HOME

>

PC・スマホ

>

楽天モバイルは評判・口コミが最悪?利用者50人の辛口評価と料金プランを徹底比較!

楽天モバイルは評判・口コミが最悪?利用者50人の辛口評価と料金プランを徹底比較!

記助
2021-04-13
2021-04-13

楽天モバイルの口コミ・評判って実際どうなの…?米倉涼子さんの印象的なCMで話題の楽天モバイル。実際の使い心地が気になる方は少なくありません。

結論からいうと、楽天モバイルは『一年間一切無料で』かつ『いつ解約しても無料』逆にそこまで大きなデメリットがない大注目の格安SIMです。

実際に格安SIM利用者の20%以上が、メイン使いに楽天モバイルを選んでおり、*1

今や150万人以上がオンラインで楽天モバイルを契約しているほど人気な格安SIMです。

実際に楽天モバイルが、2019年8月に15歳~69歳の男女40,804人を対象に行った調査では25%の格安SIM利用者がメインで楽天モバイルを利用していることを公表しています。

<alt>楽天モバイル メインで利用している格安SIMサービス比較


その上2021年3月からは、1GBまで0円、2GBから20GBまでは税込1078円〜2,178円、20GB以降はどれだけ使っても税込3,278円で利用ができる『Rakuten UNLIMT-Ⅵ』がスタートしており、携帯料金を下げたい!と言う方は注目しておきたい格安SIMです。

そこでこの記事では『楽天モバイル』の2021年最新口コミ・評判が最悪なのか?それとも好評なのか?使い勝手について解説します。


【楽天モバイルのメリット・デメリットまとめ表】

楽天モバイルのメリット・デメリットまとめ表
メリット 300万人だけ1年間無料で使える※3月9日に300万回線達成したため、2021年4月7日までキャンペーンを延長したとのことです。
楽天ポイントがたまる
いつでも解約できて、解約金0円
初期費用も0円
国内から国内・海外から国内は通話が無料
66の国と地域でインターネット・通話が無料
楽天のメールアドレスが使える
デメリット 楽天回線に対応した機種しか使えない
楽天回線エリアは限られている<br> 地域によっては楽天回線でも通信が不安定<br> キャリアのメールアドレスが使えなくなる
100万人以上が利用中
  • 楽天モバイル
  • 楽天モバイル

  • Rakuten UN-LIMIT Ⅵ(アンリミット シックス)
  • 1GBまで0円!全国どこでもデータ・通話使い放題!

  • 契約縛りなし。4G+5Gの爆速格安SIMで全国どこでもデータ・通話使い放題で今なら解約も無料!お試しをするなら今がお得!

楽天モバイルへ申し込みをするには?手順を完全ガイド

<alt>楽天モバイル SIMカード

楽天モバイルは、店舗の他にWEBで申し込みをすることができます。

特にWEBでの申し込みは、24時間申し込み可能であることや隙間時間で申し込みができるので便利ですね。

そこでこの章では、楽天モバイルのWEB申し込みの手順を詳しく解説します。

所要時間は5分ほどで申し込みは完了します。

楽天モバイルに申し込む前に決めておくこと

<alt>楽天モバイル 公式サイト

楽天モバイルの申し込みをスムーズにするために、申し込み前に決めておくこと、確認しておくと良いことをまとめました。


\ 楽天モバイルへの申し込み前に確認しておくこと/

①楽天モバイルに対応したSIMフリー・もしくはSIMロックが解除された端末を用意する
②電話番号は今使っているものを使い続けるか、変更するかを決める
③SIMはeSIMにするか、nanoSIMにするかを決めておく
④本人確認は、WEBで行うか自宅で受け取る際にするかを決める
⑤楽天アカウントを作っておく

①楽天モバイルに対応したSIMフリー・もしくはSIMロックが解除された端末を用意する

まずは楽天モバイルで使用する予定の端末が、楽天モバイルに対応しているかどうかを確認しましょう!

また、楽天モバイルを使う予定の端末をau、ドコモ、ソフトバンクなどのキャリアで購入をした場合は、『SIMロック』がかかっている可能性があります。

SIMロックがかかっていると、端末を購入したキャリアしか使えないので、SIMロックの解除を行いましょう。

SIMロック解除は、それぞれのキャリアの専用アプリから行うことができ5分以内に完了します。


②電話番号は今使っているものを使い続けるか、変更するかを決める

次に電話番号は、今使っているものを使い続けるか、変更をするかどうかを決めます。

楽天モバイルに乗り換えた場合、使える電話番号は以下の3つの選択肢があります。

使える電話番号と手数料の表

電話番号

手数料

今使っている電話番号

3,300円(税込)

自分で選べる電話番号

1,100円(税込)

新規で発行される電話番号

0円

基本的に、何かのサービスへの登録のことも考えると『今使っている電話番号を引き続き使う』と言う方が多いです。

今使っている電話番号を、引き続き使う場合は現在使っているキャリアで『MNP予約番号』の発行が必要です。

各キャリアのMNP予約番号の発行の仕方はそれぞれの公式サイトに掲載されているので調べてみましょう!

au  

WEBでのMNPの予約方法
受付時間:9:00~20:00

①My au TOP 画面上部「スマートフォン・携帯電話」 ご契約内容
②手続き お問い合わせ
③お手続き MNPご予約

My auへのログインはこちら


*MNP予約番号は、お申し込みの携帯電話番号宛てに157よりSMSにて通知されます

EZwebでのMNPの予約
受付時間:9:00~20:00
①EZキー ボタン トップメニューまたはauポータル トップ
② My au ログイン 申し込む/変更する
③au 携帯電話番号ポータビリティー (MNP)

電話でのMNPの予約
受付時間:9:00~20:00
au携帯電話/一般電話共通
フリーコール0077-75470(無料)

*ご契約者様から電話必須

店頭でのMNPの予約
受付時間:店舗によって異なります。
auショップ/au Style・トヨタ au取扱店 (一部除く)



ドコモ

WEBでのMNPの予約
受付時間:
午前9時~午後9時30分


「ドコモオンライン手続き」から申込みができます

*パソコンやWi-Fi経由などドコモのケータイ回線以外からお手続きの場合、「dアカウント」が必要。


電話でのMNPの予約

受付時間:
午前9時~午後8時
①ドコモの携帯電話からは局番なしの「151」(無料)から申し込み可能
②一般電話からのお申込み
0120-800-000


ドコモショップ
営業時間は店舗により異なります

③SIMはeSIMにするか、nanoSIMにするかを決めておく

楽天モバイルでは『SIMカード(nanoSIM)』か『eSIM』のどちらかを選ぶことができます。

SIMカード(nanoSIM)を選択した場合、注文をするとSIMカードが自宅に配送されるので、それを受け取り、現在スマホに入っているSIMカードと差し替えをすることで乗り換えが完了しますが

eSIMは、カードの差し替えが必要ないため、SIMカードが自宅に配送されるのを待つ必要もなく、申し込みから開通まで完全オンラインで済ませることができます。


eSIMに対応しているスマホの場合、eSIMを選んでおくと良いでしょう。

④本人確認は、WEBで行うか自宅で受け取る際にするかを決める

楽天モバイルに申し込む際には、本人確認書類が必要です。

本人確認は、WEB上に指定の本人確認書類をアップロードするか、
SIMが自宅に配送されてくる際に行うかの2つの方法があります。

後者は、SIMカードの受け取りを契約者本人がしなければならないと言う手間があるので、web上で完結するのがおすすめでし。


⑤楽天アカウントを作っておく

楽天モバイルの申し込みには、楽天アカウントが必要です。

公式サイトより、楽天アカウントを作っておくと申し込みも便利になります。


楽天モバイルを注文する手順

楽天モバイルを注文する手順は簡単3ステップです。

①公式サイトから『新規・乗り換え』を選択
②プラン選択で『オプション・SIMタイプ・電話番号・本人確認の方法』の選択をする
③支払い方法の確認・注文


①公式サイトから『新規・乗り換え』を選択

<alt>楽天モバイル 申し込みページ


②プラン選択で『オプション・SIMタイプ・電話番号・本人確認の方法』の選択をする

<alt>楽天モバイル 申し込み 通話&データ
<alt>楽天モバイル プラン設定
<alt>楽天モバイル 申し込み内容
<alt>楽天モバイル 支払い方法

楽天モバイルのMNP転入から利用開始をする手順

<alt>楽天モバイル SIMカード

①SIMが届いたら『my Rakuten』からMNP手続き
②電源を切り、SIMを差し替える
③電源を入れ、APNを設定

①SIMが届いたら『my Rakuten』からMNP手続き

SIMカードが届いたら、専用アプリ『my Rakuten』からMNPの手続きを行います。

SIMの開通手続きは、手続きをする時間によって完了時間が異なるので注意をしましょう。

MNP手続き受付時間と完了時間

受付時間

完了時間

9:00~21:00

当日中

21:01~翌8:59

翌9:00以降

<alt>楽天モバイル My Rakuten

まずは、My Rakutenを開き、右上のメニューバーをクリックします。

赤枠のお申し込み履歴から、該当する申し込み番号をクリックします。

<alt>楽天モバイル MNP

該当する申し込み番号をクリックすると、画面中央に『MNP転入する』と言うボタンがあるのでクリックしましょう。

申し込みを済ませると、現在使っている電話が使えなくなります。通話が使えなくなったらMNP転入が済んでいるので確認しましょう!


②電源を切り、SIMを差し替える

MNP転入手続きが完了したら、SIMを差し替えます。

端末の該当箇所からSIMを入れ込みましょう!

<alt>楽天モバイル SIMカード 挿しこみ

③電源を入れて接続完了。

<alt>楽天モバイル 設定完了

画面右上に、アンテナと楽天またはLTEの表示ができたら開通完了です。(地域によって異なる)

実際に編集チームがiPhoneで楽天モバイルの設定を行ったため『LTE』と言う表示が出ています。

また、端末によってはAPN設定を行わなければならないようなので、電源を入れても通信がつながらない場合はAPN設定を行いましょう。

初期費用・固定費実質ゼロ円|楽天モバイルとは

<alt>楽天モバイル 公式サイト
基本情報
運営会社 楽天モバイル株式会社
回線 楽天モバイル独自回線・au回線
料金プラン Rakuten UN-LIMIT V(アンリミット ファイブ)・Rakuten UN-LIMIT VI(アンリミット シックス)※2021年4月1日から

★楽天モバイルの特徴まとめ
楽天回線エリア内であれば、データ使い放題で『実質キャリア』
対応エリアないであれば5G回線も使い放題
楽天回線エリア外であれば、au回線で5GB使用可能
5GBを超えても、1Mbpsでデータ使い放題

楽天モバイルの現行プランは『Rakuten UN-LIMIT V(アンリミット ファイブ)』

楽天モバイルの料金プランは現在『Rakuten UN-LIMIT V(アンリミット ファイブ)』のみ提供されています。

Rakuten UN-LIMITのプラン内容・プラン料金
Rakuten UN-LIMIT V
データ通信料 【楽天回線エリア内】
データ使い放題
5Gエリアは5G通信で使い放題
【パートナー回線エリア内】
5GB
通信制限 最大1Mbps
通話 【Rakuten Linkアプリ使用時】
国内通話・国内SMS使い放題
【Rakuten Linkアプリ未使用時】
40円/分(アプリ未使用時)
3円/70文字(アプリ未使用時)
海外通話・データ使用 【66の国と地域内】*Rakuten Linkアプリ使用時
データ 2GB/月:無料
通話・SMS:0円
月額基本料 2,980円(1年間無料)

★楽天モバイルの特徴
・楽天回線エリア内であれば、データ使い放題で『実質キャリア』
・対応エリアないであれば5G回線も使い放題
・楽天回線エリア外であれば、au回線で5GB使用可能
・5GBを超えても、1Mbpsでデータ使い放題
『Rakuten UN-LIMIT VI』(アンリミットシックス)へは、自動更新されるので手続き不要
Rakuten UN-LIMIT V(アンリミット ファイブ)のプランの最大の特徴は、『楽天回線エリア内であれば、データ使い放題』と言う点です。

楽天モバイルは現在首都圏を中心に独自回線を展開しており、そのエリア内ではあれば『どれだけデータを使っても、ノーカウント』になるのです。

さらに人気を伸ばしている最近では楽天独自の回線で5Gエリアも広がっており、なんと5G通信も使い放題になりました。

楽天モバイル アンリミット 対応エリア

2021年3月5日に更新された情報によると、以下の地域も追加され、対象エリアが拡大しました。

2021年3月5日以降 拡大エリア

関東

埼玉県所沢市     
埼玉県入間市     
埼玉県坂戸市     
千葉県流山市
千葉県印西市     
東京都羽村市     
東京都瑞穂町     
神奈川県海老名市
神奈川県綾瀬市   

中部

福井県鯖江市     
静岡県静岡市清水区  
愛知県常滑市     
愛知県小牧市     
愛知県知多市     
愛知県大口町     
愛知県阿久比町

関西

滋賀県大津市     
大阪府岸和田市    
大阪府箕面市     

四国・中国

岡山県岡山市中区   
岡山県岡山市南区   
高知県高知市    

九州

福岡県北九州市八幡西区
福岡県福岡市城南区  
福岡県久留米市

回線エリア外でも5GBまでのデータを使用できます。

たとえ5GBを超えてしまい、通信制限になってしまったとしても『1Mbps』に制限されるものの、データは使い放題という充実ぶり。

1Mbpsといえば、かろうじてYouTubeを見ることができる程度の制限で、動画をあまり見ずSNSの利用がほとんどと言う方であればストレスなく利用することができるレベルです。

なお、『Rakuten UN-LIMIT VI』( アンリミットシックス)に入会されている方は、2021年1月29日(金)に発表された新プラン『Rakuten UN-LIMIT VI』(アンリミットシックス)へ2021年4月1日(木)から自動更新されるので特別な手続きは必要ありません。

220万人以上が利用中!アンリミット5を無料で使えるのはあと80万人!

220万人以上が利用中!アンリミット5を無料で使えるのはあと80万人
  • 楽天モバイル株式会社
  • Rakuten UN-LIMIT VI(アンリミットシックス)

  • 1GBまで0円!全国どこでもデータ・通話使い放題!
  • 契約縛りなし。4G+5Gの爆速格安SIMで全国どこでもデータ・通話使い放題で今なら解約も無料!お試しをするなら今がお得!

驚くべき安さ…Rakuten UN-LIMIT Vの初期費用

Rakuten UN-LIMIT Vが1年間通信量無料のキャンペーンを行なっていることは話題になっていることですが、

Rakuten UN-LIMIT Vは通信料だけに限らず事務手数料もポイントで還元されるため、初期費用は驚くべきことに実質0円です。

さらに、『契約縛りがなくいつでも解約できて、解約金ゼロ』。

料金だけでいえば、どこに文句をつけるべきかわかりません。

Rakuten UN-LIMIT V・Rakuten UN-LIMIT VI の初期費用
Rakuten UN-LIMIT V・Rakuten UN-LIMIT VI
プラン料金 0円(3,278円 1年間無料)
契約事務手数料 3,300円(ポイントで全額還元)
解約金 0円
合計 0円

ただし、Rakuten UN-LIMIT Vを利用できる機種は限られているので、
現在使用している機種が楽天回線に対応していない場合は買い替えが必要なので機種代がかかる場合があります。

機種代は楽天で購入すれば最大26,300円相当のポイント還元があり格安で購入することが可能です。(Rakuten Linkのご利用が条件)

さらに現在お使いの携帯は下取りサービスもやっているので、機種代を限りなく低くしたい!と言う方でもさらにゼロに近づけることができます。

楽天モバイルは本当にお得?特徴まとめ

特に知っておきたい楽天モバイルだけの特徴は6つあります。

【楽天モバイルの特徴】

  • 通信料金を楽天カードで支払うとポイントがたまる
  • 楽天ポイントで楽天モバイルの通信料を支払うことができる
  • 楽天モバイル契約中に楽天市場で買い物をするとポイント倍率が+1倍になる
  • 自社回線を持っている(大手キャリアと同等レベルの通信品質)
  • 楽天回線のエリア内であれば『データ使い放題』
  • 1年間無料で使える
  • 事務手数料も解約金も一切無料

上記の特徴からもわかるように、楽天モバイルははっきり『お得』と言える商品でしょう。

何より、1年間は無料で使うことができる上に事務手数料・解約金も一切かからないプランは特徴的で、
契約しても初期費用・固定費は一切無料で使うことができるためです。


無料であることの他に、特にお得なポイントは『楽天回線エリア内であれば、データ使いたい放題』であると言う点です。

残念ながら、データ使い放題の対象である、楽天の回線エリアはまだ首都圏のみとなっており、それ以外のエリアは対象ではありません。(東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・京都府・兵庫県の一部の地域)

とはいえ、5GBは問題なく使えるので価格と合わせて評価しても話題になるのもうなずけるお得さです。

なにせ、初期費用と固定費が限りなく0になるなんて、他の格安SIMにも大手キャリアにもありませんから。

プランと特徴だけを見ればデメリットはなさそうですが、気になるのは実際の使用感ですね。

以下では楽天モバイルユーザーの使用感を徹底調査しました。

100万人以上が利用中
  • 楽天モバイル
  • Rakuten UN-LIMIT Ⅵ

  • 1GBまで0円!全国どこでもデータ・通話使い放題!

  • 契約縛りなし。4G+5Gの爆速格安SIMで全国どこでもデータ・通話使い放題で今なら解約も無料!お試しするな今すぐが圧倒的お得!

楽天モバイルの新プラン『Rakuten UN-LIMIT VI(アンリミットシックス)』が2021年4月からスタート

楽天モバイルの料金プランは2021年4月から変更され、『Rakuten UN-LIMT VI(アンリミット シックス)』にアップグレードされます。

Rakuten UN-LIMIT VI(アンリミットシックス)の特徴

プラン名

Rakuten UN-LIMIT VI(アンリミット シックス)

データ通信量

【楽天回線エリア内】
データ使い放題
5Gエリアは5G通信で使い放題
【パートナー回線エリア内】
5GB

通信制限

最大1Mbps

通話

【Rakuten Linkアプリ使用時】
国内通話・国内SMS使い放題
【Rakuten Linkアプリ未使用時】
40円/分(アプリ未使用時)
3円/70文字(アプリ未使用時)

海外通話・データ使用

【66の国と地域内】*Rakuten Linkアプリ使用時
データ 2GB/月:無料
通話・SMS:0円

月額基本料

0〜1GB:無料
1GB〜3GB:980円
3GB〜20GB:1,980円
20GB〜:2,980円

★Rakuten UN-LIMIT VI(アンリミットシックス)の特徴
・月額基本料がデータ使用量ごとに変わる
・月額基本料が変動する以外は先ほど解説したRakuten UN-LIMIT V(ファイブ)と変わらない
・『Rakuten UN-LIMIT V』(アンリミットファイブ)を使われている方は、4月から『Rakuten UN-LIMIT VI』(アンリミットシックス)に自動更新される

新プランのRakuten UN-LIMIT Ⅵ(アンリミット シックス)の最大の特徴は、データ使用量ごとに月額基本料が変わってくるという点です。

<alt>楽天モバイル プラン詳細

いままではデータを全然使わない場合でも、たくさん使う場合でも一律で2,980円でしたが、2021年4月からはデータ利用を全くしない人であれば月額基本料無料、使用量が上がっていくにつれて基本料はアップします。

それでも、最大で月額2,980円なので、お得なことには変わりないですね!

なお、月額基本料以外の変更点はないのでいままで通り5Gを爆速で使ったり、楽天回線エリア外でもスマホを使ったりできます。
先ほども解説しましたが『Rakuten UN-LIMIT V』を使っている方は2021年4月1日(木)に『Rakuten UN-LIMIT VI』(アンリミットシックス)に自動更新されるので、切り替えのための手続きは必要ありません。

<alt>楽天モバイル プラン詳細

楽天モバイルって実際どう?気になる特徴を利用者がリアルにレビュー

<alt>楽天モバイル iPhone11 pro

この章では、iPhone11 Proで楽天モバイルを使用している愛用者のリアルなレビューを解説します。

楽天モバイルの初期費用は?

<alt>楽天モバイル 支払い方法

楽天モバイルの初期費用は、現在の携帯の契約状況や楽天モバイルの契約方法によって異なります。

基本的にかかる費用は以下の通り。

①MNP転出費用:3,300円
現在の携帯と電話番号を変えずに、楽天モバイルへ乗り換えをする場合にかかる費用

②契約違約金:0円〜10,000円程度
現在の携帯の契約に、期間縛りがある場合にキャリアに支払う違約金
例) ソフトバンクで4年契約をしており、2年目で解約をする場合など

③電話番号発行料金:1,000円
現在の電話番号を好きな番号に変更する場合にかかる費用。電話番号を変更しない場合、費用はかかりません。

楽天モバイルの初期費用は、上記の3つのどれかです。

楽天モバイルは『事務手数料』が無料なので、楽天モバイルに支払う初期費用は0円になります。

そのため、人によっては最低3,300円で乗り換えが可能です。

楽天モバイルの申し込みから利用開始までは面倒?

楽天モバイルの利用開始までは、簡単です。

ネットで買い物をしたことがある方は、申し込みはおよそ10分程度で完了できます。

【楽天モバイルの申し込みから利用開始までのステップ】
*楽天会員登録をしておくと申し込みがスムーズです。

①現在利用している携帯会社(キャリア)での手続き
1.SIMフリー設定
2.MNP予約番号を取得
*電話もしくはWEBサイトにて申し込みをする

  • au
<alt>楽天モバイル au
  • ソフトバンク
<alt>楽天モバイル ソフトバンク
  • ドコモ
<alt>楽天モバイル ドコモ

②楽天モバイルでの手続き
1.楽天モバイル公式サイトから『Rakuten UN-LIMIT V』の申し込みを選択
2.フォームにしたがって基本情報を入力
3.本人確認書類の提出方法を選択(アップロードor配達時に提示)
4.MNP予約番号と現在利用している電話番号を入力
5.申し込み確認
6.申し込み
7.自宅にSIMカードが配達される
8.SIMカードを交換する
9.My 楽天モバイルにログインし、MNP開通手続きをする

楽天モバイルはキャリアと比べて遅かった?

編集チームが実際に利用していた某大手キャリアと、楽天モバイルの速度の比較は以下の通りです。

<alt>楽天モバイル 通信速度

左が楽天モバイルで、右が某大手キャリアの速度です。
一般的に下り『ダウンロード』の速度が快適にスマホを使えるかどうかの指標なるので、特にダウンロードの速度に着目してみましょう。
すると、やはり多少、楽天モバイルの速度が劣るようです。
ですが、一時的な結果をを測定したという点と、、他の格安SIMや携帯キャリアと比べても遜色のないスピードが出ているため、使用感では気にならない人も多いと言えるでしょう。
使用感としても動画や画像もスムーズに扱えるので実感として遅くて不便と感じることはないので、通信費を安くしたい方にとって満足できると言える品質です。

楽天モバイルは建物や地下、郊外だと使いづらい?

不自由さを感じることはありませんが、電車での移動で通信が遅いと感じることはあります。

特に地下ではサクサク動画を見ることはできないことが多いので、使いづらさは多少感じるのが惜しい点です。

1年間は利用料が無料ということもあり、我慢できないことはありませんが、使い方によっては不自由に感じることもあるかもしれません。

<h3>楽天モバイルはテザリングをしてもデータは減らないの?

楽天モバイルではテザリングが利用申し込みなし・追加料金なしで、誰でも利用するできます。

楽天モバイル回線圏内であればいくらテザリングをしてもデータは減りません。

一方利用データが限られているパートナー回線では5GBまでなので、テザリングをすると利用可能データ量は減ります。

ただし、負荷の高い通信だと速度制限がされるのでキャリアほどサクサクテザリングを使用することはできません。

楽天モバイルはテザリングをしてもデータは減らないの?

<alt>楽天モバイル テザリング

楽天モバイルではテザリングが利用申し込みなし・追加料金なしで、誰でも利用できます。

楽天モバイル回線圏内であればいくらテザリングをしてもデータは減りません。

一方利用データが限られているパートナー回線では5GBまでなので、テザリングをすると利用可能データ量は減ります。

ただし、負荷の高い通信だと速度制限がされるのでキャリアほどサクサクテザリングを使用することはできません。

【2021年最新】楽天モバイル口コミ・評判は最悪?利用者に聞いた本音

楽天モバイルの評判を把握するうえで、ぜひ活用すべきものがSNSにアップされている口コミです。

ここからは、良い評判と悪い評判の口コミを見ていきましょう。

【楽天モバイルの良い評判・悪い評判まとめ表】
良い口コミ・評判 通信速度は安定している
料金が安い
悪い口コミ・評判 地域によっては電波が悪い

楽天モバイルの良い口コミ・評判

楽天モバイルの良い口コミとして、通信速度が安定していることや料金の安さを評価している内容が多いです。

格安スマホを利用するうえで、いくら料金が安くても使い勝手が悪くなれば意味がないと考えている方は少なくありません。

もちろん地域にもよりますが、比較的安定した通信を実現している点は人気を獲得している理由といえます。

楽天モバイルの悪い口コミ・評判

一方で、悪い口コミには金額を間違って請求されたことや、電波の入りが弱く通信環境が悪い点が挙げられています。

上述した良い口コミには通信が安定しているという内容が見受けられましたが、地域や住環境によって異なる点は押えておきたいポイントです。

220万人以上が利用中!アンリミット5を無料で使えるのはあと80万人
  • 楽天モバイル
  • Rakuten UN-LIMIT Ⅵ

  • 1GBまで0円!全国どこでもデータ・通話使い放題!

  • 契約縛りなし。4G+5Gの爆速格安SIMで全国どこでもデータ・通話使い放題で今なら解約も無料!お試しするな今すぐが圧倒的お得!

楽天モバイル8つのメリット

楽天モバイルが多くの方に利用されているのは、もちろんメリットがあるからです。

ここからは、楽天モバイルが人気を獲得している理由を探るためにメリットを見ていきましょう。

【楽天モバイルのメリット・デメリットまとめ表】
メリット 楽天ポイントがたまる
いつでも解約できて、解約金0円
初期費用も0円
国内から国内・海外から国内は通話が無料
66の国と地域でインターネット・通話が無料
楽天のメールアドレスが使える
デメリット 楽天回線に対応した機種しか使えない
楽天回線エリアは限られている<br> 地域によっては楽天回線でも通信が不安定<br> キャリアのメールアドレスが使えなくなる

1年間無料で使える!どのキャリアよりも圧倒的な安さ

楽天モバイルのメリットで1番にあげたいポイントはやはり、『1年間無料で使える』と言うポイントですね。

1年間通信費が無料になれば、相場でいうとキャリアであれば『10万円程度』格安SIMであっても『4~5万円』は節約することができます。

いつでも解約することができるので、『格安SIM』への乗り換えは勇気がいる…という人は主回線を契約したまま楽天モバイルに契約をしても負担になりません。

楽天回線対応の機種を持っている方はこれを機にお試しをしてみてもいいかもしれません。

ただし300万人までとしているので、注意すべきポイントです。

現在は220万名以上の方が申込まれているので、アンリミット5を1年間無料で使えるのは、あと約80万名のみです。検討している方は早めに申込みましょう。

※2021年3月9日の時点で300万回線達成したため、4月7日23時59分まで申し込みを延長したとのことです。

楽天ポイントが100円に1ポイント貯まり、1ポイント1円で使える

楽天モバイルでは、さまざまな場所で活用できる楽天スーパーポイントが、月額基本料金100円につき1ポイント還元されます。

スマホ料金は毎月必ずかかってくるため、ただ支払うだけでなくポイントが付与されるのは大きなメリットといえるでしょう。

いつでも解約できて、解約手数料もナシ

楽天モバイルでは、契約の縛りがないというのもメリットです。

通常大手キャリアなどで契約をすると、2~4年縛りの契約になりますが
楽天モバイルはそういった契約の縛りはなく、いつでも解約でき、解約金は無料です。

さらに1年間無料キャンペーン期間中もいつでも解約でき、解約金はかかりません。

初期費用・固定費が限りなくかからない

これまでメリットとして挙げてきたように、楽天モバイルでは契約の初期費用がかかりません。

1年間も通信費は無料になるので固定費は限りなくかかりません。

たとえ1年が過ぎてしまったとしても『3,278円』のみで他に通話などでプランを追加する必要はなく料金がかかることはありません。

このシンプルな料金プランの設計も、魅力的ですね。

国内から国内・海外から国内は通話が無料!どれだけデータを使っても使い放題

楽天は『Rakuten Link』と呼ばれる独自の電話アプリを発表しています。

このRakuten Linkを利用すれば、国内から国内への通話、海外から国内への通話・SMSは無料です。

驚くべきは『通話をする相手がRakuten Link』を使っていなくても自分の電話番号でかけられるという点です。

楽天モバイルを使っていない他のスマホへの電話も、固定電話への電話も0円で利用することができます。

海外66の国と地域でもインターネット・通話が無料

海外66の国と地域でなら、インターネットは2GB、通話はRakuten Linkを使った場合は無料になります。

大手キャリアでさえ、海外でのインターネットの利用は多額のデータ料金がかかりますが
楽天モバイルは海外でもデータを利用することができます。

2GBといえば、よほどの使い方をしなければ2週間程はもつデータ量なので、旅行へ行く時なども非常に便利です。

楽天のメールアドレスが使えるようになる

楽天ドメインのメールアドレスを使える点も、楽天モバイルを利用するメリットです。

乗り換えによりメールアドレスがなくなってしまうことを懸念している方にとっては、各種サービスへの登録なども安心して利用できるため評価されています。

新プランへの切り替えは自動更新されるので手続き不要

2021年1月29日(金)に発表された新プランである『Rakuten UN-LIMIT VI』(アンリミットシックス)は、すでにアンリミットファイブを使っている方の場合、切り替えの手続きは必要ありません。

2021年4月1日(木)のサービス開始と同時にプランが自動更新されるためです。

普通の携帯会社の場合は、プランを切り替えるのに面倒な手続きが必要ですが、その必要がなく自動更新されるのはメリットですね。

220万人以上が利用中!アンリミット5を無料で使えるのはあと80万人
  • 楽天モバイル
  • Rakuten UN-LIMIT Ⅵ

  • 1GBまで0円!全国どこでもデータ・通話使い放題!

  • 契約縛りなし。4G+5Gの爆速格安SIMで全国どこでもデータ・通話使い放題で今なら解約も無料!お試しするな今すぐが圧倒的お得!

楽天モバイル5つのデメリット

楽天モバイルはメリットとなる部分が多い印象を持ちますが、もちろんそれだけではありません。

ここからは、楽天モバイルのデメリットについて見ていきましょう。

【楽天モバイルのメリット・デメリットまとめ表】
メリット 楽天ポイントがたまる
いつでも解約できて、解約金0円
初期費用も0円
国内から国内・海外から国内は通話が無料
66の国と地域でインターネット・通話が無料
楽天のメールアドレスが使える
デメリット 楽天回線に対応した機種しか使えない
楽天回線エリアは限られている<br> 地域によっては楽天回線でも通信が不安定<br> キャリアのメールアドレスが使えなくなる

楽天回線に対応した機種しか使えず、iPhoneは機種が限られている

楽天モバイルのデメリットは、『楽天回線に対応した機種しか、楽天モバイルを使用できない』という点です。

特にiPhoneは機種が限られており、iPhone8以降でないと使えません。

さらに通話をするときに圧倒的にお得な『Rakuten Link』はさらに機種が限られており、対応機種を持っていない場合は『Rakuten Link』が使えません。

iPhone8以前の機種であれば、セキュリティーなどの面でも買い替えがおすすめです。

Rakuten UN-LIMTが使えるiPhone機種一覧表
プラン料金一年無料 楽天回線エリア高速データ使い放題 国内通話かけ放題 海外66の国と地域グローバル無料
iPhone SE (第2世代) ×
iPhone 11 ×
iPhone XS ×
iPhone XR ×
iPhone 11 Pro ×
iPhone 11 Pro MAX ×
iPhone XS MAX ×
iPhone 8 × × × ×
iPhone 8 Plus × × × ×
iPhone SE × × × ×

楽天回線エリアが限られており、使い放題は限られた人のみ

2020年8月現在、楽天回線エリアで高速データ使い放題が使える人は限られた地域のみです。

以下の画像の濃いピンク以外の地域では、パートナー回線の5GBのみしか利用できません。

これらの地域にとっては大きなデメリットです。

楽天モバイル アンリミット 対応エリア

とはいえ、2020年3月から大幅に基地局の整備が進んでいるので、今後1年に期待ができます。

無料で契約できる今に試しておいて、今後1年の動向をみておくのもありです。

楽天回線がまだ不安定

楽天回線は2020年にできたばかりで、大手キャリアと比較するとまだ安定しているとは言い難い状況のようです。
特に地下など電波の届きづらいところでは、それが顕著のようです。

とはいえ、ユーザーの口コミ評価では不便ではないという意見が多い傾向にあるのでそこまで気にしなくても大丈夫でしょう。

キャリア(ソフトバンク、au、ドコモ)のアドレスが使えなくなる

楽天モバイルを契約すると、ドメインは楽天となるためキャリアのアドレスは使えません。

普通に使用する分には格安スマホとわかりにくいですが、メールアドレスを使用する際にドメインを気にする方は、契約前に知識として頭に入れておいてください。

220万人以上が利用中!アンリミット5を無料で使えるのはあと80万人
  • 楽天モバイル
  • Rakuten UN-LIMIT VRakuten UN-LIMIT Ⅵ

  • 1GBまで0円!全国どこでもデータ・通話使い放題!

  • 契約縛りなし。4G+5Gの爆速格安SIMで全国どこでもデータ・通話使い放題で今なら解約も無料!お試しするな今すぐが圧倒的お得!

楽天モバイルのメリット・デメリット まとめ

楽天モバイルは料金が安く、ドコモとauのマルチキャリアに対応している点はメリットとして評価されています。

端末が豊富に揃っている点や、通話料やデータ容量を節約できるなど、使い勝手が良い部分も魅力的です。

しかし、初期費用として3,000円程度かかってしまう点や、複数枚のSIMカードを発行できないなどは契約前に把握しておくべきデメリットといえます。

220万人以上が利用中!アンリミット5を無料で使えるのはあと80万人
  • 楽天モバイル
  • Rakuten UN-LIMIT Ⅵ

  • 1GBまで0円!全国どこでもデータ・通話使い放題!
  • 契約縛りなし。4G+5Gの爆速格安SIMで全国どこでもデータ・通話使い放題で今なら解約も無料!お試しするな今すぐが圧倒的お得!

結局楽天モバイルは申し込むべき?UQモバイル、Y!mobileと比較

楽天モバイル:店舗(楽天モバイルショップ)のイメージ画像
楽天モバイル・UQモバイル・Y!mobile比較表
項目 楽天モバイル UQモバイル Y!mobile
プラン名 Rakuten UN-LIMIT V
・Rakuten UN-LIMIT VI
くりこしプランM シンプルSプラン
料金 (Rakuten UN-LIMIT V)
・3,278円(1年間無料)
(Rakuten UN-LIMITVI)
・0〜1GB:無料
・1〜3GB:1,078円
・3〜20GB:2,178円
・20GB〜:3,278円(1年間無料)
月額2,728円(税込)~ 月額2,178円~
データ量 データ使いたい放題/5GB 15GB 4GB
低速時の通信速度 1Mbps 1Mbps 300Kbps
通話 Rakuten Link利用時は無料
30円/20秒
22円/30秒
10分かけ放題:税込770円
完全かけ放題:税込1,870円
22円/30秒
10分かけ放題:税込770円
24時間かけ放題:税込1,870円
回線 楽天回線/au回線 au回線 ソフトバンク回線
支払い方法 ・クレジットカード
・デビットカード
・口座振替
・楽天スーパーポイント
・クレジットカード
・口座振替
・クレジットカード
・口座振替

楽天モバイルは仮にデータ容量を使い切ってしまった場合の通信速度が、UQモバイルとY!mobileに比べて速くなっています。そのため、データ容量を消費する操作が普段から多い方には最適です。

また、支払い方法も他社より選択肢が多いため、クレジットカードや口座振替以外で支払いたい方にも向いています。

まとめ

楽天モバイルはドコモとauの回線に対応しているため、料金プランが豊富に選べる点や楽天ポイントが貯めやすい点はメリットとして評価されています。

月々の基本料金も安く、かつデータの繰り越しや家族間などでデータ容量をシェアできる点は、うまく活用することで節約にも繋げられるため見逃せません。

しかし、一方で口コミにもある通り、場所によっては通信速度が遅い点や初期費用として3,000円程度がかかってしまう部分はデメリットであり、悪い評判としてネットに声が寄せられています。

良い部分だけでなく、悪い評価に対しても事前に耳を傾けておくことで、いざ契約をしてからがっかりしてしまうことは少なくなるでしょう。

また、同じ格安スマホを提供しているUQモバイルやY!mobileに比べ、低速になった際の通信速度は安定しています。さらに、支払い方法も選択肢が多いため、その点を重視する方にはとくにおすすめです。


また、楽天モバイルにこだわりがない方で、既存の3キャリアを使いたい!という方であれば、ソフトバンクへの乗り換えでキャッシュバックが受けられる、スマホ乗り換え.comの活用がおすすめです。

筋トレ大好きマルチライター
記助
大学時代、陸上競技部の副キャプテンを務め、スポーツクラブで働いた経験もあるのでフィットネス関連の話題が得意です。執筆歴は約6年でフィットネス以外にも、さまざまなジャンルにて執筆しています。今までの経験を活かして、価値ある情報を提供できたらと思います。自己ベストは5000m14分58秒、ベンチプレスは100kg。ライティング事業を手がける5リッチ合同会社の専業ライター。

PC関連のオススメ

  • ASUSのCore i7/メモリー16GB、Wii-Fi6にも対応した高性能パソコン

    161,483円(税込)

    この商品を見る
  • Microsoftの人気モデル「Surface」のノートパソコンモデル Surface Laptop 3

    135,080円(税込)

    この商品を見る
  • ノイズキャンセリングが秀逸のSONYのヘッドホン、ハイレゾ級の高音質を楽しめる

    35,790円(税込)

    この商品を見る
  • 15.6インチの大画面に薄さ9mmの軽量モバイルディスクプレイZenScreen MB16ACE

    29,520円(税込)

    この商品を見る
  • Apple初のワイヤレスヘッドホン「AirPods MAX」ノイズキャンセリング機能搭載

    67,980円(税込)

    この商品を見る
  • 高性能、薄くてスリムなゲーミングノートパソコン「GALLERIA GCL2060RGF-T」

    124,980円(税込)

    この商品を見る
  • 最大37時間バッテリー駆動、LGの持ち運び向きノートパソコン

    154,800円(税込)

    この商品を見る
  • 手軽に全方位撮影、AIが自動で動画編集が可能な360度カメラ「Insta360 ONE X2」

    55,000円(税込)

    この商品を見る


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!