おすすめのワイヤーストリッパー9選!特徴や選び方を紹介!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

おすすめのワイヤーストリッパー9選!特徴や選び方を紹介!

おすすめのワイヤーストリッパー9選!特徴や選び方を紹介!

記助
2020-02-26 00:00

自動車部品、電飾、家電製品などの配線作業を行うときは、被覆を剥く作業が発生します。ハサミやカッターを使っても作業できますが、芯線まで切断してしまうリスクがあるでしょう。このような場合、芯線を傷つけずに被覆のみを剥くことができるワイヤーストリッパーを使うのがおすすめです。

では、どのようなワイヤーストリッパーがあるのでしょうか。ここからはおすすめのワイヤーストリッパーを紹介します。ワイヤーストリッパーの特徴や選び方もあわせて紹介するので参考にしてください。

ワイヤーストリッパーの特徴・種類

ワイヤーストリッパーとは、電線の被覆を的確に剥くための道具です。特に細い電線の芯線を傷つけずに被覆を剥くときには必須になるでしょう。このワイヤーストリッパーには大きく分けて「手動タイプ」「横剥きタイプ」「自動タイプ」の3種類あります。

最も一般的な種類は「手動タイプ」であり、精密な操作を行えますがその分技術が求められます。横剥きタイプは挟んだ部分の被覆を自動的に剥くことができるため、スムーズに作業できますが、狭い場所には向きません。

自動タイプは最も作業スピードが早いですが、電線を挟む精度が重要であり精度が悪いと芯線を切ってしまうリスクがあります。また、端の被覆を剥くだけでなく、中央の被覆を引きちぎり剥くことも可能です。

ワイヤーストリッパーの選び方

電線にはさまざまなサイズがあるので、ワイヤーストリッパーを選ぶときは、各サイズに対応しているか確認してください。また、種類によって価格だけでなく操作性も変わってくるため、使い方・使いやすさを判断して選ぶことも大切です。

また、グリップが握りやすいかどうかも作業効率に影響するため、実際に握って確かめるのがおすすめです。

手動タイプのワイヤーストリッパー3選

では、手動タイプのワイヤーストリッパーにはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

おすすめ
  • ホーザン
  • 細線用 ワイヤーストリッパー P-977

  • 税込み3,286円
  • プロも愛用する本格タイプのワイヤーストリッパー!切断も可能!

  • ニッパーよりも簡単に電線を切断でき、切れ味も良いです。芯線を傷つけることなく的確に電線をストリップできます。効率が良くスムーズに作業できます。

使いやすさを追求したモデルなので、手動タイプにこだわりがある方はこのワイヤーストリッパーを選んで失敗することはないでしょう。軽量で手にかかる負担も小さいです。

おすすめ
  • ホーザン
  • VVFストリッパー P-958

  • 税込み3,255円
  • 初心者でも使いやすい本格派仕様のワイヤーストリッパー!

  • ワイヤーストリッパーを初めて扱う人でも、ストリップアシスト用バネを搭載しているため使いやすいです。芯線は3本まで一度にストリップできるため作業効率も高いです。

裏面にはストリップスケールがあるので、正確な長さを計測し剥くことも可能です。測る・剥く・切るといった作業だけでなく、「のの字曲げ」にも対応しています。

おすすめ
  • エンジニア
  • ワイヤーストリッパー 極細線用 PA-14

  • 税込み3,118円
  • 切れ味が持続する耐久性が高いワイヤーストリッパー!

  • 本体には耐久性が高い高炭素鋼を使用しており、耐久性・耐摩耗性に優れており長く使うことができます。さらに極細線でも芯線を傷つけずに被覆を剥くことが可能。

精密研磨による仕上げによって、真円に近い形状を実現しているため、芯線を傷つけることがなく使いやすいです。

横剥きタイプのワイヤーストリッパー3選

ここからは横剥きタイプのワイヤーストリッパーを紹介していきます。

おすすめ
  • エンジニア
  • ワイヤーストリッパー PAW-32

  • 税込み4,395円
  • ワンアクションで簡単にストリップできるワイヤーストリッパー!

  • 高精度に加工されたストリップ刃によって、芯線を傷つけず的確に被覆を剥くことができます。ストリップスケールが付いているため、採寸しながらの作業も可能です。

横剥きタイプなのでグリップを握るだけで被覆を剥くことができ、作業の負担を軽減できます。

おすすめ
  • ホーザン
  • ワイヤーストリッパー P-90-C

  • 税込み3,056円
  • あらゆる電線に対応している万能なワイヤーストリッパー!

  • さまざまな種類の電線の被覆を剥くことができるワイヤーストリッパーであり、1つあるだけで作業をスムーズに行えるのが特徴です。

ストリップゲージを搭載しているため、正確な長さを測りながら被覆を剥くことが可能です。また4~25mmまでストリップ長さを設定することもできます。

おすすめ
  • ロブテックス
  • ワイヤーストリッパー LS55

  • 税込み3,845円
  • 調節ネジを回すことで細かいサイズに対応したワイヤーストリッパー!

  • シャープなカッターを搭載したワイヤーストリッパーであり、簡単に被覆剥きやコードの切断も可能です。電線のサイズに適した被覆剥きを実現します。

初心者でも簡単に被覆を剥き、電線を切断できる万能なワイヤーストリッパーです。

自動タイプのワイヤーストリッパー3選

最後に、自動タイプのワイヤーストリッパーにはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

おすすめ
  • ストレート
  • ワイヤーストリッパー 12-107

  • 税込み1,580円
  • 自動式で簡単に被覆を向けるコスパが良いワイヤーストリッパー!

  • 被覆を剥きたい場所に合わせてグリップを握るだけで初心者でも簡単に作業ができます。先端の刃に合わせるだけで、中の芯線を傷つけません。

被覆だけを適切に剥くことができる自動式ワイヤーストリッパー。作業効率を重視する人におすすめです。

おすすめ
  • フジ矢
  • オートマルチストリッパ PP707A-200

  • 税込み2,832円
  • 1台で複数の作業に対応している便利なワイヤーストリッパー!

  • 電線のサイズを気にすることなく作業を行えるワイヤーストリッパーであり、各作業を効率良く行えます。機械・自動車・電気器具などの配線作業時に活躍します。

電線の切断・被覆剥き・圧着を1台で行える万能なワイヤーストリッパーであり、人気があります。

おすすめ
  • TONE
  • オートワイヤーストリッパー AWS-200

  • 税込み3,508円
  • 自動調節機能搭載でさまざまなワイヤーサイズに対応!

  • ケーブルの芯線を傷つけずに被覆を剥くことができる万能なワイヤーストリッパーです。被覆剥きだけでなく、切断・圧着にも対応しています。

スピーカー線などは2本同時に被覆を剥くことが可能。作業効率を重視する人におすすめです。

※価格はいずれもAmazonの2020年2月時点のものです。

まとめ

配線作業をするときの強い味方であるワイヤーストリッパー。しかし、その種類はさまざまなので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。まずは、種類ごとの特徴を押さえてください。

ワイヤーストリッパーの種類は作業効率にも大きく影響するので、好みだけでなく実用性もしっかり判断して選ぶようにしましょう。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!