DIYで使うレシプロソーとは?特徴や人気があるマキタの商品を紹介!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

DIYで使うレシプロソーとは?特徴や人気があるマキタの商品を紹介!

DIYで使うレシプロソーとは?特徴や人気があるマキタの商品を紹介!

記助
2020-02-18

DIYでは木材やパイプ、プラスチックなどを切断する機会が多いですが、そのときにあると便利なのが「レシプロソー」です。レシプロソーとは木材などの素材を効率良く切断する電動工具です。

では、レシプロソーとは一体どのような道具なのでしょうか。ここからはレシプロソーについて特徴などを紹介していきます。特に人気があるマキタのレシプロソーについてもあわせて紹介するので参考にしてください。

レシプロソーとは?特徴を解説!

レシプロソーとは、木材や金属、プラスチック製のパイプなどを切断するときに使われる電動工具です。見た目は細長いノコギリの刃が付いた工具であり、電気を使うことで自動的に刃が動き素材を切断します。

人力のノコギリで切断できないような硬い素材でもしっかりカットでき、力を使わないため業務用やDIYなど家庭用としても重宝されています。

また、似ている工具に「セーバーソー」がありますが、基本的に同じ工具であり、メーカーによって呼び方が異なっているだけなので注意してください。

マキタのレシプロソーの特徴

マキタが扱っている工具のラインナップは幅広く、レシプロソーも扱っています。取り扱っている商品の数も多く、目的に合ったモデルを選びやすいです。

コンパクトで取り回しが良いものから、ハイパワー・ハイスピードのモデルまで扱っています。他にもグリップの設計にこだわっており、持ちやすく作業がしやすいのも特徴です。

他にもマキタならではのバッテリーに対応しており、充電式モデルの性能も高いといえるでしょう。

レシプロソーの選び方

レシプロソーを選ぶときにはどのようなポイントを重視すれば良いのか見ていきましょう。

電源のタイプ

レシプロソーの電源には大きく分けて「コード式」と「充電式」の2種類あります。コード式の場合はバッテリーを気にする必要がないので長時間使用できます。しかし、電源がないところでは使えないのがデメリットです。

充電式の場合、バッテリーの残量を気にする必要がありますが、場所を気にせずに使えるのがメリットです。またコード式の方が比較的ストローク幅やパワーがある傾向にあります。

最大寸法(φ)

レシプロソーは基本的に太めの枝など細長いものを切断するときに使います。しかし、レシプロソーであれば何でも切断できるわけではありません。各モデルには切断できる最大寸法(直径寸法・φ)が記載されているので、用途に合っているか確認しましょう。

マキタのレシプロソーの人気商品7選

では、マキタのレシプロソーにはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

おすすめ
  • マキタ
  • レシプロソー充電式18V JR184DZ

  • 税込み13,276円
  • 軽量・コンパクトボディで使いやすいレシプロソー!

  • このレシプロソーにはトリガスイッチ・バトルスイッチの2つのスイッチがあり、作業に応じて力を入れやすいスイッチで利用できます。

コンパクトで軽量なため軽快な取り回しで作業できます。充電式であり、バッテリーの残量が表示されるのでタイミングが分かりやすいです。

切断能力:外径50mm
ストローク数:0~3,000min-1
ストローク幅:13mm

おすすめ
  • マキタ
  • レシプロソー充電式18V JR188DZK

  • 税込み20,259円
  • 握りやすい最適なグリップの形状をしたレシプロソー!

  • コンパクトさを重視したレシプロソーであり、片手で扱うことができます。ブレードは差し込むだけで簡単に交換可能です。

コンパクトで扱いやすく切断能力と両立したモデル。握りやすくさまざまな姿勢で作業できます。

切断能力:外径130mm、厚さ255mm
ストローク数:0~3,000min-1
ストローク幅:20mm

おすすめ
  • マキタ
  • レシプロソー充電式10.8V JR101DZ

  • 税込み10,390円
  • 上向き作業も楽にこなせる小回りが利くレシプロソー!

  • コンパクト・軽量なレシプロソーで、軽快な取り回しで作業できるモデルです。専用アタッチメント不要で、しっかり操作できます。

握りやすいソフトグリップなので、滑りにくいためしっかり力を入れて作業できます。スイッチが2箇所あるので、適した姿勢で利用可能です。

切断能力:外径50mm、木材50mm
ストローク数:0~3,300min-1
ストローク幅:13mm

おすすめ
  • マキタ
  • レシプロソーAC用 JR3070CT

  • 税込み27,505円
  • マキタの中でも比較的低振動で扱いやすいレシプロソー!

  • パワフルなモデルであり、ストローク幅は32mmと長くスピーディに素材を切断できます。工具を使うことなくブレードの交換が可能です。

マキタのレシプロソーの中でも比較的パワフルであり、効率良く作業を進めることができます。

切断能力:外径130mm、木材120mm
ストローク数:0~2800min-1
ストローク幅:32mm

おすすめ
  • マキタ
  • レシプロソー充電式18V JR360DPG2

  • 税込み60,675円
  • 充電式でもコード式と同等のパワーであるレシプロソー!

  • 部品にかかる負荷や摩耗を大幅に軽減した設計なので、耐久性が高いです。18Vのバッテリーを2つ搭載しているため、長時間に渡ってパワフルに稼働します。

ハンドルは握りやすいように設計されており、しっかりと固定して作業を行えます。

切断能力:外径130mm、木材255mm
ストローク数:0~3,000min-1
ストローク幅:32mm

おすすめ
  • マキタ
  • レシプロソー充電式18V JR186DRG

  • 税込み42,126円
  • 握りやすいハンドル形状の優れた性能を持つレシプロソー!

  • 内部構造の耐久性は高く、32mmのロングストロークと2,800回の高速ストロークを実現しています。引き速度が速いため切断する性能も高いです。

高性能ですが機能自体はシンプルであり、高速切断を実現していますが軽快に操作できます。

切断能力:外径130mm、木材255mm
ストローク数:0~2,800min-1
ストローク幅:32mm

おすすめ
  • マキタ
  • レシプロソー充電式 36V JR001GRDX

  • 税込み64,000円
  • 切断スピードやパワーのバランスが良い高性能モデル!

  • 切断スピードは早く、高負荷作業に耐えるタフな構造をしています。ブレードなどは強固に固定されており、安定稼働を実現しています。

ハイパワー・ハイスピードモデルですが、同一シリーズの中では軽量であり作業効率が高いです。

切断能力:外径130mm、厚さ255mm
ストローク数:0~3,000min-1
ストローク幅:32mm

※価格はいずれもAmazonの2020年2月時点のものです。

まとめ

レシプロソーは木材、プラスチック製のパイプなど、比較的細い形状のものを切断する工具です。DIYなどで使う場合は、比較的コンパクトで持ち運びしやすい充電式を選ぶと良いでしょう。

特にマキタのレシプロソーは、充電式のモデルが多くコンパクトなモデルやハイパワー・ハイスピードなモデルが多いので人気があります。

マキタのレシプロソーの特徴を押さえて、最適なレシプロソーを選ぶようにしましょう。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!