HOME

>

PC・スマホ

>

iPadの手書きメモ使ってる?使い方とおすすめアプリを紹介

iPadの手書きメモ使ってる?使い方とおすすめアプリを紹介

レトロ
2019-12-11
2020-05-19

iPadやPro、Air、miniには数多くのアプリがありますが、毎日使っているヘビーユーザーでも使用頻度が高いものは限られます。中でもApplePencilの使用が前提となっている手書きメモアプリは利用率が低いアプリに数えられるでしょう。

しかし手書きメモは最初からインストールされている上に無料かつ高機能なので、環境が揃っているのなら是非使ってみてください。本稿では具体的な操作方法について解説します。

手書きメモの準備

手書きメモアプリを使う前にApplePencilを同期しておきましょう。

iPadとApplePencilを同期した写真

iPadのBluetoothをオンにして、Lightning USBコネクタに差し込めば即座に接続できます。

そしてアプリを立ちあげてから、罫線や方眼紙を背景に設定しておきましょう。

初期状態では無地なので罫線があるとメモをとりやすいです。背景は消しゴム機能で消えないので安心して使えます。

iPadで手書きメモの罫線と方眼を選択する写真

ここまでの準備を済ませておけば、アプリを立ち上げた際にすぐ書き込めるので作業が捗ります。

手書きメモの使い方

手書きメモは多機能ですが、大きく分けると書き込み機能と画像の取り込み機能があります。

書き込み機能として使うのがパレットです。

パレットでは左から順番に太ペン、蛍光ペン、細ペン、切り取り、定規が使えます。

iPadの手書きメモでパレットを開いた写真

ペン関係は右側で色を変更する事も出来るので、かなりカラフルなメモをがつくれます。

切り取り機能や任意の場所を囲んで別の場所に移動させられますし、定規は直線が引けます。文房具として求められる機能はほぼ全部揃っており、undoの機能までついています。

大量の文房具を持ち運ぶ必要がありませんし、間違えたら手順を戻せるのは紙のメモと比べて大きな利点だと言えるでしょう。

具体的なパレットの操作についてはGIF動画を作りましたので是非ご覧ください。

iPadの手書きメモの機能を解説しているGIF動画

またカメラボタンをクリックすると写真を手書きメモに貼り付けたり、書類をスキャンして取り込めます。

画像の上には書き込めませんが、余白なら書き込めるので情報量が多いメモが作れるでしょう。

iPadの手書きメモで画像を取り込んで書き込みをした写真

手書きメモは手書き文字だけでなくキーボード入力も可能です。

ApplePencilが無くても使えますが、パレットの機能が無駄になってしまいます。

iPadの手書きメモでキーボード入力している写真

やはり万全の状態で使うにはApplePencilがあった方が良いでしょう。

以上が手書きメモの機能です。デジタルメモ帳として必要とされる機能はほぼ全て備えていると言って良いかと思います。

おすすめの手書きメモアプリ

無料かつ高機能な手書きメモですが、他にもApplePencilで書き込みが出来るメモアプリがあります。下記に特徴がはっきりしている手書きメモアプリを紹介します。

GoodNotes 5(グッドノート)

GoodNotes 5(グッドノート)のアイコンの写真

GoodNotes 5はこれまで紹介した手書きメモの上位互換とも呼べるアプリです。980円の有料アプリですが課金する価値は十分にあります。

簡単にきれいな図形が書けるシェイプ機能やPDFの取り込みや書き込み、録音機能、方眼紙や罫線以外にも様々なテンプレートが用意されています。

GoodNotes 5の前身にGoodNotes 4がありますが価格は同じなので最新バージョンを選びましょう。

また同等の機能を持つアプリとしてNoteshelfがありますが、こちらは1,220円です。

競合アプリと比べても価格面でお得感があるので、手書きメモに物足りなさを感じたら是非導入してみてください。

Evernote(エヴァーノート)

Evernoteのアイコンの写真

主に複数のデバイス間でウェブサイトや画像をクリップして共有する機能で知られており、利用者が多いアプリですが、実は手書きメモ機能や音声録音機能を備えています。

手書きメモほど自由に装飾できるわけではありませんが、コンテンツ保存用アプリと考えれば破格の性能を誇ります。

無料で使えるので非常におすすめですが、保存容量に限りがあるので大量にクリップする場合は月額課金が必要です。

Notability(ノータビリティ)

Notabilityのアイコンの写真

最後がNotabilityです。こちらも1,100円の有料アプリでGoodNotes 5のように多機能ですが、両者には大きな違いがあります。

Notabilityの独自機能として音声機能とマルチノートがあるからです。

Notabilityは書き込んだテキストと音声データが連携して保存されるので、録音しながらメモを取ると該当するテキストをクリックした際に録音した音声が頭だしされます。受験勉強の暗記や議事録作成の際には役立つ機能だと言えるでしょう。

また見開き2ページで別々のアプリを開けるので、他のアプリを見ながらメモを取れるという他にない特徴があります。画面の大きさからiPhoneで使うには不向きですがiPadなら十分使いこなせます。

以上の点からNotabilityはメモとして使うというより、何らかの情報の整理に向いているアプリだと言っても良いかと思います。

さいごに

手書きメモアプリは文房具の延長のようなものです。アプリの機能は大事ですが、利用者との相性は更に大事です。

いずれも有料アプリなので全てのアプリの使い勝手を確かめるのは非効率です。

純正の手書きメモアプリを十分に使いこなして不便を感じるようになったら、作業効率化の為に自分と相性が良さそうな有料アプリを検討してみてはいかがでしょうか。

レトロ
総生産記事4000以上。業界歴8年目のマルチタスク系ライターにしてYouTuber。Apple好きでガジェット集めが趣味。記事を書いたり動画編集で一日中デスクに向かっているのでヘッドセットやモニター等の作業効率化や仕事部屋の快適化につながるガジェットはすぐ購入!愛車のビートルでキャンプやサウナにでかけるのも大好き。オタク気質なのでキャンプ道具集めにハマってます。Youtubeに動画をアップしているのでチャンネル登録よろしくお願いしますm(__)m

  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!