【2019年最新】安くて使いやすいおすすめプリンターはこれ!インク節約のコツも紹介

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

PC・スマホ

>

【2019年最新】安くて使いやすいおすすめプリンターはこれ!インク節約のコツも紹介

【2019年最新】安くて使いやすいおすすめプリンターはこれ!インク節約のコツも紹介

ママグロースハッカーズ sonomi
2019-09-25

人気メーカーのキヤノンやエプソン、ブラザーのなかから、安くて使いやすいおすすめのプリンターを紹介します。家庭用プリンターにスポットをあて、選び方のポイントやインクの節約方法も説明します。購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

安いプリンターの選び方

パソコンやスマートフォンをお持ちの方なら、自宅にプリンターがあると写真や書類の印刷が手軽にでき、とても便利です。
現在使っているものをそろそろ買い替えたい方、はじめて購入を考えている方もいるのではないでしょうか。
プリンターも最近はいろんなメーカーからたくさんの種類が出ているので、どれを選べばよいか迷ってしまいますよね。
そこで今回は、人気のキャノン・エプソン・ブラザーの3社のなかから、家庭用プリンターにスポットをあて、安くて使いやすいおすすめのプリンターを紹介します。
プリンターに詳しくない方にも、数ある機能のなかからポイントを抑え、最適なプリンターを選べるように解説します。

ランニングコストで選ぶ

用紙やインクなどは使うと次第に減っていく消耗品なので、補充や交換が必要です。
印刷枚数が増えると交換頻度も多くなるので、なるべくインク代の費用を抑えたいと考えている方も多いはず。
インクの形式はカートリッジ式とインクタンク搭載のものがあります。
カートリッジ式は一体型と独立型があり、独立型はインク切れの色だけを交換すれば良いので、インク代の費用も一体型より安く無駄がありません。
インクタンク搭載のものは、各色をプリンター本体に直接補充して使うタイプで、大容量でインク交換期間が長いのが特徴。
大容量のインクを入れておくことができるので、交換頻度が少なくインク代にかかる費用も抑えることができます。
また、顔料インクと染料インクの良いところを組み合わせたハイブリットタイプのプリンターは、印刷用途によってインクを使い分けることができ、インク使用量を抑えられて節約につながりますね。
機種によっては、プリンター本体に節約設定モードが搭載されているプリンターもあるので、使い分けて印刷することも可能です。
自宅で大量に書類を印刷をする場合は、印刷の節約アプリ(有料)もありますので検討してみてください。

機能で選ぶ

プリンターは写真や書類を印刷するだけではなく、いろんな機能が搭載されている機種もあるので、選ぶときに迷ってしまいますよね。
最近では、家庭用プリンターにも印刷機能だけではなく、コピーやスキャン・FAXなどの機能が搭載されている、複合機に人気が集まってきています。
1台あると多機能で便利なので、使用する用途が広がります。
いろんな機能がありますが、チェックしておくとよい機能は自動両面印刷やWiFi機能などです。
自動両面印刷機能があると用紙の表裏両方に印刷できるので、用紙の節約になります。
WiFi機能があれば、プリンターから離れた場所から印刷することができるので便利です。
また、パソコンスマートフォンなどがApple社製の方は、AirPrint機能があるかも確認してください。
AirPrint機能とは、MacやiPad・iPhoneなどからWiFi機能を使って写真や書類を印刷できる機能です。
最近の家庭用プリンターには、ほとんどこの機能が搭載されていますが、購入の際は確認することをおすすめします。
家族みんなで共有して使う場合などは、複合機のプリンターがおすすめです。
家族でもそれぞれに使いたい機能が違うといったこともあると思います。
複合機が1台あれば、コピー機やスキャナーの機能が自宅でも利用でき、利便性が向上するのでコストパフォーマンスが高く、費用も抑えることができます。
選ぶ際には、主に誰が使うのかや、どの機能を使いたいかを考えておきましょう。

利用シーンや利用頻度で選ぶ

プリンターを利用するシーンや頻度によって、選ぶプリンターも違ってきます。
どんな用途で使うことが多いかを頭に思い浮かべてみてください。
写真印刷ですか?それとも書類を印刷することが多いでしょうか?
家庭用プリンターの印刷方式はインクジェット方式が主流で、多くのプリンターに採用されています。
インクは顔料インクと染料インクの2種類。
顔料インクは文字がくっきりと印刷され、水にぬれてもにじみにくいことから書類の印刷が得意です。
それに対し染料インクは、色を重ねて繊細な色表現ができることから写真などの印刷に適しています。
書類と写真どちらもきれいに印刷したい場合は、顔料インクと染料インクをつかうハイブリットタイプがおすすめです。
カラーは4色や6色のものが多く使用されており、色の種類が多いほど繊細な色合いを表現することが可能。
写真印刷が多い場合、インクカラーが6色あるプリンターだと、繊細な色合いを印刷できます。
このように、利用の仕方を考えていくことで候補になるプリンターを絞り込むことができますね。

設置サイズで選ぶ

家庭用プリンターの大きさは以前に比べるとコンパクトサイズになりましたが、プリンターを設置する場所はきちんと確保しておきましょう。
一般的には多機能なものほど、プリンターのサイズも大きくなる傾向があるので、設置スペースがせまい場合は、小さいサイズのプリンターがおすすめです。
自宅のどの場所に置いて使うかを考え、プリンターが置けるかをあらかじめ確認しておきましょう。

安くておすすめのプリンターをシーン別に紹介

こちらでは価格2万円以下のおすすめ商品を紹介します。

おすすめ①
  • ブラザー
  • DCP-J577N

  • 税込み8,636円
  • 本体価格も印刷のランニングコストも安いプリンター

  • 充実した機能を持ちながらお手頃価格で、インク節約モードを使えばランニングコストを抑えることができるおすすめのプリンターです。

顔料インクと染料インクを使用したハイブリットタイプなのでインクの使用量を抑えることが可能。
インク節約モードや両面印刷機能を使って印刷コストを節約できます。写真印刷が1枚18.6円、カラー書類印刷が1枚8.4円と1枚あたりの印刷コストを抑えることが可能。タッチパネルで操作が簡単にでき、インク交換は全面パネルを開くだけなのでとても使いやすくなっています。スマートフォンアプリから簡単に年賀状を作成したり、WiFiやAirPrintなどの機能も充実しているので、家族みんなで使うのにおすすめです。

おすすめ②
  • キャノン
  • PIXUS TS8230

  • 税込み15,374円
  • スマホアプリを使った操作が簡単にできるプリンター

  • スマホアプリで、写真印刷やレイアウト加工も簡単に操作できます。ネイルシールプリント機能で自分だけのオリジナルネイルシールも作成可能なおすすめプリンターです。

アプリ機能が充実したプリンターです。スマホアプリを使って、プリンターと接続してすぐにプリントやスキャンを行える機能や、スマートフォンのLINEやMessengerの写真をプリンターに送信して印刷するといった機能もあります(LINEは2019年12月対応予定)。スマートスピーカー対応なので、音声でプリントすることも可能です(対応機種:Amazon Alexa、Google Assistant)。カレンダーやシール、証明写真などいろんな種類のシールが簡単に作成でき、はがきを自動両面印刷できるので年賀状作成にも便利です。

おすすめ③
  • エプソン
  • カラリオ EP-881

  • 税込み14,875円
  • 6色のインクを使用し、写真を美しく印刷できるプリンター

  • 6色インクとカラリオの写真高画質技術で、写真用紙はもちろん普通紙でも写真がきれいに印刷できます。写真自動補正機能もついたおすすめのプリンターです。

基本の4色になめらかな色合いを表現できる、ライトインク色を加えた6色インクを使用。写真用紙ではもちろん、普通紙でも写真をきれいに印刷します。人物や風景を自動で見分け、自然な色に自動補正したり、写真をコピーするときもプリンターが自動できれいにしてくれる機能も。タッチパネルで操作しやすく、スマートフォンと接続すれば簡単に写真プリントできます。本体カラーも4色あるのでインテリアにあわせて選べますね。充実した機能と見た目のデザインも考えられたプリンターです。

おすすめ➃
  • キャノン
  • PIXUS TS5030S

  • 税込み10,000円
  • 5色のハイブリットインクで写真や書類の印刷もきれいなプリンター

  • インクを大容量のタイプにすると、写真印刷が約1枚15.8円、カラーの書類印刷が1枚約9.0円と1枚あたりのコストが抑えられるおすすめプリンターです。

5色のハイブリットインクを搭載。顔料を使ったブラックは、濃度とコントラストが高いので小さな文字もにじみにくく、くっきりと印刷します。写真印刷はスマホアプリを使ってさまざまな印刷が可能。SNSで人気の正方形の写真印刷やカレンダー印刷、方眼紙や五線譜などのフォーム印刷もできます。スマートスピーカー対応なので音声でプリントでき、ECO設定を使って自動電源オフにすると待機電力を抑えられます。

おすすめ⑤
  • ブラザー
  • DCP-J978N

  • 税込み12,606円
  • スキャンした書類や名刺を、簡単にPDFに変換できるプリンター

  • 液晶パネルのアイコンを操作して、スキャンした書類や名刺などを簡単にPDFに変換可能。データもメモリーカードに直接保存することができるおすすめプリンターです。

液晶パネルのアイコンを操作して、スキャンしたものを簡単にPDFに変換できます。データはメモリーカードに直接保存可能。おまかせ一括スキャン機能を使えば、読み取り台にいくつかの書類をならべてまとめてデータ保存することができるので、名刺などのデータ管理に使えて便利です。オリジナルのアプリを使えば、スマートフォンからも写真や名刺などを印刷することができます。

おすすめ⑥
  • キャノン
  • PIXUS TS6230

  • 税込み11,678円
  • 基本機能が充実したお手頃価格プリンター

  • 基本機能も充実したスタンダードモデルのおすすめプリンター。5色のハイブリットインクで、写真も文字もくっきりはっきりと印刷できます。

インクが5色のハイブリットタイプです。これ1台で写真はあざやかに美しく、文章は文字がくっきりと印刷できます。スマホアプリを使えば写真だけではなくいろんなプリントも楽しむことができます。スマートスピーカー対応なので、音声から印刷ができたり、ECO設定機能があり、両面コピーやプリントができるのでコスト削減にもつながります。基本機能が充実しているお手頃価格なプリンターです。

おすすめ⑦
  • エプソン
  • PX-049A

  • 税込み4,937円
  • コピー、スキャナーがついた超お手頃価格なプリンター

  • コピーやスキャナーがついていてスマートフォンからの印刷もでき、1万円以下と驚きの価格。操作ボタンがシンプル設計なので、簡単操作ができるおすすめプリンター。

4色のインクは顔料タイプなので黒やカラーの文字も水に強くてにじみにくく、シャープな仕上がりです。書類印刷もくっきりと印刷できます。エプソン独自のインク技術によって開発された「つよインク200X」が写真を色あせなどから守ってくれます。自動色補正機能により、人物や風景を自動で見分けてバランスよく調整して印刷。「Epson iPrint」アプリを使えばスマートフォンから簡単に写真印刷ができるので便利です。操作ボタンも見やすく本体サイズも小さめなので、リビングにもすっきりと置けますね。

おすすめ⑧
  • キャノン
  • iNSPiC PV-123

  • 税込み12,017円
  • どこでも写真印刷を楽しめるスマホ・タブレット専用プリンター

  • 持ち運びできる手のひらサイズなので、いつでもすぐ印刷してメッセージカードとしてプレゼントしたり、手帳に貼ったりと写真を手軽に楽しみたい方にぴったりなプリンターです。

手のひらサイズでコンパクト。バックにいれて持ち運びができるので、いつでも好きな時に手軽に印刷することができます。専用アプリを使用し簡単に印刷でき、アプリで画像加工もすることが可能。
写真の印刷用紙は専用のものを買う必要がありますが、専用ペーパーに必要な色が埋め込まれているので、インクカートリッジは不要。印刷用紙の裏側はシールになっているので手帳やノートに貼って写真を楽しむことができます。

おすすめ⑨
  • キャノン
  • PIXUS TS3130S

  • 税込み5,100円
  • 文字に強い顔料ブラックインクを採用したプリンター

  • 4色のハイブリットインクで書類印刷の文字は顔料ブラックインクを使用。コントラストが高く文字をくっきりシャープに、筆文字などのハネ部分まできれいに印刷します。

4色ハイブリットインクを採用し、細かな文字もくっきりと美しくにじみにくいのが特徴です。顔料ブラックは濃度が濃い黒なのでコントラストが高く、はがきの宛名もきれいに印刷できます。スマホアプリを使えば写真を簡単に印刷できるほか、レイアウトや加工することも可能。SNSで見かける写真を正方形に印刷する機能やスマートスピーカーに接続して、音声でプリントしたりできる価格も手頃でお得なプリンターです。

おすすめ⑩
  • エプソン
  • カラリオEP-711A

  • 税込み8,628円
  • 2種のライトインクでより美しく印刷できるプリンター

  • 6色あるインクのなかで、2種のライトインクが写真を色彩豊かに美しくプリントします。パソコンやスマートフォンから簡単に年賀状作成もできるお手頃多機能プリンターです。

6色の染料インクで、写真をより美しくきれいに印刷します。画面は液晶モニターなので、明るくて見やすく、操作も簡単なので迷わずに写真を印刷できます。写真自動補正機能により、プリンターが自動でデータから人の顔を判別、逆光写真も補正して印刷します。AIスピーカーを使って、音声で印刷したりできるので便利です。「Epson Photo+」のPC向けアプリケーションを使い、年賀状作成やいろんな印刷もできるので、写真プリントをお手頃で楽しめます。


プリンターの比較

DCP-J577N PIXUS TS8230 カラリオ EP-881 PIXUS TS5030S DCP-J978N PIXUS TS6230 カラリオ PX-049A スマホプリンター iNSPiC PV-123 PIXUS TS3130S カラリオEP-711A
インクカートリッジ 4色 ハイブリット(独立型) 6色 ハイブリット(独立型) 6色 染料(独立型) 5色 ハイブリット(独立型) 4色 ハイブリット(独立型) 5色 ハイブリット(独立型) 4色 顔料(独立型) 専用プリント用紙 6色 染料(独立型) 6色 染料(独立型)
インクコスト(カラー印刷) 約8.4円(カラー)/約2.7円モノクロ) 約9.9円 約12円(増量使用時) 約9円(大容量使用時) 約8.4円(カラー)/約2.7円モノクロ) 約9.6円(大容量使用時) 約13.8円 約15円 約15円
L型印刷 約18.6円 約19.4円(大容量使用時) 約20.6円(増量使用時 約15.8円(大容量使用時 約18.6円 約17.3円(大容量使用時) 約27.5円 約26.5円 約26.5円
コピー/スキャナー
自動両面プリント なし 〇 (はがき非対応) なし なし なし
接続方法 無線LAN/USB2.0 無線LAN/USB2.0 有線・無線LAN/USB2.0 無線LAN/USB2.0 有線・無線LAN/USB2.0 無線LAN/USB2.0 無線LAN/USB2.0 Bluetooth 無線LAN/USB2.0 無線LAN/USB2.0
WiFiダイレクト なし
Airprint なし
スマホ対応
価格 8,636円(税込 15,374円(税込 14,875円(税込 10,000円(税込 12,606円(税込 11,678円(税込 4,937円(税込 12,017円(税込 8,628円(税込) 8,628円(税込)

まとめ

今回は2万円以下の商品を紹介しました。どのプリンターも多機能で手ごろな価格です。おすすめはキャノンPIXUS TS8230やブラザーDCP-J577Nです。機能が充実している点や価格面でもリーズナブルなところが、初めて購入する方や家族みんなで使いたい方にもおすすめです。ぜひ、選び方を参考に最適なプリンターを探してください。

※価格は2019年9月現在のものです



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!