HOME

>

グッズ

>

【2021最新】錆転換剤、おすすめ10選 選び方の重要3点も解説

【2021最新】錆転換剤、おすすめ10選 選び方の重要3点も解説

moovoo編集部
2021-02-15
2021-03-19

錆転換剤はしっかり選べば錆対策のマストアイテムになる

錆びた壁

ひとくちに錆転換剤といっても、さまざまなタイプの商品が発売されています。より効果的な錆対策をするためには、数あるアイテムの中から自分が使いたい錆と対策場所に適したものを選ぶことが重要です。手軽に使えて効果も大きい錆転換剤。適切な商品を適切に使うことで、錆転換剤は錆対策に欠かせないアイテムとなるでしょう。

対策すべき錆の状況に応じた錆転換剤選びが重要

錆対策に悩む人の強い味方となっているのが錆転換剤です。錆対策といえば、ケレンをかけたりサンドペーパーで落としたりしたうえで、ペンキを塗るなど錆止めを行う方法があります。しかし、錆転換剤を使えば手間がかからず有効な対策ができるのです。数ある錆転換剤の中から、より使いやすい商品を選びましょう。

容量で錆転換剤を選ぶ

錆転換剤とは、その名のとおり錆を別の錆に転換して錆による金属の劣化を防ぐアイテムです。対策する錆は赤錆で、転換後の錆は黒錆となります。赤錆は放置しておくとドンドン悪化してしまうため、錆を落としてペンキで塗装するなり、錆の進行を止める黒錆に転換するなりといった対策が必要です。

錆転換剤を選ぶとき、赤錆の進行具合、つまりどの程度の広さに及んでいるかを考慮します。広範囲であれば少量の錆転換剤では賄いきれない可能性があります。一気に錆対策を行うためにも、容量の大きな商品を選ぶとよいでしょう。

逆に、一部に錆が浮いている程度であれば、手軽に使える小容量の錆び転換剤の選択が適当となります。錆転換剤には200g程度の商品から数kg以上の商品まであり、容量の差が大きいため、過不足だけでなく余った錆転換剤の使用可能性や保管についても考慮したいものです。

塗布する方式で錆転換剤を選ぶ

錆転換剤には大きくわけて刷毛で塗るタイプとスプレーで吹き付けるタイプがあります。錆びている面の状態によって刷毛とスプレーを使い分けることになるでしょう。一面の広大な赤錆であれば、刷毛で一気に塗り広げる方法でもよいですし、スプレーを全体に吹きかける方法でも構いません。

しかし、狭い場所や入り組んだ箇所であれば、錆転換剤が広がってしまうスプレーは向きません。また、大きな刷毛も不向きです。周囲の養生をしっかりできるのであれば、どちらを使っても大差はないかもしれません。実際には、その場所により適しているのが刷毛なのかスプレーなのかを見極めて使用することになるでしょう。

小さくて細い刷毛を使うか、スプレーノズルをピンポイントに狙いをつける形で使用するかです。もっとも、赤錆が発生する箇所は一箇所とは限らないことから、刷毛で塗るタイプとスプレータイプの両方を用意した方が得策となるケースもあります。最後は自分が感じる使い勝手のよさを重視することになるでしょう。

錆転換剤の成分で選ぶ

錆転換剤には、水性のものと油性のものがあります。それぞれにメリット・デメリットがあり、事前に考慮しておくべきです。たとえば、水性の錆転換剤は油性の錆止め塗料の上塗りに向いていないかわりに、油性の錆転換剤よりも塗布面にしっかりと入り込みます。

もっとも、水性の錆転換剤であっても油性錆止め塗料を上塗りできるアイテムもあるなど、このあたりは個別にチェックすべき点です。油性の錆転換剤の注意点としては、速乾性に劣ることや、大量に使用する場合の臭いと換気の問題、発火の危険性があります。

その他、錆止め成分が含まれている錆転換剤や、使ってはいけない錆や金属がある錆転換剤などがあるため、用途に応じてチェックしましょう。

同じようで結構違う錆転換剤のおすすめ10選

錆転換剤は赤錆を黒錆に転換することで錆の進行を抑制します。そのため、どの商品を選んでも同じように感じてしまいがちです。しかし、選び方のポイントでも言及したように水性と油性の違いなど、商品による違いは少なくありません。そんな中からおすすめの10選を紹介します。

おすすめ①
  • 株式会社BAN-ZI
  • サビキラー PRO 1Kg

  • 税込み4,859円
  • 錆落とし不要の「BAN-ZIサビキラーPRO 1Kg」は上塗り塗装可能

  • 面倒なケレンがけをしなくても、浮いた錆と汚れを除去するだけで使えます。

BAN-ZIが発売する水性の「BAN-ZIサビキラープロ 1Kg」は、錆落とし不要の錆転換剤として定番ともいえる商品です。また、サビキラープロは、錆転換剤では注意すべき亜鉛メッキやトタンなどにも使え、建築物だけでなく船舶や車両などあらゆる用途に活用されている錆転換剤です。

しかも、錆がある部分だけに限定して使わなくてもよいという点でも、使い勝手に優れたアイテムといえます。錆がある部分もない部分もまとめて全面の錆対策が可能です。つまり、錆のない部分には錆止めとして機能します。1kg入りのサビキラープロなら、ある程度広い範囲にも対応可能でしょう。

おすすめ➁
  • 株式会社BAN-ZI
  • サビキラー PRO 200g

  • 税込み2,038円
  • ちょっとした錆対策に使える

  • 大容量のサビキラー PRO1Kgとまったく同じで、手軽に使える小容量の錆転換剤です。

「BAN-ZIサビキラープロ 200g」は、サビキラープロの中でも手軽に使える小容量の錆転換剤です。小さいながらも中身はまさにサビキラープロで、大容量の商品とまったく同じに使えます。浮いた錆を落とし、汚れを取り除く際に水洗いをしたために若干湿り気が残っているときでも、布などで拭き取りさえすれば問題なく使用可能です。

さらに、「サビキラープロ 200g」にもサビキラープロのお知らせ機能が搭載されています。サビキラープロの浸透が不十分な箇所では、色が変わるのです。茶色や黒色の箇所を見つけたら、すかさず塗りなおすことで対策漏れを防げます。初めて錆転換剤を使うユーザーは、少量から手軽に使えて効果を期待できる「サビキラープロ 200g」を試してみるとよいかもしれません。

おすすめ③
  • ヘンケルジャパン
  • LOCTITE(ロックタイト) 錆転換剤 エクステンドラストトリートメント 液状 236ml

  • 税込み1,455円
  • 最高使用温度は93度。高温環境下での使用も可能

  • 安全性の高いアイテムであり、二度塗りしなくても効果を期待できるアイテムです。

錆転換剤といえば油性の発火リスクが注意点としてあげられますが、「loctiteエクステンドラストトリートメント」は最高使用温度が93度と、高温環境下での使用も可能となっています。安全性の高いアイテムであり、二度塗りしなくても効果を期待できるアイテムです。

容量は236ml入りで、使用できる対象は、農機具や船舶、各種配管などにも及びます。「loctiteエクステンドラストトリートメント」の主な用途は下塗り剤としての活用となっているため、このアイテムを使用する場合はトップコートが欠かせません。トップコートの施工までは24時間以上の乾燥が必要です。

おすすめ④
  • ソフト99
  • 赤サビ転換防錆剤 09204

  • 税込み904円
  • 自動車関連用品のブランドのソフト99がリリースしている錆転換剤

  • 70mlの容量で筆も小さいですが、車の錆対策用品としてはとても便利なアイテムです。

「ソフト99赤サビ転換防錆剤」には筆型になった刷毛が付属しており、手軽に塗布できます。施工手順としては、サンドペーパーなどで表面の錆を落としたあと、本商品の使用前に同じ99工房のシリコンオフを使った脱脂が推奨されています。
完全乾燥時間は概ね2~3時間ですが、15~20分ほどの間隔で2度塗りをしておくとよいでそしょう。また、使用温度は80度までとなっており、ある程度の注意を要します。70mlの容量で筆も小さいため、広範囲の錆対策には向いていないともいえますが、車の錆対策用品としてはとても便利なアイテムです。

おすすめ⑤
  • 株式会社イー・エヌ・ドゥ コーポレーション
  • 錆転換剤RS刷毛塗用500ml

  • 税込み4,400円
  • 速乾性でピンポイントに使える

  • 嫌な臭いが少ない水性タイプの錆転換剤で速乾性や安全性に優れています。

「ENDOX錆転換剤RS500ml」は、嫌な臭いが少ない水性タイプの錆転換剤で速乾性や安全性に優れています。表面の皮膜が乾燥するまでの時間は概ね1時間です。また、錆転換剤としてだけでなく防錆剤としても使用可能で、錆びていない金属に使ってみるのもよいでしょう。

500ml入りで、本品で塗れる標準的な範囲は、5~8㎡程度となっています。耐熱温度は80℃~90℃で、自動車の塗料上塗りやパテ処理、鋼鉄製の壁面の錆転換・防錆など、幅広い用途に使用できます。

おすすめ⑥
  • 三彩化工株式会社
  • レノバスプレー 錆転換剤 300ml

  • 税込み2,179円
  • エポキシ樹脂を使用した錆転換剤

  • 鉄の腐食を防ぐことができるサビ転換コーティング剤です。

錆転換剤の成分にはアクリル樹脂やラテックス樹脂など各種あります。その中で、「サンサイレノバスプレー」は特殊なエポキシ樹脂を使用した錆転換剤です。スプレー式の錆転換剤で、300ml入りの本品1本で塗布できる面積は概ね2㎡ですが、赤錆の状況により重ね塗りが必要となります。少し広い範囲の錆対策をする場合は、2本以上用意しておくとよいでしょう。

使用可能温度は5~30度となっており、極端に低温や酷暑の状況では施工を控えておくようにしましょう。「サンサイレノバスプレー」を使用した場合、トップコートはラッカーやポリウレタンなどいろいろなタイプを使用可能です。

おすすめ⑦
  • Holts(ホルツ)
  • 錆止め サビチェンジャー 70g

  • 税込み784円
  • 耐熱温度150度のサビチェンジャー

  • 車のボディからスチールホイール、住宅のフェンス、その他の鉄製品の赤錆に広く直接使えます。

「Holtsサビチェンジャー」は、耐熱温度が150度で温度がある程度高くなる場所にも使える錆転換剤です。ただし、保管時には40度以上になる場所はNGです。車のボディからスチールホイール、住宅のフェンス、その他の鉄製品の赤錆に広く直接使えます。

容量は70gで、塗布時に便利なカップやハケも付属。車や自転車の錆対策に有用なパッケージです。錆部分に直接塗ることができ、施工後の塗装にも対応しています。

おすすめ⑧
  • CSJ
  • さびロック 浸透 錆転換型 防錆プライマー 200cc

  • 税込み3,054円
  • 防錆プライマー効果もある

  • 金属地金に形成された疎水性の不動態被膜が腐食性イオンを固定化し錆びの進行を防ぎます。

「さびロック」は、浸透・錆転換型の防錆プライマーです。1回塗りの場合、およそ1㎡の錆対策が可能で、夏場なら40分程度、冬でも1時間程度で乾く水性の錆転換剤となっています。

「さびロック」の施工は刷毛でもスプレーでもローラーでも可能ですが、刷毛の使用による施工がもっとも推奨されています。独自配合により錆への効果的な浸透を実現し、配管や船舶、ボルトやナットなど細部に至るまで、幅広い対象の防錆・錆転換に適しています。

おすすめ⑨
  • アルファペイント株式会社
  • さびチェンジ N300 1kg入

  • 税込み7,380円
  • 1kg入りの業務用

  • 必要量を小分けにして使用するなど保管にも適した缶入りの水性錆転換剤です。

「アルファペイントセレクトコートN300(さびチェンジ)」は一度に広範囲を施工する場合だけでなく、必要量を小分けにして使用するなど、保管にも適した缶入りの水性錆転換剤です。塗布方法は刷毛、スプレー、ローラーなど使い勝手によって選択できます。

1kgで施工できる面積はおよそ5~7㎡です。通常は1回塗りでOKですが、錆の状態が悪い場合は2回塗りします。

おすすめ⑩
  • SHIFT(シフト)
  • シフト製 錆転換剤(超速乾)500㏄

  • 税込み8,250円
  • スピード重視の錆対策に超速乾で上塗りOK

  • 初期乾燥に要する時間が30分程度(20度の場合)と速乾性が特徴の錆転換剤です。

「シフト錆転換剤(超速乾)」は、初期乾燥に要する時間が30分程度(20度の場合)と速乾性が特徴の錆転換剤です。刷毛を使って塗布すれば、15分程度で赤錆が黒く変わります。用途としては、車や門扉、農機など他の錆転換剤と同様に広く活用できます。耐熱温度が150度と高いため、ある程度の高温になる部分にも使用可能です。

錆転換剤は速乾性と使用温度が重要になる

錆びた錠前

おすすめの錆転換剤に見えるように、同じ水性のアイテムでも乾燥に必要な時間には差があります。また、使用できる温度が低いアイテムもあれば高いアイテムもあり、速乾性と使用温度は差がでやすい部分です。とくにこだわりがない場合は、時間もかからず用途も広いアイテムを選ぶとよいでしょう。同時に考えたいのがコストパフォーマンスであり、同程度の性能であればリーズナブルなアイテムを試してみる手もあります。

※特に記載のないものは2021年2月時点のAmazon価格となります。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!