iPhone7のおすすめイヤホン10選と音が聴こえないときの対処法を紹介

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

iPhone7のおすすめイヤホン10選と音が聴こえないときの対処法を紹介

iPhone7のおすすめイヤホン10選と音が聴こえないときの対処法を紹介

渡辺結
2019-10-21

イヤホンジャックのないiPhone7でも、快適に音楽を楽しめるBluetooth対応のワイヤレスイヤホンと、スマホを充電しながら使える変換アダプタを紹介します。

イヤホンジャックがない「iPhone7」で 音楽を聴く方法は?

イヤホンジャックが廃止になった「iPhone7」で、これまでのように音楽を楽しむ方法は、下記の3通り。ここでは、それぞれのおすすめ商品を紹介します。

●Bluetoothイヤホンを使う
●Lightning接続が可能なイヤホンを使う
●Lightning接続ができる変換アダプタを使う

【Bluetoothイヤホンを使う】

おすすめ①
  • Apple
  • AirPods

  • 税込み19,570円
  • Apple製デバイスに自動でペアリングできる

  • 「Apple AirPods」は、Apple H1ヘッドフォンチップを搭載し、イヤホンをケースから取り出すだけでApple製品と自動でペアリングすることが可能。また、AirPodsはたった1度の充電で最大5時間の連続再生が可能。本体に付属している充電ケースに15分間入れるだけで、最大3時間も再生できるため、移動中でも快適に音楽を楽しめます。

バッテリーがなくなった場合は、ケースに入れるだけで充電することができます。バッテリー残量を確認する方法として、AirPodsをiPhoneに近づけて「AirPodsのバッテリーはどのくらい?」と聞くというのもひとつの手です。

【Lightning接続が可能なイヤホンを使う】

おすすめ②
  • Razer
  • Hammerhead for iOS RZ04-02090100-R3A1

  • 税込み7,980円
  • 音楽鑑賞だけじゃない!ゲーミングにも使える

  • ゲーミング用ヘッドフォンやマウス、キーボードなどの製造・販売を手がけるデバイスメーカー「Razer」。同ブランドから登場している「 Hammerhead for iOS RZ04-02090100-R3A1」は、クリアで奥行きのあるサウンドを楽しめます。音楽鑑賞はもちろん、ゲーム実況や配信などでも使用可能です。

同製品は、専用のアプリ「Hammerhead」をスマホにインストールしておけば、音量や音質を自由に調整することができます。

【Lightning接続ができる変換アダプタを使う】

おすすめ③
  • LYHANA
  • Lightning–3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ

  • 税込み1,956円
  • 充電アダプタとしても使える

  • 「LYHANA」の、Lightning–3.5mmヘッドフォンジャックアダプタは、イヤホンジャック接続とUSB端子を搭載。そのため、イヤホンで音楽を聴くのはもちろん充電アダプタとしても使用できます。

同製品は、24bit・48kHzの高音質に対応しており、CDに引けをとらないクリアなサウンドを楽しめます。一般的に変換アダプタを使うと音質が落ちるものですが、同製品ならEDMからロックまでさまざまな音楽を快適に聴くことができるのです。

純正以外も充実!iphone7対応のおすすめイヤホン

外出先でスマホにイヤホンをつけて音楽を聴く女性

ここからは、Amazonや楽天市場などネット通販でも購入できる、iphone7対応のおすすめイヤホンを厳選して5つ紹介します。

おすすめ④
  • SONY
  • ワイヤレスイヤホン h.ear in 2 Wireless WI-H700

  • 税込み16,980円
  • 最大8時間連続再生が可能!

  • 音質の良さで知られる「SONY」のイヤホン。数ある商品の中でも特におすすめなのが、「ワイヤレスイヤホン h.ear in 2 Wireless WI-H700」です。ネックバンドが首回りにぴったりとフィットするため、長時間の利用でも不快感がなく快適。最大で8時間もの間、連続して音楽を楽しめます。

同製品は、スタイリッシュなムーンリットブルーをはじめ、色鮮やかなトワイライトレッド、シンプルなグレイッシュブラックなどを含めた5色展開。カラーバリエーションが豊富なため、自分好みの色を見つけてみてはどうでしょうか?

おすすめ⑤
  • アンカー
  • Bluetoothイヤホン SoundBuds Sport IE20

  • 税込み2,499円
  • 音切れが少なくスムーズに音楽再生ができる

  • イヤホンの定番人気メーカーといえば、「アンカー」は外せません。「Bluetoothイヤホン SoundBuds Sport IE20」は、Bluetooth5.0に対応しているため、スマホとのペアリング速度もスピーディー。音切れも少ないため、電波の悪い場所でも快適に音楽を楽しめます。

同製品は、1度の充電で最大10時間もの連続再生が可能に。移動時間の長い新幹線や電車の中で、お気に入りの音楽に癒されてみてはどうでしょうか?

おすすめ⑥
  • radius
  • Lightning接続イヤホン HP-NHL11R

  • 税込み15,480円
  • 重低音を楽しみたいなら「radius イヤホン HP-NHL11R」

  • 体に響くような臨場感のあるサウンドを楽しみたい方におすすめなのが、「radius Lightning接続イヤホン HP-NHL11R」。48kHz・24bitのハイレゾに対応しているため、まるでライブ会場で生演奏を聴いているかのような迫力ある音楽を楽しめます。

「radius イヤホン HP-NHL11R」は、フィット感に優れたカナル型を採用しています。長時間装着していても耳が痛くなりにくいのも、同製品ならではの魅力のひとつです。遮音性も高いため、満員電車の中でも音漏れの心配がなく安心。

おすすめ⑦
  • links
  • Lightningイヤホン IC-Earphone ICEP-LT-04

  • 税込み6,578円
  • 音質にこだわる人におすすめ

  • 「links Lightningイヤホン IC-Earphone ICEP-LT-04」は、CDに匹敵する24bit・48kHzのハイレゾ音源に対応しています。同製品は、普通のイヤホンに比べると、音の太さや質はもちろん、奥行きや表現力も桁違い。ボーカルの息づかいや、ベース、ギターの音までクリアな音を楽しめます。

「links Lightningイヤホン IC-Earphone ICEP-LT-04は、アルミニウム合金シェル設計で軽量化を実現。本体の軽さはさることながら、カバンの中に入れて荷物と擦れても表面のコーティングが剥げにくく、丈夫で長持ちします。

おすすめ⑧
  • PLANTRONICS
  • Bluetoothワイヤレスヘッドセット BackBeat GO3

  • 税込み8,475円
  • 汗に強く運動時に最適!

  • ジムでのトレーニング中や、外でランニングをするときに使用するなら「PLANTRONICS」の「Bluetoothワイヤレスヘッドセット BackBeat GO3」がおすすめです。水や汗、湿気に強い撥水ナノコーティングにより、汗や突然の雨でも水漏れによる故障の心配がありません。

「Bluetoothワイヤレスヘッドセット BackBeat GO3」は、最大で6時間の連続再生が可能。携帯できるポータブル充電ケースを持ち歩けば、いつでもどこでも充電切れの心配がなく音楽を楽しめます。

充電しながら音楽を聴けるiphone7対応の変換アダプタ2選

コード付きイヤホン

電車での通勤中や新幹線での移動中、イヤホンで音楽を聴こうと思ったら充電切れ……という経験は誰でもあるもの。充電できる変換アダプタがあれば、バッテリーが切れる心配がありません。

おすすめ⑨
  • Tessin
  • イヤホン変換アダプタ

  • 税込み1,077円
  • 2in1アダプタを採用

  • 「Tessin」のLightning接続アダプタは、イヤホンで音楽を聴きながらスマホの充電もできる2in1アダプタを採用。そのため、音楽再生によってスマホが充電切れになる不安もなく好きなだけ音楽を楽しめます。

同製品は、手のひらにすっぽりおさまるコンパクトなサイズも魅力のひとつ。持ち運びに便利ですが、紛失しないように注意しましょう。

おすすめ⑩
  • JAWWEI
  • Lightningアダプター

  • 税込み1,299円
  • 急速充電に対応!

  • 「JAWWEI」のLightning接続変換アダプタは、急速充電に対応しています。音楽を聴きながら充電するとチャージの速度は落ちてしまうもの。その点、同製品なら、充電の減りを気にせず気兼ねなく音楽を聴くことが可能です。

同製品は、耐久性に優れたケーブルを使用しているため、90度に折り曲げても配線が切れる心配がありません。

音楽が聴こえない!こんなときどうすればいい?

閃き

iPhoneにイヤホンを接続しても音が出ない、認識しない、片耳しか聞こえないといった場合に考えられる原因と対処法を紹介します。

音量がゼロになっている

音楽が聴こえない代表的な原因として挙げられるのが、iPhoneのボリュームがゼロになっているというもの。音楽を再生する前に、音量ボタンを上げることで解決できます。

Bluetooth接続がオフになっている

iPhoneのBluetooth接続がオフになっている、あるいはイヤホンの電源が入っていない可能性が考えられます。近年は、Bluetooth対応のワイヤレスイヤホンが主流。Bluetoothとは、電波を飛ばしてiPhoneやiPadとデータ通信を行う通信技術のひとつです。iPhoneのBluetooth接続ができているか確認しましょう。

イヤホンのケーブルが断線している

音量もBluetooth接続もオンになっているにも関わらず、音が出ない、片耳しか音が流れないなどの場合、イヤホンのケーブルが断線、あるいは破損しているかもしれません。保証期間内であれば、無償で修理に出すことも可能です。しかし、ケーブルが断線していると元通りになる可能性は極めて低いため、買い替えた方が得策だといえるでしょう。

まとめ

イヤホンと手帳とコーヒー

今回は、iPhone7対応のおすすめイヤホンと充電しながら音楽を聴ける変換アダプタを紹介しました。ワイヤレス対応のイヤホンなら、コードが絡まる煩わしさがないため、ストレスなく音楽を楽しめます。イヤホンの買い替えを検討している方は、この記事を参考に選んでみてはどうでしょうか?

※商品価格はいずれも2019年10月時点のものです。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!