HOME

>

PC・スマホ

>

【最新版】AmazonFireのおすすめ11製品!タブレットからテレビ接続モデルまで紹介

【最新版】AmazonFireのおすすめ11製品!タブレットからテレビ接続モデルまで紹介

森野 ミヤ子
2020-06-18
2020-06-18

Amazon Fireの選び方とおすすめ製品を紹介します

Kindle Paper Whiteの写真

Amazonが販売しているAmazon Fireシリーズは、リーズナブルなタブレット端末や、動画サービス「Amazonプライムビデオ」をより便利に楽しめるFire TV Stickなどの商品を展開しています。

2020年6月にはFire HD8 タブレットがリニューアル。使ってみて、そのサクサクした動きに驚きました!

手が届きやすいタブレットを探している人から、自宅のテレビで動画コンテンツを楽しみたい人まで参考にしてほしい、Amazon Fireシリーズの上手な選び方と、おすすめ11製品を紹介していきます。

Amazon Fireシリーズを上手に選ぶ3つのポイント

Amazon Fireシリーズは、いろいろな製品が発売されています。そのため用途や使うシーンに応じた製品を選ぶのが重要です。

購入前に知っておきたい、Amazon Fireシリーズの選び方3つのポイントを解説していきます。初めてAmazon Fireシリーズを購入したい人や、より動画や電子書籍を楽しみたい人も、ぜひ参考にしてください。

用途に応じて端末の種類を選ぶ

Amazon Fireシリーズには、タブレット端末である「Amazon Fire HD」や「Amazon Kindle Fire」、電子書籍専用で軽量性に富む「Kindle」、テレビに接続して動画コンテンツをテレビで視聴できるようになる「Amazon Fire TV Stick」などのFire端末があります。

電子書籍をダウンロードして楽しんだり、外出先などでも動画コンテンツを閲覧したい場合は、Amazon Fireタブレット端末やkindle端末を選びますよね。また、Amazonプライム会員になるとAmazonプライムビデオが追加負担金なしで利用できるようになるため、動画を大画面でも楽しめるようにテレビ接続できるFire端末を選ぶことになります。

タブレット端末は用途とシーンでディスプレイサイズを選ぶ

Amazon Fire タブレットシリーズは、ディスプレイサイズが7、8、10インチの3種類あります。ディスプレイサイズが小さいほど本体は軽く、持ち運びに便利。一方で画面解像度が落ちてしまうため、動画や雑誌などの電子書籍を楽しむには向いていません。

逆にディスプレイサイズが大きければ解像度も高く、高画質で動画が楽しめ、マンガを単行本以上のサイズで楽しむことも可能。ですが、その分本体は重くなり、外に持ち出すには向かなくなってしまいます。自分がよく使う場面を想像して、ディスプレイサイズを選ぶことが重要です。

使う人に合わせて重視したい機能で選ぶ

Amazon Fireのタブレット端末やKindleシリーズは、ディスプレイや容量以外にも製品によって機能が異なってきます。両方のシリーズともに、一般的なタブレット端末や電子書籍リーダーのほかに、キッズモデルもリリースされています。

たとえば、Amazon Fire HDのキッズモデルではAmazonの知育コンテンツである「Amazon FreeTime Unlimited」が1年間使い放題のプランがセットになっています。子ども向けゲームやアプリ、動画などを好きなだけ使えるようになるため、子ども用にタブレット端末の購入を考えている人にぴったりです。

実際にAmazonデバイスを使用する人に合わせて、重視したい機能が備わっているかもAmazon Fire端末を上手に選ぶポイントになります。

Amazon Fireのおすすめ11製品を紹介します

Amazon Fireシリーズはいろいろな製品があるため、使いたい用途やシーンに合わせた機能が備わったアイテムを選ぶのが重要です。

紹介した選び方を踏まえて厳選した、Amazon Fireシリーズのおすすめ製品を紹介していきます。

おすすめ①
  • Amazon
  • New Fire HD8 タブレット 32GB

  • 税込み9,980円
  • 性能アップ、ハイビジョン動画にもサクサク

  • 8インチのより明るくなったディスプレイはハイビジョン動画にも対応。容量も2倍になりからにサクサク快適に操作できます。

2020年6月に発売された「New Fire HD8 タブレット 32GB」は第10世代に突入。

新しい2.0GHzクアッドコアプロセッサと2GBのRAMで従来の製品よりサクサク快適に操作できるようになりました。高精細タッチスクリーンで画質も向上しています。ディスプレイの明るさも上がり、スポーツ動画や映画観賞、読書を楽しめます。さらに最大12時間稼働のバッテリーを搭載。充電切れの煩わしさが軽減されています。

容量は前モデルの2倍に増え32GBと64GBが展開。カラーは3色あります。別売りのmicroSDカードは、1TBまで対応できるようになりました。

おすすめ②
  • Amazon
  • New Fire HD 8 Plus

  • 税込み11,980円
  • 高性能コアプロセッサで毎日の動画を快適に

  • 3GBのRAMを搭載した、手頃な価格なのにハイスペックなタブレットです。バッテリー容量も増え、長時間の動画やゲームを外でも楽しみやすくなりました。

こちらも2020年6月に発売された新モデル。3GBのRAMが最大の特徴でストリーミングやダウンロードも難なく行えます。高速化された充電も可能で、付属の電源アダプタの9Wだと4時間でフル充電ができます、最大12時間駆動の大容量バッテリーを短時間で充電できる優れものです。

ワイヤレス充電にも対応し、横置きのShowモードを使えば、充電開始音や通知音を最小限にタブレットを使うことができます。横置きで充電しながらアレクサも使えるので手が離せない場面でも活躍しそうです。
通知音を減らす工夫はまだあります。New Fire HD 8も同様にゲームモードが搭載されました。ゲーム中の通知をオフにしてくれてミスタッチや気がされることなくゲームに集中できますよ。

おすすめ③
  • Amazon
  • Fire7 タブレット16GB

  • 税込み5,980円
  • 手にしやすい価格でタブレットを求める人に

  • タブレットのAmazonデバイスを手にしやすさで選ぶ人におすすめの製品。ディスプレイサイズは最小、かつ薄くて軽いため持ち運びもしやすい。Alexa搭載モデルのため、話しかけるだけで操作も可能。

Amazon Fireシリーズのタブレット端末で、ディスプレイが一番小さく、かつ最軽量のモデルが「Fire7 タブレット16GB」です。手にしやすい価格のため、気軽に購入できるタブレット端末を探している人の選択肢にも入ります。

最大7時間稼働のバッテリーと、wi-fi環境でサクサク動く、かつAmazonのAIシステムであるAlexaも搭載しています。AmazonプライムビデオやAmazonプライムリーディングを携帯性重視で楽しみたい人にぴったりです。16GBのほか、32GBモデルもあります。

おすすめ③
  • Amazon
  • Fire HD10 タブレット 32GB

  • 税込み15,980円
  • Amazonプライムビデオを始め納得の動画視聴ならこれ!

  • 10インチの大画面ディスプレイが特徴のFireタブレット端末。大画面でゲームやアプリ、動画視聴を楽しみたい人におすすめ。重量があるため片手では持てないが、腰をすえてじっくり使用したいときにぴったり。

自宅のリビングや外出先などで、高画質、かつ大画面で動画コンテンツを楽しみたい人の選択肢に入るのが「Fire HD10 タブレット 32GB」です。10インチのハイビジョンディスプレイで、持ち運びできるタブレット端末ながら、大画面での動画視聴が可能になりました。容量も32GB、ほか64GBとアップしているため、多くの動画やアプリ、ゲームをダウンロードして使いたい人にも向いています。

重量はほかモデルよりも重いため、片手で持っての視聴には向いていません。テーブルに置く、車の中で使いたいときなど、じっくり動画やゲーム、アプリなどを楽しみたい人におすすめです。また、カラーも3種類から選べます。

おすすめ④
  • Amazon
  • New Fire HD8 タブレット キッズモデル32GB

  • 税込み14,980円
  • 安心して子どもに渡せるタブレット

  • 15分単位で決められる利用時間設定や、利用状況を監視できるペアレントダッシュボードなどの機能が充実。8インチHDディスプレイのため、子どもに安心して手渡せるタブレットとしてもおすすめ。

子ども向け機能が充実したのが「New Fire HD8 タブレット キッズモデル32GB」です。遠隔授業などにもおすすめの使いやすいディスプレイです。新モデルはコアの性能が上がり、より動画のストリーミングやダウンロードを快適に使えるようになりました。
親御さんにも安心の仕様は15分単位で決められる利用時間設定や、離れたところからスマートフォンやタブレットで子どもが閲覧しているコンテンツをチェックできる、ペアレントダッシュボードなど。こどもがタブレットを適切に利用できるための見守り機能も充実しています。

ハイビジョン対応の8インチ液晶のため、子どもに安心して渡せるタブレットを探している人に向いている商品です。

おすすめ④
  • Amazon
  • Fire 7 タブレット キッズモデル16GB

  • 税込み11,980円
  • 大人と兼用できるタブレットならこれ

  • コスト面を重視、かつ大人と兼用できる子ども向けタブレットを求めている人にぴったりの製品。Amazon FreeTime Unlimitedの1年間使い放題などが付属している。

Fireタブレットの機能はそのままに、子ども向けのコンテンツや機能が搭載されたシリーズがキッズモデルシリーズです。「Fire 7 タブレット キッズモデル」は、Fire7 タブレットの機能に年齢設定やみまもり設定、Amazon FreeTime Unlimitedの1年間無料使い放題などの機能が追加されています。

軽量、かつ手にしやすい価格のため気軽に購入できる子ども向けタブレットとしても選択肢に入ります。ただし、ディスプレイは小さめのため子どもの長時間使用には向きません。短時間の使用にとどめ、大人と子どもの兼用タブレットとして気軽に使える製品を求めている人にぴったりと言えるでしょう。

おすすめ⑥
  • Amazon
  • Fire HD10 キッズモデル32GB

  • 税込み19,980円
  • 大画面ならこれ!2年間の保証もついて安心

  • 10インチHDディスプレイを採用したキッズモデルタブレットで、長時間使用や動画視聴目的での選択肢に入る製品。落下しても破損しにくいカバーや、2年間の交換保証も付属している。

子どもへの目の負担を考えて、できるだけ大きめのディスプレイのタブレット端末を選びたい人の選択肢となるのが「Fire HD10 キッズモデル32GB」です。10インチのHDディスプレイを採用しているため、動画やゲーム、アプリなども大画面で利用できます。

ディスプレイが大きい分重量が重めのため、落下による破損を心配する人も多いでしょう。キッズモデルならタブレットを保護するカバーがついていることに加えて、購入から2年間なら故障しても無償で交換できる保証も付属しています。

おすすめ⑦
  • Amazon
  • Kindle Paperwhite Wi-Fi 8GB

  • 税込み15,980円
  • 薄く軽くがコンセプトの電子書籍リーダー

  • 電子書籍を読む用途でAmazonデバイスを求める人におすすめの一品。Kindleシリーズ最軽量と薄さを誇り、長時間の読書でも疲れにくい機能も充実している。

Amazon Fireシリーズの原点である、電子書籍リーダーKindleシリーズでより薄く、軽くなったモデルが「Kindle Paperwhite Wi-Fi 8GB」です。シリーズ最軽量で片手で長時間持っていても負担がかかりづらい仕様になっています。

IPX8等級の防滴、防水仕様でアウトドアでの読書にもぴったり。読書のための専用端末 - E Ink(イーインク)ディスプレイ搭載や、明るさ調節など、長時間でも目が疲れにくい機能も充実しています。こちらはwi-fiのみですが、wi-fiと4Gにも対応したセルラーモデルもあります。

おすすめ⑧
  • Amazon
  • Kindleキッズモデル

  • 税込み10,980円
  • 読書だけさせたい!を叶えたKindleのキッズモデル

  • Kindleに新登場したキッズモデル。電子書籍リーダーの機能のみのため、読書や学習目的のみで使用させたいときにぴったり。1年間無料で子ども向け書籍読み放題も付属。

子どものための電子書籍リーダーを探している人にぴったりの製品が「Kindleキッズモデル」です。子どもの学習や読書のための書籍は場所も取るため、電子書籍を購入したいことも多いです。ところがタブレットを利用させるとゲームや動画視聴に使ってしまうこともあり、安心して渡せないこともあるでしょう。

こちらは電子書籍に特化したキッズモデル製品のため、「読書や学習だけさせたい」希望が叶います。1,000冊以上の子ども向け書籍を1年間無料で読み放題もセットで付属しています。

おすすめ⑨
  • Amazon
  • Fire TV Stick 4K

  • 税込み6,980円
  • 動画コンテンツを4Kテレビで楽しめる

  • 簡単接続だけでテレビで動画コンテンツが見られるようになる、Fire TV Stickの4K対応モデル。より高画質、高音質で動画を閲覧、かつ快適に使用できるようになった。

wi-fiに接続できる環境があれば、簡単接続と設定だけでテレビでAmazonプライムビデオを始めとした動画コンテンツが見られるようになる「Fire TV Stick 4K」。こちらの最新モデルでは、4KのウルトラHDやDolbyサウンドに対応し、より臨場感のある動画が楽しめるようになりました。

全世代機と比較すると、Alexaに対応、さらにFire TV Stickのみで音量調節や電源オンオフもできるようになったため、テレビのリモコンと併用しなくても快適に使えるようにもなりました。

おすすめ⑩
  • Amazon
  • Fire TV Cube

  • 税込み14,980円
  • ハンズフリーでテレビの動画を楽しむ時代に

  • Alexaに話しかけるだけで、ハンズフリーで動画コンテンツの操作が可能になったデバイス。手を止めなくても動画の操作ができるほか、検索や電源オンオフなども可能。

音声認識機能を持つAmazonのAI、Alexaを搭載したFire TVデバイスが「Fire TV Cube」です。リモコン操作ではなく、再生や巻き戻し、音量調節などの操作を音声認識のみで行えます。ハンズフリーで動画の操作ができるため、何かの作業をしている手を止めて動画の操作をする、といった手間が省けます。

ほかにも見たい動画コンテンツの検索や、テレビのオンオフ、ほかの情報サービス検索なども、話しかけるだけで実行可能です。

Amazon Fireシリーズで動画やゲーム、読書を楽しもう

Kindleタブレットの写真

Amazon Fireシリーズの製品の選び方とともに、おすすめ11製品を紹介しました。Amazon Fireシリーズを取り入れれば、もっと動画視聴や読書、アプリやゲームの利用を快適に、便利に行えるようになります。

主に使用する用途や人、シーンに合わせたAmazon Fireシリーズの製品を選んで、もっと幅広いエンターテイメントを楽しみましょう。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!