HOME

>

フード

>

失敗しないエナジードリンクの選び方とおすすめ14選!正しい飲み方も解説

失敗しないエナジードリンクの選び方とおすすめ14選!正しい飲み方も解説

藤井広大
2021-04-28
2021-04-28

パワー不足になったとき、飲むとエネルギーをチャージしてくれるエナジードリンク。カフェインやアミノ酸などの成分が、あなたの「シャキッ」をサポートしてくれます。しかし成分の入っている量や味などさまざま種類があるので、「どれを選べばいいのかわからない」と迷ってしまいますよね。今回は、エナジードリンクの選び方や入っている成分や効果を解説するとともに、おすすめ商品を紹介していきます。

エナジードリンクとは 集中力のアップに◎

エナジードリンクの飲み口の写真

エナジードリンクは、カフェイン・アルギニン(必須アミノ酸)・ガラナ・ビタミン類・高麗人参・糖類などが入った清涼飲料水です。メーカーによっては、機能性飲料と呼ばれることも。カフェインによる集中力の向上・パフォーマンスの向上・活力の増強などに用いられます。実際に多くのエナジードリンクメーカーは、プロアスリート・ミュージシャン・プロゲーマーなどと契約していますよ。

日本には、レッドブルが2005年に上陸。続いてモンスターエナジー・ロックスターなども上陸しました。現在では国内の飲料メーカーも、エナジードリンク市場に参入しています。

栄養ドリンクとの違いは?入っている成分は?

エナジードリンクが清涼飲料水なのに対して、栄養ドリンクは指定医薬部外品というも。指定医薬部外品とは、薬機法によって「医薬品と化粧品の間にある製品」と定められたものです。どちらも薬剤師がいないコンビニなどで購入可能。しかし、成分に差があります。

成分の違い

タウリン

カフェイン

清涼飲料水

上限なし

指定医薬部外品

50mgまで

栄養ドリンク|疲れた時におすすめ

栄養ドリンクには、アミノ酸の一種であるタウリン(別名:アミノエチルスルホン酸)が配合。タウリンは肝機能改善薬とも言われ、肝機能や血圧の安定をさせる効果があります。肝機能を安定させることによって代謝がよくなることから、疲労回復・倦怠感の解消に繋がります。臨床検査により、結果が出ている有力な成分です。日本では1960年代から瓶入りの栄養ドリンクが発売され、現在も根強い人気があります。

一方で、エナジードリンクにはタウリンが入っていません。清涼飲料水にタウリンを入れることは、認められていないためです。タウリンが入っているのは、医薬品や指定医薬部外品に該当する栄養ドリンクやサプリに限定されます。よって疲労回復目的なら、栄養ドリンクのほうがおすすめです。

エナジードリンクにはタウリンの代わりに、アルギニンというアミノ酸などが代わりに入っています。アルギニンはタウリンよりも効能は劣りますが、疲労回復・活力向上などに効果を期待できるので、注目してください。また、アメリカなどの海外から輸入したエナジードリンクには、タウリンが配合されているものもあります。

エナジードリンク|集中力・パフォーマンスの向上に◎

エナジードリンクのメリットは、含まれるカフェインの上限がないこと。カフェインには軽度の覚醒作用(シャッキっとさせてくれる効果)があります。「集中力を上げたい」「スポーツや仕事でのパフォーマンスを上げたい」など、カフェインでパフォーマンスの向上をしたいという方に向いています。試合前のスポーツ選手やプロアスリートは、エナジードリンクを飲んで集中力を高めていますよ。

栄養ドリンクの場合、カフェインを入れられる量は50mgまでと制限されています。コーヒー1杯にカフェインは100mg前後含まれているので、カフェインの量はとても少ないです。集中力・パフォーマンスを上げるには、栄養ドリンクではカフェインの量が少々物足りないことも。スイッチを入れるというよりも、溜まった疲れを回復させたいときに飲むのがおすすめです。

エナジードリンク1本に入っているカフェインを確認しよう!

海外のエナジードリンクの写真

軽い覚醒効果のある成分・カフェインの量をチェックすることは、重要です。シャキッとしたいという方は、1本で含有量が100mg~200mg前後のものがおすすめ。コーヒーなど他の飲み物からもカフェインをとる方は、カフェイン含有量が100mg以下のものがおすすめです。夕方・夜間に近い場合など睡眠に支障が出て困る場合にも、少ないものが向いています。

日本の工場で生産されたものは、パッケージ裏面に含有量が表示されているので必ずチェックするようにしてくださいね。

商品別・カフェイン含有量

エナジードリンク

1本あたりのカフェイン含有量

レッドブル/250mlサイズ

80mg

モンスターエナジー/355mlサイズ

100mlあたり40mgなので142mg

モンスターエナジー/500mlボトル缶

100mlあたり40mgなので200mg

必ず1日のカフェイン摂取量目安(400m)を超えないように気を付けましょう。モンスターエナジーの500mlボトル缶の場合、2本で目安を超えてしまう量のカフェインが入っているので、注意してください。

一日1~2本まで! カフェインの過剰摂取に注意

カフェインの接種目安は、100mg前後のコーヒー4杯分にあたる約400mgまで。その理由は、世界保健機構(WHO)・アメリカ保健福祉省・カナダ保健省・欧州などでは、「コーヒー3~4カップ分」「成人は400mgまで」と注意喚起がされてるためです。日本ではカフェインの過剰摂取について具体的な数値は示されていません。ですが、農林水産省のホームページに注意喚起文が掲載されています。

眠気覚ましなどをうたってカフェインなどを添加した清涼飲料水が販売されていますが、カフェインの過剰摂取には注意が必要です。飲みすぎに注意しましょう。

出典:農林水産省|カフェインの過剰摂取について

コーヒーや他のカフェイン配合の食品や飲料も口にすると考えると、一日に飲んも安心なエナジードリンク(1本あたりのカフェインが80mgとして)の本数は、1~2本です。

エナジードリンクの過剰摂取により、海外だけではなく日本でも死者が出ています。短時間に5本・10本・20本と大量のエナジードリンクを飲むようなことは絶対にやめましょう。急性のカフェイン中毒になる恐れがあり、命にかかわることもあります。

藤井広大

Moovooライター・藤井広大

飲みすぎると危険なカフェインは健康に悪いと思われがちですが、健康への効果も研究されています。
・コーヒー3~4杯程度を飲むと死亡リスクが最大で24%下がる
・血管内皮の機能を改善
・呼吸機能の改善効果
飲む量に気を付けつつ、うまく取り入れていきましょう!

エネルギー補給のためなら砂糖類入りが◎

砂糖の写真

糖分は、人間にとっての動力源。部活動やスポーツの前などには、砂糖類入りのエナジードリンクがおすすめです。忙しくて朝食や昼食を食べられなったときの栄養補給にも、使えます。

しかしダイエットや成人病予防などで、糖質制限をしている方には注意が必要です。製品にもよりますが、1本で100mlあたり10g前後が入っています。オレンジジュース・アップルジュースなどと同じ糖分量です。糖分の摂りすぎによる健康被害などの恐れがあるので、糖質制限をしている・毎日飲みたい・デスクワークなど体を動かさない人は、糖類ゼロ・カロリーゼロなどのものがベターですよ。

栄養補給なら、アルギニン(アミノ酸)配合

エナジードリンクは、栄養のもととなる成分が含まれています。自分の欲しい成分が入っているどうか、チェックしてみましょう。中でもアミノ酸の一種の「アルギニン」が入っているものは、疲労回復に効果が期待できるのでおすすめです。

成分と効果

成分

効果

アルギニン

疲労回復に効果が期待できる

ビタミンB群

体の機能・精神状態を正常に保つ

L-カルニチン

お肉の元になる脂肪を燃やすサポート成分

高麗人参

疲労(体力)回復・滋養強壮・虚弱体質改善・低血圧症の改善が期待できる食材

高麗人参の味が苦手な方は、コーラ味やフルーツ味

エナジードリンクは、好きな味で選ぶことも重要。中でも高麗人参を使ったエナジードリンクは、粉っぽさや漢方を飲んでいるような独特な味がします。しかし最近ではエナジードリンクの人気が高まり、コーラやパッションフルーツ味など、普通のジュースと同じような味のものが出ています。

藤井広大

Moovooライター・藤井広大

正直に言いますと、味の癖が強いものもあります。「エナジードリンクを飲みたいけど、味がまずくて飲めなかったら嫌だ」と思う方は、好みのジュースを選ぶような感覚で選ぶことをおすすめします。

おすすめのエナジードリンク14選

ここからは、おすすめのエナジードリンクを14商品紹介します。飲み口や成分、1本あたりの単価などもチェックしながら、お気に入りの商品を見つけてみてくださいね。

おすすめ①
  • Red Bull
  • エナジードリンク 250ml×24本

  • 税込み4,920円
  • やっぱり王道のレッドブル!はじめての方も安心

  • エナジードリンクの王道・レッドブル・エナジードリンク。エナジードリンクがはじめてという方にもおすすめの1本です。

エナジードリンクを飲む人の認知度は、抜群のレッドブル。2020年度には、世界の人口よりも多い79億本を売り上げています。そんなレッドブルの定番は、商品名にもなっている「エナジードリンク」。原材料は、「カフェイン(80mg)・アルギニン・ビタミンB群・砂糖類・アルプスの水」とシンプル。エナジードリンクをまだ飲んだことない、初体験という方にも安心です。味は酸味がきいた味にほんのりと甘さも感じられ、オロナミンCに近い味。エナジードリンクのスタンダードの味はレッドブル、といっても過言ではありません。

Amazonの通販ではまとめ買いがお得になり、24本入りを頼むと1本あたり205円の値段で購入が可能です。

おすすめ②
  • Red Bull
  • グリーンエディション 250ml×24本

  • 税込み3,782円
  • 新しいもの好きの方必見!ライムフレーバーのレッドブル

  • 緑のレッドブルは、後味スッキリのライムフレーバー。新しいもの好きな方はもちろん、王道のレッドブルの味が好きという方にもおすすめです。

2021年2月に発売されたばかりの緑のレッドブル。基本的な原材料は、「カフェイン(80mg)・アルギニン・ビタミンB群・砂糖類・アルプスの水」と、レッドブルエナジードリンクと同じです。いつも飲んでいるレッドブルと違うフレーバーを試したい・新しいエナジードリンクが発売されるとつい購入してしまうという方にピッタリな1本。味はすっきりと爽快感のあるライム味で、朝はもちろんスイッチをONに切り替えたいとき適しています。

24本入りをまとめ買いすれば、1本あたりが約160円とお得。1本よりもまとめての購入をおすすめします。

おすすめ③
  • Red Bull
  • ホワイトエディション 250ml×24本

  • 税込み3,912円
  • 白いレッドブルはピーチ味!?フルーツ味好きな人必見

  • ホワイトピーチ味のレッドブルのホワイトエディション。さわやかなフルーツ味は、エナジードリンクの味が苦手という人にもおすすめです。

白いレッドブルは、さわやかなホワイトピーチ味。甘さひかえめなので、甘いものが苦手な人やエナジードリンクがはじめての方でも飲みやすくなっています。エナジードリンクの味が苦手な人にもおすすめです。原材料は基本的レッドブルの商品と同様、「カフェイン(80mg)・アルギニン・ビタミンB群・砂糖類・アルプスの水」。

250mlのロング缶でも24本まとめ買いをすると、1本あたりの値段は160円台。コンビニで1本ずつ購入するよりも、とてもお得ですよ。

おすすめ④
  • アサヒ飲料
  • モンスターエナジー 355ml×24本

  • 税込み4,141円
  • カフェイン量は1本あたり142mg!シャキッとしたいときに◎

  • モンスターエナジーの基本フレーバー。2012年に日本上陸して以来、高い人気を誇るモンスターエナジー。大容量の355mlにカフェイン142mgなのが特徴です。

気になるカフェインの量は、1本あたり142mg。同じエナジードリンクの代表格であるレッドブルのカフェイン量・80mgに比べると、ダントツで多いです。1本でより集中したいという方におすすめです。疲労回復へのサポート効果がある高麗人参も含まれているのも、ポイント。ただし漢方のような独特な味がするので、はじめての方はコンビニなどで一本試しに飲んでみましょう。

最初は癖を感じますが一度飲むと癖になる味で、ファンも多いです。コンビニや自販機では1本200円ほどしますが、ケース(24本)買いすると1本あたり170円とお得。まとめ買いすることをおすすめします。

おすすめ⑤
  • アサヒ飲料
  • モンスターアブソリュートリーゼロ 355ml×24本

  • 税込み4,136円
  • カロリーとシュガーがゼロ!ダイエットや糖質制限にピッタリ

  • ダイエット中におすすめのエナジードリンク。カロリーとシュガーがカットされていても、集中力やスタミナが持続する成分はしっかりと配合されています。

スッキリとした飲み口のゼロシュガーゼロカロリーのモンスター。糖質制限をしている方はもちろん、普段の飲料でもシュガーフリーを好むという方にもおすすめの1本です。「カフェイン・高麗人参・ガラナ・カルニチン・アルギニン」など、モンスターエナジーに配合されている成分や効果はそのまま。ONに切り替えたいときにはもちろん、集中力が切れてやる気が出ないという時にも役立ちます。

運動前などの栄養補給には糖分が入った緑のモンスターエナジー、ダイエット中は水色のアブソリュートゼロと、飲み分けるのもいいですね。

おすすめ⑥
  • アサヒ飲料
  • モンスター パイプラインパンチ 355ml×24本

  • 税込み4,072円
  • トロピカルフルーツ味で、癖のない味!飲みやすいモンスター

  • ハワイアンフレーバーのパイプラインパンチ。アメリカで人気があり、日本にも2019年に上陸しました。エナジードリンクの独特な味が苦手という方でも、飲みやすい1本です。

パッションフルーツ・オレンジ・グァバに、モンスター独自のエナジーブレンド(高麗人参・ガラナ・カルニチン・アルギニンなど)を組み合わせたパイプラインパンチ。とてもフルーティーで、Twitter上でも「モンスターシリーズで一番のみやすい!」「幸せの味」と好評です。独特な味が苦手だという方にもおすすめの1本。

パイプラインパンチはAmazonのまとめ買い24本入りのケースだと、1本あたり170円になります。

おすすめ⑦
  • アサヒ飲料
  • モンスターウルトラ 355ml×24本

  • 税込み4,198円
  • 甘い味が苦手な人向け。よりさわやかなゼロカロリー・モンスター

  • ゼロカロリー・ゼロシュガーのモンスターウルトラ。甘さが控えめの微炭酸で、スポーツドリンク風の味です。甘くないものを探している人におすすめ。

モンスターウルトラは、軽い飲み口のシュガー・カロリーフリーのエナジードリンク。同じゼロカロリー・ゼロシュガーである「アブソリュートゼロ」はモンスターエナジーに近い味付けに対し、ウルトラはさらに甘さ控えめの微炭酸です。「モンスターの味が苦手」という人でも、さっぱりと飲めます。スポーツドリンク味に近いので、夏場でもおいしくのめますよ。

ライトな口当たりながら、カフェイン・高麗人参・ガラナ・カルニチン・アルギニンといった、集中力やスタミナを持続するモンスターの成分はそのまま。お得なまとめ買いだと、24本入りで1本あたり175円です。

おすすめ⑧
  • アサヒ飲料
  • モンスター スーパーコーラ 500ml×24本

  • 税込み6,369円
  • 500mlの特大容量!カフェイン200mg配合

  • 500mlサイズのモンスター・スーパーコーラ。目覚めをすっきりさせたい方、深夜に仕事を乗り切りたい方、とくに集中力を高めたい方におすすめの1本です。

モンスターは100mlで40mgのカフェインが使われているので、500mlサイズのスーパーコーラは200mgと強烈。朝から大事な仕事がある、寝ないで集中したいという時にうってつけ。スーパーコーラというだけに、コーラ味です。もちろん、モンスター独自のエナジーブレンド「高麗人参・ガラナ・アルギニン・カルニチン」が配合されているので、ここぞという時に頼もしい1本。

スーパーコーラは量が多いため、税込みの値段は300円を超えます。しかしまとめて購入すれば、1本あたり265円と安くなるのでおすすめです。

おすすめ⑨
  • サントリー
  • ZONe Utopia Ver.1.0.0 500ml 24cans

  • 税込み4,137円
  • 趣味や仕事により没入・集中したい方は大容量のZONeが◎

  • 没入感の高いデジタルパフォーマンス(動画作成やゲームなど)にこだわり開発されたZONe。Utopiaはネクタージュースをモチーフに仕上げられています。

エナジー成分は、「カフェイン・アルギニン・パラチノース・ぶどう糖・ビタミンB群」などが使われています。リンゴ・もも・オレンジの果汁が17%も使われており、ネクターのようにフルーツ感の強い仕上がりに。内容量は、1本で満足する大容量の500ml。長期戦になるゲームや、動画編集作業などのサポートにおすすめです。コンセプトは「eカルチャー(ゲーム・アニメ・音楽)を愛する人へ、DIVE TO ZONe!」なので、スポーツよりも仕事や遊びにより没入したい方に適したエナジードリンクです。

カフェインは500mlで75mgと控えめですが、カロリーは314kcalと高めなので注意。食事をとる暇がないほど忙しい・エナジードリンクで糖分補給をしたい・という方にもおすすめです。

おすすめ⑩
  • サントリー
  • ZONe Ver.1.3.9 500ml 24cans

  • 税込み4,258円
  • バージョンアップして生まれ変わったZONe!

  • Ver.1.0.0が生まれ変わり、Ver.1.3.9にアップデート。カフェイン・アルギニンを増量。さらに没入感が増しています。

ZONeのVer.1.3.9はカフェインが100mg・アルギニン(疲労回復サポート成分)が1000mgと、よりパワーアップ。それでも1本500mlに含まれるカフェインは、インスタントコーヒーと同量程度なので、「カフェインが苦手」「取りすぎには気を付けたい」という方にもおすすめです。糖類は含まれますが、血糖値の上昇を抑えたり内臓脂肪を減少させたりする成分・パラチノースを配合。糖分補給をしたいけど、健康にも気を付けたいという方に適しています。

おすすめ⑪
  • サントリー
  • ZONe Unlimited ZERO Ver.1.0.0 500ml 24cans

  • 税込み4,473円
  • 大容量をごくごく飲みたい&カロリーを押さえたいという方へ!

  • 500mlの大容量ですが、カロリーゼロのUnlimited ZERO。疲労対策したい方にも◎

ZONe Unlimited ZEROはカロリーがゼロなので、ダイエットをしている方に適しています。甘味料が入っていますが糖類は使われていないため、糖質制限をしている方にもおすすめ。カフェインは1本あたり100mg。疲労回復サポート効果のあるアルギニンは1000mgと、アスリートが飲むサプリメントにも匹敵する量が配合されています。集中力はもちろんですが、「疲れを感じたくない、残したくない」という方にもおすすめです。

エナジードリンクらしい味ですが、甘さは控えめで爽快感があり、飲んだ後味がしつこくない仕上がりです。甘いものが苦手な人・スッキリと飲みたい方にピッタリ。また、微炭酸なので、炭酸が苦手な方やエナジードリンクを水分補給にと考えている方にもおすすめです。500mlの大容量なので、水のようにゴクゴク飲める1本ですよ。

おすすめ⑫
  • サバイバー
  • エナジードリンク 250ml×30本

  • 税込み2,680円
  • シャキッとにこだわりたい方必見!カフェイン120mg

  • 250mlのスリムな缶ながら、カフェインは120mgを配合。「朝に気合を入れたい」「ちょっと疲れが…」という時に頼りになる1本です。

「世の中をSURVIVE(サヴァイブ)する方々に」というコンセプトのもと作られた、サバイバー。スリムながら凝縮されたカフェイン・エナジー成分が配合されているので、朝やここぞという時におすすめ。少量サイズでもカフェインはより多いものがいいという方にも最適。また価格もうれしいしいポイントであり、30本入りのケースでは、1本あたり85円。低価格でも効き目があるエナジードリンクが欲しいという方におすすめです。

おすすめ⑬
  • サンガリア
  • ミラクルエナジーV 250g缶×30本

  • 税込み2,414円
  • コスパ◎ 日本の老舗メーカーが手掛けるエナジードリンク!

  • ミラクルエナジーは、日本ではおなじみの飲料メーカー・サンガリアが手掛けるエナジードリンク。安心のメーカーで、コスパのいいものを探している方におすすめの1本です。

1本あたり(250g中)にカフェインが160mgと、同等サイズの製品の中でも多く配合されたサンガリアのエナジードリンク。主なエナジー成分は、疲労回復にいいとされるアルギニンと、機能性食品に含まれる脂肪燃焼作用のあるL-カルニチンを配合しています。1本飲んで1日を乗り切りたい、どうしても寝てはいけない状況下に活躍。ほどよい酸味と甘味のバランスが取れた味に仕上げられています。

価格は、まとめ買いすると1本80円(1ケース30本入り)ほど。コスパ最高なエナジードリンクを求めている方におすすめです。

おすすめ⑭
  • サンガリア
  • ミラクルエナジーV パンチ 250g缶×30本

  • 税込み2,307円
  • 飲みやすいトロピカルフルーツ味!

  • サンガリアのミラクルエナジーは、南国を思わせるトロピカルフルーツ味。成分はノーマル味と変わらず、高カフェインでよりシャッキリしたい方におすすめです。

フルーツジュースのような味で飲みやすさが魅力的な、ミラクルエナジーのパンチ味。普通のエナジードリンクの味は、「独特でちょっと苦手」という方におすすめです。国内では、知名度の高いサンガリアが手掛けているので、安心して購入できますね。ケースでまとめ買いすれば、1本80円ほどと、コスパに優れていながら、カフェインは1本あたり160mgとコーヒー2杯分にも匹敵する量を配合。仕事前にシャキッとしたい、スイッチを素早くONに切り替えたいという時におすすめです。

まとめ

エナジードリンクは、いつでもどこでも飲める手軽さから、日本でも大ヒットしました。スポーツをする前に飲むことはもちろん、仕事やゲーム(eスポーツ)の前などに飲んで集中力を高めたいときにも活躍します。ざまざまなジャンルで活躍するエナジードリンクを飲んで、1週間を乗り切りましょう!



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!