キーボードが打てない?!パソコンやタブレットで打てないときの対策

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

PC・スマホ

>

キーボードが打てない?!パソコンやタブレットで打てないときの対策

キーボードが打てない?!パソコンやタブレットで打てないときの対策

Tanaka
2019-07-13

パソコンやスマホでキーボードが打てない場合の解決策を端末別、症状別に紹介していきます。

キーボードが打てないとき:Windows

Windowsのパソコンでキーボードがまったく打てなくなったという場合、考えられるのはフィルターキーがいつの間にか有効になってしまったということと、キーボードドライバが更新されていないなどです。

フィルター機能というのは、手に震えなどがあり、自分の思い通りうまく打てない場合に有効化させると、自動でタイピングを判断してくれ、スムーズな文字入力をサポートしてくれます。
ただ、タイピングに問題がない人がこの機能を有効化させてしまうと、逆にいつも通りの打ち方ではキーが反応しなくなってしまいます。

このフィルター機能は、Shiftキーを8秒間押すことで有効化されてしまうため、もしかすると気づかないうちに有効化されてしまったかもしれません。
フィルター機能の無効化については下記のリンクを参照してください。

キーボードドライバが更新されていないためにキーボードが打てなくなることがあるため、ドライバを確認してください。
詳細は下記のリンクを参考にしてください。Windows7でもコミュニティ内で同様の質問を見つけることができるはずです。

キーボードが反応するものの、思うように打てないというケースでは、英語を打ちたいのにひらがなになってしまうということがあります。

この場合、ローマ字入力がひらがな入力になってしまっている可能性が高いため、下記のリンクを参考に、入力方法を変更してください。

また、筆者もよくあるのが、ひらがなを何度打ってもアルファベットが入力されてしまうといった場合です。これは、入力モードが半角になってしまっているからなのですが、半角/全角ボタンを押しても解決しないこともあります。そんな時は、画面右下の言語バーにある「A」の文字をクリックするか、右クリックで「ひらがな」を選択すると解決することが多いです。

入力中に突然後ろの文字が消えていく現象が発生した場合は、Insertボタンを押してしまった可能性が高いです。下記のリンクを参考にしてください。

キーボードが打てないとき:Mac

Macの場合、Windowsのフィルターキーのようにアクセシビリティ設定でキーボードの設定が有効になってしまっている場合が考えられます。
スローキー設定やマウスキー設定を確認してみましょう。

Appleコミュニティでも下記のような質問が見つかるので、同様の症状を検索してみるのもよいでしょう。

キーボードが打てないとき:スマホ・タブレット

Windowsのパソコンでキーボードがまったく打てなくなったという場合、考えられるのはフィルターキーがいつの間にか有効になってしまったということと、キーボードドライバが更新されていないなどです。

フィルター機能というのは、手に震えなどがあり、自分の思い通りうまく打てない場合に有効化させると、自動でタイピングを判断してくれ、スムーズな文字入力をサポートしてくれます。
ただ、タイピングに問題がない人がこの機能を有効化させてしまうと、逆にいつも通りの打ち方ではキーが反応しなくなってしまいます。

このフィルター機能は、Shiftキーを8秒間押すことで有効化されてしまうため、もしかすると気づかないうちに有効化されてしまったかもしれません。
フィルター機能の無効化については下記のリンクを参照してください。

キーボードドライバが更新されていないためにキーボードが打てなくなることがあるため、ドライバを確認してください。
詳細は下記のリンクを参考にしてください。Windows7でもコミュニティ内で同様の質問を見つけることができるはずです。

キーボードが反応するものの、思うように打てないというケースでは、英語を打ちたいのにひらがなになってしまうということがあります。

この場合、ローマ字入力がひらがな入力になってしまっている可能性が高いため、下記のリンクを参考に、入力方法を変更してください。

また、筆者もよくあるのが、ひらがなを何度打ってもアルファベットが入力されてしまうといった場合です。これは、入力モードが半角になってしまっているからなのですが、半角/全角ボタンを押しても解決しないこともあります。そんな時は、画面右下の言語バーにある「A」の文字をクリックするか、右クリックで「ひらがな」を選択すると解決することが多いです。

入力中に突然後ろの文字が消えていく現象が発生した場合は、Insertボタンを押してしまった可能性が高いです。下記のリンクを参考にしてください。

キーボードが打てないとき:Mac

Macの場合、Windowsのフィルターキーのようにアクセシビリティ設定でキーボードの設定が有効になってしまっている場合が考えられます。
スローキー設定やマウスキー設定を確認してみましょう。

Appleコミュニティでも下記のような質問が見つかるので、同様の症状を検索してみるのもよいでしょう。

キーボードが打てないとき:スマホ・タブレット

スマホやタブレットのキーボードはパソコンと違い、言語はもちろんフリック入力やフルキーボードなど選択可能ですが、その分複雑ということも言えます。
キーボードが打てない場合は、キーボード設定がおかしいことが考えられるので、確認してください。

iOSでキーボードの設定を確認する方法は、下記のリンクを参照してください。

Androidのキーボード設定については、アプリ等で様々なキーボードが存在するため、よく使われているGoogle日本語入力とSimejiのサポートやヘルプページをご紹介しておきます。

キーボードが打てないとき:数字

Windowsで数字だけが打てないという時は、ほぼNumberLockがかかってしまっています。NmLkなどと書かれたキーを、押してみましょう。

キーボードが打てないとき:英語

英語が打てないなど言語については記事冒頭のWindowsの部分で触れていますが、大文字小文字が打てないというケースもあるようです。

大文字小文字の切替は、通常Shiftキーを押しながらアルファベットを打てば大文字になるのですが、CapsLockがかかっているとずっと大文字になってしまうことがあります。その場合は、Shiftキーを押しながらCapsLockキーを押せば解除されます。

逆にShiftキーを押しながら打っているのに大文字にならないという場合は、CapsLockをかけたままだったため、小文字になってしまったということもありますし、Shiftキーの不具合により反応しないということも考えられます。

キーボードが打てないとき:記号

@マークや¥マークなどの記号が打てないという場合、キーボードが英語配列になっていることが考えられます。下記のリンクを参考に、配列の変更またはドライバの更新を行ってください。

まとめ

パソコンだけでなくスマホやタブレットなどあらゆる端末にキーボードが存在し、その種類も多岐にわたるため、できるだけ多くのシチュエーションを取り入れ、キーボードが打てないときの解決策や対処法についてまとめました。
ある程度これらの基本を知っていれば、どんな機種でも対応できるので、頭に入れておいて損は無いでしょう。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!