自転車&バイクのメンテナンスや車のタイヤ交換に人気のおすすめトルクレンチを紹介

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

自転車&バイクのメンテナンスや車のタイヤ交換に人気のおすすめトルクレンチを紹介

自転車&バイクのメンテナンスや車のタイヤ交換に人気のおすすめトルクレンチを紹介

moovoo編集部
2019-06-12

トルクレンチとはボルトやナットなどの締付けを測定する工具!

車を整備する男性の写真

トルクレンチとは、ナットやネジの適度な締め付け具合を測る工具のことです。これは、締め付けすぎなどでナットやネジがなめたりねじ切れたりしないために必要な加減を知るために必要で、プロなら必ずと言っていいほど持っているもの。一般の方でもタイヤ交換や自転車やバイクの整備に持っておきたい一品なので、この機会にぜひ購入の検討をされてみてはいかがでしょうか。

トルクレンチの選び方

まずはトルクレンチの選び方から見ていきましょう。

使い方やトルク値から選ぶ

ネジやナットには最適な締付け具合を測るトルク値という数値が存在します。トルク値を元にそれぞれのパーツを付けていくのですが、トルクレンチの使い方はさまざま。例えば、車のタイヤ交換を目的に使用するのであれば、そのタイヤに付いているナットのトルク値に合ったトルクレンチを選ぶ必要があります。

同じサイズでも商品によって「タイヤ交換に使いやすい仕様なのかどうか」は別問題なので、用途に合ったトルクレンチを選ぶことが重要。この記事では「自転車&バイク」と「車」の2つの項目に分けて最適な商品を紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

サイズや容量をチェックしよう!

前項でも話したように、トルクレンチにはサイズがあり、測れる容量も違います。残念ながら大は小を兼ねるというものでもなく、ボルトやナットが測定範囲のトルク値が70%内に納まるサイズが必須です。複数のサイズのトルクレンチを持っていることが望ましいですが、最初から予算が回らない人は一番使うサイズや容量のものから購入していくと良いでしょう。

トルクレンチにはいくつかの種類があり、価格や仕様で使い分ける方法もおすすめです。次項から3つの種類について解説していきますので、それぞれの特徴やメリット・デメリットを見て検討してみてください。

カチッとする音がクセになる「プリセット型」はトルクレンチの基本形

トルクレンチの種類の中で、最もメジャーで使いやすいのがプリセット型。こちらはラチェットになっているヘッド部分にソケットを取り付けて使うタイプで、セットしたトルク値に達した際にショック音などで知らせてくれます。

トルクレンチの中でもプリセット型は基本形で、トルク値はあらかじめ設定できることから連続した作業にも向いています。締め付けるだけのことを考えるのなら、プリセット型が一番使い勝手が良いでしょう。

現在のトルク値がわかりやすいのは「ダイヤル型」

今締めているボルトやナットのトルク値を測定したいのであれば、ダイヤル式がおすすめ。アーム部分にトルク値を測るダイヤルが付いており、そこで今のトルク値をみることができます。

また、商品によっては最大値の置針が付いているタイプもあり、この手の商品を使えば分解して組み立てる際に、元のトルク値でパーツを付けることが可能。取り付けることよりもトルク値の測定をメインに使い方はダイヤル型が良いでしょう。

「デジタル型」は測定データの記憶が可能!

デジタル型はトルク値を表示する部分がデジタル仕様になっているタイプで、設定したトルク値に達した際は音や光で知らせてくれます。ダイヤル式は基本的に右回りでの測定が主流ですが、デジタル式では左右どちら回りでも測定できるのが嬉しいポイント。

また、測定した数値を記憶してくれるメモリー機能や、商品によってはデータをパソコンに送るなどの機能が付いてるものもあるので、データの管理も簡単に行えます。使い終わった後にトルク値を元に戻す必要がないので、作業の効率も良くなるでしょう。

自転車におすすめの人気のトルクレンチ5選!

まずは自転車の整備におすすめのトルクレンチを紹介します。サイズや容量はしっかりチェックしてから購入するようにしてください。

1.SK11 デジタルトルクレンチ【SDT3-060】

自転車整備に最適なデジタルトルクレンチをお探しの方は、SK11の【SDT3-060】はいかがでしょうか。設定したトルク値になると光と音で知らせてくれるので、手元が見えにくい場所でも作業することが可能です。左右どちら回りでも使用可能なので、左利きの方でも使いやすでしょう。一定時間動作しなければ自動で電源が切れる機能も高評価で、作業の効率化を目的としている方にもおすすめです。

2.KTC(京都機械工具)デジラチェ  小トルクタイプ【GEK030-C3A】

KTC(京都機械工具)はトルクレンチ中でも人気のメーカー。自転車の整備によく使われているのが、デジラチェ・ 小トルクタイプ【GEK030-C3A】です。こちらはデジタル型の商品で、設定トルク値の90%ほどになると光と継続音で知らせてくれるので、ついナットを締めすぎてしまう方にもおすすめ。

価格は少々高めの設定ですが、精度の良さに定評があるのでぜひ試してみて欲しいトルクレンチです。

3.Samuriding トルクレンチ

価格の安い自転車向け商品として人気があるのが、Samuridingのトルクレンチ。こちらは簡易的なタイプなので、精密にトルク値を測りたい方にとっては用が足りないかもしれません。しかし、とても軽量でグリップが握りやすい設計になっていることが人気があり、特に持ち運びして使いたい方には打ってつけの商品。

価格がリーズナブルなので、予算が少ない人にもおすすめのトルクレンチです。

4.PWT 1/4トルクレンチ デュアルディレクション【TW215B】

コンパクトなトルクレンチをお探しの方は、PWTの1/4トルクレンチ デュアルディレクション【TW215B】がおすすめ。取り付け時にソケットが外れないようにクイックリリース機能を搭載しているので、手を煩わせず作業することが可能。

ヘッド部分は薄型になっているので、作業のしにくい狭い箇所にも使える点が嬉しいポイントです。ツーディレクショントルクレンチなので、逆ネジの締付けもできますよ。

5.藤原産業 E-Value プレセット型トルクレンチ【ETR3-25】

藤原産業のE-Value プレセット型トルクレンチ【ETR3-25】は、トルク値の幅が広い商品。設定したトルク値に達すると音とショック音や角度の変化で知らせてくれるので締めすぎや緩みすぎを防いでくれます。

こちらは両回転に対応しており、色付きメモリを採用しているので、使いやすいトルクレンチといえるでしょう。ハードケース付きなのにお手頃な価格なので、多くの方が手を伸ばしやすい商品ではないでしょうか。

自動車&バイクのタイヤ交換に適した人気のトルクレンチ5選!

次に車やバイクの整備・タイヤ交換に最適な人気のトルクレンチを紹介します。使い勝手の良さなどを見比べ、気になる商品はさっそく詳細をチェックしてみましょう。

1.AKM プレセット型トルクレンチ

プリセット型のトルクレンチをお探しの方は、AKMの商品はいかがですか。こちらは旧モデルから改良されたもので、メモリの見やすさや、柄の持ちやすさ・プリセット型ならではの「カチッ」とした感触が好きな方におすすめ。一般者向けに使いやすいようにとあらゆる面で工夫を凝らした一品なので、はじめてトルクレンチを購入される方でも安心して使うことができるでしょう。

2.TONE(トネ)プリセット型トルクレンチ【T4HC140】

車のホイルナット締付け専用のTONE(トネ)・プリセット型トルクレンチ【T4HC140】。整備工場でも使えるほどの高度な精度や力の入れやすい柄の長さが特徴で、ブランドの信頼度も高い商品。トルク値の設定がしやすく、少し重みがあるところが逆に本体が安定して使いやすいです。カチッとしたショック音が手に響くので感覚で作業したい方にはもってこいのトルクレンチでしょう。

3.角利産業 マルチクラフト(MULTICRAFT)トルクレンチセット【MTR-6】

トルクレンチを使ってみたいけれど、コストは抑えたい…という方は、角利産業のマルチクラフト(MULTICRAFT)トルクレンチセット【MTR-6】はいかがですか?こちらはプリセット型で、アタッチメントが5つセットになっています。つまみ部分で回転方向を変えられる点も高評価で、使用方法も簡単。ケースも付いていてこの価格なら文句なしの一品でしょう。

4.BLITZ(ブリッツ)トルクレンチ【13968】

高級感を感じるシックなデザインが特徴的なBLITZ(ブリッツ)のトルクレンチ【13968 】。標準のホイールナットを脱着する時に使われるソケットもセットになっているので、使い勝手の良い商品ではないでしょうか。こちらは右回転のみの使用が可能な商品ですので、この点は留意しておきましょう。工具も見た目のおしゃれさを重視したい!という方におすすめしたいトルクレンチです。

5.KTC(京都機械工具)ダイヤル型トルクレンチ【CMD0172】

ダイヤル式のトルクレンチが欲しい!という方は、KTC(京都機械工具)のダイヤル型トルクレンチ【CMD0172】はいかがでしょうか。こちらの商品は左右どちら回しでも使用可能で、ダイヤル型なのでメモリの読み取りがしやすい商品です。

また、置針式なので裏側に向けたままでも計測が可能。値は少々張りますが、確かな品質と正確なトルク値を測りたい方におすすめできる商品のひとつと言えるでしょう。

あると便利なトルクレンチ!整備作業やタイヤ交換に活用してみよう♪

車の写真

工具の中でもトルクレンチは、なかなか購入までに至らないもののひとつではないでしょうか。しかし、自転車やバイクの整備・車のタイヤ交換できちんとした数値でボルトやナットを止めないと、安全面で不安が残ってしまいます。自分で各メンテナンスを行いたいと考えているのなら、必ず持っておきたい工具なので、この機会に購入しておきましょう。記事を参考にトルクレンチを選んでみてくださいね。


宇賀なつみさんが東京モーターショーの注目ブースを紹介(広告特集)


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!