iPhoneのバックアップ場所とは?必要性やタイミングも詳しく紹介!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

PC・スマホ

>

iPhoneのバックアップ場所とは?必要性やタイミングも詳しく紹介!

iPhoneのバックアップ場所とは?必要性やタイミングも詳しく紹介!

記助
2019-09-19

iPhoneには連絡先などの重要なデータが多く含まれています。仕事でiPhoneを使う方であれば、重要なデータの量は非常に多くなるでしょう。

このような重要なデータを守るためには「バックアップ」が必要です。また、iPhoneではバックアップの場所が1つではないため、どこにバックアップをするのかも重要なポイントです。

ここからはiPhoneのバックアップをとる場所や必要性、バックアップをとるタイミングなどを詳しく説明していきます。

iPhoneのバックアップとは?

iPhoneのバックアップとは、英語で「予備、代替」を意味し、iPhone本体に保存されているさまざまなデータ・ファイルを別の場所に保存することです。最近ではiPhoneでも大容量のモデルが増えており、写真や動画などの大切なデータを本体に保存している人は多いです。

しかし、もしiPhoneに万が一のことがあれば、その大切なデータは失われてしまうでしょう。重要なデータを失わないためにも、保存する場所を変えることでデータを守ることができます。

iPhoneのバックアップをする必要性

バックアップをする必要性は、先程の説明の通り、iPhoneに万が一のことが発生したときにデータが失われるからです。

実際にiPhoneも精密なコンピュータなので、データが消えてしまうことは珍しいことではありません。例えば、落とした衝撃で基板にダメージが生じれば、データは失われなくてもiPhoneを操作できないため、事実上データを消失したことになります。

ほかにも、iPhoneを失くしてしまったときや、水没させてしまったとき、静電気によって基板が壊れてしまったときなど、iPhoneが使えなくなったり、データが消えてしまったりするケースは少なくありません。

一度iPhoneが壊れてしまえば、大切なデータを復元することは困難であるため、もしものときに備えてバックアップを取っておくことが必要です。

iPhoneのバックアップするタイミング

バックアップを取るタイミングですが、特に決まっていません。しかし、iPhoneが故障したりデータが消失したりすることが予想できないため、なるべくこまめにバックアップをことが推奨されています。

また、機種変更など今使っている端末から他の端末に乗り換えるときには、データを移動させる必要があるため、そのときにバックアップを作成することがあります。

バックアップは万が一に備えての対策になるため、消えてしまったら困るような重要なデータだけでもバックアップを作成しておくことがおすすめです。

バックアップする場所とは

パソコンを操作するイメージ画像

バックアップの基本的な方法は大きく分けて2種類あり、その方法によってバックアップされる場所が異なります。

iPhoneのバックアップデータを保存する主な場所は「iTunes」と「iCloud」です。

パソコンのiTunesに保存する

バックアップを作成したいiPhoneとiTunesがインストールされているパソコンがあれば、iTunesを通してパソコン本体にバックアップを作成できます。

また、iTunesの場合はバックアップデータを複数、世代ごとに保存できるため、復元したい世代を指定してバックアップを復元することも可能です。この場合は、バックアップを撮った分だけパソコンの容量を圧迫してしまうため注意してください。

この方法だとバックアップを保存している場所がパソコンになるため、パソコンが故障してしまうとバックアップデータも失われる危険性があります。

・バックアップを Mac または Windows パソコンに保管する
・使えるストレージは、Mac または Windows パソコンの空き容量によって決まる
・バックアップを暗号化できる (デフォルトでは暗号化なし)
・Mac または Windows パソコンでバックアップを作成および使用できる

出典:iOS デバイスのバックアップについて - Apple サポート

iCloudに保存する

AppleIDがあればiCloudを使用でき、iPhoneで設定すればiCloud上にバックアップデータを保存できます。

5GBまでは無料で利用できるストレージですが、それ以上の容量を使うためには月額費用が発生するため注意してください。また、ネット環境があればバックアップを保存・復元できますが、その分の通信料が発生することもあるため注意しましょう。

・バックアップを iCloud に保管する
・最大 2 TB 分のストレージを利用できる (最初の 5 GB は無料)
・バックアップは常に暗号化される
・どこからでも Wi-Fi を使ってバックアップを作成および使用できる

出典:iOS デバイスのバックアップについて - Apple サポート

Appleの公式サイトによると、iCloudにバックアップできるデータは以下の通りです。

・App データ
・Apple Watch のバックアップ
・デバイスの設定
・HomeKit の構成
・ホーム画面と App の配置
・iMessage、テキスト (SMS)、MMS メッセージ
・iPhone、iPad、iPod touch 上の写真とビデオ
・Apple サービスからの購入履歴 (音楽、映画、テレビ番組、App、ブックなど)
・着信音
・Visual Voicemail のパスワード (バックアップ時に使っていた SIM カードが必要)

出典:iCloud バックアップの対象となるもの|Apple サポート

このようにiPhoneのバックアップを作成するときは、どのデータを保存することができるのか把握しておくことが大切です。

バックアップ場所の確認・変更方法

iTunesでバックアップを保存している場合は、パソコンの設定画面からバックアップ場所の確認ができます。パソコンのOS(WindowsとMac)によって異なるため注意しましょう。

Windowsの場合

Windows10の場合、バックアップデータはiTunesを通して「Cドライブ」に保存されています。

そのため、確認するときはパソコンのエクスプローラー上でCドライブを選択し、

ユーザー>AppData>Apple Computer>Backup

というようにフォルダを進んでください。利用しているWindowsのバージョンによって違いがありますが、Cドライブ内のApple関連のフォルダに保存されています。

※Windowsの場合、Windows7・Windows8などバージョンによって異なるため注意してください。

Macの場合

Macの場合は、iTunesを開きiTunesの環境設定から確認することが可能です。

バックアップのリストは以下の場所で確認できます。
メニューバーの 検索アイコン をクリックします。
「~/Library/Application Support/MobileSync/Backup/」と入力するか、コピーアンドペーストします。
「return」キーを押します。
特定のバックアップを探すには、以下の手順を実行してください。
1.iTunes を開きます。メニューバーの「iTunes」をクリックし、「環境設定」を選択します。
2.「デバイス」をクリックします。
3.目的のバックアップを「control」キーを押しながらクリックし、「Finder で表示」を選択します。

出典:iPhone、iPad、iPod touch のバックアップを探す |Apple サポート

まとめ

iPhoneではiTunesやiCloudを利用してバックアップを作成するため、万が一に備えて重要なデータのバックアップを保存しておきましょう。

今回はiPhoneの基本的なバックアップの方法を紹介してきましたが、LINEなどの特定のアプリやデータに関してはApple以外のクラウドサービスを利用することでも、バックアップを作成できます。

データの種類や自身の使い勝手に合わせて、最適なバックアップ場所を探すことがおすすめです。


宇賀なつみさんが東京モーターショーの注目ブースを紹介(広告特集)


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!