,920×1,080)

約550g

USB Type-C×2 / ミニHDMI×1

Amazonで見る

プリンストン PTF-M133T

USB Micro-B対応の13.3型ディスプレイ

13.3インチ フルHD(1,920×1,080)

本体530g、カバー312g

USB Type-C×1 / ミニHDMI×1 / USB Micro-B×1

対応

Amazonで見る

JAPANNEXT JN-MD-IPS125FHDR

幅30cm未満のコンパクトモデル

12.5インチ フルHD(1,920×1,080)

約440g

USB Type-C×2 / ミニHDMI×1

対応(VESA75)

Amazonで見る

レノボジャパン ThinkVision M14 61DDUAR6JP

パワーパススルー機能搭載

14インチ フルHD(1,920×1,080)

約570g

USB Type-C×2 / ミニHDMI

Amazonで見る

YAMAZEN Qriom QMM4K-156

4K解像度のモバイルディスプレイ

15.6インチ 4K(3,840×2,160)

約840g

USB Type-C×2 / ミニHDMI×1

Amazonで見る

LGエレクトロニクス gram+view 16MQ70

アスペクト比16:10の軽量ワイドモニター

16.0インチ WQXGA(2,560×1,600)

約670g(カバースタンド装着時990g)

USB Type-C×2 / ミニHDMI

Amazonで見る

UNiQ PROMETHEUS MONITOR UQ-PM15FHD

背面にカーボンファイバー素材採用

15.6インチ フルHD(1,920×1,080)

本体600g、カバー約404g

USB Type-C×2(1つは電源専用) / ミニHDMI×1

対応

Amazonで見る

DELL C1422H-R

スタンド一体型の軽量ディスプレイ

14インチ フルHD(1,920×1,080)

590g

USB Type-C×2

Amazonで見る

GeChic On-Lap 1503I

VGA入力対応の15.6型モニター

15.6インチ フルHD(1,920×1,080)

本体1,064g、スタンド282g、保護カバー290g

マイクロHDMI×1 / リアドックポート×1 / VGA×1

対応

Amazonで見る

Acer PM161Qbu

予算を抑えたい方におすすめ

15.6インチ フルHD(1,920×1,080)

約970g(スタンド含む、取り外し不可)

USB Type-C×1

Amazonで見る

Quintokuta 4F173

17.3インチの大型モバイルディスプレイ

17.3インチ フルHD(1,920×1,080)

約740g(カバースタンド含まず)

USB Type-C×3(1つはデータ通信用) / ミニHDMI×1

Amazonで見る

New Bridge NB-TM088

SNSなどの閲覧に適したロングモニター

8.8インチ(480×1,920)

約230g

USB Type-C×1(給電のみ) / ミニHDMI×1

モバイルディスプレイとは? タブレットとの違い

タブレットとの違い

モバイルディスプレイは携帯性に優れたサブモニターです。ブラウザやソフトをパソコン画面にいくつも立ち上げると画面上が乱雑になりがちですが、モバイルディスプレイがあれば作業領域が広がり、作業がしやすくなります。

モバイルディスプレイに似ているデバイスが「タブレット」。同じように画面上にアプリやブラウザを起動して表示できますが、両者の大きな違いは「OS(オペレーティングシステム)」の有無です。

タブレットにはAndroid、iPadOS、WindowsなどのOSを組み込むことで、アプリケーションをインストールして操作することが可能です。携帯性に特化したパソコンともいえます。

モバイルディスプレイはOSを搭載できないため、単体での作業には向きません。あくまでもパソコンやスマホなどのサブモニターという位置付けです。

モバイルディスプレイのメリット

メリット・デメリットのイメージ画像

Photo by iStock

コスパの良さ

6万円を超えるような高額モデルもあれば、1万円を切る低価格モデルまで、サイズや解像度の異なるさまざまなモデルがあります。

パソコンのサブモニターとして使うなら、サイズが13〜15インチでフルHD以上の解像度が理想的です。価格は1万円台後半から2万円台が標準的。一方、タブレットで同様に13インチ以上のモデルとなると、標準的なスペックでも4万円以上します。

情報漏洩のリスクが少ない

「OSがなくできることが少ない」というデメリットは、一方でビジネスシーンではメリットになることも。タブレットの場合、OSやアカウントを十分に管理しなければ情報漏洩のリスクが高まりますが、モバイルディスプレイはそういった心配がなく、そのまま備品として社員に渡すことができます。

モバイルディスプレイのデメリット

機能が限られる

前述のようにモバイルディスプレイはパソコンやスマホのサブモニター向けに開発されているため、単独でメールの送信やアプリの操作などはできません。

とはいえ、中にはタッチパネル機能を搭載した機能的なモデルもあります。画面を指でスクロールしたり、絵を描いたり、拡大したい部分を指で広げたりと、タブレットのような直感的な操作が可能です。

パソコンのバッテリー消費が早くなる

USBケーブルを接続することでパソコンから給電できるタイプが一般的です。その場合、パソコン側のバッテリーを消費するため、当然パソコンの駆動時間を圧迫します。使用状況にもよりますが、モバイルディスプレイに給電することで、パソコンの駆動時間が半分程度に減る場合もあります。

しかし、一般的なモバイルディスプレイは複数の給電方法に対応しています。AC電源の利用や、内蔵バッテリーにより、パソコンのバッテリーに負担をかけないモデルも選択できます。

モバイルディスプレイの選び方

モバイルディスプレイ選び方

数あるモバイルディスプレイについて、どういった点に注意して選ぶべきかを解説していきます。

サイズ(インチ数)と解像度に注目

4K対応モバイルディスプレイのイメージ

ディスプレイサイズと解像度は重要なポイント。選択を間違えると使い勝手が悪くなることがあります。

目的に合わせたサイズ選び

モバイルディスプレイは小型の7インチから20インチを超す大型モデルまでさまざま。小型モデルの場合、表示されるグラフィックや文字サイズが小さくなるため、パソコンと並べて設置したときに見づらい傾向があります。拡大しても、表示スペースが限られるためにスクロール回数が多くなりがちです。

一方、17インチを超すような大型モデルは重く、携帯性を損なうことも。持ち運びを考えてサイズや重さに注目すると、活躍の幅が広がります。

とはいえ、大型モデルはゲーミングの臨場感を高めたり、プレゼンでの視認性をよくしたりなどのメリットも。携帯性を求めないのであれば、大型モデルを検討してみるのもよいでしょう。

4K対応の高解像度モデルに注目

モバイルディスプレイはマルチディスプレイ環境を可能にします。作業内容を複数の画面に分けることにより、作業の効率化が図れます。

高画質のディスプレイは視認性を高めるものの、フルHDと4Kのどちらを選ぶべきかは悩ましいところ。今後、スマホやパソコンの性能は上がっていく一方なので、将来性を考えるとより高画質の4Kモニターは長く活躍してくれるでしょう。

柳谷智宣

柳谷智宣さんのアドバイス

モバイルディスプレイを選ぶ際には画面サイズが重要です。大きければ視認性が高く、小さければ持ち運びしやすくなります。実際にどのくらいの大きさが必要なのか、よく検討しましょう。

おすすめは利用しているノートパソコンと同じくらいで、14インチ前後が主流になると思います。モバイルディスプレイに参照用の情報を表示しながらパソコンで入力作業などを行う際に、視線を行ったり来たりさせても疲れにくいです。予算が許すなら高画質モデルもおすすめです。

持ち運びしやすい軽量モデル

軽量モデル

モバイルディスプレイの魅力は、やはり持ち運びに便利なサイズ感や軽さ。場所を選ばずどこでもパソコン作業をサポートしてくれます。

13〜15インチのモデルでは1kg未満の重さが標準的です。中には500g程度の超軽量モデルもあります。本体の厚さが1cmを切るような薄型モデルであれば、普段ノートパソコンを持ち歩くバッグにも無理なく入ることでしょう。

柳谷智宣

柳谷智宣さんのアドバイス

モバイルディスプレイの重さを検討する場合、ノートパソコンと一緒に持ち運ぶことを忘れないようにしてください。ノートパソコンの重量に上乗せされるので、重さやバッグ内のスペースもよく考えて選びましょう。

とはいえ、軽ければ軽いほどいいというわけではなく、スタンドの有無や堅牢性なども無視できません。

給電方法の違い

モバイルディスプレイはバッテリー搭載タイプと非搭載タイプの2つに分かれます。

バッテリー搭載タイプ|連続駆動時間に注意

バッテリー搭載タイプは連続駆動時間を確認しましょう。駆動時間が長ければ安心ですが、バッテリーが切れてもUSB入力に対応していれば、パソコンから給電することが可能です。

バッテリー非搭載タイプ|パソコンやAC電源から給電が可能

バッテリー非搭載のタイプは使用時に常に給電している必要があります。給電は「AC電源」もしくは「USB」経由で行います。両方の給電方法に対応したモデルもあれば、「USB給電」のみに対応したモデルもあり、多いのは後者です。

USB給電タイプのモバイルディスプレイ
Moovoo編集部員の自宅にはバッテリー非搭載タイプが。USB給電しながら使っています。

使い勝手を左右する、入力端子

入力端子のイメージ

モバイルディスプレイを選ぶ際は、パソコン側のモニター出力端子に対応した入力端子を備えているか確認しましょう。ゲーム機に対応した入力端子も備えていると、パソコンのサブモニターとしてだけでなく、ゲーミング用モニターとしても使えます。

USB(Type-A / Type-C)

USB接続のメリットはモニター出力と給電が1本でできる点です。ケーブルが少ないと持ち運びに便利です。

最近のモバイルディスプレイの多くが最新規格であるUSB Type-C(USB3.1)接続に対応しています。従来のUSB Type-A(USB3.0)に比べ、転送速度が最大で4倍にアップしたことで遅延のないモニター出力が可能です。注意点として、パソコン側にもUSB Type-Cの出力端子があるか確認しておく必要があります。

HDMI

HDMIもモバイルディスプレイの接続端子として一般的です。標準HDMI、ミニHDMI、マイクロHDMIと基本的にはこの3種類に分かれているため、付属品とは別にケーブルを購入する場合は注意しましょう。

転送速度が早く、4Kに対応した規格もあります。USBと違い、電源を別に確保する必要があります。ゲーム機との接続にも対応する入力端子です。

VGA

VGAは古くからあるアナログ端子です。今後モバイルディスプレイの接続端子としては減少していくことが予想されます。転送速度は早いですが、4Kには対応しません。

柳谷智宣

柳谷智宣さんのアドバイス

ミニHDMIに対応していてケーブルを持っていれば汎用性は高まりますが、基本的にはUSB入力に対応していれば十分です。

ノートパソコンにUSB Type-C端子がない場合、商品にUSB Type-AとUSB Type-Cをつなげられるケーブルが付属しているか確認しましょう。ない場合は別途購入する必要があります。

設置方法をチェック

現在発売されているモバイルディスプレイ には、スタンドケースが付属したものがあります。スタンドケースは保護ケースとスタンドを兼ねたものです。

デスクに置くだけなら付属のスタンドケースで十分ですが、モニターアームなどへの取り付けを考えている場合は、「VESA規格」に対応した製品かどうかを確認しましょう。

VESA規格対応のモバイルディスプレイは背面に4つのネジ穴があります。ネジ穴の配置は規格によって「75×75mm(VESA75)」と「100×100mm(VESA100)」などに分かれているため、対応しているか確認しておきましょう。

スタンドケースは場所をとる場合も。机ではコンパクトなタブレットスタンドに立てる手もあります。

操作性に優れたタッチパネル機能

タッチパネル搭載のモバイルディスプレイ

最近はタッチパネル機能を搭載したモデルが人気です。タブレットのようにスクロールや拡大縮小が直感的に操作できます。

複数の指によるタッチを同時に認識できるのが「マルチタッチ対応」モデル。中には最大10カ所のタッチを同時認識できる「10ポイントマルチタッチ」機能を備えたモデルもあります。ただし、「10ポイントマルチタッチ」はWindows 7以降のOSしかサポートしていないため注意が必要です。

高機能を取るか、安さを取るか

大型で機能性に優れたモデルはやはり価格も高くなります。数十万円もするような業務用モデルもありますが、オーバースペックな製品を選ぶのは賢い選択とはいえません。しかし、コンパクトで安いモデルに選択肢を限定してしまうと、使い勝手が悪く、長期的に見てコスパが悪い場合もあります。

コスパに優れたおすすめのラインナップを紹介していますので、是非参考にしてください。

続いては、監修者が選ぶモバイルディスプレイ2選

(この章の商品は、2022年2月に選定いただきました)

柳谷さんおすすめ①
  • I-O DATA
  • LCD-MF161XP

  • 税込み39,800円
  • 1cm未満の薄さとブルーライトカットがユーザーに優しい

  • 15.6インチのフルHDディスプレイを搭載しながら、1cmを切る薄さを実現。

    ブルーライト低減機能(ブルーリダクション)を5段階で設定することが可能で、長時間使用するユーザーにとって優しい機能を備えています。

▼I-O DATAによる、使用イメージを紹介する公式動画がこちらです。

柳谷智宣

柳谷智宣さんのおすすめポイント

画面サイズはちょっと大型ながら薄型で、必要な機能を一通り網羅しています。持ち運び用のキャリングケースがスタンドになるタイプで、これもコンパクト化に役立っています。

USB Type-C入力とHDMI入力の両対応は使い勝手がいいのですが、付属ケーブルはミニHDMIのみ。USB接続をしたい方はケーブルを別途用意する必要があります。

超解像度技術やエンハンストカラーで高画質表示ができるのもポイント。ビジネス・文教向けのワイドモデルなので、コスパの良さが嬉しいところです。
主なスペック
ディスプレイ性能:15.6インチ フルHD(1,920×1,080)
重さ:約900g
入力端子:USB Type-C / ミニHDMI
バッテリー:ー
タッチパネル:ー
VESA規格:ー
柳谷さんおすすめ②
  • GeChic
  • On-Lap 1306H

  • 税込み78,245円(Yahoo!)
  • 13インチの適度なサイズ感と軽さが魅力

  • On-Lapシリーズで人気のGeChic(ゲシック)から発売された13.3インチモデル。

    特徴は手頃なサイズ感と、670gという軽さ。15インチでは大き過ぎて使い勝手が悪いと感じる方にも適したサイズ。

柳谷智宣

柳谷智宣さんのおすすめポイント

台湾メーカーが手がけるモバイルディスプレイシリーズ「On-Lap」の13インチモデルです。私も15.6インチモデルの「On-Lap 1503H」を利用しており、使い勝手は良好です。

何より、この「On-Lap 1306H」は670gと軽いのがいいですね。付属の保護カバースタンドは無段階に、40度から80度まで調整できます。モバイルディスプレイのスタンドは意外と直角近くまで立てられるものが少ないので、便利に使えます。

付属品は保護カバースタンドにUSB充電器、さらにHDMIとUSBのケーブルもあります。また、USB Type-A to USB Type-Cケーブルまで付いていて至れり尽くせりです。
主なスペック
ディスプレイ性能:13.3インチ フルHD(1,920×1,080)
重さ:670g
入力端子:USB Type-C / マイクロHDMI
バッテリー:ー
タッチパネル:ー
VESA規格:ー

〈編集部PICK UP〉モバイルディスプレイ、人気メーカーの売れ筋商品

女性顔イラスト(検証コメント用)

Moovoo編集部

そのほかの人気モデルをご紹介します。Moovoo編集部が、ECサイトの人気ランキングなどからピックアップしました。
PICK UP①
  • ASUS
  • ZenScreen MB16ACV

  • 税込み25,452円
  • 三脚に固定して使える

  • USB Type-C1本で接続できるモバイルディスプレイ。DisplayLinkドライバを使用すればUSB Type-Aにも対応します。折りたたみ式のキックスタンドで、角度調整も簡単に可能。

    背面には、1/4インチのネジ山に対応した取り付け穴が用意されており、三脚などに固定して使用することができます。ブルーライト軽減機能やフリッカーフリーといったASUS Eye Care技術対応で、目にもやさしい仕様です。

主なスペック
ディスプレイ性能:15.6インチ フルHD(1,920×1,080)
重さ:約830g
入力端子:USB Type-C×1
バッテリー:ー
タッチパネル:ー
VESA規格:ー
PICK UP②
  • ASUS
  • ZenScreen GO MB16AP

  • 税込み36,500円(楽天市場)
  • 高速充電対応のバッテリー搭載モデル

  • 給電なしで最大4時間稼働する、7,800mAhのバッテリー搭載モデルです。QC3.0の高速充電に対応しており、通常のUSB充電の2倍の速さで充電することができます。

    ノートPCだけでなく携帯電話との接続も可能。縦置きに対応しており、画面は置いた向きに応じて自動で回転するから操作する手間もありません。

主なスペック
ディスプレイ性能:15.6インチ フルHD(1,920×1,080)
重さ:860g(スタンド含む)
入力端子:USB Type-C×1
バッテリー:7,800mAh
タッチパネル:ー
VESA規格:ー
PICK UP③
  • I-ODATA
  • EX-LDC161DBM

  • 税込み24,980円
  • オーバードライブ機能で応答速度4ms

  • 最薄部約7mm、重さ約730gのコンパクトモニター。広視野角ADSパネル採用により、さまざまな角度から鮮明な映像が楽しめます。

    ゲーム機と接続することも可能で、オーバードライブ機能を使えば最大で応答速度は4msまで向上。さらにコンテンツごとに適した映像表示ができる全5種の画面モードを搭載しているほか、映像を自動で判別して最適な明るさにするCREX機能なども対応しています。

主なスペック
ディスプレイ性能:15.6インチ フルHD(1,920×1,080)
重さ:約730g(スタンド含む)
入力端子:USB Type-C×1 / ミニHDMI×1
バッテリー:ー
タッチパネル:ー
VESA規格:ー
PICK UP④
  • アイリスオーヤマ
  • ILD-A1616MS-B

  • 税込み21,800円
  • 15.6型フルHDのノングレア液晶

  • 映り込みや光の反射が少ないノングレア液晶を採用しています。フレームが狭いデザインで、没入感の高い使い心地です。自立するスタンドカバーが付属するので、そのまま持ち運べます。

    応答速度5msで画面表示もなめらか。USB Type-CとミニHDMI入力に対応しており、Alt Mode対応のスマホと接続することが可能です。

主なスペック
ディスプレイ性能:15.6インチ フルHD(1,920×1,080)
重さ:約550g
入力端子:USB Type-C×2 / ミニHDMI×1
バッテリー:ー
タッチパネル:ー
VESA規格:ー
PICK UP⑤
  • プリンストン
  • PTF-M133T

  • 税込み26,820円
  • USB Micro-B対応の13.3型ディスプレイ

  • 10点マルチタッチ対応の、IPSパネルを採用した13.3型ディスプレイ。液晶は発色が鮮やかなグレア液晶です。最薄部5mm、本体重量は530gと、主流の15.6型に比べかなりコンパクト。

    USB Type-CとミニHDMI入力に対応しているのに加え、USB Micro-Bポートを搭載しているのが特徴。映像入力はできませんが、付属の変換ケーブルを使用すればUSB Type-Aも接続できます。

主なスペック
ディスプレイ性能:13.3インチ フルHD(1,920×1,080)
重さ:本体530g、カバー312g
入力端子:USB Type-C×1 / ミニHDMI×1 / USB Micro-B×1
バッテリー:ー
タッチパネル:対応
VESA規格:ー
PICK UP⑥
  • JAPANNEXT
  • JN-MD-IPS125FHDR

  • 税込み21,605円
  • 幅30cm未満のコンパクトモデル

  • 薄さ9.6mm、重量約440gの12.5型モデル。ベゼルは5mmの狭額デザインで、本体は幅28.7cmと小ぶりで持ち運びやすいサイズです。

    VESA規格に対応しているため、モニターアームに取り付けることができます。ステレオスピーカー搭載なので、音楽も楽しむことも可能。目の負担を軽くするブルーライト軽減機能や、ちらつきをなくすフリッカーフリーにも対応しています。

主なスペック
ディスプレイ性能:12.5インチ フルHD(1,920×1,080)
重さ:約440g
入力端子:USB Type-C×2 / ミニHDMI×1
バッテリー:ー
タッチパネル:ー
VESA規格:対応(VESA75)
PICK UP⑦
  • レノボジャパン
  • ThinkVision M14 61DDUAR6JP

  • 税込み31,480円
  • パワーパススルー機能搭載

  • パワーパススルー機能を搭載しています。それにより、2つあるUSB Type-Cポートの1つをノートPCに接続して、もう1つを電源に接続することで、ノートPCに給電することが可能です。

    本体重量は約570gと14型ディスプレイとして平均的ですが、薄さは4mmとかなりの薄型モデル。スタンドは10°から90°まで角度調整ができます。

主なスペック
ディスプレイ性能:14インチ フルHD(1,920×1,080)
重さ:約570g
入力端子:USB Type-C×2 / ミニHDMI
バッテリー:ー
タッチパネル:ー
VESA規格:ー
PICK UP⑧
  • YAMAZEN
  • Qriom QMM4K-156

  • 税込み29,800円
  • 4K解像度でゲームモードも搭載

  • IPSパネルで広い視野角を確保したモデルです。ビジネス用途だけでなく、各種ゲーム機と接続して高画質でゲームを楽しむこともできます。内蔵スピーカーも搭載しているので、臨場感のあるゲームプレイが楽しめるでしょう。

    ゲームプレイに適したゲームモードも搭載しています。最薄部は6mm、本体重量は840gと、モバイルディスプレイとしてはやや大きめながら十分持ち運べるサイズです。

主なスペック
ディスプレイ性能:15.6インチ 4K(3,840×2,160)
重さ:約840g
入力端子:USB Type-C×2 / ミニHDMI×1
バッテリー:ー
タッチパネル:ー
VESA規格:ー
PICK UP⑨
  • LGエレクトロニクス
  • gram+view 16MQ70

  • 税込み40,280円
  • アスペクト比16:10の軽量ワイドモニター

  • アスペクト比16:10かつ16インチの大きめモニターは、単体で縦長のウィンドウを2つ並べて表示するのにも適しています。大画面かつWQXGAの高解像度ながら、重量は約670gと軽量。カバースタンド装着時でも990gです。

    同社のノートPC「LG gram」と同じ画面サイズで相性がよく、組み合わせれば合計28.5インチで5,120×1,600の広々とした作業スペースを確保することができます。

主なスペック
ディスプレイ性能:16.0インチ WQXGA(2,560×1,600)
重さ:約670g(カバースタンド装着時990g)
入力端子:USB Type-C×2 / ミニHDMI
バッテリー:ー
タッチパネル:ー
VESA規格:ー
PICK UP⑩
  • UNiQ
  • PROMETHEUS MONITOR UQ-PM15FHD

  • 税込み36,440円(楽天市場)
  • 背面にカーボンファイバー素材採用

  • 液晶にスマートフォンやタブレットと同じガラス素材を採用した、タッチパネル対応モデルです。ガラス素材のスクリーンは滑らかなだけでなく、指紋防止コーティングが施されているので画面への指紋の付着をおよそ70%軽減するのだといいます。

    軽量で強度の高い、カーボンファイバー素材を本体背面に使用している点も特徴的です。

主なスペック
ディスプレイ性能:15.6インチ フルHD(1,920×1,080)
重さ:本体600g、カバー約404g
入力端子:USB Type-C×2(1つは電源専用) / ミニHDMI×1
バッテリー:ー
タッチパネル:対応
VESA規格:ー
PICK UP⑪
  • DELL
  • C1422H-R

  • 税込み29,800円
  • スタンド一体型の軽量ディスプレイ

  • DELL初のモバイルディスプレイです。スタンドはカバーではなく一体型になっていて、10°から90°まで調節が可能です。カバーの代わりに、フェルト製のスリーブケースが付属します。

    14インチ、フルHDで本体重量は590gと、スタンド一体型としてはかなり軽量なモデルと言えるでしょう。2つあるUSB Type-Cポートは2つともパススルー充電に対応しています。

主なスペック
ディスプレイ性能:14インチ フルHD(1,920×1,080)
重さ:590g
入力端子:USB Type-C×2
バッテリー:ー
タッチパネル:ー
VESA規格:ー
PICK UP⑫
  • GeChic
  • On-Lap 1503I

  • 税込み65,406円
  • VGA入力対応の15.6型モニター

  • 10点マルチタッチ対応のタッチパネルを搭載したモバイルディスプレイです。別売りの「リアドック」を専用ポートに接続すると、スティック型PCを連携できるようになります。

    スタンドは3段階まで調節可能。入力端子としてVGAに対応しているので、少し古いPCでアナログ出力しかできないといった場合でも対応できるのが特徴です。タッチパネル機能が不要な場合は、同シリーズのOn-Lap 1503Eもおすすめです。

主なスペック
ディスプレイ性能:15.6インチ フルHD(1,920×1,080)
重さ:本体1,064g、スタンド282g、保護カバー290g
入力端子:マイクロHDMI×1 / リアドックポート×1 / VGA×1
バッテリー:ー
タッチパネル:対応
VESA規格:ー
PICK UP⑬
  • Acer
  • PM161Qbu

  • 税込み15,800円
  • 予算を抑えたい方におすすめ

  • 本体重量970g、厚み2cmと、同カテゴリの製品の中ではやや厚みがあるモデルと言えます。その代わり、手ごろな価格が魅力の15.6型ディスプレイです。

    予算を抑えつつ出先などでデュアルディスプレイ環境を構築したい場合には、十分選択肢に入るでしょう。スタンドは収納式で、15度と35度の2段階に調節が可能。映像入力端子はUSB Type-Cが1つで、本体側面のMicro USBポートは給電専用です。

主なスペック
ディスプレイ性能:15.6インチ フルHD(1,920×1,080)
重さ:約970g(スタンド含む、取り外し不可)
入力端子:USB Type-C×1
バッテリー:ー
タッチパネル:ー
VESA規格:ー
PICK UP⑭
  • Quintokuta
  • 4F173

  • 税込み34,800円
  • 17.3インチの大画面、そのうえ軽量設計

  • モバイルディスプレイとしては珍しい17.3型の大画面モデルです。本体重量は約740gと、主流の15.6型と比べても遜色のない軽量設計。カバー兼用スタンドも付属しており、気軽に持ち運べます。

    接続はUSB Type-CとミニHDMI。USB Type-Cポートは計3つ搭載されており、2つは映像・音声出力や給電に対応、1つはデータ通信用のUSBハブとして機能します。

主なスペック
ディスプレイ性能:17.3インチ フルHD(1,920×1,080)
重さ:約740g(カバースタンド含まず)
入力端子:USB Type-C×3(1つはデータ通信用) / ミニHDMI×1
バッテリー:ー
タッチパネル:ー
VESA規格:ー
PICK UP⑮
  • New Bridge
  • NB-TM088

  • 税込み16,280円
  • SNSなどの閲覧に適したロングモニター

  • 高さ約248.5mm、幅約78.8mmの8.8インチという特殊なサイズの縦型モニターです。SNSやチャット欄の閲覧などに適しています。8.8インチと小型のため、本体重量も約230gと非常に軽量です。

    チャット欄の閲覧以外に、Web会議で参加者を縦に一覧表示するといった使い方も可能。PC側の画面を圧迫しないため、画面共有などもスムーズにできます。背面に収納されたスタンドは10段階まで角度調整できます。

主なスペック
ディスプレイ性能:8.8インチ(480×1,920)
重さ:約230g
入力端子:USB Type-C×1(給電のみ) / ミニHDMI×1
バッテリー:ー
タッチパネル:ー
VESA規格:ー
※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

ディスプレイ性能

重さ

入力端子

バッテリー

タッチパネル

VESA規格

Amazonで見る

【監修者おすすめ】I-O DATA LCD-MF161XP

1cm未満の薄さとブルーライトカットがユーザーに優しい

15.6インチ フルHD(1,920×1,080)

約900g

USB Type-C / ミニHDMI

Amazonで見る

【監修者おすすめ】GeChic On-Lap 1306H

13インチの適度なサイズ感と軽さが魅力

13.3インチ フルHD(1,920×1,080)

670g

USB Type-C / マイクロHDMI

Amazonで見る

ASUS ZenScreen MB16ACV

三脚に固定して使える

15.6インチ フルHD(1,920×1,080)

約830g

USB Type-C×1

Amazonで見る

ASUS ZenScreen GO MB16AP

高速充電対応のバッテリー搭載モデル

15.6インチ フルHD(1,920×1,080)

860g(スタンド含む)

USB Type-C×1

7,800mAh

Amazonで見る

I-ODATA EX-LDC161DBM

オーバードライブ機能で応答速度4ms

15.6インチ フルHD(1,920×1,080)

約730g(スタンド含む)

USB Type-C×1 / ミニHDMI×1

Amazonで見る

アイリスオーヤマ ILD-A1616MS-B

15.6型フルHDのノングレア液晶

15.6インチ フルHD(1,920×1,080)

約550g

USB Type-C×2 / ミニHDMI×1

Amazonで見る

プリンストン PTF-M133T

USB Micro-B対応の13.3型ディスプレイ

13.3インチ フルHD(1,920×1,080)

本体530g、カバー312g

USB Type-C×1 / ミニHDMI×1 / USB Micro-B×1

対応

Amazonで見る

JAPANNEXT JN-MD-IPS125FHDR

幅30cm未満のコンパクトモデル

12.5インチ フルHD(1,920×1,080)

約440g

USB Type-C×2 / ミニHDMI×1

対応(VESA75)

Amazonで見る

レノボジャパン ThinkVision M14 61DDUAR6JP

パワーパススルー機能搭載

14インチ フルHD(1,920×1,080)

約570g

USB Type-C×2 / ミニHDMI

Amazonで見る

YAMAZEN Qriom QMM4K-156

4K解像度のモバイルディスプレイ

15.6インチ 4K(3,840×2,160)

約840g

USB Type-C×2 / ミニHDMI×1

Amazonで見る

LGエレクトロニクス gram+view 16MQ70

アスペクト比16:10の軽量ワイドモニター

16.0インチ WQXGA(2,560×1,600)

約670g(カバースタンド装着時990g)

USB Type-C×2 / ミニHDMI

Amazonで見る

UNiQ PROMETHEUS MONITOR UQ-PM15FHD

背面にカーボンファイバー素材採用

15.6インチ フルHD(1,920×1,080)

本体600g、カバー約404g

USB Type-C×2(1つは電源専用) / ミニHDMI×1

対応

Amazonで見る

DELL C1422H-R

スタンド一体型の軽量ディスプレイ

14インチ フルHD(1,920×1,080)

590g

USB Type-C×2

Amazonで見る

GeChic On-Lap 1503I

VGA入力対応の15.6型モニター

15.6インチ フルHD(1,920×1,080)

本体1,064g、スタンド282g、保護カバー290g

マイクロHDMI×1 / リアドックポート×1 / VGA×1

対応

Amazonで見る

Acer PM161Qbu

予算を抑えたい方におすすめ

15.6インチ フルHD(1,920×1,080)

約970g(スタンド含む、取り外し不可)

USB Type-C×1

Amazonで見る

Quintokuta 4F173

17.3インチの大型モバイルディスプレイ

17.3インチ フルHD(1,920×1,080)

約740g(カバースタンド含まず)

USB Type-C×3(1つはデータ通信用) / ミニHDMI×1

Amazonで見る

New Bridge NB-TM088

SNSなどの閲覧に適したロングモニター

8.8インチ(480×1,920)

約230g

USB Type-C×1(給電のみ) / ミニHDMI×1

人気サイトの売れ筋ランキングはこちら

おすすめスタンド・モニターアーム

女性顔イラスト(検証コメント用)

Moovoo編集部

モバイルディスプレイを持ち上げてくれるスタンドとモニターアームをご紹介します。長時間のパソコン作業で肩や腰への負担を感じている方は、視線を上げて正しい姿勢でデスクワークをするために、ぜひ参考にしてみてください。
PICK UP!
  • Wearson
  • 100&75タッチモニターホルダーアーム

  • 税込み2,754円
  • 高さや角度が可変式のコンパクトタイプ

  • デスクに置くタイプのモニターアーム。特徴はシンプルな外観と操作の簡単さです。

    VESA規格の75と100どちらにも適合するため、VESA規格に対応したモバイルディスプレイならどれでも取り付け可能です。

PICK UP!
  • Green House
  • GH-AMCD01

  • 税込み4,998円(Yahoo!)
  • ガススプリングで簡単操作

  • キッチングッズなど幅広い製品を開発しているグリーンハウスのモニターアーム。ガススプリングにより、女性でも簡単に操作ができます。取り付けも簡単です。

PICK UP!
  • aceyoon
  • タブレットスタンド

  • 税込み2,039円
  • 持ち運びできるタブレットスタンド

  • 13インチまで対応するスタンド。特徴は折りたたみができて持ち運びができる点です。カフェなどで作業をするにも便利です。傾きや高さも調節できます。

モニターアームはデスク環境に合ったものを選ぶことが大事ですが、まずはディスプレイ側にVESA規格対応の穴があいているか確認しておきましょう。

HOME

>

PC・スマホ

>

〈プロ監修〉モバイルディスプレイおすすめ17選、安くて良い品から高機能モデルまで


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!