本当にEMSは腹筋を鍛えることができるのか? メーカー推奨の使い方・注意点を解説

Moovoo編集部
2022-09-21

手軽にトレーニングできる器具「EMS」。忙しくて時間がない人でも腹筋を鍛えられるということで人気があります。しかし、一般的なトレーニングで腹筋を鍛えるのは大変なので、EMSも「本当に腹筋を鍛えてくれるのか?」と思いますよね。

EMSを使うか迷っている人のために、本当にEMSで腹筋を鍛えられるのか紹介します。正しい使い方や注意点、人気商品も見ていきましょう。


おすすめ・人気商品をまずは一覧で

※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

ウエスト対応サイズ

重さ

運動との併用

レベル調節

Amazonで見る

MTG SIXPAD アブズベルト

約3mmの薄さで違和感なく着けられる

S/M/L58~100cm
LL/3L80~120cm

S/M/L130g LL/3L180g

記載なし

20段階

Amazonで見る

MTG SIXPAD パワースーツ アブズ

布製電極でジェルシート不要!運動と併用も

S58~74cm
M72~90cm
L88~106cm
LL104~120cm

S約145g
M約155g
L約175g
LL約185g

記載なし

Amazonで見る

MTG SIXPAD アブズフィット2

ウエストサイズ気にせず、家族共用もOK

記載なし

90g

記載なし

20段階

Amazonで見る

アテックス ルルドスタイル EMSベルト AX-FRL905

腹筋以外にも、お尻の下や太ももにも対応

100cmまで

110g

6段階

Amazonで見る

クルールラボ UIスタジオ クアロ家庭用EMS運動機器 CL-UI

花柄デザインでモチベーションアップ

記載なし

23g

記載なし

15段階

Amazonで見る

マクセル EMS運動器 ACTIVEPAD「もてケア Pro」

10分で行えるショートモードを搭載

記載なし

約73g(ゲルパッド未装着時)

記載なし

25段階

Amazonで見る

ジョイナス La-VIE EMSマッスルパッド

腹筋を揉んだり叩いたりするような刺激

記載なし

記載なし

記載なし

15段階

EMSとは?

EMSの使用シーン

EMSとは、「Electrical Muscle Stimulation」の略で、筋肉に電気刺激を与えて筋肉の収縮運動を行うものです。もともと筋肉は脳からの指令により、収縮することで動いています。この脳からの指令を電気刺激に置き換えることで、直接筋肉を収縮させるのがEMSです。

激しいトレーニングでは「しんどい」「やめたい」と感じてしまいますが、EMSでは自分の意志とは関係なく電気刺激によって筋肉を収縮するので継続しやすいといえます。EMSの腹筋ベルトを使い継続して筋肉運動を行えば、手軽に腹筋のトレーニングができます。

EMSで腹筋が鍛えられていると感じない場合は?

EMSを使う前に、鍛えられていると感じない要因を押さえておきましょう。アイルランドのメーカーであるバイオメディカルリサーチ社やシックスパッドで知られるMTG社、ショップジャパンを運営するオークローンマーケティング社など、EMSを取り扱う企業が公表している要因を、Q&Aを参考にまとめました。

サイズがあっていない

体重測定のイメージ画像

腹筋用のEMSには、それぞれ対応サイズがあります。例えばショップジャパンが取り扱うバイオメディカルリサーチ社の、スレンダートーンコアの対応サイズは61~100cmです。FAQには以下の回答があります。

Q:ウエストが61cmより細いと使えませんか?
A:ご使用いただけません。

Q:関連商品の延長ベルトを2枚同時に使用することは可能ですか?
A:1本までしか繋げられません。2本以上繋げるとパッドの肌に当たる位置が本来の位置とはズレてしまいます(中央寄りになる)のでお勧めできません。

上記回答によると、ウエストが細すぎても太すぎて2本以上繋げるような場合も、パッドのあたる位置が体型にあわないとうまく使えません。あらかじめウエストを測り、ピッタリなサイズを選びましょう。

使用頻度が少ない

適切な方法で腹筋にEMSを使ったしても、使用回数が少ないと鍛えられていると感じないこともあります。各メーカーの公式サイトによると、推奨される使用頻度は「週に4~5回」「毎日プログラムを1回」「毎日30分を1日2回」など、製品により様々です。また、4~6週間や、4~8週間以上など推奨される継続期間も異なります。

以下、各メーカーの公式サイトに掲載されているアドバイスです。

〇毎日使用すれば、4~6週間で効果が出るはずです。また、効果を維持するには、週に2~3回の使用を継続してください。

バイオメディカルリサーチ社

〇個人差はありますが、1回30分×2回、週に5日の使用で、4~8週間頃から効果が出やすいです。

ショップジャパン

〇毎日ご使用いただいて問題ございません。筋肉痛がある場合は、使用をお控えいただくか、弱いレベルでお使いください。1日1プログラム1回の使用を推奨しております。

MTG社

〇1つの部位については、1日2時間までとして下さい。部位を変えれば、1日に何箇所使用しても大丈夫です。筋肉の付き方により個人差があります。食事を変えずに正しく熱心に使用すれば、早い方なら 10日~2週間位で筋肉が鍛えられた感じが現れてきます。さらに食事療法を併用すると効果が出やすくなります。

東レインターナショナル

推奨されている頻度や日数に満たない人は、腹筋が鍛えられる前に使うのをやめてしまうので、鍛えられたと感じにくいでしょう。

個人差もありますが、筋肉に痛みを感じたら使わないという点では各メーカー共通しています。筋肉を休めて無理なく行うことが大切です。

EMSを使うときの注意点

EMSは筋肉を鍛えられるマシーンですが、使用する際は必ず取扱説明書を読んで使用方法を守ってください。

心臓周辺の筋肉には使わない

EMSは腹筋以外の筋肉を鍛えられる商品もあります。ただし、心臓周辺の筋肉には使わないようにしましょう。心臓に悪影響があるとして、各メーカーだけではなく独立行政法人製品評価技術基盤機構や国民生活センターでも注意喚起が行われています。

使い過ぎない

EMSの電気刺激は、個人によって適する強さが異なることを考慮しておきましょう。長時間使ったり強さのレベルをあげたりするのは避けるのが懸命です。使用中に違和感があれば、使うのを中止してください。

EMSのメリット

EMSの腹筋ベルトは製品ごとの注意事項を守って適切に使えば、メリットのあるアイテムです。具体的にどのようなメリットがあるかを知り、使いこなしましょう。

軽くて扱いやすい

トレーニングマシンやウエイトトレーニング器具は運動効果が高いですが、その分、体に負荷がかかります。器具を使用する際は、取り回しに注意して正しく使用しましょう。

EMSは軽く、300gに満たない製品が多い傾向です。簡単に持ち運べてコンパクトなため、使わないときは楽に収納できて場所も取りません。

時間を気にせずに鍛えられる

EMSの使用イメージ

EMSで腹筋を鍛えるメリットは、EMSを使いながら他のことをできることです。電気刺激の出力を調節すれば、振動も気になりません。デスクワークをしながら、読書をしながらといったように、何かをしながら腹筋を鍛えられます。

仕事が忙しくてジムに通えない人も、腹筋を鍛える時間を確保できます。またEMSを装着して運動が可能なタイプも販売されています。運動とEMSの併用で効率的に腹筋を鍛えられるため、自宅で運動をする習慣のある人におすすめです。

EMSをより正しく使う方法

EMSと筋トレの組み合わせで、効率良く理想のボディを目指せます。大切なことはEMSを正しく使い、筋肉を鍛えることです。

普通の筋トレと組み合わせる

EMSは、普段から筋トレをしている人(トレーニー)との相性も良いです。毎日EMSを装着して腹筋を鍛えながら、トレーニングをしている人もいます。

しかしトレーニーでも、仕事の都合で筋トレをできない日があるのではないでしょうか。計画的にトレーニングしないと理想の腹筋は手に入らないので、普段は筋トレをしつつ忙しい日は腹筋を刺激して鍛えるEMSを使うのがおすすめです。

有酸素運動と組み合わせる

ランニングをしている女性の写真

EMSの出力を走っても問題ないところまで抑え、EMSのパッド部分が剥がれない程度のジョギングを行うのもおすすめです。

有酸素運動で体脂肪を燃やしながら腹筋を鍛えられるため、時間の節約になります。腹筋を鍛えると軸がしっかりして腕をふっても体がぶれにくくなり、ジョギングの効率が上がります。

腹筋の部位ごとに鍛える

腹筋の中でも横側にある外腹斜筋と、正面にある腹直筋では鍛え方が異なります。他にもインナーマッスルと呼ばれる、腹筋の深い位置にある筋肉もバランス運動が大切です。

それぞれ鍛え方の異なるトレーニング方法を覚えるのは難しいですが、EMSの中には貼る位置を少し変えて外腹斜筋やインナーマッスルを鍛えられる製品もあります。

腹筋用EMS、人気メーカーの売れ筋商品

女性顔イラスト(検証コメント用)

Moovoo編集部

数ある腹筋用EMSの中でもECサイトなどで売れ行き好調な、人気メーカーの製品を紹介します。ぜひ参考にしてください。
PICK UP①
  • MTG
  • SIXPAD アブズベルト

  • 税込み21,762円(楽天市場)
  • 約3mmの薄さで違和感なく着けられる

  • 薄さ約3mmのベルト部分に加え、ソフトシリコン素材で体にフィットしやすい設計です。低周波数20Hzで初心者でも使いやすい。23分間のオートプログラム搭載や、スマホアプリとの連動も可能なため、効率的に使用できます。

ウエスト対応サイズ:S/M/L58~100cm・LL/3L80~120cm
重さ:S/M/L130g・LL/3L180g
運動との併用:記載なし
レベル調節:20段階
PICK UP②
  • MTG
  • SIXPAD パワースーツ アブズ

  • 税込み30,000円(Amazon)
  • 布製電極でジェルシート不要!運動と併用も

  • 布製電極Eledyneを腹直筋部分に搭載しています。伸縮性のある生地で、体を動かしていても電極部分はずれにくい作り。EMSで筋肉を動かしながら、ランニングやストレッチ、筋トレを行えます。スーツ本体が自宅で洗濯できるのもうれしいポイントです。腹筋刺激と運動を同時に行ってくれます。

ウエスト対応サイズ:S58~74cm・M72~90cm・L88~106cm・LL104~120cm
重さ:S約145g・M約155g・L約175g・LL約185g
運動との併用:可
レベル調節:記載なし
PICK UP③
  • MTG
  • SIXPAD アブズフィット2

  • 税込み16,980円(Amazon)
  • ウエストサイズ気にせず、家族共用もOK

  • 電池交換が不要な充電式で、6つの電極が腹筋に刺激を与えます。ベルト式ではなくお腹に貼り付けるタイプのため、体型にあう製品が見つからない人に向いています。レベルも20段階で調節可能なので、ひとつあれば家族で共有も。ずれを防ぐ、長さ約100cmのサポートベルトが付属しています。

ウエスト対応サイズ:記載なし
重さ:90g
運動との併用:記載なし
レベル調節:20段階
PICK UP④
  • アテックス
  • ルルドスタイル EMSベルト AX-FRL905

  • 税込み7,700円(Amazon)
  • 腹筋以外にも、お尻の下や太ももにも対応

  • ベルト全体に電極があり、面テープで脱着できる製品です。お腹とお尻まわりのほか、太ももにも使えます。刺激モードは低・中・高周波を備え、レベルは6段階で調節が可能です。強い刺激は30Hzの低周波へ、波を打つような刺激にしたいときは10,000Hzの高周波に設定しましょう。EMSを着けての運動にも対応しています。

ウエスト対応サイズ:100cmまで
重さ:110g
運動との併用:可
レベル調節:6段階
PICK UP⑤
  • クルールラボ
  • UIスタジオ クアロ家庭用EMS運動機器 CL-UI

  • 税込み5,170円(楽天市場)
  • 花柄デザインでモチベーションアップ

  • 女性向けにデザインされた、花柄のEMS。大きくてカラフルな花々をモチーフにしたおしゃれなデザインです。4極タイプでお腹・お尻・太もも・二の腕に使えます。筋肉を刺激するモードは3種類を搭載。有酸素モードと無酸素モード、ストレッチモードから選べます。外腹斜筋や内腹斜筋に使える2極タイプのデュオも販売されています。

ウエスト対応サイズ:記載なし
重さ:23g
運動との併用:記載なし
レベル調節:15段階
PICK UP⑥
  • マクセル
  • EMS運動器 ACTIVEPAD「もてケア Pro」

  • 税込み11,960円(Amazon)
  • 10分で行えるショートモードを搭載

  • 20種類の周波数で10分間筋肉へ刺激を与える、ショートモードを搭載しています。忙しい人でも、時間を作って継続できます。ハードモードとバランスモードも備え、レベルはそれぞれ25段階で調節可能です。4つの電極をより体にフィットさせるときは、付属のフィッティングベルトを軽く巻きましょう。ベルトの対応サイズは約60~120cmです。

ウエスト対応サイズ:記載なし
重さ:約73g(ゲルパッド未装着時)
運動との併用:記載なし
レベル調節:25段階
PICK UP⑦
  • ジョイナス
  • La-VIE EMSマッスルパッド

  • 税込み1,990円(Amazon)
  • 腹筋を揉んだり叩いたりするような刺激

  • 揉みと叩き、2種類の刺激を交互に行い15分で自動的に止まります。電極は6つあり、腹筋に刺激を届けます。コントローラーの上下から抑えるサポートベルトを使えば、ずれ防止に。何かをしながら使うときに役立ちます。レベルは15段階で調節可能です。

ウエスト対応サイズ:記載なし
重さ:記載なし
運動との併用:記載なし
レベル調節:15段階
※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

ウエスト対応サイズ

重さ

運動との併用

レベル調節

Amazonで見る

MTG SIXPAD アブズベルト

約3mmの薄さで違和感なく着けられる

S/M/L58~100cm
LL/3L80~120cm

S/M/L130g LL/3L180g

記載なし

20段階

Amazonで見る

MTG SIXPAD パワースーツ アブズ

布製電極でジェルシート不要!運動と併用も

S58~74cm
M72~90cm
L88~106cm
LL104~120cm

S約145g
M約155g
L約175g
LL約185g

記載なし

Amazonで見る

MTG SIXPAD アブズフィット2

ウエストサイズ気にせず、家族共用もOK

記載なし

90g

記載なし

20段階

Amazonで見る

アテックス ルルドスタイル EMSベルト AX-FRL905

腹筋以外にも、お尻の下や太ももにも対応

100cmまで

110g

6段階

Amazonで見る

クルールラボ UIスタジオ クアロ家庭用EMS運動機器 CL-UI

花柄デザインでモチベーションアップ

記載なし

23g

記載なし

15段階

Amazonで見る

マクセル EMS運動器 ACTIVEPAD「もてケア Pro」

10分で行えるショートモードを搭載

記載なし

約73g(ゲルパッド未装着時)

記載なし

25段階

Amazonで見る

ジョイナス La-VIE EMSマッスルパッド

腹筋を揉んだり叩いたりするような刺激

記載なし

記載なし

記載なし

15段階

人気サイトの売れ筋ランキングはこちら

Moovoo
家電製品総合アドバイザーの有資格者をはじめとする、編集部メンバーで運営しています。専門家の知見や独自リサーチをもとに、家電やスマホ、パソコンなどの情報を発信しています。

HOME

>

グッズ

>

本当にEMSは腹筋を鍛えることができるのか? メーカー推奨の使い方・注意点を解説


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!