最新のおすすめ縦型洗濯機8選!あなたにぴったりの洗濯機は?

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

家電

>

最新のおすすめ縦型洗濯機8選!あなたにぴったりの洗濯機は?

最新のおすすめ縦型洗濯機8選!あなたにぴったりの洗濯機は?

ママグロースハッカーズ makiko
2019-06-26

2019年最新版!今、一番売れている縦型洗濯機をランキング形式で紹介します。パナソニック、日立、東芝など国内メーカーの売れ筋人気モデルが登場。洗濯容量別に紹介しますので、あなたにぴったりの縦型洗濯機を見つけてください!

縦型洗濯機の選び方

縦型洗濯機もサイズ・メーカーなど種類が多く、購入の際に迷っている方も多いのではないでしょうか?
今日は売れ筋モデルを紹介し、みんなはどの洗濯機を購入しているのか、また買った感想はどうなのかを調査してみました。
洗濯機選びに失敗しないためにも、是非参考にしてみてください。

縦型洗濯機とドラム式洗濯乾燥機の違い

ドラム式洗濯乾燥機と縦型洗濯機の違いはズバリ!乾燥機の有無です。
縦型洗濯機にも乾燥機能が付いているものがありますが、主に送風で乾かすものが多いため、ヒートポンプ等で乾燥させるドラム式洗濯乾燥機の威力とは全く異なるものになります。
乾燥機能を重視される方は、ドラム式洗濯乾燥機の方がおすすめです。

では、縦型洗濯機のメリットは何でしょうか?
それは、ドラム式洗濯乾燥機と比較すると一般的に洗浄力が優れているところです。ドラム式はドラムを回転させてたたき洗いするのですが、縦型洗濯機は洗濯槽に水を貯めてザブザブ洗うため、汚れ落ちが良いのが特徴です。

縦型洗濯機のメリットは他にもあります。
ドラム式洗濯乾燥機に比べると、本体が小さめで、価格も安いです。また、ドラム式洗濯乾燥機は手前に扉が付いていることが多く、設置する場合に扉を開けるスペースを確保したり、右開き・左開きを考慮する必要がありますが、縦型は上部に扉が付いているものが一般的ですので、転勤などで引っ越しがある場合でも設置に悩むポイントが少ないところが魅力です。

ドラム式洗濯乾燥機と比較すると一般的に使い方がシンプルで簡単なので、様々な年齢層に人気があります。

洗濯容量で選ぶ

洗濯容量の確認は重要です。
一般的に1日のひとり当たりの洗濯物は1.5kgと言われていますので、例えば4人家族なら6kg分の洗濯容量が必要です。
ただし、ここにはタオルやシーツなどの日用品の洗濯は含まれていませんので、バスタオルを頻繁に使うご家庭や、布団も自宅で洗いたい場合は洗濯容量の大きなものを選ぶことをおすすめします。
3人以上のご家族の場合は、ライフスタイルに合わせて8kg以上の洗濯容量を選びましょう。

電気代・水道代を重視して選ぶ

ドラム式洗濯乾燥機に比べて、縦型洗濯機は洗濯槽に水を貯めて洗うため、多くの水を使う傾向にありますので、購入する際は、1回の洗濯の使用水量、消費電力量を調べておきましょう。

インバーターが搭載されているとモーターの回転数を制御して節水・節電の効果がありますので、購入の際に搭載されているかどうかチェックしておきましょう。
一般的に、乾燥機付きのモデルには搭載されていることが多いです。また、インバーターが搭載されていると振動や音も静かですので、マンション等で音を気にする方にもおすすめです。

最新のおすすめ機能で選ぶ

縦型洗濯機も多様化しており、様々な温度の温水を設定して優しくしっかり洗えるモデル、洗濯洗剤・柔軟剤の自動投入があるモデル、洗濯から乾燥までを短時間で行ってくれるモデル等、各メーカーが特徴を打ち出しています。高度な機能が付いているものは価格も上がる傾向にありますので、予算とライフスタイルに合わせて選びましょう。

【洗濯容量:8kg】縦型洗濯機の売れ筋人気モデル4選

HITACHI 全自動洗濯機 ビートウォッシュ「BW-V80C」

価格.comの洗濯容量7〜8kgカテゴリの縦型洗濯機で、売れ筋No.1の全自動洗濯機です。(2019年5月現在)
日立のビートウォッシュには「縦型洗濯乾燥機」と「全自動洗濯機」の2シリーズがあり、「BW-V80C」は後者の乾燥機能が付いていないシンプルなタイプです。

大流量・高濃度で洗う「ナイアガラ ビート洗浄」が特徴で、洗濯槽の底面に設置されている「ビートウィングX(回転羽根)」の効果で、押し洗い・たたき洗い・もみ洗い効果を発揮し、ミートソースなどの食べ物の汚れや皮脂汚れ、泥汚れもしっかり落とします。
さらに、「つけおきナイアガラ ビート洗浄」では、360分しっかりつけ置きして脇や袖口、襟の黄ばみにアプローチしながら、「ビートウィングX(回転羽根)」で衣類を優しく動かします。(つけおき120分コースもあります。)

売れているポイント

縦型洗濯機はドラム式洗濯乾燥機に比べて衣類が絡まって傷みやすいところが難点ですが、「BW-V80C」は「ほぐし脱水」機能を搭載しており、衣類に優しく取り出しやすいところが魅力です。

また、すすぎのあとにきれいな水道水で上から洗い流す日立独自の「自動おそうじ機能」が搭載されているため、通常は1〜2ヶ月に1回の槽洗浄(洗濯槽クリーナーを使ってのお掃除)が推奨されている縦型洗濯機ですが、自動お掃除の継続使用により3〜4ヶ月に1回で済みます。

カラーがホワイトとシャンパンの2種類から選べて、表面の強化処理ガラスがおしゃれなところも人気です。

日立 全自動洗濯機 ビートウォッシュ「BW-V80C」
タイプ 縦型洗濯機(全自動洗濯機)
洗濯・脱水容量/乾燥容量 8kg / -
外寸 幅608mm×奥行き610mm×高さ1,000mm
乾燥方式 -
特徴 「ナイアガラ ビート洗浄」「自動おそうじ機能」搭載
価格 税込68,800円

Panasonic 泡洗浄「NA-FA80H7」

2019年5月現在、価格.comの売れ筋としてランクインしている縦型洗濯機、パナソニック「NA-FA80H6」の後継モデルが「NA-FA80H7」です。2019年6月上旬に発売予定で、すでに予約が始まっている注目モデルです。

投入口幅約402mm、投入口奥行約334mmの幅広設計「ビッグサークル投入口」が搭載され、衣類の取り出しがラクです。従来からの素早く洗剤を泡立てる「泡洗浄」に加え、大きな三枚羽根が付いた「新パルセーター」搭載で「パワフル立体水流」を実現し、よりしっかり汚れを落とすことが可能になりました。

注目のポイント

以前のモデル「NA-FA80H6」と同じく、「NA-FA80H7」もホワイトとシャンパンの2種類のカラー展開があり、見た目のおしゃれさに定評があります。また、パナソニックの技術「泡洗浄」には以前から洗浄力が高いことで知られており、新機種には新パルセーターが搭載されさらなる洗浄力を実現しているため、注目のモデルとなっています。

パナソニック 泡洗浄「NA-FA80H7」
タイプ 縦型洗濯乾燥機
洗濯・脱水容量/乾燥容量 8kg / 2kg
外寸 幅599mm×奥行き618mm×高さ1,024mm
乾燥方式 送風乾燥
特徴 「泡洗浄・パワフル立体水流」新搭載
価格 税込110,000円

HITACHI 縦型洗濯乾燥機(日立洗濯乾燥機)ビートウォッシュ「BW-DV80C」

最初に紹介した「BW-V80C」に乾燥機能が付いたモデルが「BW-DV80C」です。

洗剤の種類を自動検知して「ビートウィングX(回転羽根)」と「ナイアガラシャワー」の力でしっかり洗います。さらに「温水ナイアガラ ビート洗浄」搭載で、落としにくい黄ばみやニオイをすっきり落とすことができます。

「汚れすっきりセンサーシステム」が搭載されており。汚れの量を判断して自動で延長運転してくれる機能も搭載されています。

売れているポイント

縦型洗濯機の中でも温水を使って洗えるモデルは限られていますので、よりしっかり汚れを落としたい方に注目されているモデルです。

「BW-DV80C」では、温風と水道水のミストを高濃度洗剤液を浸透させた衣類に吹き付けて、衣類の温度を30度〜40度に温めることで洗剤の酵素パワーを引き出す「温水ナイアガラ ビート洗浄」が搭載されています。

また、洗剤を残さないようにしっかりすすぐ「ナイアガラすすぎ」モード搭載が搭載されており、肌の弱いお子様がいる家庭にも人気があります。

日立 縦型洗濯乾燥機(日立洗濯乾燥機)ビートウォッシュ「BW-DV80C」  
タイプ 縦型洗濯乾燥機
洗濯・脱水容量/乾燥容量 8kg / 4.5kg
外寸 幅610mm×奥行き635mm×高さ1,040mm
乾燥方式 速乾ビート乾燥(ヒーター乾燥)
特徴 「温水ナイアガラ ビート」搭載
価格 税込110,299円

TOSHIBA 全自動洗濯機(DDインバーター)ZABOON「AW-8D7」

直径1µm*(マイクロメートル)未満のナノサイズの泡を作る、日本発の先端科学技術「ウルトラファインバブル洗浄」が搭載された東芝の人気モデルが「AW-8D7」です。以前は省スペースタイプには搭載されていなかったため、小さな容量の洗濯機も洗浄力が増したことで、注目されています。

売れているポイント

インバーター「DDモーター」が搭載されており、振動や運転音を抑えた設計になっています。
洗う際の音は約26dB、脱水時の音は約37dBと公式サイトに書かれており、ささやき声が30dB、図書館の中の音が40dBと言われているため、かなり静かなことがわかります。深夜や早朝に洗濯する機会が多い方に人気です。

東芝 全自動洗濯機(DDインバーター)ZABOON「AW-8D7」
タイプ 縦型洗濯機
洗濯・脱水容量/乾燥容量 8kg / -
外寸 幅600mm×奥行き569mm×高さ980mm
乾燥方式 速乾ビート乾燥(ヒーター乾燥)
特徴 「ウルトラファインバブル洗浄」新搭載
価格 税込70,300円

【洗濯容量:9kg以上】縦型洗濯機の売れ筋人気モデル4選

HITACHI 全自動洗濯機 ビートウォッシュ「BW-V100C」

ビートウォッシュ「BW-V100C」は全自動洗濯機(BW-Vシリーズ)で乾燥機能が付いていないタイプの縦型洗濯機です。
このモデルは価格.comの満足度ランキングでも上位にランクインしており、2019年5月現在、全ての縦型洗濯機の中で4位です。

大流量で洗う日立独自の「ナイアガラ ビート洗浄」搭載で、洗濯容量が10kgとたっぷりの容量を洗えるため、布団などの大きな物を洗いたい人にも人気です。
全自動洗濯機ビートウォッシュシリーズは「BW-V100C」の洗濯容量10kgの他にも、9kg、8kg、7kgと4段階ありますので、ライフスタイル・設置サイズに合わせて容量を選びましょう。

売れているポイント

価格.comの満足度が星4.38と非常に高いところが注目のポイントです。

特に評価が高いところが使いやすさと静音性、機能・メニューの豊富さです。運転時の騒音については各メーカーが公式ホームページなどにこだわりを書いている場合が多いですが、実際の評価とは異なる場合もありますので、購入者の口コミは重要です。

10kgと大容量なのに対し、本体の大きさがコンパクト(幅608mm×奥行き610mm×高さ1,060mm)に作られているところも人気の秘訣です。

日立 全自動洗濯機 ビートウォッシュ「BW-V100C」
タイプ 縦型洗濯機(全自動洗濯機)
洗濯・脱水容量/乾燥容量 10kg / -
外寸 幅608mm×奥行き610mm×高さ1,060mm
乾燥方式 -
特徴 「ナイアガラ ビート洗浄」「自動おそうじ」搭載。
価格 税込79,800円

Panasonic インバーター全自動洗濯機「NA-FA100H7」

縦型洗濯機の中で売れ筋モデルでありながら、価格.comで購入者の満足度も高いモデル「NA-FA100H6」の後継モデルが「NA-FA100H7」で、2019年6月上旬発売予定です。
広い投入口「ビッグサークル投入口」が設置されており、大容量でありながら衣類の取り出しがラクなのが魅力です。
従来の泡洗浄に加え、三枚羽根を搭載した洗濯槽でパワフル立体水流を実現しています。

売れているポイント

「NA-FA100H6」は特に静音性やデザインが高評価で、それに加えて新モデル「NA-FA100H6」は新パルセーターを搭載し「泡洗浄&パワフル立体水流」で洗浄力を高めていますので、今後人気が出てくると予想されます。
デザインも人気があり、ホワイト・シャンパンの2色から選ぶことができます。

パナソニック インバーター全自動洗濯機「NA-FA100H7」
タイプ 縦型洗濯機
洗濯・脱水容量/乾燥容量 10kg / -
外寸 幅599mm×奥行き618mm×高さ1,024mm
乾燥方式 -
特徴 「泡洗浄&パワフル立体水流」新搭載
価格 税込131,000円

Panasonic インバーター全自動洗濯機「NA-FA120V2」

【2019年06月01日発売】
パナソニック Panasonic
NA-FA120V2-S 全自動洗濯機 シルバー [洗濯12.0kg /乾燥機能無 /上開き][NAFA120V2_S]

価格.comで購入者の満足度が星4.88と非常に高く、9kg以上の縦型洗濯機の売れ筋ランキングで3位に入っている「NA-FA120V1」の後継モデルが「NA-FA120V2」で、2019年6月上旬発売予定となっており、既に予約販売を開始しています。(2019年5月現在)

洗剤液を温めて、お湯の温度を保ったまま洗えるのはパナソニックだけの技術(2019年4月8日現在)で、15度〜40度までの洗浄コースを選択することができます。
「約30 ℃おしゃれ着コース」では、ニットの毛羽立ちを抑えて優しく洗い上げます。

注目のポイント

旧モデルの「NA-FA120V1」では、「使いやすさ」が項目別ランキングで1位に輝いています。これは操作のしやすさや、衣類の取り出しやすさを評価するもので、12kgの大容量で布団も余裕で洗えるところや、操作パネルのスッキリしたでザイン、液晶パネルの見やすさの評価が高いようです。
新モデルの「NA-FA120V1」では、業界最大の投入面積約1,368㎠のビッグサークル投入口を採用しているため、さらに衣類を取り出しやすくなっています。

パナソニック インバーター全自動洗濯機「NA-FA120V2」
タイプ 縦型洗濯機
洗濯・脱水容量/乾燥容量 12kg / 2kg
外寸 幅643mm×奥行き672mm×高さ1,056mm
乾燥方式 送風乾燥
特徴 「温水泡洗浄W」「ビッグサークル投入口」搭載
価格 税込213,840円

HITACHI 縦型洗濯乾燥機(日立洗濯乾燥機)ビートウォッシュ「BW-DV120C」

日立の縦型洗濯乾燥機の洗濯容量12kgタイプは「BW-DX120C」と「BW-DV120C」の2種類ありますが、売れ筋は後者の「BW-DV120C」です。
2019年5月現在、縦型洗濯機(洗濯容量9kg以上)の売れ筋第5位、満足度は星5になっています。
「BW-DV120C」には「汚れスッキリ センサーシステム」「温水ナイアガラ ビート洗浄」が搭載されており、「BW-DX120C」に搭載されている「AIお洗濯」「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」が搭載されていません。

売れているポイント

洗濯・脱水容量が業界最大クラスの12kg(2019年3月20日現在)で、洗濯〜乾燥・乾燥容量は6kgです。
「おいそぎコース」では、一人分の洗濯(1.5kg)が約98分で洗濯〜乾燥まで行えるスピーディーさが特に人気です。汚れの軽いもの限定で使える機能ですが、特に小さな子供がいる家庭など、その日使ったものを次の日も使いたい場合など急いで洗いたい時に重宝します。

日立 縦型洗濯乾燥機(日立洗濯乾燥機)ビートウォッシュ「BW-DV120C」
タイプ 縦型洗濯乾燥機
洗濯・脱水容量/乾燥容量 12kg / 6kg
外寸 幅650mm×奥行き645mm×高さ1,060mm
乾燥方式 速乾ビート乾燥(ヒーター乾燥)
特徴 「おいそぎコース」は1.5kgの洗濯〜乾燥なら所要時間約98分
価格 税込139,800円

まとめ

個人的に注目しているのは、2019年6月に発売されている「NA-FA120V2」です。縦型としては温水の温度をキープしたまま洗えるということで、気温が低いときも強力な洗浄力が期待できそうです。また、洗濯容量が12kgということで、厚みのある布団類も自宅で洗えるところも魅力です。
縦型洗濯機選びの参考になれば幸いです。

※価格はいずれも2019年5月時点のものです



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!