モバイルバッテリーは100均で買える?種類と性能を徹底調査してみた!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

モバイルバッテリーは100均で買える?種類と性能を徹底調査してみた!

モバイルバッテリーは100均で買える?種類と性能を徹底調査してみた!

河端 麻紀
2019-05-31

モバイルバッテリーが買える100均はどこ?

モバイルバッテリーを購入できる100均を調べてみたところ、ダイソーでは取り扱いがありました!
ただし100円ではなく、300円と500円のいずれかになるようです。
それでも家電量販店で売っているモバイルバッテリーは2,000円以上するものが一般的なので、十分安く感じますね。

では、ダイソーと肩を並べるほど有名な100均のセリアやCan Do(キャンドゥ)ではモバイルバッテリーの取り扱いがあるのでしょうか?
2社の公式サイトを見てみたところ、どちらも2019年4月現在取り扱いがない様子。
そもそもセリアやCan Do(キャンドゥ)は100円の商品が大半であるため、モバイルバッテリーを予算内で作るのは難しいのかもしれません。

Watts、FLET’Sには取り扱いあり!

全国的に有名なダイソーやセリア、Can Do(キャンドゥ)でモバイルバッテリーを扱っているのはダイソーだけのようですが、
ローカルな100均の中にはモバイルバッテリーを取り扱っているショップがありました。

ひとつは大阪を中心に展開している「Watts(ワッツ)」
ここでは3,000mAhのモバイルバッテリーが500円で販売されているようです。
デザインはとってもシンプルで、誰でもどこでも使えそう!

また、関東・関西圏を中心に展開する「FLET’S(フレッツ)」にも800円のモバイルバッテリーが販売されています。
こちらもシンプルなデザインで、購入しやすいところがポイントです。

近くにWatts(ワッツ)やFLET’S(フレッツ)がある人は探してみてはいかがでしょうか?

3COINSには1,000円モバイルバッテリーがあり!

100均とは少し違いますが、同じディスカウントショップの「3COINS(スリーコインズ)」には、1,000円のモバイルバッテリーがありました。
こちらはなかなかスペックが高く、満足しているユーザーが多い様子。デザインも豊富で、かわいいものもあります。
値段はダイソーやWattsに比べると少し高いようですが、ディスカウントショップで探したい人は、3COINSものぞいてみてはいかがでしょうか?

Amazon、楽天市場で最も安いモバイルバッテリーは?

「商品を安く買うなら100均!」というイメージがありますが、実際のところAmazonや楽天市場などのECサイトではどのくらいの値段でモバイルバッテリーが買えるのでしょうか?
調べてみたところ、Amazonにも楽天市場にも1,000円以下のモバイルバッテリーがありました!
特にAmazonのモバイルバッテリーは大容量で、スペックも高いように感じます。
100均が一番安いと決めつけるのではなく、他のサイトと比べて決めるのが良さそうですね。

2019年4月現在、Amazonで見つかる最も安いモバイルバッテリーがこちら。
iPhoneでもAndroidでも充電可能です。
999円と1,000円以下で購入できるのに、10,000mAhと大容量でPSE認証も受けています。
約181g、クレジットカード程度の大きさというところも魅力的です。
4色展開されています。
100均のモバイルバッテリーは低用量のものが多いので、容量重視派はこちらがおすすめです。

2,600mAhのモバイルバッテリー

楽天市場では、なんと500円のモバイルバッテリーが見つかりました。
とてもコンパクトで、どこにでも携帯できそうですね。
こちらもiPhone&Android両方対応しています。
ただし容量は2,600mAhとかなり小さく、ほとんどのスマートフォンは1回程度しか充電できないので用途を考えて選ぶようにしましょう。

ダイソーモバイルバッテリーのスペックは?

モバイルバッテリーを販売しているディスカウントショップの中でも、やはりダイソーのモバイルバッテリーはとりわけ注目されている様子。
一流メーカーのモバイルバッテリーと同じくらいの品質なのでしょうか?スペックや他のモバイルバッテリーにはない特徴を調べてみました!

300円のダイソーモバイルバッテリーは廃盤⁉

調べてみたところ、300円のダイソーモバイルバッテリーは2019年に入ってから欠品状態が続いているとのこと。
決して廃盤ではないようですが、手に入りづらくなっているのは確実なようです。
実際私も3件のダイソーを周ってみましたが、どこにもありませんでした…。

Amazonや楽天市場にも負けていない、とっても低価格のモバイルバッテリー。
デザインも豊富で、シンプルな白一色のものから女子受けしそうなキュートな柄もありました。
2,000mAhと低用量ですが、少しだけ充電したいという人はこれくらいでいいのかも。

TwitterやInstagramの投稿を見ると、おおむね好評ですが一部には
「接続がゆるい」、「PSE認証がついていないのが気になる」という声もありました。

追記:ダイソーの300円モバイルバッテリーは販売終了していた!

先日、ダイソーのお客様相談室に「300円のモバイルバッテリーはもう購入できないのですか?」と
問い合わせてみたところ、このような回答をいただきました。
どうやらすべて販売終了しているのだそう…。
これはかなりショックです!
今後の再販が絶対にないとは言い切れないので、期待はしておきたいところです。

500円のダイソーモバイルバッテリーのスペックは?

500円のダイソーモバイルバッテリーは今でも店頭で購入できる様子。
調べてみたところスペックは

最大入力:5.0V/1A
蓄電時間の目安:約4時間
最大出力:5.0V/1A
出力ポート:1
バッテリータイプ:Lithium 3.7V / 3,000mAh
生産国:中国

と表記されていました!
300円のものよりも容量が1,000mAh大きく、iPhoneであれば1回フル充電できそうです。
Androidの回数については記載がありませんでしたが、きちんと充電できます。
バッテリーですが、リチウムでもリチウムイオンなのか、リチウムポリマーなのかがはっきりしない様子。
生産国が中国ということもあり、品質を求める人はよく考えた方がいいかもしれません。

デザインは300円のものより大きく、柄もたくさんあるようです。
カスタマイズすることもできます。

電池式のモバイルバッテリーなら100円で買える!

リチウムのモバイルバッテリーは300円または500円ないとダイソーでは買えませんが、どうやら電池式のものであれば100円で購入できる様子。
こちらは単三乾電池を2本使って充電するタイプのようですが、iPhoneを約30%ほどしか充電できないのだそう。
どのiPhoneを30%充電できるのかは残念ながら記載がありませんでした…。
Androidにも使えるようですが、こちらについても触れられていませんでした。
また、ケーブルもついていません。

単三乾電池を購入するお金もかかるし、ごくわずかしか充電できないので、よほどの緊急時でないかぎり、
100円のモバイルバッテリーが活躍する機会はなさそうです。

100均で買える!モバイルバッテリーの悩みを解消するアイテム

モバイルバッテリーを100均で買うのはちょっと怖いと考える人もいるかもしれません。
そうかといって100均のモバイルアイテムが全部だめというわけではありません!
100均にはモバイルアイテムをすっきり整理できる商品がたくさん販売されているので、モバイルバッテリーのおともに選んでみてはいかがでしょうか?

ダイソーのモバイル関連アイテム

シンプルなデザインの商品が多いところがダイソーの魅力。モバイルケースにはモバイルバッテリーやスマホを入れて持ち歩けそうですね。

セリアのモバイル関連アイテム

最近使っている人が多い断線防止ケーブル。セリアならこんなにかわいいケーブルがありますよ。

Can Do(キャンドゥ)のモバイル関連アイテム

Can Do(キャンドゥ)ではモバイル関連アイテム専用のクッションケースを販売しています。デジカメがすっぽり入るサイズを選べばモバイルバッテリーの収納にもぴったり。
大きさのバリエーションは豊富なので目的に合わせて選べます。

まとめ

100均にはたくさんのモバイル関連アイテムがありますが、モバイルバッテリーとなると300円以上出さないと購入できないことがわかりました。
スペックに満足している声も目立ちますが、その一方で失敗したという声もありましたので、
確実なものを選びたい人はやっぱり有名なメーカーの商品や保証付きのものを選んだ方がいいのかもしれません。
目的と用途を考えて選んでみてください。

価格はいずれも2019年4月時点のものです。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!