パソコンチェアおすすめ10選|快適PCワークはパソコンチェア次第!?

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

PC・スマホ

>

パソコンチェアおすすめ10選|快適PCワークはパソコンチェア次第!?

パソコンチェアおすすめ10選|快適PCワークはパソコンチェア次第!?

moovoo編集部
2019-07-29

パソコンチェアで変わる作業環境

パソコンで仕事をする男性

いろいろな仕事をする上で、今やパソコンはなくてはならない存在です。職場では朝から夜遅くまでパソコンに向かいっぱなしという方も少なくないでしょう。ですが、長時間のパソコン作業は身体に大きな負担となります。

そこで見直したいのが仕事環境、特にパソコンチェアです。快適な作業にはどんなパソコンチェアを選ぶべきなのか、選び方のポイントとおすすめ商品を紹介しましょう。

パソコンチェアに欠かせない4つのポイント

パソコンを使う作業環境を改善したい方に向けて、さまざまなパソコンチェアが販売されています。オーソドックスなスタイルのパソコンチェアもあれば、斬新なデザインのパソコンチェアまでいろいろなスタイルがあります。

そのなかから、自分の作業スタイルに合ったパソコンチェアを選ぶためのポイントを紹介しましょう。

作業場所に適したパソコンチェアのスタイル

パソコンチェアはいくつかのスタイルに分類することができます。理想のパソコンチェアを選ぶために、どのスタイルが自分のニーズに適しているか検討しましょう。

分類ポイントのひとつめは、背もたれがハイバックかローバックかの違いです。ハイバックは背もたれが肩甲骨以上の高さのもの、肩甲骨より低いものをローバックといいます。背もたれの高さはどれだけ身体を椅子に預けられるかに影響します。ゆったりと体重を預けるならハイバックが適していますが、オフィスなどではフロアの見通しが悪くなるなどのデメリットもあります。

分類ポイントのふたつめは、椅子のタイプです。エルゴノミクス(人間工学)に基づくデザインを採用したタイプ、一般的な事務用の回転椅子タイプ、重役椅子のようにゆったりとしたエグゼクティブタイプです。長時間の仕事での快適さを求めるならエルゴノミクスタイプが、おすすめです。

椅子の素材にもこだわってみよう

一般的なオフィスチェアの座面、背もたれには布が採用されています。さらに同じ布でも硬さや弾力が異なるので、できれば実際に座り心地を比較したいところです。また、座面のクッション材に低反発ウレタンが採用されているものもあります。腰痛に悩まされている方におすすめしたい素材です。

背もたれにメッシュ素材を使用した椅子は通気性のよさ、適度なホールド力が長所です。エルゴノミクスタイプの椅子では、メッシュを上手く活用したデザインも見かけます。

エグゼクティブタイプの椅子では革がよく使われます。本革でなくPUレザーなどのものもありますが、どちらも汚れや摩擦に強いのが特徴です。本革なら経年による色の変化も大きな魅力になります。ただ、他のタイプより高価なものが多く、椅子としての座り心地は快適でも作業用と考えるとコストパフォーマンスがよいとはいえません。

作業姿勢に合った椅子を選ぼう

パソコン作業といっても、使用するパソコンや画面の大きさによって姿勢が変わってきます。ノートパソコンなら前傾姿勢が多くなりがちでしょう。デスクトップPCや大型モニターを使用している場合は、後傾姿勢の方が首や肩への負担が少なくなります。

このような姿勢をサポートする機能が備わっている椅子を選ぶと、作業が楽になります。前傾姿勢に合わせて座面と背もたれが稼働するものや後傾姿勢に合わせてアームレストを動かせるもの、リクライニング姿勢が取りやすいものなどがあります。

身体への負担は後傾姿勢で、椅子に体重を預けられる方が少なくなります。背もたれのクッション性のよいもの、ハイバックタイプのパソコンチェアなら一層快適に作業を行うことができるでしょう。

あると便利な機能をチェック

基本的な椅子の形状や素材について紹介しましたが、それらの他に備わっていると便利な機能を紹介します。

最初は座面の高さの調節機能です。これはあれば便利というより必須に近い機能です。ネジ式とレバーで調節できるガスシリンダー式がありますが、ガスシリンダー式が微調整も簡単でおすすめです。

作業の合間の休憩のために、リクライニング機能があるとゆっくりと身体を休めることができます。背もたれだけが動くものや座面もシンクロして動くものなどリクライニングにも種類があり、倒れる範囲が変わります。作業環境によってどこまで倒せるか変わってきますので、自分の希望と環境に合ったリクライニング機能を選びましょう。

腰痛がある方は、ランバーサポートいうクッションが背もたれについた椅子がおすすめです。ちょうど背骨のS字ラインに合うようにクッション位置を調節することで、より背もたれがフィットして楽な姿勢が取れるようになります。

おすすめのパソコンチェア10選!オフィスからプライベートまで

おすすめのパソコンチェアを紹介していきます。スペースにゆとりがあるプライベート環境と、個々人のスペースが限られるオフィスでは選べる椅子にも差が生じます。またプライベート用でも、じゅうぶんな広さの確保が難しいケースもあるでしょう。そこでスペースが限られたオフィス向けのパソコンチェアと、制限を外したおすすめパソコンチェアと幅広い商品を紹介していきます。

材質や色のオプションが豊富!自分だけのパソコンチェアを「イトーキ スピーナチェア」

座るだけで最適な姿勢が取れるように椅子がサポートしてくれる、「イトーキ スピーナチェア」はそんな理想的なビジネス向けのオフィスチェアです。その秘密は、沈み込みながらスライドする座面(パッシブ・スライド・シート機構)と背もたれの腰部分が前方にせり出すアクティブ・ランバー・サポート機構の成果です。どんな姿勢でも腰をしっかりサポートしてくれるので、長時間の作業でも腰に大きな負担をかけません。

ベースタイプに合わせて、椅子の材質や豊富なオプション、カラーなどを自分の好みで組み合わせることができます。

ストレスを軽減してくれる魔法のチェア「HermanMiller エンボディチェア」

大抵の椅子は長時間座ると血管を圧迫し血流の悪化を招きますが、この「HermanMiller エンボディチェア」は違います。このエンボディチェアの座面と背もたれには採用された動的なピクセル構造は、着席時の圧迫感を大幅に減らしてくれます。

その結果、血行が改善され脳への酸素供給のスムーズに行われます。これらの効果により、座っているだけでストレスが軽減され、脳が活性化され豊かな発想が促されるのです。

商品購入時には、アームレストの有無やキャスターの種類、カラーを選ぶことができます。

先進のエルゴノミクスが生んだメッシュチェア「岡村製作所 バロンチェア」

新開発のメッシュ素材と上下50mmの調節が可能なランバーサポートで快適な座り心地を提供してくれるのが、「岡村製作所 バロンチェア」です。ヘッドレストも固定タイプ、可動タイプの2種類が用意されており、好みに合わせた座り心地に調整することができます。

最大23度のリクライニング機能は、レバー操作で位置調節も簡単です。後傾姿勢でのパソコン操作にもスムーズに対応してくれます。

座面をクロスとメッシュから選べ、背もたれのメッシュの種類も2種から選べます。スタンダードメッシュでは12種類、グラデーションメッシュでは6種類のカラーバリエーションも美しく、グッドデザイン賞を始め、いくつもの受賞、認証を得ているのも納得の品質です。

前傾姿勢でのデスクワークが多い方の腰痛対策にも!「コクヨ オフィスチェア インスパイン」

ノートパソコンなど前傾姿勢での業務が多い方におすすめなのが、「コクヨ オフィスチェア インスパイン」です。座ったままの形で座面を無段階調節で前に傾斜させることができるので、最適な姿勢を保ったまま前傾姿勢をとることができます。

また、座面が傾いた際の前滑りを防止してくれるポスチャーサポートシートを採用しています。座面中央のくぼみが、骨盤の前滑りを防いでくれるので無理なく姿勢を保持できます。

ハイバックタイプ、ローバックタイプの背もたれに肘置きの有無を合わせて選ぶことができます。キャスターも床材に合わせて2種類から選択可能です。座面のカラーは8色から選ぶことができます。

あぐらもOKの収納式オットマンが便利「イーサプライ リクライニングチェア(EZ15-SNC121)」

疲れたときにゆったりと身体を休めることができるリクライニングチェアが、「イーサプライ リクライニングチェア(EZ15-SNC121)」です。リクライニングの角度が最大160度という大きさなので、ほとんど寝そべるような姿勢でくつろぐことができます。取り外しも可能なランバーサポートを枕のように使用することも可能です。傾斜角度は無段階調節なので、好みの姿勢に調節できます。

座面の下にスライド式で収納できるオットマンもリラックスに貢献してくれます。足を伸ばすときはもちろん、オットマンの上でゆるくあぐらをかくこともできるので、下半身の血流の悪化の予防にも役立ちます。

おしゃれなデザインでソファのような座り心地「LOWYA(ロウヤ)オフィスチェア パソコンチェア ミドルバック コンパクト」

「LOWYA(ロウヤ)オフィスチェア パソコンチェア ミドルバック コンパクト」は、身体をゆったりと包みこむようなデザインが美しいパソコンチェアです。座面は、幅40cm、奥行きが46cmと広めなので、座面背面と一体化した肘掛の形にもかかわらず広々と座ることができます。

座面と背もたれのクッション素材には、ソファなどに使用されるピュアウレタンを使用しています。適度な弾力が快適な座り心地をかなえてくれます。

スムーズな高さ調節が可能なガスシリンダーと静音性を重視したキャスターを搭載しているので、パソコンチェアとしての機能性もじゅうぶんです。

通気性を重視したエルゴノミクスチェア「Hbada ハイバック オフィスチェア メッシュ」

背もたれとヘッドレストにメッシュを採用した通気性に優れたパソコンチェアが、「Hbada ハイバック オフィスチェア メッシュ」です。ヘッドレストは角度と高さの調節が可能です。オットマン付きで約155度まで背もたれが倒れるので、ゆったりとくつろぐことができます。

人間工学に基づいたデザインで、体重をしっかりと受け止め、長時間の作業でも楽な姿勢が保てます。オットマンは格納式なので、デスクとの間が狭い場合でもじゃまになりません。

小さめがうれしい!高級感あるコンパクトレザーチェア「ヤマソロ mini オフィスチェアー」

オフィス向けのレザーチェアは、大きなものが多いのですが、「ヤマソロ mini オフィスチェアー」は、高級感とコンパクトさを両立させた商品です。肘掛を上げることもできるので、左右ともに上げてしまえばチェアをデスク下に収めることもできます。

皮は合成皮革ですが、ツヤや質感はじゅうぶん満足できる品質です。クッション素材のウレタンがソフトに体重を支えてくれるので座り心地も快適なコンパクトレザーチェアです。

オプションでアームレスト取付可!長時間作業でも疲れにくい「オカムラ VCM1チェア」

シンプルなデザインながら、人間工学思想を生かした長時間でも疲れにくいオフィスチェアが、「オカムラ VCM1チェア」です。デザインのアクセントになっているメッシュバックの背もたれが、ちょうどよい弾力性で身体を包みこむように支えてくれます。

また、背もたれと座面が連動して傾く、シンクロロッキング構造を採用しているので、背もたれを傾けた状態でも太ももへの圧迫が起こらず、足の疲れも軽減してくれます。

オプションで固定肘、可動肘の取り付けも可能です。カラーバリエーションも5色あり、作業環境に似合うモデルが選べます。

ハイバックS字背もたれで身体の負担を軽減「アイリスオーヤマ メッシュバックチェアハイバック 肘付」

長時間のデスクワークの負担を軽減してくれるコストパフォーマンスにすぐれたチェアが、「アイリスプラザ メッシュバックチェアハイバック 肘付」です。通気性にすぐれたメッシュ素材を背もたれ、座面に採用。背もたれは背骨の形にフィットするS字カーブを採用、さらにランバーサポートで腰への負担も軽減します。

またハイバックなので首や肩まで背もたれに預けることができます。最大15度のロッキングは硬さ調節もでき、疲れたときのリフレッシュにも役立ちます。

このように多くのサポート機能を持ちながら、1万円を大きく下回るハイコストパフォーマンスモデルです。

パソコンチェアを選ぶときはデスクとの相性にも気をつけて

デスクに向かって作業をする男性

高価なものから比較的リーズナプルな価格のものまで、さまざまなパソコンチェアを紹介しました。どのチェアも長時間作業による負担を軽減する工夫が凝らされているので、作業環境改善に貢献してくれることでしょう。

ただし、チェアを選ぶ場合は組み合わせとなるデスクの高さや奥行き、使用するパソコンとの関係も重要です。チェアだけに目を向けず使用中のデスクとの相性にも注意しながら商品を選ぶようにしましょう。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!