iPad第6世代、第7~9世代との違いを解説 入手方法やスペックも紹介

長谷部 耕平
2022-01-04

毎年のように新モデルが発表されるApple製品。その中でもiPadは、上位モデルのiPad ProやiPad Airと比べて手頃な価格設定で人気を集めています。

iPadの最新モデルとそれ以前のモデルでは、性能にどんな違いがあるのでしょうか。この記事では、iPad第6世代から最新の第9世代までを比較してみました。


iPad第6世代はまだ購入できる?

Appleは公式サイトなどで型落ちモデルを販売していないため、現在、第6世代のiPadの入手方法は限定されます。

2021年12月現在、Amazonでは取扱いが終了。楽天市場では中古品が3万円台、Yahoo!ショッピングでは新品・中古品ともに3万円台で販売されています。また、イオシスパソコン工房ゲオなどのECサイトでも中古品を購入可能。メルカリなどの個人間売買でも流通しています。

ただ、一般的に中古品はバッテリー劣化などの可能性もありますので、その点も考慮して検討しましょう。

iPad第6世代

iPad第6世代の性能は?後継機と比較すると

iPad第6世代は発売から3年以上がたちますが、筆者自身はずっと快適に使えています。動画や電子書籍を楽しんだり、イラストや文書を作ったりするような使い方なら、今でも大きな不満は感じません。高い性能が求められる3D対戦ゲームなどを除けば、ストレスなく使えると感じます。

とはいえ後継モデルとは「差」があるのも事実。具体的にはどのような違いがあるのか、スペック比較表をつくりました。

iPadの世代間比較
第6世代iPad 第7世代iPad 第8世代iPad 第9世代iPad
ディスプレイサイズ 9.7インチ 10.2インチ 10.2インチ 10.2インチ
外形 169.5×240mm 174.1×250.6mm 174.1×250.6mm 174.1×250.6mm
厚さ 7.5mm 7.5mm 7.5mm 7.5mm
重さ 469 g(Wi-Fi)478 g(Wi-Fi+Cellular) 483 g(Wi-Fi)493 g(Wi-Fi+Cellular) 490 g(Wi-Fi)495 g(Wi-Fi+Cellular) 487 g(Wi-Fi)498 g(Wi-Fi+Cellular)
ストレージ容量 32GB・128GB 32GB・128GB 32GB・128GB 64GB・256GB
解像度 2048x1536px 2160x1620px 2160x1620px 2160x1620px
画素密度 264ppi 264ppi 264ppi 264ppi
パネル Retinaディスプレイ、IPSテクノロジー搭載LED.7インチバックライトMulti-Touchディスプレイ Retinaディスプレイ、IPSテクノロジー搭載10.2インチLEDバックライトMulti-Touchディスプレイ Retinaディスプレイ、IPSテクノロジー搭載10.2インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ Retinaディスプレイ、IPSテクノロジー搭載10.2インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
CPU 64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ 64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ 64ビットアーキテクチャ搭載A12 Bionicチップ 64ビットアーキテクチャ搭載A13 Bionicチップ
コネクタ Lightning Lightning、Smart Connector Lightning、Smart Connector Lightning、Smart Connector
シルバー、ゴールド、スペースグレイ シルバー、ゴールド、スペースグレイ シルバー、ゴールド、スペースグレイ シルバー,スペースグレイ

ストレージ容量やディスプレイサイズに差

第6~第8世代までのストレージ容量は32GBと128GBの2モデルでしたが、2021年に登場した第9世代は64GBと256GBから選べるようになり、大容量化が進んでいます。容量が32GBモデルしかない場合、写真や動画をクラウドサービスに保存するなど、iPad本体にデータをためない工夫が必要なことがあります。

ディスプレイサイズは、第6世代が9.7インチなのに対し、第7~9世代は10.2インチに大型化。CPUも第6~7世代は「A10 Fusionチップ」なのに対し、第8世代は「A12」、第9世代は「A13」へと進化しています。

加えて、第7世代からはSmart Connectorを採用し、対応キーボードと瞬時に接続できるようになりました。

第6世代は今でも使える性能を持っているものの、比較すると各種性能面で劣る部分もあります。どこが違うのかを知っておくと、購入の際のモデル選びの参考になるでしょう。

最新iPadも紹介します

性能の高さや安定性の面では、最新モデルに軍配が上がります。iPadの最新ラインナップをご紹介します。

PICK UP
  • Apple
  • iPad (最新第9世代,10.2インチ, Wi-Fi, 64GB)

  • 税込み51,000円(楽天市場)
  • 最新世代も、手の届きやすい価格

  • 大画面かつ、手頃な価格のエントリーモデル。はじめてタブレットを購入する方にもおすすめです。

Apple製品としてはリーズナブルで、2万円ほど追加すれば256GBモデルにも手が届きます。A13 Bionicチップを搭載しパフォーマンスが向上。タッチペンで書きこんだり、雑誌を表示して読んだりしやすい、十分な画面の大きさもあります。

前モデルと同じLightning端子を備え、Apple Pencilは引き続き第1世代に対応。周辺機器を買い替える必要がないのも、以前からのiPad愛用者にはポイントです。

iPad(第9世代)の税抜き価格
64GB Wi-Fiモデル ¥39,800
64GB Cellularモデル ¥56,800
256GB Wi-Fiモデル ¥57,800
256GB Cellularモデル ¥74,800
PICK UP
  • Apple
  • iPad mini(最新第6世代,8.3インチ,Wi-Fi,64GB)

  • 税込み70,765円(楽天市場)
  • 小さいからこそ便利な1台

  • 片手で持っても疲れにくいコンパクトサイズ。移動中に使いたい方や片手持ちでペンを使いたい方に向いています。

片手での持ちやすさ・携帯のしやすさを重視するのであればiPad miniがおすすめ。画面は8.3インチ、厚さ6.3mmとコンパクトで、かばんに入れてもかさばりません。A15 Bionicチップを搭載し、Apple Pencilは第2世代に対応します。

iPad mini(第6世代)の税抜き価格
64GB Wi-Fiモデル ¥59,800
64GB Cellularモデル ¥77,800
256GB Wi-Fiモデル ¥77,800
256GB Cellularモデル ¥95,800
PICK UP
  • Apple
  • iPad Air (最新第4世代, 10.9インチ, Wi-Fi, 64GB)

  • 税込み69,080円
  • 大画面なのに軽量!

  • 10.9インチの大型ディスプレイを搭載。大きい画面で作業したり、動画を見たりしたい方におすすめです。

A14 Bionicチップを搭載したハイパワーモデルで、仕事にも趣味にもしっかり使えるモデルです。大画面ながら500gを切る軽さなので持ち運びが多い方にもおすすめです。

Apple Pencil第2世代、Smart Keyboardのどちらにも対応。豊富なカラー展開も魅力で、シルバー・スペースグレイ・ローズゴールド・グリーン・スカイブルーの5色から自分に合った1台を選べます。

iPad Airの税抜き価格
64GB Wi-Fiモデル ¥69,080
64GB Cellularモデル ¥85,580
256GB Wi-Fiモデル ¥87,800
256GB Cellularモデル ¥104,280
PICK UP
  • Apple
  • iPad Pro (最新第3世代, 11インチ, Wi-Fi, 256GB)

  • 税込み106,800円
  • あらゆる機能を詰め込んだ最上級モデル

  • Apple M1チップを搭載したハイエンドモデルです。

美しい大画面11インチのLiquid Retinaディスプレイは、イラスト作成はもちろん映画やゲームも色彩豊かに表現。ストレージ容量は128GB〜2TBまで幅広くラインナップされ、使い方に合わせて選べます。超広角カメラも備えるなど、あらゆる面で高機能を追求。Magic KeyboardやApple Pencil第2世代に対応します。

iPad Proの税込み価格
iPad Pro11インチ iPad Pro12.9インチ
128GB Wi-Fiモデル ¥94,800 ¥129,800
128GB Cellularモデル ¥112,800 ¥147,800
256GB Wi-Fiモデル ¥106,800 ¥141,800
256GB Cellularモデル ¥124,800 ¥159,800
512GB Wi-Fiモデル ¥130,800 ¥165,800
512GB Cellularモデル ¥148,800 ¥183,800
1TB Wi-Fiモデル ¥178,800 ¥213,800
1TB Cellularモデル ¥196,800 ¥231,800
2TB Wi-Fiモデル ¥226,800 ¥261,800
2TB Cellularモデル ¥244,800 ¥279,800

人気サイトの売れ筋ランキングはこちら

iPadを下取りに出す手も

買い替えをするのなら現在使っているモデルを下取りに出してみてはいかがでしょうか。

Apple StoreのApple Trade In(下取り)を利用すると、通常のiPadなら最大30,000円、iPad Proなら最大60,000円のAppleギフトカードがもらえるので、新品購入資金の足しになります。

型落ちモデルを使わないまま眠らせておくのはもったいないので、下取りサービスを賢く使って新しいガジェットを手に入れてください。

※価格は記載がない限り、2022年1月時点のAmazonでのものです。

ガジェットと漫画を愛する全方位ライター
長谷部 耕平
業界歴8年目のライターにして登録者1万人超えのYouTuber。Apple好きでガジェット集めが趣味。記事を書いたり動画編集で一日中デスクに向かっているのでヘッドセットやモニター等の作業効率化や仕事部屋の快適化につながるガジェットはすぐ購入!愛車のビートルでキャンプやサウナにでかけるのも大好き。チャンネル登録よろしくお願いしますm__m

HOME

>

PC・スマホ

>

iPad第6世代、第7~9世代との違いを解説 入手方法やスペックも紹介


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!