HOME

>

PC・スマホ

>

【最新版】メカニカルキーボードおすすめ15選!好みの打鍵でタイピング

【最新版】メカニカルキーボードおすすめ15選!好みの打鍵でタイピング

星田ヤチヨ
2021-04-20
2021-04-20

メカニカルキーボードってなに?おすすめポイントは?

タイピングしている写真

メカニカルキーボードとは、パソコンとは別に独立しているキーボードのこと。付属のキーボードよりも耐久性が高く、タイピング時のタッチ感や打鍵音が魅力的です。今回はメカニカルキーボードの選び方や人気商品について紹介します。タイピングをより快適に行いたい方は、ぜひ参考にしてください。

メカニカルキーボードの選び方

まずはメカニカルキーボードの基本的な知識を交えながら商品の選び方について解説します。

打鍵感を左右する「赤軸」「青軸」「茶軸」「黒軸」などの軸から選ぶ

メカニカルキーボードを選ぶ上で一番大切なポイントとなるのが「軸」です。これはキーをタッチした際に鳴る打鍵音の違いや圧を表しているので、各軸について理解しておきましょう。

「赤軸」は、軽めのタッチ感が特徴で打鍵音が小さく、キーを押す感覚が浅く、長時間の作業でも疲れにくいタイプです。ただし、強めのタッチ感が好きな方にとってはキーを押した感覚が掴めず、使いにくいかもしれません。

「青軸」は、赤軸の全く逆のタイプで、キーが一番重く、しっかりとタッチしたい方におすすめ。打鍵音も大きいタイプですので、タイピング時に爽快感を味わえるでしょう。しかし、静かな場所では少々音がうるさく感じる方も多いので、周りへの配慮も忘れずに検討してください。

また、「茶軸」は赤軸と青軸の中間をとったタイプで、程良いキーの重さと打鍵音が特徴。重めか軽めで悩んだ方は、茶軸を選んで間違いないでしょう。さらに「黒軸」仕様なら、タッチしたキーの戻りが早いタイプで、浅めに打ち込んでも文字を認識してくれるので高速タイピングが可能。

それぞれの軸の特徴を比較しながら、使いやすいタイプを選ぶようにしましょう。

キースイッチのストロークチェックをしょう!

商品によって、キースイッチのストロークが異なります。一般的には2~4mmの高さが主流ですが、高さがあるほどタッチした感覚が掴みやすく、しっかり打ち込みやすいのでタイプミスを減らせるでしょう。操作感を大事にしたい方は、ストロークの高さに注目して商品を購入すると良いですね。

逆に、軽めのタッチでタイピングを行いたい方は、ストロークは浅めのものを選んでください。基本的に高速でタイピングをしたい方は浅めのストロークのが好まれますが、キータッチの感覚を大事にし、キーの重さを重視したい方は深めのストロークのがおすすめです。

「マクロ機能」があるとより操作の利便性が上がる!

マクロ機能とはよく使うコマンドをマクロキーに登録できるもので、より作業の効率化を図ることができます。とても利便性が高い機能ですので、ゲームをプレイする方に大好評の機能です。また、画像編集やフォトショップでの作業もマクロ機能を使うことで作業を時短することができるのでおすすめ。
仕事でパソコンを使う方やソフトをより早く軌道させたい方はマクロ機能を搭載したメカニカルキーボードを選ぶと良いですね。

高速タイピングを実現したい方は「アンチゴースト機能」は必須!

ストロークは深いものが好みだけれど、タイピングの速さにもこだわりたい!という方は、アンチゴースト機能が搭載されているメカニカルキーボードがおすすめです。タイピングが速すぎると画面に入力した文字が反映されるまで時間がかかることがありますが、アンチゴースト機能はロスタイムを防ぐために素早く入力を感知してくれるというもの。

また、複数のキーを間違って押した時にも誤入力を防いでくれる点もメリットです。ただし、機種によって感知できるタイピングスピードが異なるので、アンチゴースト機能の詳細をきちんと確認してから購入するようにしてください。

有線or無線(ワイヤレス)から選ぶ

メカニカルキーボードには、パソコンに有線にて直接繋げるタイプと無線(ワイヤレス)で使えるタイプがあります。無線で使えるメカニカルキーボードは、線のごちゃつきがなく、見た目もスッキリとしていること・画面との距離に関係なく使用できる点がメリット。一方、電波の影響を受けやすいことや、電池が切れてしまうと使えない点がデメリットと言えるでしょう。

メカニカルキーボードを無難に使いたい方は有線タイプがおすすめ。必要電力はパソコンから供給されるので、電池切れの心配もなく、電波状況などに左右されずに使用することが可能です。使用場所が限られてしまう点はデメリットですが、パソコンを移動させずにメカニカルキーボードを使うのではあれば一番無難なタイプ。

中には有線と無線どちらでも使えるメカニカルキーボードも販売されているので、悩んだ時はこのような2wayタイプの商品を購入すると良いでしょう。

【有線タイプ】メカニカルキーボードのおすすめ8選

メカニカルキーボードのおすすめ商品を、有線タイプと無線タイプの2つに分けてご紹介します。それぞれの特徴を参考に、用途や予算にあうモデルを選んでください。

はじめは反応速度に優れ、本格的なゲーミングや仕事におすすめな有線タイプのメカニカルキーボードからです。

おすすめ①
  • ロジクール(Logicool)
  • TKLメカニカル K835OW

  • 税込み7,150円
  • 静かで精確なキータッチが魅力!

  • テンキーレスのコンパクトかつモダンなデザインが特徴です。なめらかな使い心地で、打鍵時の音も小さく、気になりません。タイピングが速い方に適しています。

5000万回のキーストロークに持ちこたえる耐久性を誇り、キー表面の文字が色あせにくい仕様です。ボディは快適にタイピングできるよう角度が設けられ、付属のチルトレッグを使えば、4度または8度に調節できます。

キーは必要最小限にとどめ、スペースとマウスの切り替え距離を短縮。小型で持ち運びやすく、出張先へ持って行くのに便利です。文章作成のような常にタイピングを行う作業に向いています。ECサイトの口コミでは「高級感がある」「個人ロッカーにしまえて助かる」と好評です。

おすすめ②
  • クリエーナ(CLIENA)
  • ゲーミングキーボード GZ657

  • 税込み4,482円
  • 10種類のライトモードが選べる!

  • 心地よいタイピング感を味わえる青軸メカニカルキーボードです。10パターンのバックライトを搭載し、自分好みの明るさに調節できます。

PCゲームに特化したタイプで、キー数は108個ある日本語配列仕様。手首が疲れにくいパームレフト付属のほか、姿勢にあわせてキーボードの角度を変えるといった、長時間使用しても快適な状態を保てる工夫が満載です。

耐久性にこだわり、6000万回の打鍵でも平気なキーボード。ゲーム中心で使う方に向いています。バックライトは必要に応じてON/OFFができるので、資料作成のような事務でも活用可能です。

おすすめ③
  • ダイヤテック(DIATEC)
  • Majestouch 2 S CHERRY MX SILENT FKBN91MPS/JB2

  • 税込み11,370円
  • 静かでスムーズな打鍵感を生み出す桃軸!

  • ソフトな使い心地が特徴の赤軸をベースに、静穏機能をプラスした桃軸を採用。深く押さなくても素早く反応し、静かな環境での使用に適しています。

打鍵時に発生する負荷や振動を鉄板と基盤へ逃がす設計で、耐久性の向上を実現。データ転送レートも最大まで強化し、レスポンスの速度もなめらかです。標準ケーブルはUSBで、専用プラグを使えばPS/2キーボードとしても利用できます。

Nキーロールオーバーを搭載し、USBの際は最大6文字、PS/2では全キー同時押しが可能。快適なタイピングを生み出す工夫が細かい部分に凝縮された商品です。ECサイトの口コミでは、「文章がスラスラ打てる」「配置がオーソドックスで使いやすい」との声が見受けられます。

おすすめ④
  • レイザー(Razer)
  • Razer BlackWidow Lit

  • 税込み12,980円
  • 静音機能にこだわったキー設計が魅力

  • 限定カラーのホワイトがクールなメカニカルキーボードです。キーについた個別バックライトは、ON/OFFと明るさの調節ができます。

確かなタッチ感を生むオレンジ軸と、静音性を高めるOリングが付属。キーは8000万回のキーストロークに耐えられる頑丈さをもつうえ、ほこりや液体守るサイドウォールを搭載し、耐久性に優れています。

コンパクトなデザインで、ケーブルの取り外しができ、持ち運びやすさは抜群。ハードウェア拡張ツールのRazer Synapse 3に対応し、マクロの割り当て・ショートカットの設定を通して自分好みにカスタマイズ可能です。デスクスペースをホワイトで統一したい方や、マットな質感が好きな方に向いています。

おすすめ⑤
  • ハイパーエックス(HyperX)
  • Alloy Origins Coreメカニカルゲーミングキーボード HX-KB7RDX-JP

  • 税込み11,980円
  • 航空機グレードのアルミボディが高い耐久性を生み出す

  • FPSをはじめとした操作に必要な入力を登録できる機能を搭載。クールなデザインが特徴のゲーミング用メカニカルキーボードです。

取り外し可能なType-Cケーブルと、テンキーレスのコンパクトな商品です。キーボードの傾斜は3度・7度・11度に調節でき、快適な体制で集中できます。HyperX NGENUITYソフトウェアを使えば、ゲームモードやライティングのカスタマイズが可能です。

キースイッチは移動時間を短く、作動性を抑えたカスタム方式を採用。タイピングに正確かつ迅速に反応します。8000万回の打鍵に耐えられる、頑丈な仕様です。ECサイトの口コミでは、「高級感があってかっこいい」「まったくずれない」との声が目立ちます。

おすすめ⑥
  • ARCHISITE(アーキサイト)
  • ARCHISS ProgresTouch RETRO TKL AS-KBPD91/TBKN

  • 税込み9,726円
  • 文字入力にこだわったシンプルかつ機能性に優れた設計

  • 軽いタイピングにクリック感を味わえる茶軸を採用。キーの文字をプラスチック成型で印字するため、、かすれて薄くなりません。

キーボード全体が人体工学に基づいたアーチを作り、指が均等に触れる設計です。手首にかかる負担を抑え、快適な操作を提供します。ガラスエポキシ2層基盤を採用し、耐久性も抜群です。

かな表記のない洗練されたデザインで、普段使いはもちろんビジネスにおすすめ。底面にケーブルガイドがあり、両サイドと中央の3方向から引き回し可能です。USB接続なので、レイアウトや使いやすさにあわせて位置を変えられます。

おすすめ⑦
  • サンワサプライ(SANWA SUPPLY)
  • メカニカルキーボード SKB-MK2BK

  • 税込み6,818円
  • 高級感を感じさせるデザインが特徴的

  • 軽快な打鍵感が楽しめる黒軸を採用。内部に金属板を入れ、キーの沈み込みを防ぎ、リズミカルなタイピングを楽しめます。

ハードな環境に耐えられるよう、重量1250gの重厚感ある設計。109A配列のスタンダードな商品です。USB接続ですぐ繋げ、付属のコネクタを使えばPS/2に活用できます。ECサイトの口コミでは、「手が大きくても問題ないサイズ」「光沢のあるブラックがおしゃれ」と好評です。

キータッチは少し軽めで、スムーズに打てる仕様です。1万円以下とリーズナブルなため、買い替えやサブ機に検討しやすいのがうれしいポイント。黒軸の安価なキーボードが欲しい方におすすめです。

おすすめ⑧
  • ミステル(Mistel)
  • Barocco MD770-PUSPDBBT1

  • 税込み18,579円
  • 人間工学に基づいて作られた左右分離型キーボード

  • キーボードを左右2つに分けられ、長時間使用しても手首の疲れを感じにくい仕様。左右ユニットとPC接続はType-Cポートで、誰でも簡単に繋げます。

文字を樹脂で印字し、汚れやかすれを防止。テンキーの無い省スペースタイプですが、Fnのあわせ押しでフルキーボードと同じ入力ができます。マクロ機能や3つのレイアウト切り替えを使って、自分好みにカスタマイズ可能です。

LEDモードではON/OFFのほか、輝度と速度を細かく設計できます。ビジネスはもちろん、素早い反応が求められるゲーミング用におすすめです。腕が広がるため、肩こりや腰痛の改善に役立ちます。

【無線タイプ】メカニカルキーボードのおすすめ7選

続いて薄型で軽く、パソコンの周辺がすっきりとまとまり、ケーブル不要なため簡単に持ち運べる無線タイプのメカニカルキーボードをご紹介します。

おすすめ①
  • ロジクール(Logicool)
  • TKLテンキーレスLIGHTSPEEDワイヤレスRGBメカニカル ゲーミング キーボード G913

  • 税込み30,250円
  • スリムさと丈夫さを両立させたゲーミングキーボード

  • テンキーレスでスマートなデザインが特徴です。トップケースに5052アルミニウム合金をベースとした鋼鉄補強を施し、耐久性に優れています。

3つの高度なコンパクトメカニカルキーを搭載した商品です。聴覚と指先を心地よく刺激するGLクリックキー・適度な使い心地のGLタクタイル・スムーズなストロークキーのGLリニアが、快適なタイピング感を生み出します。

ゲームモードやオンボードプロファイリング、専用のメディアコントロールといった、便利な機能も多数付属。約4時間のフル充電で40時間使える点も、魅力の一つです。バッテリー切れを気にせずプレイしたい方に向いています。

おすすめ②
  • ヴォーテックスギア(Vortexgear)
  • Tab75 VTG84USBLETBK

  • 税込み15,515円
  • 省スペースで有線・無線の両方が使える

  • 一般的なテンキーレスに比べて占有面積を約15%削減して作られた商品です。有線と無線の両方が使えるので、使う環境にあった接続を選べます。

単4電池2本で駆動し、ワイヤレスは4台の機器とマルチペアリングできます。Fnとの同時押しでフルキーボードと同じように操作可能。配列変換やキーの入力パターンをプログラミングすれば、より打ちやすくなります。カラフルなキャップも付属し、自分好みのカスタマイズを楽しめる仕様です。

キーは軽いタッチとクリック感が楽しめる青軸を採用。コンパクトで目的にあわせた使い方を選択できる高機能タイプです。異なるOS間で使い回したい方や、60%のサイズが欲しい方におすすめします。

おすすめ③
  • レイザー(Razer)
  • Blackwidow V3 Pro

  • 税込み29,800円
  • 3つの接続方法が自由なタイピングスタイルを生み出す

  • ワイヤレス 2.4GHz・Bluetooth・USB-Cの3つの接続方法を選べます。無線と有線どちらでも使いこなせるため、PCの切り替えに便利です。

静音性となめらかなクリック感の黄色軸を採用したゲーミングキーボードです。キーキャップは耐久性を高める設計のほか、本体にソフトクッション性のサポートが付き、長時間使用しても疲れません。

メディアキーは再生・停止の操作はもちろん、音量や明るさ設定もできる仕組みで、種類を選ばずに楽しめます。静音性に優れ、ビジネスの場での利用も可能です。デスク上のケーブルを減らし、スマートに作業したい方へ向いています。

おすすめ④
  • エージャズ(A-jazz)
  • ワイヤレス メカニカル キーボード K680T

  • 税込み4,980円
  • スマホやタブレットを最大3つまでマルチペアリングできる

  • Bluetoothと有線の両方、最大3つまでの機器に接続できます。iPhoneとAndroid対応で、タブレットの入力に活用可能です。

タッチの戻りが速い黒軸を採用した商品で、軽快なタイピング感を味わえます。キーは耐久性の高いABS素材で作られ、5000万回の打鍵も耐えられる仕様。レーザー印字のため、かすれ対策も万全です。

テンキーレスタイプで、Fnキーと組み合わせると通常と同じ入力ができるうえ、ボタン一つで無線と有線の機器を切り替えられます。複数のデバイスを使いこなす必要がある場合に便利なメカニカルキーボードです。

おすすめ⑤
  • ウェンルイ(WENRUI)
  • メカニカルキーボード

  • 税込み5,000円
  • コスパに優れた61キーボード!

  • Bluetooth対応のコンパクトキーボード。機能に対する価格が控えめでコスパも抜群です。有線ポートもあり、スタイルにあわせて使用できます。

ペアリングした3台のガジェットに接続可能で、10m以内にあればすぐ繋がります。必要最低限のキーを残したコンパクト仕様。茶軸でちょうどいい打鍵感を楽しめます。ECサイトの口コミでは「どんどん文字を入力したくなる」と高評価です。

人間工学にあわせた設計で、長時間使用しても疲れにくい仕組み。ブルーのバックライトを搭載し、明るさや点滅モードの切り替えができます。ABS素材の金属補強で、耐久性も追求した商品です。

おすすめ⑥
  • ベサス(Vissles)
  • メカニカルキーボード 180H

  • 税込み15,950円
  • 高級感あるデザインが特徴的な、大容量バッテリー内蔵キーボード

  • 最大180時間使用できる大容量バッテリーを搭載した商品です。バックライトが、クールな印象を作り出します。パターンは19種類あり、ライティングに最適です。

84keyのテンキーレスタイプで、BluetoothとType-C端子を使った有線接続も可能です。ちょうどいい打鍵感を味わえる茶軸を採用し、心地よいタイピングを楽しめます。脱着磁気スタンドを使えば、6度の角度が付けられる設計です。

Nキーロールオーバーやアンチゴースト機能があるため、誤入力を防ぎつつ、素早いレスポンスを体感できます。見た目はもちろん、機能性に優れた逸品です。Mac・Windows・androidといった幅広いOSに対応し、5台のデバイスとペアリングできます。

おすすめ⑦
  • アールケー(RK)
  • 超薄型メカニカルキーボード RK96

  • 税込み9,899円
  • 全高22.5mmのメカニカルキーボード

  • 厚さ3mmの薄型キーキャップをはじめとしたパーツを使い、スマート化を実現した商品。96keyのコンパクトタイプでもあるので、持ち運びが簡単です。

Bluetoothのワイヤレス接続とUSBを使った有線の両方で繋げます。ペアリングしておけば、半径10m以内のガジェットで使用可能です。赤軸と青軸の中間にあたる茶軸を採用し、スムーズなタイピング感を味わえます。

搭載のバックライトは、白を基調としたシンプルな美しさが魅力です。デザイン性とコンパクトさから、Amazonのレビューでは見た目や持ち運びのしやすさで高評価を得ています。テンキー付きでおしゃれなモデルが欲しい方におすすめです。

メカニカルキーボードを活用して快適なタイピングを体感しよう♪

ノートとキーボードの写真

打鍵感はタイピングの心地よさを左右すると言っても過言ではありません。仕事や作業のテンションを上げるためにも、メカニカルキーボードを存分に活用していきましょう。デザインや軸・機能など、自分好みの商品があればぜひ試してみてください。この記事の商品リンクなどを利用しながら、さっそく気になる商品を比較していきましょう。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!