キャンプマットおすすめ10選!アウトドアシーンに応じてスペックを選ぼう!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

アウトドア

>

キャンプマットおすすめ10選!アウトドアシーンに応じてスペックを選ぼう!

キャンプマットおすすめ10選!アウトドアシーンに応じてスペックを選ぼう!

moovoo編集部
2019-10-10

キャンプマットは使いやすさも重要

夜の森でのキャンプ

テント内での快適な寝心地をサポートするキャンプマット。基本的に寝袋とセットで使うキャンプマットは、地面の小石などによる凹凸を防ぐだけではなく、断熱性や保温性にもすぐれています。軽量なものや、車中泊に利用できるタイプなどもあるので、用途に応じた商品選びが重要です。

おすすめのキャンプマットの選び方

キャンプマットはアコーディオンのように広げるタイプだけではなく、エアを入れて膨らませるものもあります。寝心地と合わせて使いやすさにも着目すれば、より快適にキャンプを楽しむことができるでしょう。

使い方簡単なクローズドセルマット

断熱発泡素材を使用しているクローズドセルマットは、銀マットとも呼ばれます。広げるだけで簡単に使えるのが特徴。マットは軽量で、耐久性にもすぐれています。丸めたり折りたたんだりすれば収納も簡単です。使いやすさを重視したいキャンプ初心者にもおすすめです。

ただし、構造がシンプルなので快適性はあまり期待できません。予算や利用シーンに応じて他のタイプと使い分けるのも、ひとつの方法でしょう。

快適な寝心地のエアマット

寝心地を重視したいなら、エアマットがおすすめです。付属のエア注入器やポンプなどを使って空気をキャンプマットに送り込み、膨らませて使います。マット内部の空気がフワフワしたクッション代わりになるので、快適な寝心地を実現します。

空気の出し入れに手間はかかりますが、使用しないときには空気を抜いてコンパクトに収納できるので持ち運びは容易です。

なお、エアマットを選ぶときには、空気の入れやすさにも注目してください。足踏みポンプで入れるタイプから電動エアポンプが必要なものまで、さまざまな商品が発売されています。

エアマットは穴が開いてしまうと利用できなくなりますが、自分で手軽に修理できるリペアキットが付属している商品もあるので、各商品の付属品もチェックしてみましょう。

手軽にエアを送り込めるインフレータブルマット

寝心地は重視したいけれど空気の送り込みが面倒という人は、インフレータブルマットに注目してみてください。インフレータブルマットとは、バルブを開くだけで半自動的に空気を送り込むタイプのことです。エアマットと同様に、空気を抜けばコンパクトに収納することも可能です。

なお、バルブの機能や大きさによって空気の出し入れに要する時間や手間が異なるので、インフレータブルマットを選ぶときには、バルブの構造もチェックしてみてください。

キャンプマットのサイズで選ぶ

一般的なキャンプマットの長さは180cm前後なので、背の高い人は200cmほどの長さがあると、より快適に使えるでしょう。もちろん、体格によっても快適さは異なるため、大柄な人は幅が100cm以上のセミダブルタイプも選択肢に入れてみてください。合わせて、テント内や車中など、利用場所に応じたサイズ選びも重要です。

キャンプマットは地面に直接敷いて使用するため、厚さのチェックも大切です。薄すぎると地面の凹凸によって安眠を妨害される可能性があります。快適な睡眠のためにも、本体の重量と厚みを天秤に掛けながら、少しでも快適に過ごせるキャンプマットを選んでください。

持ち運びやすさも確認

ツーリングキャンプなどで利用する場合には、収納サイズにも注目したいところ。運びやすさを最重視するなら、空気を抜くだけでコンパクトになるエアマットがおすすめです。

エアマットは収納時のサイズも併記されていることが多いので、マット本体のサイズと一緒にチェックしておけば、具体的な持ち運びやすさがイメージできるはず。なお、クローズドセルマットは比較的軽量ですが、折りたたんでもかさばるタイプもあるので、収納サイズも必ずチェックしておきましょう。

おすすめのキャンプマット10選

キャンプマットは利用シーンに応じたスペックを選びが重要です。寝心地だけではなく、使いやすさや収納サイズなど、各商品の特徴を確認しながら、自分の用途に適したキャンプマットを選んでみてください。

活用幅の広い一人用マット「キャプテンスタッグ EVAフォームパッド」

「キャプテンスタッグ EVAフォームパッド」は、一人用の波型マットです。長さ182cm×幅56cm×厚さ2cmで、テント内だけではなく車中で泊まるときのクッションマットとしても利用できる使いやすいサイズです。

ヘッド部を折りたためば枕としても使用可能です。柔軟性と弾力性にすぐれたEVAフォームを素材に使っているので、さまざまなアウトドアシーンで活躍してくれるでしょう。また、全体を折りたためばコンパクトになって収納しやすくなるため、持ち運びも簡単です。

扱いやすいバルブシステムが決め手「スノーピーク キャンピングマット2.5w TM-193」

「スノーピーク キャンピングマット2.5w TM-193」は、簡単にエアの出し入れができるインフレータブルマットです。バルブシステムは、軽い力でも開閉できるので扱いやすく、付属の収納ケースにはポンプ機能も備わっています。

長さ198cm×幅77cm×厚さ6.2cmのゆったりサイズなので、長身でも快適に使用できるでしょう。マット内部には軽いウレタンフォームも入れられているため、より快適な寝心地を実現しています。裏地のノンスリップ加工も嬉しいポイントです。付属のリペアキットを使えば、小さな破れや穴の修理も可能です。

防水加工で雨でも安心「KOOLSEN キャンプマット」

耐水加工で突然の雨にも対応できる「KOOLSEN キャンプマット」。厚み約2.8cmの弾力がある質の高いウレタンが地面の凹凸や冷たさを防いで、快適な睡眠をサポートします。

マットを広げてバルブを開けば、半自動で膨らむインフレータブルマットです。長さ187cm×幅67cmのゆったりサイズも特徴です。マットの両サイドにある連結用のボタンを使えば、2枚以上つなげて好みのサイズに広げることも可能です。マットに開いた穴を自分で手軽に修理できる補修キットが付属しています。

キャンプが楽しくなるカラフルな4色展開「LICLI レジャーマット」

すぐれた柔軟性とクッション性が特徴の「LICLI レジャーマット」。クローズドセルマットですが、エアマットのようなふわふわクッション素材とうたわれています。

縦186cm×幅56cm×厚さ1.8cmのサイズ感は、ちょっとしたキャンプやレジャーにピッタリです。約330gと軽量なので、付属の専用収納袋に入れて手軽に持ち運ぶことができます。オレンジやグリーンなどカラフルな4色展開も魅力のひとつといえます。マットは水洗いできるので、使用後のお手入れも簡単です。

使いやすく防水性も高い「BLUE COVE PRODUCTS インフレータブル キャンピングマット」

インフレータブル方式のキャンプマット「BLUE COVE PRODUCTS アウトドアインフレータブル キャンピングマット」。バルブを開くだけでマットが自動的に膨らむので、設置の手間を軽減したい方にはピッタリです。

190TポリエステルにPVCコーティングをした防水性の高い素材が使用されています。縦180cm×幅50cm×厚さ2.5cmのマットは、折りたたむと26cm×15cmのコンパクトな筒型になるので、携帯性にもすぐれています。

テント用の大きなサイズ「コールマン テントエアーマット300」

縦282cm×幅190cm×厚さ14cmの大型マット「コールマン テントエアーマット300」は、ダブルロックバルブを採用しているため、短時間で簡単に空気の出し入れがおこなえます。

体圧を分散する格子状の凹凸が快適な睡眠を実現。マットの表面には、べたつき感が少なく、すべりにくさも兼ね備えたフロック加工が施されています。折りたためば、縦49cm×幅34cm×厚さ12cmの専用収納袋に入れられるので、持ち運びやすさを重視する人にもおすすめです。

広げるだけですぐに使える「VASTLAND(ヴァストランド)キャンプマット」

長さ185cm×幅56cm×厚さ2cmのほどよいサイズで、キャンプや登山、ピクニックなど、さまざまなアウトドアシーンで活躍する「ヴァストランド キャンプマット」。断熱効果を高める凹凸形状が保温性を高めているので、冬の冷気を防ぐ効果も期待できます。シルバー面には、太陽からの赤外線を反射させるアルミ蒸着加工が施されています。

クローズドセルマットなので広げるだけで簡単に使用でき、巻き癖もつきません。幅56cm×高さと奥行13cmにまでコンパクトに収納可能な収納袋が付属しています。

すぐれた耐久性と保温性が魅力「モチヅキ THERMAREST(サーマレスト)クローズドセルマットレス Zライト ソル」

シーズンを問わず活用できるアウトドア用の軽量マット「モチヅキ THERMAREST(サーマレスト)クローズドセルマットレス Zライト ソル」。すぐれた耐久性と体温を逃がさない熱反射板が特徴のサーマキャプチャー テクノロジーを採用しています。

183cm×51cm×2cm、重さ410gのマットですが折りたたむことができ、51cm×15cm×13cmとコンパクトに収納可能です。短時間で簡単に広げられるので、アウトドアのちょっとした休憩時間などにも活用できます。

ゆったりした幅の快適マット「キングキャンプ キャンピングマット クラシックダブル」

「キングキャンプ キャンピングマット クラシックダブル」は、長さ183cm×幅128cm×厚さ3cmのワイドサイズが特徴です。バルブを開けるだけで簡単に膨らむインフレ―タブルマットです。体圧分散効果により、自分好みの硬さに合わせられます。

マットを2つに折りたためば6cmの厚さになるので、寝心地の良さがさらにアップします。広げればダブルサイズ、たためば厚手のシングルサイズと、シーンに応じて使い分けられる利便性の高さは、さまざまなアウトドアシーンで活用できるでしょう。

サイズが豊富な「モチヅキ THERMAREST(サーマレスト)ファスト&ライトシリーズ プロライト プラス」

断熱性の高さが特徴の「モチヅキ THERMAREST(サーマレスト)ファスト&ライトシリーズ プロライト プラス」。空気を均一に含みながらもコンパクトに収納可能なアトモスフォームを使用しているため、持ち運びやすさに長けています。

フォームを斜めにカットすることで空気の流れを抑え、軽量さと断熱性の高さを両立させているのも特徴です。長さ183cm×幅51cm×厚さ3.8cmの定番サイズ「R」のほかに、小さめサイズの「S」と大きめの「L」、さらに、SとRの中間に位置する「女性用」サイズが揃っています。

用途に合ったキャンプマットで快適に!

大自然の中のキャンプ

ウレタンマットを使用して寝心地を追求した商品や、収納性にすぐれたエアマットなど、キャンプマットにはさまざまなタイプがあります。人気メーカーのキャンプマットはもちろん、機能性の高い商品も合わせて選択肢に入れながら、快適なキャンプをサポートする用途に合った商品を見つけてみてください。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!