ワイヤレステンキーのおすすめ商品10選!数字入力が格段に楽になる

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

PC・スマホ

>

ワイヤレステンキーのおすすめ商品10選!数字入力が格段に楽になる

ワイヤレステンキーのおすすめ商品10選!数字入力が格段に楽になる

moovoo編集部
2019-10-16

ワイヤレステンキーで入力作業を楽にしよう!

キーボードとマグカップの画像

テンキーというのは文字入力のキーボードとは別に、有線または無線でパソコンと接続して使う数字を入力する専用のキーボードのことです。数字入力を頻繁にする人にとっては重宝するアイテムとなっています。

今回はテンキーの中でも無線でパソコンと接続して使うワイヤレステンキーのおすすめ商品を10選紹介していきます。

ワイヤレステンキーの選び方のポイントについて

最初にワイヤレステンキーの選び方のポイントについて解説していきます。

接続方法は有線タイプか無線タイプか

テンキーにはパソコンとテンキーをケーブルで接続する「有線タイプ」と、ケーブルは使用せずBluetoothやUSBレシーバーで接続する「無線タイプ」の2つの接続方法があります。

通信の安定を求める人は有線タイプのテンキーを、USBポートを使いたくない人や配線が気になる人は無線タイプのワイヤレステンキーを選ぶことをおすすめします。

Bluetooth接続かUSBレシーバー接続か

ワイヤレステンキーにはBluetoothで接続するものと、パソコン本体のUSBポートに付属のUSBレシーバーを差し込んで接続する2つのタイプがあります。

Bluetoothに対応しているパソコンを使っている人や、USBレシーバーを失くしてしまいそうな人はBluetoothタイプがおすすめ。USBレシーバーで接続するタイプはパソコンとテンキーの距離が遠くても接続できるので、離れた場所から操作したい人におすすめです。

キーピッチのサイズはどれくらいか

「キーピッチ」というのは、キーの中心から隣のキーの中心までの間隔のことです。キーピッチには主に19㎜と16㎜以下の2つ。19mmは多くのテンキーで採用されているキーピッチのサイズであり、打ちやすいというメリットがあります。

キーピッチが16mm以下のテンキーは19mmより打ちづらいですが、コンパクトでスペースを取らないというメリットがあります。

打ちやすさを求める人はキーピッチが19mmのテンキーを、コンパクトさを求める人はキーピッチが16mm以下のテンキーを選んでみましょう。

キータッチの種類は何か

テンキーのキータッチには、ノートパソコンと同じ「パンダグラフ」・デスクトップパソコンでよく使われる「メンブレン」・昔のパソコンによく使われていた「メカニカル」の3種類があります。

キータッチについては好みで選んでください。打つ際の音が気になる人や軽い打ち心地が好みの人は「パンダグラフ」を、しっかりとした打ち心地が好みの人には「メンブレン」「メカニカル」がおすすめです。

「NumLockキー非連動」機能や「Tab」「00」キーがあるかどうか

本体のキーボードと別にテンキーを外付けして使う場合、テンキーに「NumLockキー非連動」機能がないと、本体のキーボードのキー入力に不具合が起こります。なのでワイヤレステンキーを選ぶ際には「NumLock非連動機能」があるものを選びましょう。

また入力作業をする際に便利な「Tab」「00」キーがあるものを選ぶことをおすすめします。

ワイヤレステンキーのおすすめ商品10選!

ワイヤレス接続に対応したテンキーのおすすめ商品を10選紹介していきます。

1. iClever テンキー ワイヤレス IC-KP08

iCleverのテンキー ワイヤレス IC-KP08はBluetoothでパソコンと接続するワイヤレステンキーです。数字以外に「ファンクションキー」「ホーム「タブ」などのキーがついています。

人間工学に基づいて作られているので使いやすさは抜群!互換性も広いので、あらゆるタイプのパソコンに接続して使うことができます。

2.エレコム 無線薄型テンキーパッド TK-TDP019BK

エレコムの無線薄型テンキーパッド TK-TDP019BKはパソコンのUSBポートにレシーバーを差し込むことで接続するタイプのワイヤレステンキーです。

6.5mmと超薄型で省スペース。キータッチにはノートパソコンと同じ「パンタグラフ」を採用しています。キーはそれぞれが独立し、キーピッチは19mmなのでとても打ちやすいと好評。

「Tab」「00」キーが搭載されているので、表計算をする人にもおすすめです。

3. levens ワイヤレス テンキー

levensのワイヤレス テンキーは、Bluetoothで接続するタイプのワイヤレステンキーです。人間工学に基づいて設計されているので、長時間使っても疲れにくいのが特徴的。

とても軽くて薄型なので持ち運びにも便利。「省エネスリープモード」が搭載されているので、無駄な電力を消費する心配もありません。

4.Alcey Numeric Keypad WK-22K-ALS

AlceyのNumeric Keypad WK-22K-ALSはUSBレシーバーをパソコン本体に差し込んで接続するタイプのワイヤレステンキーです。「NumLock」「ESC」「Tab」が搭載されているので表計算をする際にも大活躍。

乾電池1本で作動するので充電も不要。電池が残り少なくなるとランプ点滅で教えてくれます。使いやすく疲れにくい仕様になっています。Macには完全に対応しないのでWindowsユーザーにおすすめです。

5.Cateck ワイヤレステンキー

Cateckのワイヤレステンキーは34個のファンクションキーに加えて「ホーム」「終了」「タブ」キーも搭載されています。充電式のワイヤレステンキーで、一度フル充電すると連続で145時間も使い続けることができます。

30分使わないと自動でスリープモードになるので、無駄な電池を消費しません。Windowsだけではなく、Macとも互換性があります。

6.Kcblue ワイヤレステンキー

Kcblueのワイヤレステンキーは打鍵音が静かで打ちやすいのが特徴的なワイヤレステンキーです。簡単に切替え可能な「キーボードモード」と「電卓モード」の2つのモードを搭載。

電卓モードで計算を行い、電卓画面に表示されている内容をパソコンに送ることもでき、経理や会計関係の仕事で大活躍してくれるでしょう。

7.ミヨシ Bluetooth接続 ワイヤレステンキー TENBT01

ミヨシのBluetooth接続 ワイヤレステンキー TENBT01は表計算のしやすさを考えた「5列/27+1キー配列」を採用しています。NumLock非連動タイプで本体のキーボード入力にも影響を与えません。

Bluetooth接続タイプで、120分操作がないと自動で接続が切断される省エネ機能を搭載。最大で2台の機器に接続し使うことができる「マルチペアリング」にも対応しています。

8.Jelly Comb ワイヤレステンキー

Jelly Combのワイヤレステンキーはキーピッチが19mmでノートパソコンと同じ「パンタグラフ」キーボードを採用し、とても打ちやすいワイヤレステンキーです。

付属のマウスは操作性が高く、クリックする際の音もとても静か。耐久性も高く1000万回のクリックに耐えることができます。

9.Satechi ワイヤレス スマート テンキー

Satechi ワイヤレス スマート テンキーは「キーボードモード」と「電卓モード」の2つのモードを搭載しています。電卓モードには「メモリー機能」「バックスペースキー機能」も搭載されていて電卓としての使いやすさも抜群。

Mac付属のキーボードに似たスマートでおしゃれなデザインも特徴的です。約30分操作がないと自動でスリープモードになる省エネ機能も充実しています。

10. WUUDI ワイヤレステンキー

WUUDIのワイヤレステンキーはリーズナブルな価格が魅力のワイヤレステンキーです。パソコン本体のUSBポートにUSBレシーバーを差し込んで接続するタイプで、無線受信距離は10mとなっています。

電池1本で作動するので充電する必要もありません!価格は安いですが使い心地もいいので、初めてワイヤレステンキーを購入する人にもおすすめです。

自分が一番使いやすいワイヤレステンキーを探してみよう

キーボードを打つ手の画像

今よりもっとパソコンの入力作業をスムーズに行いたい人に、ワイヤレステンキーはおすすめ。数字を入力する機会が多い人や表計算を頻繁に行う人は、ぜひワイヤレステンキーをお試しください!

商品によって使いやすさや操作性に違いがあるので、自分に一番合ったワイヤレステンキーを見つけましょう。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!