【iPhone XS/XR】ワイヤレス充電を使う際に注意する点は?iPhoneに適した充電器も紹介!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

【iPhone XS/XR】ワイヤレス充電を使う際に注意する点は?iPhoneに適した充電器も紹介!

【iPhone XS/XR】ワイヤレス充電を使う際に注意する点は?iPhoneに適した充電器も紹介!

Kodai Watanuki
2019-05-09
×

シェアする


iPhoneXS/XRなど新しい機種が発売されて、ワイヤレス充電が対応しているiPhoneも一般的となってきました。
今までのスマホでは対応機種はandroidのものだけでしたが、
iPhoneユーザーでも新しくワイヤレス充電器の購入を考えている方も多いはず...。
そんな方のために、今回の記事では、ワイヤレス充電の特徴や使う際に注意する点を紹介するとともに、
iPhoneでおすすめのワイヤレス充電器を紹介していきたいと思います!

ワイヤレス充電とは?

ワイヤレス充電器で充電する

ワイヤレス充電とは、iPhoneを置くだけで充電ができてしまう充電器のこと。
iPhoneにケーブルを繋ぐ必要がなく、充電器とiPhoneが触れることでお互いの電力を送電/受電させる仕組みが働き、iPhoneを充電することができます。
ワイヤレス充電の仕組みがiPhoneに搭載されるようになったのはiPhone8/8 plus以降ですので、iPhone7などそれ以前の機種であると基本的には使用できません。

ワイヤレス充電が電力を供給する仕組みについては専門家にお話を聞いた内容をもとにこちらの記事で詳しく記載されていますのでご確認ください。

ワイヤレス充電の特徴

ワイヤレス充電はiPhoneをケーブルに繋ぐ必要がないというだけではなく、
充電の速度や範囲など、購入する前に知っておくべき特徴がたくさんあります。

メリットデメリットもそれぞれ存在し、実際に使用してみなければ分からないような使い勝手もあるため、
事前に確認した上でワイヤレス充電器の使用を考えてみてください。

ワイヤレス充電器の形状

ワイヤレス充電器の形状には2つのタイプが存在します。

iPhoneを寝かせて使用する『フラットタイプ』と、
iPhoneを立てて使用する『スタンドタイプ』です。

『フラットタイプ』は小さく薄い台座の形のものが多いため、持ち運びがしやすいところが特徴。
『スタンドタイプ』はiPhoneを縦におくことも横に置くことも可能です。デスクの幅を取らず邪魔になりにくいことに加え、立てかけることで重力でiPhoneがずれないように設計されています。

最近では『フラットタイプ』と『スタンドタイプ』両方を兼ね備えた『折りたたみタイプ』のワイヤレス充電器が増えてきているため、
購入を考える際は『折りたたみタイプ』を選ぶのが無難です。
角度の調節ができるものであれば、机の高さや座高に合わせて調節することもできます。

折りたたみ式

この製品のように0~90度まで自由な角度に調節することができるものもあります。

ワイヤレス充電器の充電範囲

ワイヤレス充電器の充電範囲についても注意しておくべきことがあります。
それは、『ワイヤレス充電器の全面が充電できるとは限らない』こと。

iPhoneの中にあるコイルと、充電器の中にあるコイルの位置があっていなければ充電することはできないため、
適当な場所に置いて最適な充電ができるというものではありません。

スタンドタイプであれば、iPhoneを立てかけると自然にコイルの位置が合わさるように設計されているため気にすることはありませんが、
フラットタイプであると振動でずれてしまう可能性もあるため、使いにくいことがありました。

フラットタイプ充電されていない

フラットタイプであれば置く位置の調整が難しく、画像のように充電できていないことも... 。

スタンドタイプ充電しやすい

スタンドタイプであれば位置の調整が必要なく充電が可能。

ワイヤレス充電器の充電速度

この情報はワイヤレス充電器を検討している方なら一度は目にしたことがあるはず。
ケーブルでの充電に比べてワイヤレス充電は『充電速度が遅い』んです。

実際に充電速度を検証した記事もありますのでご覧ください。

充電速度が遅い理由としては、
『電力の変換』『熱』が原因となっています。

『電力の変換』に関しては、モバイルバッテリー等でも同じような仕組みになっているのですが、
iPhoneが受け取ることのできる電圧に合わせるために充電器内で電圧を変換する作業が行われています。
その作業を行う分の電力がロスしてしまい、同じ出力でもケーブルよりもiPhoneに届く電力が少なくなってしまっているのです。

『熱』に関しては、ケーブルと違いワイヤレス充電器は充電中にiPhoneとぴったりくっついてしまっているため、熱がこもりやすくなります。
iPhoneのバッテリーに使用されているリチウムイオン電池は熱に弱いため、端末の熱が上がりすぎないよう、一定以上の電流を受け入れないような仕組みになっています。

結果として、ワイヤレスにすることによる『変換ロス』『熱耐性』により電力の上昇でカバーできないため、充電速度が遅くなってしまっています。


現在iPhoneでは7.5Wまでの急速充電には対応しています。
androidだと最大15Wの電力を受け取れるモデルもあるのですが、iPhoneはまだ対応しきれていません。
5Wの充電器だと非常に遅く感じてまうため、購入を考えるのであれば7.5W対応の充電器をおすすめします。

純正品と非純正品の違いは?

ワイヤレス充電器を探していると、格安で高出力の充電器も多く見られます。
しかし、ワイヤレス充電器を購入するならば、必ず『Qi規格の認証が取れた充電器』を購入するようにしましょう。

認証が取れていない非純正品のものであると、異物反応等のエラーが起きやすく、過剰な熱を持ってしまうものが多いためiPhoneのバッテリーの劣化が進んでしまいます。
ただでさえケーブルの充電に比べ熱を持ちやすいワイヤレス充電器ですので、非純正品は間違いなくiPhoneの寿命を早めてしまいます。

エラーが発生し、リチウムイオン電池の発火につながる危険性もあるため、安全性を考慮して選ぶことが前提となります。

iPhoneにおすすめのワイヤレス充電器6選

前述のワイヤレス充電器の特徴を踏まえ、iPhoneを使用する上で使いやすく性能の良いワイヤレス充電器をピックアップしました。
選んだ観点としては、『折りたたみタイプであること』『7.5Wの急速充電が可能であること』『Qi規格の認証が取れているもの』を兼ねた製品となっています。

①オウルテック 卓上スタンド型ワイヤレス充電器

1つ目はオウルテックのワイヤレス充電器。
moovoo編集部でも撮影や検証に使用しており、非常に使いやすい製品です。
折りたたみの角度を0度〜90度までを自由に調整できるところがポイント。
自身の使いやすい角度でiPhoneを立てることができるため、動画鑑賞やiFaceなども机の高さや座高に合わせて使うことができます。

黒いシンプルなデザインはどんなデスクでも馴染みやすく、サイズもコンパクトなため持ち運びもしやすいです。

価格は少し高めですが、1年間もの保証がついているため安心して使い続けることができます。

②Seneo ワイヤレス充電器 折り畳み式

Seneoのワイヤレス充電器。
電力を送るコイル数が折りたたみタイプでは2つのものが多いのに対し、この充電器には3つのコイルがついているため、より広い範囲での充電を行うことができます。
また、usb-cケーブルを使用するため、より安定した電力の供給が可能になります。

保証も18ヶ月と非常に長い期間ついているため、故障を気にすることなく使用することができます。

③Siensync Qiワイヤレス充電器【3in1折畳み式】

今回紹介する中では最安値のワイヤレス充電器。
この製品の特徴は充電感知距離が他の製品に比べて長いこと。

他の製品が基本的には4~5mmの充電感知距離なのに対して、
Siensyncの充電器は10mmでも反応し、充電することができます。
少し厚めのカバーをつけていても問題なく使用できるため、
カバーが厚めでワイヤレス充電ができるか不安だという方にはオススメです。

④Cheero 折り畳み式 ワイヤレス充電スタンド

かわいい顔のマークでおなじみのCheeroのワイヤレス充電器。
充電ケーブルが150cmと長めのため、場所を選ばず設置できる点がポイント。
手軽におくことで充電できるワイヤレス充電器では、自分が起きやすい場所に設置できるかどうかが意外にも重要なため、
ケーブルの長さは製品を選ぶ一つの理由になります。

オウルテックのものと同様、0度〜90度の角度を自由に変えられるため、使いやすさも十分です!

⑤DeepDream ワイヤレス 充電器 Qi 急速充電器

金属製の基盤がスタイリッシュなデザインのDeepDreamの充電器。
usb-cケーブルにより安定した充電が可能。
厚さ7mmのケースまで対応できるため、充電感知距離の長さも優秀です。

放熱穴が多く、熱に対しての対策がしっかりと施されているのが特徴です。

⑥icyber ワイヤレス充電器 Qi充電器 折り畳み式

最後は少し形が変わっているicyberの充電器。
フラットタイプに多い円形のため充電範囲は広めで、縦長の形に比べてiPhoneを置きやすいところがポイントです。

横向きに置くことを想定されているので、スタンドタイプで使用する際はiPhoneの縦置きでは充電されない点には注意が必要。

映画や、Youtubeなどをよく見る方にはおすすめです!

ワイヤレス充電器まとめ

使いやすく、安全性が高いワイヤレス充電器をいくつか紹介しました。

iPhoneでの充電速度は遅いと感じてしまうのですが、エクスペリアなどの機種であると最大15Wの電力を受け取ることができるため、ワイヤレス充電でも問題なく充電を完了させることができます。

iPhoneでも大きな電力を受け取ることができるようになれば、ワイヤレス充電が有線ケーブルよりも使われるようになるかもしれません。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!