HOME

>

家電

>

【最新版】一人暮らしにおすすめなテレビ10選!購入前に知っておきたい選び方とは

【最新版】一人暮らしにおすすめなテレビ10選!購入前に知っておきたい選び方とは

増田あかり
2020-10-11
2020-10-11

一人暮らしでテレビは必要不可欠になりつつあります。地上波番組や映画の視聴だけでなく、PCのサブモニターとして使えることもあり、テレワークをする方にもおすすめです。

スマホやタブレットがあれば十分と思っていた方は、PCモニターではなくテレビを候補に選んでみてはいかがでしょうか。今回は一人暮らしをより快適にする、おすすめのテレビと選び方をご紹介します。

今のテレビはゲーム・動画配信サービスの視聴も快適!

インターネット

一人暮らしにテレビはいらないという意見もありますが、今のテレビは地上波番組だけでなくゲームや動画配信サービスの視聴をするうえでも欠かせない存在です。

また在宅でのテレワーク需要が増えてきている今、PCのサブモニターとしても使えるため、一人暮らしでもテレビを購入する方が増えています。

本稿ではテレビのサイズについても解説します。部屋が手狭で40V型以上のテレビは置けないという方も、購入前にぜひチェックしてください。

ハイビジョン・フルハイビジョン・4Kとは?

テレビ

テレビは画素数の違いで、ハイビジョン・フルハイビジョン・4Kにわかれます。家電量販店や通販のCMで「4Kテレビがお買い得です!」のように、よく耳にするフレーズですが、なんのことかさっぱりという方も少なくはないでしょう。選び方をご紹介する前に、テレビの画素数について説明します。

テレビのきれいさは画素数で決まります。現在地上波で放送されているハイビジョンは、1280×780=約100万画素です。Blu-rayの映像に対応したフルハイビジョンは1920×1080=200万画素で、水平画素数が約2000になることから2Kテレビとも呼ばれています。

4Kは3840×2160=約800万で画素数がフルハイビジョンの約4倍になり、水平画素数が約4000なので4Kテレビと呼ばれています。

ちなみにKは1000を意味するキロ(K)のことです。テレビの場合は水平画素数で表記されるため、2K(2000画素)・4K(4000画素)・8K(8000画素)といった表記になります。

一人暮らし向けのテレビの選び方

一人暮らしに最適なテレビは、部屋の広さにあわせてサイズを選びます。そして画質・接続端子・便利な機能を、用途にあわせて当てはめていく手順です。

部屋の広さにあわせてテレビのサイズを選ぶ

リビング

部屋の畳数によってテレビのインチを選びますが、テレビと距離を取れるかが重要なポイントです。

メーカーが推奨する適正サイズは、想像しているよりも大きなものが置けてしまい、少々圧迫感を感じる可能性があります。ちなみにパナソニックが映像をきれいに見られる推奨距離としているのが、通常のハイビジョンテレビで画面の高さ×3倍。4Kテレビでは画面の高さ×1.5倍です。4Kなら8畳でも50型前後の大きなテレビが置けることになります。

しかし、日常で使うには少々大きすぎますよね。6畳のワンルームでは32V型。8畳のワンルームでは、少々広くなるので40V型の大きさが現実的です。10畳以上の部屋なら、50V型以上の4Kテレビがサイズ的におすすめです。

テレビをPCのサブモニターとして使う方は、小さめでもかまいません。デスクに並列して、近くで視聴するという方は、20~24V型の小さなテレビが扱いやすいサイズと言えます。

画質は何を鑑賞するかで決める

テレビゲームをする画像

テレビのサイズが決まったら、次は何をメインに視聴するかで選びます。どのような用途で使用するかを想定しましょう。

地上波番組・動画配信サービス・テレワークでの使用がメインの方は、1280×780のハイビジョンテレビもしくは、1920×1080のフルハイビジョンテレビがおすすめです。ただし、24V型と32V型はフルハイビジョンが少ない傾向にあります。フルハイビジョンを選ぶ方は、在庫数の多い40V型から選ぶとスムーズに探せます。

スポーツ鑑賞を頻繁にする方には、コマ数を倍にする動画処理技術が使われているものがおすすめです。倍速表示対応の表記があるテレビを選びましょう。

映画鑑賞をメインにする方には、より大画面で高画質な映像が見れる、4Kテレビがおすすめです。

ゲームをする場合には、表示遅延に弱いと高画質のゲームが快適にできません。タイムラグを抑えるゲーム対応モードなど、ゲームに特化した機能が付いていると満足度が高まります。

LEDバックライトはコスパのいいエッジ型か映像美の直下型か

テレビを見る男性

液晶テレビのバックライトは、見やすさに関わります。コスパで選ぶか、映像美で選ぶかの2択になります。予算や映像の質にかかわる項目なので、慎重に選んでください。

液晶の縁(エッジ部分)にLEDライトを使用したエッジ型は、ハイビジョンテレビに多く採用されています。テレビ自体の値段が安く電気代も抑えられるので、一人暮らしに最適です。バラエティー番組や動画配信サービスなど、映像はそこそこでコンテンツを楽しみたい方におすすめです。

全面にLEDライトを使用した直下型は、液晶全面を照らすことで高精細でよりリアルな映像が再現できます。主に4Kテレビに使われることが多く値段が高くなりますが、ゲームや映画をよりきれいな映像で見たい方にぴったりです。

HDDを簡単に取り付け・交換できるか

テレビのリモコン

レコーダー内蔵テレビもありますが、現状は少なく価格も高い傾向です。そのため外付けハードディスクが取り付け可能なテレビなら、別途購入して接続すれば低コストで録画ができます。

選び方はとても簡単で、USBハードディスク録画(別売)といった表示がされているものを選ぶだけです。

あとは家電量販店やAmazonなどから、テレビ接続が可能な外付けハードディスクを購入。テレビが届いたら、説明書に従って取り付けて完了です。

Wi-Fi機能内蔵だと多彩なチャンネルを視聴できる

インターネット対応テレビ

Wi-Fi内蔵型テレビやAndroid OS搭載モデルを選ぶと、YouTubeやNetflixといった様々な動画配信サービスを見られます。

<視聴できる主な動画配信サービス>
Netflix / Amazonプライムビデオ / Hulu / U-NEXT / dTV / FOD / Abema / TVerなど

機種により異なりますが、上記のようなコンテンツを見たり、Android OS搭載モデルであればコンテンツをダウンロードして増やしたりと、やれることの幅が広がります。

価格は、Wi-FiやAndroid OSが搭載されているぶん高くなります。しかしWi-Fi環境さえあれば別途機器の購入をすることなく、視聴が簡単です。テレビは断然ネット派という方におすすめします。

パソコンや小型デバイスを取り付けるなら接続端子の多さも重要!

モニター

テレビの裏や側面に付いている、接続端子にも注目しましょう。テレビにはアンテナ接続端子以外に、HDMIやUSB端子などがあります。ゲーム・PCモニター・小型デバイスといった、接続したい機器にあうHDMI端子がいくつ付いているかを確認してください。

HDMI端子はパソコンやゲーム機器のほか、クロームキャストの小型デバイス・スピーカー・レコーダーへの接続にも必要です。抜き差しする手間が省けるので、HDMI端子数が多いテレビをおすすめします。

AV端子(ビデオ入力)は、DVDプレイヤー(レコーダー)・ファミコン・ビデオカメラなど、古い機器を接続する方には欠かせない接続端子です。現在のモデルは基本的にHDMIが使われるので搭載数が少ないですが、最低でも1つは付いています。

USB端子は、HDDレコーダーの取り付けが可能なテレビに付いています。録画機能を使いたい方は、必ず確認しましょう。

LAN端子は、テレビにネット接続してウェブや動画視聴サービスを使うのに必要です。最近はWi-Fi(無線LAN)機能を搭載しているものもあるので、あわせて確認してください。

普通の使い方でも、HDMI端子は最低2つ。ゲーム機器やモニターを同時に付けたい方は、HDMI端子が3~4つ付いたものがおすすめです。

スマホを使った録画など、メーカー独自の機能で選ぶ

移動中のスマホ

シャープのAQUOSにはファミリンク、東芝のREGZAにはSeeQVault(シーキューボルト)というように、メーカーの独自機能で選ぶこともできます。

多くのメーカーはHDMIのARC接続をすると、レコーダーやスピーカーがテレビとリンクし、1つのリモコンで操作が可能になります。映画鑑賞などで多くの機器を使う方には、いくつもリモコンを使い分けずに済むおすすめの機能です。

メーカによっては、スマホのアプリを使った遠隔操作が可能です。対応機種のテレビがネットに接続していれば、外出先でテレビ番組を録画したり視聴したりできます。

「今まで使っていたテレビの機能が使いやすい」「あのメーカーのアプリは便利だから使ってみたい」という動機も、選び方の1つです。こだわりを持って選び、充実したテレビライフを送りましょう。

予算もしっかり決めておこう

お金

テレビの大きさや画質、欲しい機能・必要な端子が決まったら、最後に重要なのは予算です。置けるサイズは変更しづらい項目ですが、画質や機能は予算が余ればよりいいものにアップグレードできます。

ハイビジョンテレビとフルハイビジョンテレビの相場は、24V型のフルハイビジョンで3万円台前半~、32V型のハイビジョンで3万円台後半~になります。40V型のフルハイビジョンでは値段が少々上がり、約4万円~6万円台です。

映像にこだわるゲーム・映画視聴におすすめな4Kテレビは、40V型・43V型の安いもので5万円台〜の値段もありますが、7~8万円が平均的な相場です。50V型を超えると、約8万円~10万円台と高額になります。より映像がきれいな有機ELを搭載したものは、約15万円~32万円です。

4Kテレビになると値段が高いですが、プラス2万~3万円で映画やゲームが快適になると考えるとコスパはいいです。予算に余裕があれば、4Kテレビをおすすめします。

【32型未満】一人暮らしにおすすめのテレビ5選

一人暮らしにおすすめな、32型未満と32型以上のテレビに分けてご紹介します。部屋の広さにあうサイズと、欲しい機能があるものを選んでください。はじめに32型未満のテレビからです。

人気5位
  • ビズライフ
  • bizz HB-24HDVR

  • 税込み22,800円
  • 場所を取らないコンパクト設計とDVD内蔵のLED液晶テレビ

  • 軽量でコンパクトなデザイン設計でありながら、フルハイビジョンという高画質を提供するおすすめ液晶テレビ!視野角度も広く設置場所を選ばない一人暮らしの味方!

台湾製で設置場所を選ばないコンパクト設計でありながら、フルハイビジョンという高性能な点が魅力的です。値段もお手頃で、コスパ重視の方におすすめです。

DVDが良いです お部屋のサイズにバッチリで、DVD内臓で場所いらず、リモコンも一つでわかりやすい!バッチリです!

出典:価格.com bizz HB-24HDVR [24インチ] 価格比較

人気4位
  • SHARP
  • AQUOS 2T-C22ADW

  • 税込み25,773円
  • 一人暮らしの部屋に映えるホワイト!シンプルに必要機能も充分!

  • 22インチでフルHDとコスパに優れたテレビです。小型のため、場所の配置にも困らない。カラーデザインが2色あるのも珍しく、白を基調にした部屋にしたい場合おすすめです。

このサイズでカラーバリエーションが2色あるのがおすすめです。人の声がくっきり聞こえる音声「くっきり」ボタンもおすすめ。大きな音量を出せない部屋に合わせやすいです。

コスパ最高 これだけ機能が充実していれば、かなりコスパに優れたTVです。取扱は説明書も不要なくらい簡単です。

出典:価格.com AQUOS 2T-C22AD-W [22インチ ホワイト系] 価格比較

多機能性が決め手。趣味・仕事部屋用として、dtcp-ip対応で宅内network経由でNASに撮り溜めたビデオの鑑賞ができることが条件でした。調べてみるとこの22インチモデルは画素数が1920 x 1080でFHD。つまりパソコンのサブモニタとしても使えそうというのも決め手となりました。

出典:価格.com AQUOS 2T-C22AD-W [22インチ ホワイト系] 価格比較

人気3位
  • SHARP
  • AQUOS 2T-C22ADB

  • 税込み25,773円
  • 部屋に合わせるのに万能なブラックカラー!コスパも良い、優れ物!

  • 人気4位で紹介したAQUOSの2T-C22ADのブラックバージョン。カラーデザインのブラックは汎用的に使用できるので、男女ともに人気のモデルです。

人気4位で紹介した2T-C22ADの色違いモデルです。男女ともに使用しやすいカラーで、フルハイビジョンなのが魅力的です。

PCモニターとして使用!
【画質】このサイズでフルHDなので、外部入力をフルハイビジョンでいろいろ使えて満足です。

出典:価格.com AQUOS 2T-C22AD-W [22インチ ホワイト系] 価格比較

【画質】このサイズでFHDは少ないのでありがたいというか少ないので希少

出典:価格.com AQUOS 2T-C22AD-W [22インチ ホワイト系] 価格比較

人気2位
  • Hisense(ハイセンス)
  • 24A50

  • 税込み19,095円
  • この値段で裏録画ができる?!安価で購入したいならおすすめ!

  • サイズのの割に軽く、模様替えは簡単にできるのが良ポイント。弱点を挙げるなら音質の点だが、外付けのスピーカーで劇的に改善します。

ハイビジョンの画質にIPSパネル採用のため、斜めから見てもきれいに映像を視聴することができます。また音響にもこだわりがあり、「スーパーバス」という低音がきれいに聞こえる機能を搭載しています。音質重視の方におすすめです。

必要充分です。安さとIPSパネルが決め手となり購入しました。機能はHDMI x 2、有線LAN、USB-HDD裏録と充実しており、画質も正直期待していなかった割には充分以上にキレイです。

出典:価格.com 24A50 [24インチ] 価格比較

値段の割に優秀だと思いますPC接続するとにじみが目立つので、PCのサブディスプレイには不向きです

出典:価格.com 24A50 [24インチ] 価格比較

人気1位
  • Panasonic(パナソニック)
  • VIERA TH-24G30032A50

  • 税込み31,380円
  • 軽量でコンパクトなデザイン!リモコンの反応も良しなおすすめテレビ!

  • 夜テレビをつけっぱなしで眠ってしまう人におすすめな「おやすみタイマー機能」。タイマーを使って30分あるいは、60分後に電源が自動的にオフは本当に便利です。

裏番組を録画するのに便利なテレビモデルです。2チューナー搭載のため、番組を視聴しながら別番組をUSBハードディスクに録画することも可能です。
※動作確認されている別売りのUSBハードディスク使用を推奨。

スペースも手ごろでちょうど良い大きさで部屋にピッタリよかった。大きさ手ごろ映像キレイ文句なし操作簡単 おやすみタイマー機能使って30分あるいは、60分後に電源オフ本当に重宝しています。朝まで電源入って入ることがなくなりました。

出典:価格.com VIERA TH-24G300 [24インチ]

【サイズ】24型でも非常にコンパクトで、かなり軽量になっていて、移動が非常に楽です。

出典:価格.com VIERA TH-24G300 [24インチ]

【32型以上】一人暮らしにおすすめのテレビ5選

つぎに32型以上の一人暮らしにおすすめなテレビをご紹介します。

人気5位
  • maxzen
  • J32SK03 [32インチ]

  • 税込み17,800円
  • 画質の綺麗さ良し!コスパ良し!メーカーの対応が迅速!

  • テレビが届いたらテレビの脚部分を組み立てる必要がありますが、ドライバーさえあれば簡単に取り付けられます。前面スピーカーの音質も評価が高いのが特徴です。

外付けUSBハードディスクを使用することで、録画可能になります。HDMIが2系統あるのも魅力的です。

音も聞こえやすいし、リモコンの反応も以前より快適です。

出典:価格.com J32SK03 [32インチ] レビュー・評価

軽かった 通常よテレビの重さをよくわかっておらず結構重いのかなと思ったらとても軽くて女性でも全然軽々持てました。

出典:価格.com J32SK03 [32インチ] レビュー・評価

人気4位
  • Panasonic(パナソニック)
  • VIERA TH-32G300

  • 税込み39,580円
  • 一人暮らしでテレビを視聴するならこのモデルがおすすめ!

  • HDMI端子が2系統あり、USB端子あり、ヘッドホン出力端子もあるので接続には困らない。画質は「あざやか色補正回路」が搭載されているため、映像が鮮やかに再現されます。

裏番組録画可能なうえ、映像がIPSパネルを採用しているためきれいに映像が映るのが特徴です。

良い。枠が薄くなったので同じ大きさの画面でもコンパクトになりました。軽くて設置も楽でした。画像は特に設定はしてませんがキレイだと思います。

出典:価格.com VIERA TH-32G300 [32インチ] レビュー・評価

ありふれたデザインですけれど、以前よりフレームが細くなり、スッキリしていました。“脚” も変に凝ったデザインでもないので、設置が楽でした。

出典:価格.com VIERA TH-32G300 [32インチ] レビュー・評価

人気3位
  • 東芝(TOSHIBA)
  • REGZA 32V31

  • 税込み37,371円
  • 音質が好評!スピーカーが前向き、クリア音声ボタンあり!

  • 画質・音質・操作性が安定した高品質。残念な点としては、ネット機能。本体でAmazonプライム・ビデオに対応していないので、利用する方は注意すること。

クリア音声機能が搭載されており、人の声がはっきり聞こえます。スピーカーを前面に配置したことによって、迫力のある高音質が実現しました。音質にこだわりがある方に特におすすめです。

【総評】概ね良い商品だと思います。電力は標準で62 wなので省エネ2に設定すればそれ以下になると思うのでそれなりにエコだと感じました。リモコンも薄く軽く使い勝手も良い。画質も綺麗で文句はないです。4Kじゃなくても十分といえるほどです。

出典:価格.com REGZA 32V31 [32インチ] レビュー・評価

・満足点
機械に弱い妻でそれなりに不自由なく使っている。
操作性もテレビを観る・録画する・録画を観るのに全く不満はない。

画面隅々まで明るさ・色むらムラのない画質。
(テレビを観るというということ限定、PCは専用モニター使ってください)

DLNAで、他のテレビ等の録画データがみられる(無線LAN内蔵)。

出典:価格.com REGZA 32V31 [32インチ] レビュー・評価

人気2位
  • SHARP
  • AQUOS 2T-C32AE1

  • 税込み34,380円
  • HDMI入力端子が3つ搭載!接続数が多い方におすすめ!

  • 7畳の部屋では十分な迫力サイズというレビューもあり、画面の枠(ベゼル)が薄く、軽量化されていて一人暮らしにもってこいなモデルです。

このサイズでHDMIが3つ搭載されいている優れモノ。普段から頻繁にレコーダーを使って録画を行う方やテレビゲームをプレイする方におすすめなタイプです。

【機能性】HDMI入力端子が3つあるのはありがたい。一眼デジカメ、ムービーカメラのモニターに、DVDレコーダーの接続に、また、ケーブル多チャンネルとの接続に、とHDMI入力端子が3つでありがたい。ライン接続では明らかに画質が劣化するので。

出典:価格.com AQUOS 2T-C32AE1 [32インチ] レビュー・評価

【画質】SD対応のテレビに比べて、格段に綺麗です。
【音質】くっきり聞き取りボタンを使えばかなり綺麗にはっきり聞こえます。

出典:価格.com AQUOS 2T-C32AE1 [32インチ] レビュー・評価

人気1位
  • 東芝(TOSHIBA)
  • REGZA 32S22

  • 税込み29,400円
  • テレビが薄く・軽く・サイズが小さい!壁掛けにおすすめなモデル

  • とにかく安い!画面枠(ベゼル)もスッキリなデザイン!テレビを視聴するのに必要な機能が備わっているので、価格重視の方におすすめなモデル。

ゲームダイレクトと言う機能が搭載されており、映像の動きに遅延がなく、美しい映像でゲームをプレイすることができます。ゲーム好きにおすすめのモデルです。

コスパが大変よいテレビ
●良い所
・なんと言っても安さ!
・テレビの縁もわりとスリムでおしゃれ。
・軽くて設置しやすい。

出典:価格.com REGZA 32S22 [32インチ] レビュー・評価

コスパ良く、綺麗に映る、低価格で、画質が綺麗!私自身、テレビは映れば何でも良いと思っていたので、価格重視で探していました。まさか日本のメーカーでここまで低価格なものがあるとは思いませんでした。

出典:価格.com REGZA 32S22 [32インチ] レビュー・評価

まとめ

地上波番組の視聴や、動画配信サービスの視聴、PCのサブモニターとしての用途など、テレビはPCモニターを超える機能を有しています。さらにテレワーク需要が高まる今、一人暮らしには必要不可欠な存在です。

買い替えを検討している方はもちろん、今まで一人暮らしでテレビを使わなかった方も、選び方やおすすめのテレビを参考にして、最高の相棒となる1台を見つけてみてはいかがでしょうか。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!