哺乳瓶のおすすめ10選!選び方や人気メーカーの商品を徹底解説

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

哺乳瓶のおすすめ10選!選び方や人気メーカーの商品を徹底解説

哺乳瓶のおすすめ10選!選び方や人気メーカーの商品を徹底解説

moovoo編集部
2019-11-20

哺乳瓶はお手入れしやすく使いやすいアイテムを選ぼう

新生児がミルクを飲んでいる写真

哺乳瓶は赤ちゃんのいる家庭になくてはならない存在です。哺乳瓶の乳首は赤ちゃんの飲み具合によって最適なものを選ぶといいでしょう。瓶の素材は、シリコン・ガラス・プラスチックなどがあり、ママやパパの使いやすいアイテムを選ぶことができます。

この記事では、哺乳瓶選びのポイントとおすすめアイテムをピックアップして紹介していきます。購入や買い替えを検討している人は、ぜひ参考にしてください。ママやパパが使いやすく、赤ちゃんがミルクやお茶を飲みやすい哺乳瓶を見つけましょう。

哺乳瓶選びで大切なポイント

哺乳瓶選びで押さえておきたいポイントを順番に紹介していきます。それぞれ詳しくチェックしていきましょう。

ピジョンなど人気メーカーのアイテムをチェック

哺乳瓶選びで悩んだらピジョン・チュチュベビー・ヌーク・コンビなど、人気メーカーのアイテムから選ぶのがおすすめ。人気メーカーの哺乳瓶は、ドラッグストア・西松屋・赤ちゃん本舗などで気軽に購入することができます。メーカーによって哺乳瓶の素材や乳首の穴など、細かい部分が異なるので、家族が使いやすく赤ちゃんが吸いやすい哺乳瓶を見つけましょう。

哺乳瓶の消毒方法は?

哺乳瓶の消毒方法は、ミルトンなどの消毒液・電子レンジで熱消毒・煮沸消毒などがあり、好みの消毒方法を選ぶことが可能。消毒液を使用する場合は、消毒液を購入し浸け置きして一定時間経過したら洗い流します。

自然乾燥で問題ない消毒液もあるので便利。電子レンジは専用のボックスを購入し、哺乳瓶や乳首を入れて温めて消毒するタイプです。煮沸消毒は、大きめの鍋に入れて沸騰させることで消毒します。

プラスチックやガラスなど素材から選ぼう

ブラスチック製・ガラス製・シリコン製など、素材で選ぶのもいいでしょう。軽量が魅力のプラスチックは、外出時に便利。赤ちゃんとのお出かけは、おむつ・哺乳瓶・おもちゃなど荷物が多くなるので、少しでも荷物を減らすためにおすすめです。

ガラスは、ニオイに強く傷つきにくいのでお手入れが楽々。シリコンは、割れないのがポイントで柔らかい素材です。ただし、他の哺乳瓶に比べてニオイが気になる場合もあるでしょう。

サイズは新生児から使用できるものや1か月・3か月など月齢によって異なる

哺乳瓶のサイズは、月齢に適したものを選ばなくてはいけません。新生児は、一番小さいSSサイズを選びましょう。1~3か月までは、Sサイズで3か月以降はMサイズを。6か月からはLサイズの哺乳瓶が基本になります。月齢に適した哺乳瓶を使用しないと赤ちゃんが飲みづらくミルクの飲みが悪くなってしまう可能性もあるので、注意してください。

哺乳瓶の穴の種類や大きさは?

哺乳瓶の穴には、スリーカット・クロスカット・丸穴などがあります。スリーカットは、赤ちゃんが吸う力で出てくる量を調整することが可能。クロスカットは、吸えば吸うほどミルクをどんどん吸うことができます。丸穴は、新生児から使用できる一般的なタイプです。赤ちゃんの飲み具合を見ながら、最適なものを選びましょう。

【2019年】哺乳瓶のおすすめ商品10選!

ここからは、哺乳瓶のおすすめ商品を厳選して紹介していきます。ピジョンやコンビなどの人気メーカーの哺乳瓶をチェックしていきましょう。

おすすめ①
  • pigeon(ピジョン)
  • 母乳実感 哺乳びん(プラスチック製)160ml

  • 税込み1,561円
  • 新生児から使用できる哺乳瓶

  • プラスチック製なので、軽量なのがポイントです。持ち運びに便利なアイテムでお出かけも安心。広口タイプでお手入れも楽々です。

「ピジョン 母乳実感 哺乳びん」は、ミルク育児のママにも母乳育児のママにもおすすめの哺乳瓶です。哺乳瓶は丸みのあるフォルムで持ちやすさは抜群。消毒方法は、消毒液・熱消毒・煮沸消毒全てに対応しているので便利です。哺乳瓶の乳首は、赤ちゃんがくわえやすいように考慮されています。

サイズ:160ml
対象:0か月~
素材:プラスチック

おすすめ②
  • Combi(コンビ)
  • テテオ 授乳のお手本 哺乳びんプラスチック製 240ml

  • 税込み1,370円
  • 対象年齢が幅広く長く愛用できる製品

  • 機能性の高いアイテム。ミルクが出る量を調節できるので、それぞれの赤ちゃんの飲むペースに合わせることができる優れた製品です。

「コンビ テテオ 授乳のお手本 哺乳びんプラスチック製 」は、Mサイズの乳首がセットでついてくる哺乳瓶です。別売りになりますが、新生児から使用できる乳首を購入すれば、0か月から使用することが可能。母乳と同じような感覚で乳首からミルクが出る作りになっているのがポイントです。

サイズ:240ml
対象:2.3~18か月
素材:プラスチック

おすすめ③
  • ChuChu(チュチュ)
  • スリムタイプPPSU製 哺乳びん 240ml

  • 税込み1,082円
  • 全ての商品が日本製で安心・安全

  • 月齢に応じてサイズアップする必要がないのでコスパ最強。おっぱいと同じような体感で吸うことができるので、赤ちゃんも安心してミルクを飲むことができます。

「チュチュベビー スリムタイプPPSU製 哺乳びん」は、デザイン性の高い哺乳瓶です。見た目がおしゃれなだけでなく、使いやすさも抜群。スリムな哺乳瓶なので、鞄の中に入れても邪魔にならないのがポイントです。月齢に応じて乳首のサイズを変更する必要がないので、何度も買い直す必要はありません。

サイズ:240ml
対象:0か月~
素材:PPSU(ポリフェニルサルホン)

おすすめ④
  • NUK(ヌーク)
  • ネイチャーセンスほ乳びん ポリプロピレン製 260ml

  • 税込み1,756円
  • 授乳と同様の感覚でミルクを飲めるのがポイント

  • 赤ちゃんの吸う力に応じて最適な量が出てくるので、早く飲み過ぎてしまう心配は不要。ミルクだけの人にも混合の人にもおすすめのアイテムです。

「ヌーク ネイチャーセンスほ乳びん」は、軽量タイプの哺乳瓶です。ガラスに比べて圧倒的に軽く、お出かけを頻繁にする人におすすめ。持ちやすい形も特徴の一つです。口が広いので、お手入れも簡単に行うことができるでしょう。かわいいデザインがポイントで、カラーはブルーやピンクから好みのタイプを選ぶことができます。

サイズ:260ml
対象:0か月~
素材:ポリプロピレン

おすすめ⑤
  • BeanStalk(ビーンスターク)
  • 赤ちゃん思い 広口トライタンボトル 240ml

  • 税込み1,708円
  • 手入れがしやすい広口の哺乳瓶

  • 割れにくく耐久性が高いのが特徴の哺乳瓶です。デザインが可愛く、お出かけ時などの持ち歩き用としておすすめ。持ちやすさにもこだわっている商品です。

「ビーンスターク 赤ちゃん思い 広口トライタンボトル」は、広口なので粉ミルクを入れるのが簡単にできる哺乳瓶です。ミルクの量を確認する目盛りがツルの絵になっているのがポイント。本体は軽量なので、持ち運びを快適に行うことができます。哺乳瓶の乳首はクロスカットを採用していて、赤ちゃんの飲み具合に合わせてミルクが出るので安心です。

サイズ:240ml
素材:トライタン

おすすめ⑥
  • Betta(ベッタ)
  • 哺乳びん ジュエル SY3-240ml

  • 2,484円
  • 空気を飲み込まないように工夫されている製品

  • 個性的な形でデザイン性の高い商品。吐き戻しやゲップを抑えてくれる効果を期待することができます。軽量で衝撃性も優れているアイテムです。

「ベッタ 哺乳びん ジュエル SY3-240ml」は、独特な形が特徴の哺乳瓶です。カーブのある形が特徴で、空気を飲み込みにくい構造がポイント。軽量なのでお出かけ時も安心して持ち運びできるアイテムです。衝撃に強く耐熱性も優れていて、長く愛用することができるでしょう。

サイズ:240ml
素材:PPSU(ポリフェニルサルホン)

おすすめ⑦
  • Combi(コンビ)
  • テテオ 授乳のお手本 LiCO 哺乳びん 耐熱ガラス製 160ml

  • 税込み1,430円
  • 口が広めでお手入れしやすい哺乳瓶

  • 耐久性が高いのがうれしいポイント。ガラス製なので傷つきをガードできます。新生児から使用することが可能で、長い期間使用することができるでしょう。

「コンビ テテオ 授乳のお手本 LiCO 哺乳びん 耐熱ガラス製」は、新生児から使用できる哺乳瓶です。ミルクを冷ますのも簡単に行えて、丈夫なのが特徴。産院でも取り入れられているおすすめの製品です。ニオイがつきにくいので、安心して使用することができるでしょう。母乳に近い乳首を採用しているので、混合の人も使いやすい哺乳瓶です。

サイズ:160ml
対象:0~3か月
素材:ガラス

おすすめ⑧
  • NUK(ヌーク)
  • ネイチャーセンスほ乳びん ガラス製 240ml

  • 税込み2,031円
  • 空気の飲み込みを防ぐ穴があるので安心

  • 耐久性が優れていて使いやすさ重視の人におすすめの哺乳瓶。赤ちゃんの吸うペースに応じてミルクを飲むことができる人気アイテムです。

「ヌーク ネイチャーセンスほ乳びん ガラス製」は、乳首の穴の数を増やし飲みやすさを重視している哺乳瓶です。乳首部分は飲み方に応じて形が変形するので、フィット感は抜群。母乳と同様の感覚でミルクを飲むことができるのがポイントです。乳首を月齢に応じて買い換えれば長く使用することが可能。お手入れが簡単で、常に清潔な状態をキープすることができるでしょう。

サイズ:240ml
対象:0か月~
素材:ガラス

おすすめ⑨
  • ChuChu(チュチュ)
  • 広口タイプ耐熱ガラス製哺乳びん 240ml

  • 税込み1,560円
  • 全ての部品が3つの主な消毒方法に対応

  • クロスカットで乳首の買い替えは必要なし。ママやパパはお手入れしやすく、赤ちゃんは飲みやすいように工夫されているのがポイントです。

「チュチュ 広口タイプ耐熱ガラス製哺乳びん」は、シンプルなデザインでママもパパも使いやすい哺乳瓶です。舌触りが良く、日本製なので安心して使用することができます。クロスカットの乳首を採用しているので、飲む量を調節することが可能。哺乳瓶を倒してしまってもミルクはこぼれません。ガラス製で汚れがつきにくいので、手入れも楽に行えます。

サイズ:240ml
対象:0か月~
素材:耐熱ガラス

おすすめ⑩
  • pigeon(ピジョン)
  • 母乳実感 哺乳びん Coating(耐熱ガラス製)240ml

  • 税込み2,560円
  • 税込み2,560円

  • 成長に合わせて適切なサイズ選びができるアイテムです。哺乳瓶の表面がコーティングされているのがポイント。3つの消毒方法に対応しています。

「ピジョン 母乳実感 哺乳びん Coating」は、フルーツがデザインされている哺乳瓶です。本体の表面はコーティングされていて、持ちやすさは抜群。同じシリーズ商品で160mlの哺乳瓶もあり、乳首の種類もさまざまなサイズが発売されているので、成長に合わせて最適なアイテムを購入することができます。

サイズ:240ml
対象:3か月~
素材:耐熱ガラス

哺乳瓶は赤ちゃんとママに欠かせないアイテム!

哺乳瓶の選び方やおすすめアイテムを厳選して紹介しましたが、いかがでしたか?哺乳瓶は赤ちゃんがいる家庭には欠かせないアイテム。ミルクだけでなく、湯冷ましやお茶を飲ませてあげる時にも使用することができます。

新生児から卒乳するまで使用できるものなどもあるので要チェック。さまざまなメーカーから哺乳瓶が発売されているので、使用しながら赤ちゃんが飲みやすい哺乳瓶を見つけてあげましょう。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!