HOME

>

グッズ

>

【安く賢く】海外に行くならスマホはSIMカードを!地域ごとにおすすめを紹介

【安く賢く】海外に行くならスマホはSIMカードを!地域ごとにおすすめを紹介

y.ogasawara
2020-03-24
2020-03-25

「海外旅行に行くことが決まったけど、スマホはどうすればいいの?」「レンタルWi-Fiを借りるか現地で購入しようか…」と悩む方は多いのではないでしょうか?

日本国内であればドコモやau、ソフトバンクの大手キャリアか格安SIMのスマホを使用している方が大半ですが、海外では通常そのまま使うことができません。使うことができても、携帯キャリアで手続きをしたりデータ通信の料金を高額払って使うことになってしまいます。

それを避けるために、レンタルWi-FiもしくはSIMカードを選択する方が非常に多いのではないかと思います。そこで今回は、日本で購入出来て海外で使える「プリペイドSIMカード」について、メリットや選び方、そして渡航先別におすすめのSIMカードを紹介します。

プリペイドSIMカードとは

プリペイドSIMカードとは、あらかじめ利用できるデータ容量や期間などが制限された料金前払いの使い切り型のSIMカードです。

大手キャリアのSIMカードや格安SIMカードは、毎月固定の金額を支払うことで継続的に利用します。一方プリペイドSIMカードは、インターネットや家電量販店などで料金を先払いしてSIMカードを購入し、一定の容量を使い切ったり期限が過ぎてしまうと使えなくなります。

また、プリペイドSIMカードには基本的に電話番号がないため、090や080の電話番号同士の通話はできません。LINE通話やSkypeなどのデータ通信を用いた電話やウェブの閲覧、マップやSNSが主な使い道になるでしょう。

プリペイドSIMカードの使用方法

SIMフリーのスマホの写真

まず、自分が持っているスマートフォンがSIMフリーモデルかどうか確認しましょう。
プリペイドSIMを購入して利用するには、事前にSIMフリーのスマホを用意する必要があります。

SIMフリーのスマホとは、auやドコモ、ソフトバンクといったキャリアに関係なく、どの通信事業者のSIMカードを挿しても利用可能な状態になっている携帯端末のことです。SIMフリーの状態になっていないと、SIMカードを購入しても使うことが出来ません。

このSIMフリースマホを用意するには2つの方法があります。

1. 新しいSIMフリーのスマホを購入する

手っ取り早くSIMフリーのスマホを用意するには、新たに購入する方法があります。

では、SIMフリーのスマホはどこで購入できるのでしょうか?
例えば、iPhoneであれば各地のApple StoreかAppleの公式サイトから購入できます。値段を抑えたい方は、中古のiPhoneをリサイクルショップやフリマアプリで購入するのも一つの手です。

Androidであれば、メーカーの公式サイトや家電量販店、さらにはMVNOの公式サイトや店頭で購入することもできます。海外ではSIMフリーのスマホが多く販売されているため、語学力や設定に自信のある方は渡航先で購入することも可能です。

2. 自分が持っているスマホのSIMロックを解除する

auやドコモ、ソフトバンクの大手キャリアから発売されたスマホは、その通信事業者のみで利用できるようSIMロックがかかっています。
このロックを解除すれば、プリペイドSIMカードのみならず海外のSIMカードも使うことができるようになります。

2015年以降に日本国内で発売されたスマホは、一定条件を満たせばSIMロックを解除することが出来るようになりました。
詳細は各キャリアの公式サイトや店頭で一度確認してみてください。

※SIMロック解除対象外の機種の場合

「私のスマホ、SIMロック解除の対象になっていなかった」と絶望するのはまだ早いです!
SIMロック解除対象外のスマホをお持ちの方でも、ご自身でSIMロックを解除させることが出来ます。

インターネットから「SIMロック解除アダプタ」を購入すれば、安価で簡単にSIMフリー化することが出来ます。設定が少し難しいですが、その分通信事業者で解除してもらうよりも値段が抑えられ、キャリアの自由化が可能になることがメリットです。

しかしデメリットとしては、解除アダプタは通信会社でSIM解除してもらうのとは違い、自分自身で行うため全て自己責任となります。万が一の時のために、バックアップをしっかり取っておきましょう。

SIMカード、レンタルWi-Fi、キャリアの海外プランとの比較

プSIMカード、レンタルWi-Fi、大手キャリアの海外プランを比較
利用手軽さ コスト データ量 複数台通信 対応国数
プSIMカード ★★☆ ★★★ ★★★ ★★☆ ★★☆
レンタルWi-Fi ★☆☆ ★★☆ ★★☆ ★★★ ★★★
海外プラン ★★★ ★☆☆ ★☆☆ ★★☆ ★★★

他のデータ通信手段と比較して、SIMカードのメリットは「スマホが日本と同じように使える点」と「低価格で使用出来る点」でしょう。

SIMカードは最初の設定こそクリアしてしまえば、渡航先でもスマホを日本と同じような感覚で使えます。レンタルWi-Fiのようにバッテリーが切れたり、誰かがWi-Fiルーターを持参しないと使えないなんてこともありません。

料金もレンタルW-Fiや携帯会社の定額サービスに比べて低価格です。プリペイド式なので、現地で使い過ぎて帰国後に高額な請求が来てしまうこともありません。
さらに一部のSIMカードを除いては1日あたりの最大通信量がないので、現地での過ごし方に合わせた使い方が出来ます。

ただし、複数人でデータを共有するような使い方をする場合はレンタルWi-Fiの方がお得になることもあるので、合計額を比較して検討してみましょう。

おすすめ地域別のSIMカードを紹介

海外のSIMカードは渡航先で購入することもできますが、事前に日本で購入することもできます。出発前に日本で購入しておけば、機内でSIMカードを差し替えて現地到着後すぐに使用することができるので、空港内で戸惑うことなく旅をすることができます。

それでは、実際にどのSIMカードを購入すれば良いのでしょうか。
ここではAmazonで購入できるプリペイドSIMカードを、地域や日数に合わせて紹介していきます。自分の渡航先や滞在期間に合わせて選びましょう。

アジア・オセアニア、中東

<8日間・4GB>

ー対応国ー
シンガポール、オーストラリア、ネパール、マレーシア、インド、ラオス、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、カタール、インドネシア、台湾、香港、マカオ、韓国、スリランカ、中国、ブルネイ、ベトナム

アジア16カ国とオセアニアに対応しているこちらのプリペイドSIMカードは、8日間で4GBとたっぷりのデータ量。複数国に対応しているのでSIMカードを入れ替える必要がない点がメリットで、アジア各国を移動する人にもおすすめです。
最大8日間利用すれば1日あたり175円ですが、帰国後も日本で使用できるので日本で使うデータ量の節約にもなります。

<15日間・4GB>

ー対応国ー
【ヨーロッパ】アイルランド、イギリス、イタリア、オーランド諸島、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スヴァールバル諸島及びヤンマイエン島、スウェーデン、スペイン、チェコ、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポルトガル、ロシア
【アジア】インド、韓国、カンボジア、シンガポール、台湾、日本、ネパール、フィリピン、香港、マカオ、マレーシア、ミャンマー、ラオス
【オセアニア】オーストラリア、ニュージーランド
【アメリカ】アメリカ(サイパン・グアムは除く)、カナダ
【中東】オマーン、カタール、トルコ
【アフリカ】南アフリカ共和国

アジア・オセアニアのみならず、ヨーロッパやアメリカ、中東やアフリカの一部など40カ国に対応しているこちらのプリペイドSIMカードは、15日間で4GBと長めの旅行や出張にピッタリです。SIMカードを挿した時点で利用開始日がカウントされるので、使い始める際は渡航スケジュールを確認してから挿し込んでください。

アメリカ本土・ハワイ

<8日間・4GB>

ー対応国ー
アメリカ本土、ハワイ
中国、マカオ、台湾、日本、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、サウジアラビア、イスラエル、オーストラリア、ニュージーランド

ハワイ・アメリカのみならず、オセアニアと一部のアジア・中東の国にも対応しているこちらのプリペイドSIMカードは、8日間で4GBのデータ量を利用できます。
夏休み定番のハワイ旅行やアメリカ旅行には、こちらのSIMがオススメです。

<30日間・8GB>

ー対応国ー
アメリカ本土、ハワイ

ハワイとアメリカ本土に対応しているこちらのプリペイドSIMカードは、なんと1,450円と低価格ながら30日間で8GBとたっぷりのデータ量。しかも、データ通信のみならずアメリカ国内での通話が約3000分、日本への国際通話も約100分使えるのは非常に魅力的です。留学や出張などの長期滞在で日本と同じように通話とデータを利用したい方にもオススメです。

グアム・サイパン島

<2日間・4GB> 〜 <8日間・16GB>

ー対応国ー
グアム、サイパン島、ロタ島、テニアン島

グアムとサイパン島に対応しているこちらのプリペイドSIMカードは、使用する日数とデータ量が選択できます。
最短で2日間・4GBのプランから最長8日間・16GBまで使用できるプリペイドSIMです。ご自身の利用スタイルに合わせて選べるのは嬉しいポイントです。

ヨーロッパ

<15日間・1.5GB>

ー対応国ー
オーストリア、ベルギー、ブルガリア、キプロス、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フランス、フィンランド、イギリス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ラトビア、マルタ、ノルウェー、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、コルシカ島、バチカン市国、サンマリノ、サルデーニャ島、カナリア諸島、マデイラ、アゾレス諸島、ジブラルタル、スイス

ヨーロッパ32カ国とスイスで利用できるこちらのプリペイドSIMカードは、15日間で1.5GBのデータ量が使用できます。
1,980円と低価格ながら現地での音声電話が付いてるのが魅力的です。日数の割に使用できるデータ量が少ないので、現地ではホテルや町中のWi-Fiを使いながら過ごすと良いでしょう。

<14日間・8GB>

ー対応国ー
アンドラ、アゾレス諸島、オーランド諸島、オーストリア、バレアレス諸島、ベルギー、カナリア諸島、キプロス、ケルキラ島、クレタ島、キクラデス諸島、クロアチア、チェコ、デンマーク、エストニア、フェロー諸島、フィンランド、フランス、ドイツ、ジブラルタル、ギリシャ、ガーンジー、ハンガリー、アイルランド、アイスランド、イタリア、ジャージー、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マデイラ諸島、マルタ、マン島、ノールウェー、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ロードス島、ルーマニア、スペイン、イギリス、サンマリノ、サルデーニャ、シチリア、スロバキア、スウェーデン、バチカン

14日間で8GBと多くのデータ量が使用できるこちらのプリペイドSIMは、ヨーロッパすべての国に対応しています。
更にヨーロッパどこからでも可能な国際電話が30分、SMSが300通送信、データのテザリングもできます。複数国周遊する人や、複数人で旅行する時に1人持っていると安心できそうです。

まとめ

今では多くの人にとって必需品となっているスマートフォン。海外でも日本と同じような感覚で、そして出来るだけ安く使いたいですよね。

海外旅行の行き先や日程、人数にピッタリなプリペイドSIMカードを見つけて、海外でも賢く・お得にスマホを使いましょう!

  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!