おむつストッカーは必要?タイプ別おすすめ11選と手作り方法をご紹介

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

おむつストッカーは必要?タイプ別おすすめ11選と手作り方法をご紹介

おむつストッカーは必要?タイプ別おすすめ11選と手作り方法をご紹介

みのうかなこ
2019-11-12

子育て中の部屋は、何かとかさばるもの。意識しないと、散らかった印象を与えてしまいがちです。少しでもスッキリ見せる工夫としておすすめしたいのが、おむつストッカーの活用。とはいえ、「おむつストッカーをわざわざ買う必要があるの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。おすすめのおむつストッカーとともに、手作りの方法も紹介します。

おむつストッカーはいる?いらない?

おむつストッカーとは、おむつやおしりふきなどをまとめて入れておく収納ボックスのこと。わざわざ買わなくても、袋のままで管理すればいいのですが、そのままだと、気になるのが見た目です。また、袋のままだと中身が見えず、残り枚数がわかりにくいといったデメリットがあります。

おむつストッカーがあれば、おむつの残数もわかりやすく、見た目もスッキリします。さらに、おしりふきや綿棒、ガーゼなどをひとまとめにして収納できるため、便利です。子育てアイテムをまとめておけば、赤ちゃんの手が届かないところに移動させるのも簡単だし、急なお客様が来たときもさっと片づけられますよ。

おむつストッカーは、いるか?いらないか? 
その答えは…「なくてもいいけど、あると、圧倒的に便利」です。

おむつストッカーの種類

では、具体的にどんなおむつストッカーを選べばよいのか、考えてみましょう。まずは、自分が求めるおむつストッカーの種類をチェックするところから。おむつストッカーには以下のような形状のものがあります。

つりさげ式

ベビーベッドなどにつりさげるタイプのおむつストッカーです。直置きしないので、赤ちゃんの遊び場を邪魔することがありません。ただ、固定しているため移動させづらいというデメリットがあります。同じ場所でおむつ替えをするように決めている方におすすめです。

フタ付き

お部屋のインテリアや見た目を重視したい方におすすめなのが、フタ付きのタイプ。おむつが丸見えにならないので、スッキリした印象になります。また、ほこりが入りにくいため、清潔に保てるのもメリットです。ただし、急いでおむつ替えをしたいときでも、フタを開けるというひと手間がかかるのが難点。見た目や清潔感が気になる方は、フタ付きを選んでみてはいかがでしょうか。

バッグタイプ

部屋のなかでも持ち運びをしたい方にはバッグタイプが便利です。綿棒や着替えといった赤ちゃんグッズをまとめて入れておけば、日中はリビングで使い、夜は寝室に運ぶといった移動が可能です。場合によっては、帰省時にも、そのまま持って行くのもよいでしょう。おむつストッカーのなかでも主流なのが、このバッグタイプです。

ワゴンタイプ

キッチンワゴンのように、赤ちゃん用品を詰め込んで使うのがワゴンタイプのストッカーです。車輪がついているものを選べば、移動も簡単です。ワゴンタイプは大容量のものが多いため、予備の着替えやタオル、ママ用の母乳パッドなど子育てアイテムをすべて入れておけるというメリットがあります。一方で、場所を取るのが最大のデメリット。ある程度、スペースを確保しておく必要があるでしょう。


いろんなタイプがあるおむつストッカーですが、気になるのはそのデザインや価格かもしれません。また、どの程度持ち運びしやすいのかも、子育てに忙しいママにとってはチェックポイントでしょう。次の章からは、かわいいもの、安いもの、持ち運びしやすいものから、それぞれオススメとなる商品を12個ご紹介します。

かわいい!おむつストッカーおすすめ4選

かわいいおむつストッカー①
  • APSOONSELL
  • おむつストッカー

  • 税込み 1,360円
  • 丈夫なフェルト生地で赤ちゃんにもやさしい

  • 幅約40cmの大容量タイプ。ハンドル付なので持ち運びも簡単です。使用しない時は折りたためるうえ、見た目もかわいいのがうれしい。

単色で余計なアクセントがないシンプルなかわいさ。選べる5色で、黒、ワイン、茶、赤、グレーがあります。おむつだけでなく、体温計や綿棒、おもちゃなどをまとめて入れられる大容量タイプです。

かわいいおむつストッカー②
  • たまひよSHOP
  • ムーミン おむつストッカー

  • 税込み 3,985円
  • マグネット式で開閉しやすいフタつき

  • 上部が大きく開いて、中身が見えやすいおむつストッカー。持ち手があるので、そのまま移動させるのも簡単です。ムーミンデザインがかわいい!

育児雑誌「たまひよ」が提供するおむつストッカーで、細かいこだわりがたくさん詰まっています。例えば、柔らかい布製であることもポイントのひとつ。赤ちゃんがぶつかっても痛くならず、また、ママにとっても軽くて運びやすいというメリットがあります。

かわいいおむつストッカー③
  • HB.YE
  • ベビーベッドオーガナイザー おむつストッカー

  • 税込み 4,790円
  • 大容量多機能なおむつストッカー

  • 耐荷重15kgという丈夫さと容量で、赤ちゃんグッズをたくさん入れられる収納バッグです。吊り下げ式なので、赤ちゃんの動きを邪魔しません。

たっぷり収納できる吊り下げ式のおむつストッカー。おむつを入れる部分にはジッパーがついているので衛生的です。たくさんの小分けスペースがあり、お着替えや哺乳瓶、おもちゃ、タオルなど、赤ちゃんグッズをたっぷりまとめて管理できます。

かわいいおむつストッカー④
  • KHORE
  • コットンロープ おむつ収納バスケット

  • 税込み 3,288円
  • 丸型がかわいい!おむつ卒業後も使い勝手よし!

  • 直径約38cmの大型バスケット。一切の化学物質を含まない素材なので、赤ちゃんグッズを収納するストッカーとして最適です。丸型なので赤ちゃんがぶつかっても安心。

外側は綿100%のロープでできており、内側はポリエステルの丈夫な素材。角がないため、赤ちゃんのぶつかりを心配する必要がありません。一般的なおむつストッカーよりも大きめサイズなので、おむつ以外のアイテムもしっかり収納できます。ナチュラルテイストのインテリアとしてもおすすめです。

安い!おむつストッカー おすすめ4選

安いおむつストッカー①
  • Tebrcon
  • 多機能尿布収納箱

  • 税込み 296円
  • インスタでも話題の格安おむつストッカー

  • 500円以下で購入できるという格安アイテム。マジックテープで仕切りを組み替えられるため、使いやすい形に調整できます。

超格安なおむつストッカー。ただし、ショップによっては価格が変わることもあるので注意が必要です。インスタグラムで紹介する人が多く、お手頃な割に使いやすいと評判のようです。使用しない時は、折りたたんで小さくできます。

安いおむつストッカー②
  • Magicfly
  • オムツ収納ケース

  • 税込み 799円
  • 柔らかいポリエステル素材でできたおむつストッカー

  • 1,000円以下で購入できる丈夫なオムツ収納ケースです。内側にある仕切りは取り外しが可能。側面にあるポケットで、小物も整理できます。

Amazonで購入すると1,000円以下というお手頃価格のストッカーです。フェルト生地なので柔らかく、赤ちゃんを傷つけません。側面にはたくさんのポケットがついているのもうれしい。持ち運びしやすいバッグタイプです。

安いおむつストッカー③
  • EALLIFE
  • おむつストッカー(肩かけバッグ)

  • 税込み 1,190円
  • 肩かけできるベルト付き!

  • 赤ちゃんを抱っこしたままでも、肩にかけて持ち運べるおむつストッカー。フェルト生地なので軽く、持ち運びしやすいお得な商品です。

横幅40cmの大容量おむつストッカー。ですが、なんといっても便利なのが肩かけできる長いベルトがついていること。ベルト部分は取り外しが可能で、手持ちバッグとしても使用できます。ベルト付きでこのお値段は、お得です。

安いおむつストッカー④
  • Mookis
  • おむつストッカー

  • 税込み 1,299円
  • フタつきだから衛生的で見た目も良し!

  • フタつきというオプションがありながら、この価格。フタ部分もマジックテープで脱着できるので、使い勝手に合わせて調整可能です。

ショップによって価格が異なりますが、Amazonで購入すると1,300円程度。見た目や衛生面を考えて、フタ付きを使用したい方におすすめです。フタだけでなく、内側の仕切り部分もマジックテープで脱着でき、好みのサイズに調整できます。

持ち運びしやすい!おむつストッカー おすすめ3選

持ち運びやすいおむつストッカー①
  • SUPTEMPO
  • ェルトオムツ収納ケース

  • 税込み 1,480円
  • 持ち手がまとまるから、肩からずり落ちない!

  • 合成皮革の持ち手が丈夫で、持ち運びしやすい保護カバー付き。本体はフェルト製で柔らかく、軽い素材です。一年保証付きだから安心。

持ち手の部分が太くて丈夫、握りやすい作りになっています。持ち手がまとめられるので、持ち運ぶ時に片方ずつばらけてしまうというストレスがありません。

持ち運びやすいおむつストッカー②
  • SUSUQI
  • オムツ収納ケース

  • 税込み 3,118円
  • 幅広の持ち手が肩にかかりやすい

  • 持ち運びを考えるうえで大切な持ち手部分が幅広で丈夫。持ち手の内側がフェルト張りになっているので、握ったときも負担がかかりにくい設計です。

二重布張りでしっかりしたつくりです。ライニングを加えてあるので、一般的なフェルト素材のものと比べて、形が崩れにくいのもポイント。幅広の持ち手が持ち運びの負担を減らします。

持ち運びやすいおむつストッカー③
  • PovKeever
  • オムツストッカー チャック付き

  • 税込み 1,800円
  • 柔らか素材でやや長めの持ち手付き

  • 丈夫で厚手のフェルト素材で、持ち手部分がやや長いのが特徴。外側にはファスナー付きのポケットがあり、赤ちゃんの手が届きません。

大容量のおむつストッカーで、内側の仕切りが取り外せます。柔らかい持ち手は赤ちゃんにもやさしい。外側のポケット部分が充実しており、小物の整理にもぴったりです。

おむつストッカーを手作りしてみよう

おむつストッカーは購入するだけでなく、手作りで用意する方法もあります。ハンドメイドが得意なら、自分好みのおむつストッカーを作るのもよいでしょう。手作りといっても、おむつを取り出しやすく、残りの枚数がわかるような収納ケースをつくるだけ。今回は、ダンボールを使ったおむつストッカーの作り方を紹介します。

ダンボールを使ったおむつストッカーの作り方

<用意するもの>
・おむつを購入した時のダンボール
・カッター
・ガムテープ
・デコレーション素材(包装紙、マスキングテープ、シールなど)

<作り方 その1~縦長ストッカー~>
1.ダンボールを1枚になるように開く
2.折りたたんだおむつのサイズに合わせて、カッターで折れ線を入れる
3.細長いボックス型になるようにガムテープで貼り合わせる
4.残ったダンボールで、おむつの取り出し口をつくる
5.上の解放部分で手を切らないように、ガムテープやマスキングテープで保護する
6.全体をデコレーションして完成

<作り方 その2~バスケット型ストッカー~>
1.折りたたんだおむつが2列で入る程度のサイズにカットし、組み合わせる
2.残ったダンボールを仕切り板として貼り付ける
3.表面に出たダンボールの断面で手を切らないように、ガムテープ等で処理をする
4.全体をデコレーションして完成

おむつストッカーがあると、やっぱり便利!

子育てアイテムは、いつの間にか増えていくものです。おむつやおしりふき、綿棒といった消耗品だけでなく、爪きりやガーゼ、ブラシなど細かい小物も多くあります。できるだけ子育てを楽にするためにも、赤ちゃんグッズをひとまとめにしておける収納ボックスがあれば便利なはず。使い勝手の良いおむつストッカーを用意して、子育てをもっと楽しみましょう。

※価格はいずれもAmazonの2019年9月時点のものです。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!