HOME

>

グッズ

>

【最新版】おすすめガジェットポーチ12選!旅行やアウトドアに便利なものを

【最新版】おすすめガジェットポーチ12選!旅行やアウトドアに便利なものを

かなたに、星田ヤチヨ
2021-03-19
2021-03-19

ACアダプターやスマホなど、ごちゃごちゃしやすいガジェット類をすっきり収納したい方におすすめなのがガジェットポーチです。薄型や深型など種類が多く、どのガジェットポーチを選べばよいか目移りしてしまいますね。今回はガジェットポーチを選ぶコツを紹介します。収納したいガジェットに合わせて、素敵なガジェットポーチを選んでみてくださいね。

ガジェットポーチとは

ガジェット機器の写真

ガジェットポーチとは、充電器やケーブル・USBメモリーなどのガジェット類を収納するポーチです。普通のポーチと違い、ガジェット類を収納しやすい作りになっています。たとえば、収納ポケットが多くあるポーチや、ケーブルをまとめるためのゴムバンドがついているポーチ・中がクッション性のある素材でできているポーチなど、多くの種類があります。ガジェット類をそのまま持ち歩くと紛失や故障の原因になるため、専用のポーチに収納することがおすすめです。

ガジェットポーチの種類

ガジェットポーチの種類は「ソフトタイプ」「ハードタイプ」の2種類です。

選択肢豊富なソフトタイプ

ソフトタイプのガジェットポーチ

ソフトタイプのガジェットポーチはやわらかくて持ちやすいことが特徴です。ソフトタイプは種類が多く、さまざまなデザインやサイズの中から選ぶことができます。また軽量のポーチのため、重みのあるモバイルバッテリーなどを入れても持ち運びやすく、カバンの中でもかさばりにくいです。

タフに使うならハードタイプ

ハードタイプのガジェットポーチ

硬い素材で作られたハードタイプは衝撃に強く、耐久性に優れています。ほかに荷物がたくさんある場合や、上に重さのある荷物を置く場合でも精密なガジェット類をしっかりと守ってくれます。しかしハードタイプはソフトタイプのガジェットポーチより重いことがデメリット。荷物を軽くしたい人には不向きといえます。

ガジェットポーチの選び方

男性が紹介しているイメージ画像

ガジェットポーチはたくさんの種類が販売されています。自分に合ったガジェットポーチを購入するために、選ぶポイントを確認しましょう。

ガジェットポーチの大きさで選ぶ

ガジェットポーチはさまざまな大きさがあるため、収納したいアイテムに合わせてポーチの大きさを選びましょう。収納するアイテムが多い人は、大きめサイズのガジェットポーチを選ぶことで、アイテムを探す手間を省くことができます。

またアイテムの数だけではなく、収納するアイテムの大きさにも注目しましょう。たとえばノートパソコンやタブレットなどを収納する場合は薄型のガジェットポーチを、ケーブルやイヤホンなど、細かいアイテムを収納する場合はマチの広い小型のガジェットポーチがおすすめです。

収納ポケットの大きさを確認

メッシュ素材のガジェットポーチ

ガジェットポーチによって収納ポケットの数や大きさが異なります。収納ポケットが多いとアイテムの定位置を作りやすく、必要なアイテムを取り出しやすいです。また収納ポケットがメッシュ素材でできていると、中身を把握しやすいため、アイテムを探す手間を省くことができます。

小さなポケットがたくさんあるタイプ

USBメモリやカードなど、小さなものを持ち歩くなら小さなポケットが複数あると分類しやすいです。ファスナー付きポケットなら小物の紛失も防げます。

大きめのポケットや仕切りがあるタイプ

ポケットにマチがあると、充電器などの厚みのあるガジェットを出し入れしやすくなります。仕切りを自由に調整できるガジェットポーチもあり、収納したいガジェットにあわせることもできます。

開口部で選ぶ

ガジェットポーチは開口部の形がいくつかあります。マジックテープやベルトで止めるタイプもありますが、ファスナーで開閉するタイプが多いです。ファスナーガードがついていると、中身をファスナーで噛んでしまうのを防げます。

上面開きのポーチ

上面開きのポーチ

一般的なポーチのように上面だけ開くガジェットポーチは、中身を落としにくいことが特徴です。スマホなど、落とすことで故障につながる製品の収納におすすめ。しかし底に入れているものが見にくく、取り出しにくいことがデメリットといえるでしょう。

三面ファスナーで大きく開くポーチ

三面ファスナーのポーチ

三面ファスナーのガジェットポーチは、開口部を大きく開くことができるので、細かいガジェット類も探しやすいことがメリットです。三面ファスナータイプには、深さのあるボックスタイプと、マチのない薄型タイプなどがあります。収納するアイテムに合わせてガジェットポーチの容量を選びましょう。しかし三面ファスナータイプのガジェットポーチは、大きく開くことで中身を落としやすくなるため、中身を出し入れする際に注意が必要です。

使いやすさをチェック

ガジェットポーチを選ぶ際は、ちょっとした使いやすさの工夫も見逃さずチェックしましょう。

撥水加工をしているか確認

撥水加工を施しているガジェットポーチは、生地の表面で水をはじくため、収納しているガジェット類を水から守ってくれます。かばんの中にガジェットポーチと水筒やペットボトルなどを一緒に入れる人は、撥水加工が施してあると安心です。また外で動画撮影など、屋外で使う人は急な天気の変化にも安心できるでしょう。しかし撥水加工は防水機能と違い大量の水は防げないため、取り扱いには注意しましょう。

持ちやすさをチェック

ガジェットポーチを単体で持ち運ぶ人はストラップがついているポーチがおすすめです。ストラップ部分を手にかけて持ち歩くことができます。またベルトを通して使用できるガジェットポーチも。ベルトに通すことで手が自由になるため、持ち運びしやすくなるでしょう。ゴムバントのついているガジェットポーチは、ケーブルをまとめて収納できるため、ほかのガジェット類と絡みにくくなります。

メーカーで選ぶ

パソコンデスクやケースなどを販売している「サンワサプライ」は、ガジェットポーチのラインナップが豊富。ポーチや収納ポケットの大きさにもこだわりたい方におすすめ。「エレコム」のガジェットポーチは、マルチに収納できるポーチ以外に、アイテムによって専用のガジェットポーチが用意されています。収納するアイテムが決まっている人は、専用のポーチもおすすめです。

【ソフトタイプ】ガジェットポーチのおすすめ6選

ガジェットポーチのおすすめ商品を、ソフトタイプとハードタイプの2つに分けてご紹介します。それぞれの特徴を参考に、アイテム数や予算にあうモデルを選んでください。

はじめは軽量でおしゃれなデザインが多く、モバイルバッテリーやケーブルのほか、厚みのある大型デバイスもやさしく保護するソフトタイプのガジェットポーチからです。

ソフトタイプ おすすめ①
  • ELECOM(エレコム)
  • カジュアルガジェットポーチ BMA-F01XNV

  • 税込み1,499円
  • カジュアルな風合いと使いやすさにこだわったガジェットポーチ

  • ネットワーク機器に精通するエレコム製で、重さ約105gと携帯性は抜群です。内側にポケットが全部で5つあり、ものが中で散らばらずにすみます。

起毛素材を採用し、中身が傷つきにくい仕様です。内側のファスナーはゴムバンド付きで、固定が可能。小さい部品はもちろん、スマホやモバイルバッテリーといった大きなガジェットをしまえて、必要なものが一式揃います。

便利な引き手ハンドルが、持ち運びに役立ちます。材質がポリエステル製で、汚れや水濡れに強いのもうれしいポイント。カラーはブラック・ネイビー・ブルーの3色から選べて、オフィスになじむ優れものです。会議や出張で移動の多い方へおすすめします。

ソフトタイプ おすすめ②
  • SANWA SUPPLY(サンワサプライ)
  • テレワーク卓上スタンドケース IN-TWAC1GY

  • 税込み1,936円
  • テレワークに必要なものをまとめておける

  • 小さい卓上スタンドケースで、開けたまま自立します。ガジェットをひとまとめにでき、使いたいときにすぐ取り出せる仕様です。

中がポケットと仕切りで細かく分かれていて、小さなパーツの紛失を防ぎます。外側のチャックを開けておけば、どこに何があるのか一目瞭然です。付箋・メモ入れに便利なポケットも外側に付属します。

仕事道具の収納だけでなく、常備薬や眼鏡を入れるトラベルポーチとしても活用可能。手頃な価格ですが作りが頑丈なため、コスパに優れています。一式入れて身軽に移動したい方や、バッグインバッグに最適です。

ソフトタイプ おすすめ③
  • Jelly Comb 
  • ケーブル&iPad 収納ポーチ

  • 税込み2,399円
  • 二層式の撥水加工済み収納ポーチ

  • 16の弾性ループと5つのメッシュポーチで、道具を小分け管理できます。外側に撥水加工素材を使用し、水や汚れに強い作りです。徒歩で通勤・通学する方に向いています。

細かいものをしまえる一段目と、大きめのガジェットを固定するポケットを用意した二段構造。電子機器やアクセサリーをサイズ別に収納できます。大容量ですが、中身が散らばりにくい仕様で、絡まる心配はありません。

内側は柔らかく衝撃を吸収する厚い保護層におおわれ、強い衝撃に耐えられます。軽量設計でストラップが付属し、普段使いはもちろん旅行でも活躍する優れもの。掃除しやすいナイロン布で手入れも簡単です。

ソフトタイプ おすすめ④
  • ProCase 
  • フェルトアクセサリー収納ケース

  • 税込み1,399円
  • 使う人を選ばないシンプルでシックなデザイン

  • 外側がフェルト製で、ホコリや傷から中身を守ります。ユニセックスなデザインに設計され、誰でもどこでも使えるポーチです。

中が仕切りで分かれていて、荷物を簡単に整理できます。弾性コードでふたを閉めるため、留め具破損の心配がありません。グレー・ネイビー・ブラックと3カラーあり、温かみのある雰囲気を楽しめます。ECサイトの口コミでは「デスクスペースになじむ」「片手で持ち運びやすい」と好評です。

小さいので机上に置くのはもちろん、バッグインバッグの活用も可能です。ガジェットだけでなく、薬や化粧品を入れるケースとしても役立ちます。柔らかい質感が好きな方におすすめで

ソフトタイプ おすすめ⑤
  • ProCase
  • 旅行用品収納バッグ WRAP-N419

  • 税込み1,499円
  • 細かいガジェットも分けてしまえる

  • ロールアップタイプの収納バッグで、外側はナイロン製です。アクセサリーにあわせて大きさを調節でき、柔軟性に優れています。

複数のポケットと弾性コードで、PCアクセサリーを小分け管理できます。ポーチを開けば中が一目で分かるため、整理整頓が簡単です。外側は撥水加工が施され、水分・汚れともに気になりません。

中身が管理しやすいデザインなので、旅行やアウトドアでも活躍します。薄く束ねて丸くしたり、壁掛けにしたりと融通の利く商品。カラー展開が6種類あり、自分だけのアイテムを選べるのも魅力の一つです。デスクスペースの色を統一したい方に向いています。

ソフトタイプ おすすめ⑥
  • LiberFlyer(リバーフライヤー)
  • 小物収納ポーチ mono-x

  • 税込み2,088円
  • PC周りの悩みを解決!散らばるガジェットをまとめて一つに

  • アンケートを基に作られ、生地や耐久性といった細かいところに工夫が施されています。バッグに入れやすい横長・自立タイプです。

高防水・高衝撃のナイロン3.0素材で、中を急な雨やショックから守ります。ジッパーも大手メーカーのYKK社製を採用し、壊れにくい仕様。持ち運びに便利な取っ手があるほか、スタイリッシュなデザインが目を惹きます。

中を開けるとメッシュポケットと収納スペースが一目で分かる仕様で管理が簡単です。コンパクトなのに幅5.5cmと、マウスやモバイルバッテリー以外に細かいパーツも余さず収納できます。ビジネスはもちろん、旅行で使用したい方にぴったりな商品です。

【ハードタイプ】ガジェットポーチのおすすめ6選

続いて硬い素材で外部からの衝撃に強く、耐久性に優れたハードタイプのおすすめガジェットポーチをご紹介します。

ハードタイプ おすすめ①
  • SANWA SUPPLY(サンワサプライ)
  • トラベルポーチ ガジェットポーチ

  • 税込み1,980円
  • ものにあわせて仕切りを変えられるセミハードタイプ

  • 大小3つの仕切りを自由に変えられます。ポケット付きで、細かいパーツも安心して管理可能です。汚れや衝撃に強く、壊れやすい電子機器の保管に向いています。

ファスナーガードを採用し、開閉による損傷の心配がありません。外側が硬めの材質ですが、133gと軽量化を実現。重たいガジェットの収納や、荷物が多いバッグの中に入れても平気です。

ふたが180°開く設計で一目で何が入っているか分かります。小さな部品は動かないよう固定できるため、荷物整理が簡単です。持ち運び用ストラップが付属し、単体でも使いこなせます。ガジェットだけでなく、カメラケースやトラベルポーチとして活用したい方におすすめです。

ハードタイプ おすすめ②
  • BUBM 
  • トラベルポーチ 小物入れ モバイル アクセサリー 収納

  • 税込み2,499円
  • EVA素材の高い衝撃吸収性を誇る逸品

  • 防水性に優れた作りで、中身を汚れから守ります。取っ手があり、持ち運びしやすい仕様です。ジッパーとメッシュのポケットが付属します。

二層式で、上はゴムバンドとポケットが2つずつあり、下はマジックテープ式の仕切りで中を管理します。ものによってスペースを調節でき、ポーチの中がばらける心配はありません。ECサイトの口コミでは「コード類の整理に便利」「差し込むポケットが多くて助かる」と高評価です。

底部ポケットは7cmと深く、かさばる電子機器でも気にせずしまえるのが魅力です。丈夫で大容量、小分けが可能な点から、デリケートなガジェットをひとまとめにするのに向いています。

ハードタイプ おすすめ③
  • UGREEN 
  • 小物用収納ポーチ モバイル収納ケース

  • 税込み1,799円
  • 持ち運びしやすいコンパクトデザイン

  • 取っ手とカラビナが付き、手で持つのはもちろんかばんに吊り下げての使用も可能です。コンパクトサイズのため細かいガジェットをしまえます。

2点ファスナー式で180°開く仕組みなので中の整理が簡単です。衝撃を吸収するEVAと高密度300D素材を使い、携帯にぴったりなモデル。スマホに触れる面はベルベット生地で、傷を心配する必要がありません。

硬いハードケースで小さなパーツの収納に優れているため、PCアクセサリーだけでなく化粧品入れに活躍します。シンプルなデザインで、誰でも使いやすい商品です。複数購入すれば、バッグ内の仕切り替わりに役立ちます。

ハードタイプ おすすめ④
  • Smatree 
  • ハードケース トラベルポーチ 移動式仕切り

  • 税込み2,280円
  • Appleアクセサリー収納に特化したタイプ

  • 二層式で、スペースを調節できる仕切りがあります。タッチペンやケーブルといったスマホガジェットを管理するのに最適です。

中間層にあるEVAシェルで衝撃を防ぎ、外側は厚めのハード素材で丈夫です。取っ手とカラビナが付属するため、簡単に持ち運べます。ECサイトの口コミでは「仕切りがマジックテープで動かせるので整理しやすい」と好評です。

ダブルジッパーで、開き切ると中が開いた状態でキープされ、何が入っているのかすぐにわかる仕様。Apple製品に特化したタイプですが、ほかのメーカー品も活用できます。普段使いはもちろん、オフィスで移動が多い方におすすめです。

ハードタイプ おすすめ⑤
  • GoodsLand(グッズランド) 
  • マルチハードケース GD-MAKECS

  • 税込み1,380円
  • 工夫次第で使い方が広がる!旅行小物入れや釣具ケースにも

  • ミニチュアのスーツケースのようなデザインがかわいらしいモデル。外部の衝撃を吸収するABS素材を使用したハードタイプですが、約165gと軽量な点が魅力です。

内側にメッシュポケットがあり、細かいパーツやケーブルを収納してもバラバラになりません。型崩れしにくい仕様で、メイク道具からスマホアクセサリーまで幅広く入れられます。バッグインバッグとしても活躍する逸品です。

デザイン性が高く、カラー展開も8色とバリエーションに富んでいます。男女問わず使える見た目なので、ビジネスはもちろん、プレゼントにぴったりな商品です。約17×11×7cmとコンパクトに収まり、携帯性に優れています。

ハードタイプ おすすめ⑥
  • tomtoc 
  • ハードケース A06-002G

  • 税込み3,390円
  • 必要なものをひとまとめにできる高機能タイプ

  • 外側は撥水加工と高品質ファスナーで耐久性を高めた仕様。グレー・オレンジ・桜といったシンプルなデザインで、使う人を選ばないビジネス向きの商品です。

三面開きのポケットやバンドで、ガジェット・文房具を小分けにできます。薄型ノートパソコンもしまえる大きさですが、中身の管理が簡単です。隠しポケットがあり、外から見えると困るものをしまえます。

1つでiPad・キーボードフォリオ・USBと、ほかにたっぷり量が入るため、仕事や趣味に必要な道具をまとめられます。取っ手を使えば、バッグの代わりとして活用可能です。管理が苦手な方の収納ケースに向いています。

ガジェットポーチがあればガジェット類を衝撃から守ることが可能!

ボックスに入っている充電器やケーブルの写真

ガジェットポーチの選び方とおすすめ人気商品を厳選して紹介しましたが、いかがでしたか?ガジェットポーチは、充電器やケーブルなどガジェット類の持ち運びに便利なアイテム。移動時の衝撃から守ってくれるポーチもあり、人気を集めています。出張や旅行時にガジェット類をきれいに収納できるガジェットポーチを活用して、紛失やからまりを防ぎましょう。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!