ジグヘッドで釣果をあげよう!おすすめの人気商品10選!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

ジグヘッドで釣果をあげよう!おすすめの人気商品10選!

ジグヘッドで釣果をあげよう!おすすめの人気商品10選!

moovoo編集部
2019-05-21

ターゲットに合ったジグヘッドを選ぼう!

釣り上げられた魚

サイズや重さなどを考慮してジグヘッドを選ばなければ、期待した効果は得られません。たとえば、同じ形状のジグヘッドでも、メバルやアジなど、ターゲットに合わせて選択することで、さらに釣果を上げることができます。

フックの形状なども意識しながら、人気のアジングやメバリングなどにも最適なジグヘッドを使って、釣りを存分に満喫しましょう。

おすすめのジグヘッドの選び方

同じタイプのジグヘッドでも、フックサイズや重さによって対象魚や扱いやすさが異なります。もちろん、メーカーによって工夫されているポイントも違います。

ここで紹介する選び方を参考にしながら、自分に適した商品を選んで快適なアジ釣りやメバル釣りを楽しんでください。

ジグヘッドの形状で選ぶ

アジングやメバリングは、それぞれに適したフックの形状があります。針の軸はシャンク、曲がっている部分の幅はゲイプ幅と呼びますが、アジにはロングシャンクで狭めのゲイプ幅、メバル狙いなら、ショートシャンクでゲイプ幅が広いものを選んでください。

釣法によってはアジに対してもショートシャンクを使うケースもありますが、一般的なジグヘッドは、それぞれのターゲットに適した調節がされています。ただし、ある程度の経験がないと、じょうずに使い分けることは困難です。初心者はまず、さまざまな魚に対応できる、中間的な商品を選んで経験を積んだ方がいいでしょう。

ターゲットに合ったこだわりのジグヘッドを選びたいというベテランは、各商品の特徴やサイズ、重さなどもチェックしたうえで、自分に適した商品を選んでみてください。

ジグヘッドのサイズで選ぶ

ジグヘッドのサイズは、狙っている魚やワームの大きさによって使い分けていきます。最も小さいサイズは#12となります。 #8から#6は 標準サイズ、 #4から#2は大物狙いに適した大きなジグヘッドです。初心者は、#8番ぐらいから使ってみてください。

釣法に合わせて選ぶ

ジグヘッドの形状は単にデザインの違いだけではなく、その動きにも差が生じます。それぞれの形状に応じた得意分野があるため、自分が狙っているターゲットや釣り方に適した形状のジグヘッドを選ばなければいけません。

たとえば、リフト&フォールなら、丸形のジグヘッドが適しています。おもりの部分が丸いので、落とし込んでからの縦釣りなどでも活躍してくれるでしょう。さらに、フォールの姿勢が安定しているため、誘いをかけるときにも役立ちます。表層や中層にいるアジを狙うときなどにも使ってみてください。

特定の層を探りたいときには、円柱型のジグヘッドがおすすめです。水深キープ力が高いために、泳がせたい水深まで沈めても、容易にレンジをキープすることができます。狙いが定まっているなら、活用の機会も増えるでしょう。

ルアーを横すべり(ダート)させるときには、矢じり型のジグヘッドが適しています。小魚が逃げる姿を演出してくれるため、アジが食いつきやすくなります。狙う水深まで沈めたら、リールを巻いてルアーを泳がせ(リトリーブ)ながらロットを叩きつけるようにしてあおればOKです。

なお、ダートさせた後は、アジが食いつくタイミングを作るために、少し間をあけると、さらに効果が高まります。

飛距離も計算に入れてみよう

自然なアプローチを狙うなら、軽量タイプのジグヘッドを選んでください。ナチュラルにアプローチできるため、口を使わせることができます。なお、ジグヘッドの重さは、「無風状態で1g」を基準にするとよいでしょう。

この1gを基準にしながら、軽量から重いものまで数種類のジグヘッドを用意しておけば、釣り場での活用幅が広がります。なお、メバリングに使うなら、2gを基準に1gから4g程度のジグヘッドを選ぶのがおすすめです。

ただし、0.5gよりも軽くなると扱いが難しく飛距離も出なくなるので、初心者は注意が必要です。最初はあまり軽すぎるものを選ばず、狙った場所にしっかりと投げられて扱いやすい重さのジグヘッドを選んでください。

飛距離を稼ぎたいときには、1g以上のジグヘッドがおすすめです。中層まで確実に沈めたいときや、底でズル引きをするときにも、重さがあるジグヘッドが適しています。いずれにしても、ターゲットや状況に合わせて、さまざまな重さのジグヘッドを使い分けていきましょう。

おすすめのジグヘッド10選!

各商品のサイズや重さを確認しながら、こだわりのジグヘッドを選んでみてください。ジグヘッドはさまざまなメーカーから発売されていますので、各メーカーの個性もチェックしてみるのも面白いでしょう。

アジングに最適「34 ダイアモンドヘッド 0.8g」

きらめくものに反応するアジの特性を生かして釣果を上げる「34 ダイアモンドヘッド 0.8g」。光がほとんど届かない水深60mほどの層でも、ヘッドを上下させるだけでアジを引き寄せることができます。ダイヤモンドのようにカットされた面によってきらめきの効果が高まるので、食いつきを実感できるはずです。

アジがヘッドを吸い込んでから吐き出すまでのわずかな時間で、しっかりと針先がかかるように考慮された独特な形状のフックも特徴。重さの種類が多彩ので、選び方によっては、メバルにも対応可能です。

小型から中型のアジ釣りにおすすめ「オーナー JH-84 アジ弾丸 1」

「オーナー JH-84 アジ弾丸 1」は、おもりの側面が平らになっているため、アジを触った手でも滑りにくく、手返しの良さが体感できます。先端部を折るだけで軽量化できる扱いやすさも特徴です。

ワームのズレを防止するフトコロ形状を採用しているので、中型から小型のアジングに最適なジグヘッドを探している方にも適しています。やや短軸なので全方向のバイトに素早く対応するだけではなく、レスポンスにすぐれた回転バランスも実現します。重さは1.0g、サイズは#7です。

ワームへのセッティングも容易「ダイワ 月下美人 SW」

「ダイワ 月下美人 SW」は、貫通力抜群の特殊表面加工テクノロジー、サクサスフックを採用したジグヘッドです。主にアジとメバルをターゲットとしています。すべりがよいので新しい素材を使ったワームへのセッティングも簡単。また、ラインアイが大型なので、夜間の糸通しも容易です。

飲みこんだが瞬間に上顎を貫通するオートマチックフッキングによって、悔しい思いをすることも少なくなるでしょう。重さ1.0g、サイズは#8となっています。

仕掛けが簡単な初心者向け「ハヤブサ FINA メバル専用ジグヘッド」

ワームの性能を100%引き出す「ハヤブサ FINA メバル専用ジグヘッド」は、 簡単に仕掛けを作りたい方や、扱いに慣れていないという初心者にもおすすめです。

まっすぐ刺してまっすぐ引くという単純ながらも困難な作業を、簡単に行うことができます。また、抜群の刺さりを実現するエアロポイントや、低重心設計で安定姿勢を保つデルタヘッドの採用など、メバルが掛かりやすくなる工夫が数多く施されています。重さ1.5g、サイズは#8です。

左右にダートできるメバリング向け「34 ドライバーヘッド」

「34 ドライバーヘッド」は、メバルの捕食動作を徹底的に考慮して作られたメバル専用のジグヘッドです。水の抵抗を最大限にまで上げられるように設計された鉛の表面積が特徴。抵抗が大きくなるため、軽量ながら扱いやすさも実現しています。

先端が鋭いヘッドの形状は、ルアーにアクションを加える軽めのトゥイッチでも左右にダートさせることができるため、リアクションバイトの誘発が可能です。さらに、安定した飛行姿勢が長い飛距離を確保します。0.5gから1.5gまでの4タイプから選べるのも魅力です。

飛距離が出る弾頭型「土肥富 odz ZH-44 ラッシュヘッド」

「土肥富 odz ZH-44 ラッシュヘッド」は、初心者でも飛距離が出やすい弾頭型の形状が特徴です。左右均等に切り込まれている溝が、安定した水中姿勢を保ちます。

究極の刺さりを実現するフローリンコート仕様なので、アジやメバル、カサゴなどをターゲットにしている方にもおすすめです。状況やターゲットに応じて選択できる多彩なサイズがラインナップされています。

シーバスやヒラメなどにも対応「オーナー JH-61 静ヘッド」

「オーナー JH-61 静ヘッド」は、強風や深場のフォールなどにも対応できる20gのジグヘッドです。ワームズレをしっかり防ぐ2段キーパーや、青物にも対応できるすぐれた強度のフックなど、さまざまな工夫が施されているため、使いやすさが際立っています。また、水平姿勢をキープできるヘッドバランスで、ドリフト釣法にも対応します。

アジやメバルだけではなく、シーバスやマダイ、ヒラメ、ヒラマサなどもターゲットにできる万能タイプのジグヘッドを探している方にもおすすめです。

すぐれた操作性と耐久性の両立を実現「ティクト アジスタ!S」

丸形タイプの「ティクト アジスタ!S」なら、斜めにカットされている水受け断面が浮き上がり防止して、狙ったレンジをしっかりキープしてくれます。0.4gという超軽量タイプからラインナップされているため、重さやサイズをじょうずに選べば、釣りづらい豆アジなどにも有効です。

本商品は8gの軽量タイプなので操作性も高く、ハイカーボンを使用したフックは耐久性にもすぐれています。なお、早仕掛けにも対応しているオープンゲイプです。

ライトゲームにも使える「アルカジックジャパン Ar.ヘッド ジャックアッパー」

「アルカジックジャパン Ar.ヘッド ジャックアッパー」は、小アジに適した軽量丸形タイプです。長めのシャンクを採用しているため、吸い込み力が弱い小さなアジも、フックポイントを吸い込みやすくなっています。また、細軸のフックがしっかりと刺さるため、バイトしてきた小型アジも確実に捕えます。

フッキング時のパワーロスを防止するネムリ型のフックや、安定性の高いラウンドヘッドなど、小型アジの特徴を意識した独特なデザインも特徴。さらに、独自の複合表面処理ナノスムースコートによって、摩擦ゼロ感覚の刺さり具合を実現しています。

ハゼやキスなど、20cm以下のターゲットを対象とした、さまざまなライトゲームでも威力を発揮してくれるでしょう。重さは0.6g、サイズは#12です。

ちょん掛けでルアーをセット「マルキュー アジチョンヘッド 2.0g」

「マルキュー アジチョンヘッド 2.0g」は、ちょん掛けでルアーをセットする珍しいタイプです。ちょん掛けなのでセットは簡単。アジに向けて手早くルアーを投げ入れることができます。

ちょん掛けだからこそ実現できるルアーの自然な動きは、アジをしっかり引き寄せてくれるはずです。また、平打ちされているフックシャンクによってきらめきが発生するので、広範囲のアジを巧みに誘い込みます。サイズは#8です。

こだわりのジグヘッドが釣果を上げる!

磯でリール釣りをする

対象魚が決まっているなら、ジグヘッド選びはそれほど難しくありません。

初心者でも手軽に本格的なアジングやメバリングが楽しめる製品も数多く発売されているので、おすすめ商品のなかから自分に合ったジグヘッドを見つけて、気軽に釣りを楽しんでくださいね。


長友選手が実践する『脂質を活用する』秘訣とは(PR)


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!